2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2013-07-06 セキュリティ天気予報

近年、コンピュータセキュリティに関する意識が高まっているとは言え、まだまだ、一般には、ウイルスとか、不正アクセスは、どこか別の世界の事件のような、現実性を欠くような話であるとは思うのです。

しかし、パソコンのみならず、スマホやタブレットが、国民全員に所持されることが確実とされる時代にあって、コンピュータセキュリティは、多分、日常になっているのだろうと考えています。

とすると、「セキュリティ天気予報」というものが、本格的になるのかもしれません。

-----

「本日は、未明から正午かけて、東南アジア全域からの我が国へのDDOS攻撃が予想されております」

特に証券会社のサーバを中心に活発な攻撃が予想されますが、午後からは、防衛省のネットセキュリティ部門が、発信源をつきとめ、ルーティングの遮断と、定例の報復攻撃を行うと思われます」

「さて、次に。週間予報です。今週は比較的、トラフィックの増減が少ない、穏かな週末になると予想されておりますが、関東地方を中心に、なりすましによる、パスワードクラック攻撃が警戒されております。」

「週末おでかけの前には、パスワードの変更とファイヤーウォールのポートを閉じてから、お出かけ下さい」

-----

とまあ、雨の予報に傘を持っていくように、毎朝出勤時にパスワードの変更をする時代になるかもしれないなぁ、と思っています。


2014-07-06 ―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい

昨日の続きです。

It is a continuation from yesterday.

しかし、その一方で、虫が部屋に入ってきたというだけで、「職場に電話をかけてくる妻や娘たち」というのも、結構、迷惑です。

The other hand, I am annoying my wife and daughters who call me in business hours.

私が残業で遅くなっても、虫を処理するまでは、家族全員が起きて待っている―― と私にプレッシャーをかけてきます。

They put pressure on me that they never go to bed before I go home and delete the bug in my house.

『「生き物に触れることは科学的興味や生命への慈しみを高めることにつながる。重要性を認識してほしい」と呼びかけている』

The workshop said that "touching the creature leads to increase the love of the life and scientific interest. They want the youth to recognize the importance"

という、この研究会の呼びかけは、私にとってはどうでも良いのですが、

Thought I don't care the message of the workshop at all, I hope that

―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい

"I want you to swat an insect to death by oneself."

と思っているのですよ。

「昆虫に素手で触れることができるか」とまでは要求しませんが、「害虫を、新聞紙で叩き殺して、トイレから流し出す」という程度のことは、男女関係なく、できるようになって貰いたいものです。

I don't want to ask them to touch an insect with bare hand, but at least they might swat an insect to death with bunch of newspaper, regardless of their gender.

-----

「これからお前たちも、一人ぐらしをしなければならない時がくる。その時、どうするのだ?」

"Eventually, you are going to live alone. What are you going to do?" .

「どうするって、当然、パパを呼びつけるよ」

"What am I going to do? Of course, I call you naturally".

―― 恐ろしいことを言うな。

Do not say such a fearful thing.


2015-07-06 ―― 近い未来、図書館がなくなる

今、連載のネタの為に、古代人の体格を調べているのですが、資料が手に入らなくて、困っています。

For the next of the serialisation, I try to check ancients body. But I am in trouble that I can not get useful documents at all.

先日、市の中央図書館に資料があることが分ったので、久々に出向いたのですが、すっかり様変わりしていました。

The other day, I found that the document is in the city library. I went to the library after a long time, and I was surprised at the sudden change of tone.

貸出、返却システムだけでなく、本の予約や取り置きまで、自動化されていました。

As well as the rental and return system, the systems of reservation and the hold of the book has been automated.

I feel strongly that

―― 近い未来、完全無人化される

In the near future, this library will be made complete no person.

というか、

As a matter of fact,

―― 近い未来、図書館がなくなる

In the near future, this library will be vanished.

という実感を得ました。

これまで未来予測を外しまくってきた私ですが、残念ですがこの予測だけは外れないと思う。

I always keep excluding many future predictions, but unfortunately, I do not come off only this prediction.

書籍が、全部電子化されるのであれば、書籍を納める図書館も必要なくなりますから。

Because if all books are computerised, any library should not be needed as a books storage either.

-----

ただ、予測は外れないと思うけど、できるだけ遠い未来がいいな、と思っています。

Though my prediction might be hit, I hope that the time is far-off.

そうですね ―― 私が死んだ後でいい。

Well, all right after my death.


2016-07-06 『私のホームページを読めなかった人は、たくさんいたはずなのに、誰もクレームをくれなかった』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、先週末、ホームページの文字化け対策に乗り出し況して、一応、娘のスマホでの文字化けは解消されたようです。

In conclusion, from the last weekend, I started actions about the garbled characters problem on my Web site, and finally I could be resolve them at least in my daughter's smart-phone.

が、私がショックを受けたことは、

However what I was shocked, is

『私のホームページを読めなかった人は、たくさんいたはずなのに、誰もクレームをくれなかった』

"Nobody informed me about the garbled characters problem, though some people might not be able to read my Web site"

ことです。

そんなに、私は「こっちくるなオーラ」を発しているんでしょうか?

Am I emitting "dark side rays", including "never come here".

発しているんでしょう。

I am afraid that it might be true.

なにしろ、家族によれば、コラムの締切直前の私の「暗黒オーラ」は、部屋のドアの外だけでなく、階下のリビングまで及ぶそうですから。

At any rate, my family says that the "dark side rays" of mine, is emitted and reach not only in front of my room door but also the living room of downstairs.

私の作ったホームページからも、多分、仮想空間からの「暗黒オーラ」が出ているのでしょう。

Maybe the "dark side rays" are also emitted from my Web site through cyberspace.

