2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-07-01 全員が一斉に「ウソだ!」と言い切りました。 [長年日記]

私も小学生の頃は、地元のプロ野球チームのラインナップを暗記していました。

When I was in junior school, I tried to learn "the line-up of local professional baseball team" by heart,

クラスの男子の話題に入る為です。

in order to follow the boys group in the class.

という話を、一度家族にしたことがあるのですが、

I talked about the above to my family,

全員が一斉に「ウソだ!」と言い切りました。

all of them said to me, "Don't tell a lie!"

-----

『パパは、教室で、一人でノートパソコンを操作していたはずだ』

"You operated a note-PC lonely in the class"

―― 当時、パソコンなんぞ影も形もなかったし、それに学校の教室にパソコンなんぞ持ち込めるか。

At that time there was no PC. To begin with, it was impossible to bring it to the class.

『パパは、AndroidとiPhone2台を、両手で操作していたハズだ』

"You two-handed both Android and iPhone at the same time"

―― 携帯電話という概念すら存在していなかったんだが

There was no concept of cellphones.

というか、それ、どんな小学生だ。

"Is he a real junior school students?"

-----

「あのなぁ、パパが、昔から、今のパパだった訳ではないぞ」

"Let you think it. This current your father was not your father in childhood"

「パパだって、友達の集団から排除されることを怯えていた、ただの子どもだったんだ」

"I was a ordinal child to fear for getting me ousted from the boy's group"

と、どんなに私が語っても、全く信じようとはしません。

However, they don't believe what I have talked.

(続く)

(To be continued)