-----

いや、正確に言うと、事前に一人からクレームは受けていたのです。

No. To tell you the truth, I had already received a complaint from one person.

しかし、その相手が悪かった。

But the person was not good for me.

その唯一のクレーマーは、あの「無礼な後輩」だったのです。

The claimer was the "rude junior".

(続く)

(To be continued)


2017-07-06 ■ 在席中に、平気で放屁する人がいて、その臭いが物凄くて嘔吐しそうになる

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そういう意味において、「加齢臭」を批判することは、不当な差別であるとも言えます。

In that sense, it can be said that criticizing "age-of-odor" is unfair discrimination.

とは言え、「加齢臭」の発生主体が、その発生を防ぐ為の努力を怠っていれば、それは批判されるべきでしょう。

Nonetheless, if the subject of "age-old smell" neglects efforts to prevent the stink, they should be criticized.

-----

その一方、夏だけに発生し、ボディブローや記憶喪失を発生させるほどの、あの「激臭」は、「加齢臭」という範疇では、括ることはできないと思います。

On the other hand, I think that it can not be enclosed in the category of "age-old smell", that occurs only in the summer and gives me body blowing and loss of memory ---- It is a burning stink.

だって「夏」だけに発生しているんですから。

Because it occurs only in "summer".

もちろん、当人の体質、気候、働き方(外回りの営業や肉体労働)、そしてその労働の時間によって、そのレベルは大きく変わると思います。

Of course, I think that the level will change greatly depending on the constitution, climate, how to work (outside sales and physical labor), and the time of that labor.

だからといって、それを無条件に認容しなければならない、とも思えません。

However, I do not think that it must be accepted unconditionally.

あの「激臭」は、「暴力」といっても良いほど、他人に激烈な苦痛を与えるものだからです。

That "burning stink" is as good as I can say "violence", and it gives strange pain to others.

-----

この問題の面倒くささは、

The troublesomeness of this problem, is

「自分では、まったく意思も自覚もできない悪臭を、『悪気ゼロ』で撒き散らす」

"Stink that we can not recognize and be aware of on your own, is going to scatter with" zero badness"

という点もあります。

実際、この体臭の問題では、私、会社で「安全衛生委員」を担当している時に、随分悩んだことがあります。

Actually, in this body stink problem, I am worried a lot when I am in charge of "safety and health committee members" at the company.

一度、会社で、薬品異臭(?)の問題に対して部内のアンケートを取ったら、「異臭」の言葉に反応したメールが、私にわんさか届いて、青くなったことがありました。

Once I took the questionnaire in the company against the problem of chemical odor at the office, I looked pale. Because a lot of e-mail that responded to the word "strange smell" came to me.

■ 隣の席の人の体臭が物凄く凄くて、仕事にならない。

- The body stink of the person next to me is terribly terrible, so I don't work.

■ その人間が通り過ぎるだけで、煙草の臭いが物凄く凄くて辛い。

- Just the person is passing in the office,, the smell of tobacco is terrible and painful.

■ 在席中に、平気で放屁する人がいて、その臭いが物凄くて嘔吐しそうになる

- There is a person who is flat with flavor, and its smell is terrible and I am likely to vomit

そのメールには『江端さん! お願いだから助けて!!』という、悲痛な声がありました(まあ、私も含まれていたかもしれませんが)。

In that mail, there was a sorrowful voice called "Ebata-san! Please help me please !!"

で、そこからの先の話は、プライバシーと社内コンプライアンスに関わるので開示することができませんが、

Sorry but I cannot open the after story, because of privacy and company compliance.

いずれにしても、「事態を炎上させることで、その事態の収拾を測る」ことを得意とする、自称「マッチポンプ型リゾルバー 江端」をもってしても、この問題に手を出すことができず、私は任期を終えました。

In any case, even I, self-called "Matchpump type resolver "Ebata"" who is good at "measuring the collection of the situation by making the situation flame up", could not handle this problem, and I had finished my term.

(続く)

(To be continued)


2018-07-06 私は、ヘルパーやケアマネの人が、メールやブログ使ってくれる『程度』でいいんです。

以前より「町内会のIT化の対応の遅さ」については言及してきましたが ―― まあ、それでも町内会は(建前は)ボランィア組織です。

I have mentioned about "slow response of IT of the neighborhood association". Well, the neighborhood association is still a volunteer organization (public stance).

しかし、「介護サービスのIT化の対応の遅さ」は、介護サービスを受けている私(正確には、私の親)は、看過できません。

However, I cannot ignore "slow response of IT-based nursing care services", because I am an client of the service( correctly, my parents are clients).

介護サービスのIT化というと、介護のフロントにいない人は、すぐに「介護対象のセキュリティ(安全)監視」だの「介護ロボット」などという観点に飛びついてしまうのですが ―― もっと簡単な話です。

As for IT-based nursing care service, people who are not at the front of nursing care will soon jump to the point of view of "nursing care robot"and "security monitoring of nursing care subjects", however, it's a simpler story.

-----

■ヘルパー、ケアマネ、厚生委員間での情報連携

- Information cooperation among helper, care manager, and welfare committee

手書きのノートで、連絡の申し送りをしていて、その内容がきちんと伝達されていない。連絡手段として、Webどころか、メールすら使われていない

They are sharing nursing information with handwritten notes, and the content has not been properly communicated. E-mail is not used, needless to say Web system.

■窓口不在時の対応

- Response outside office hours

電話が繋がらない場合の(メールやWebによる)代替の連絡手段がない

No substitute communication means (by e-mail or Web) when the telephone can not be connected

■介護タクシーの位置情報

- Location information of nursing care taxis

要介護人を、灼熱や極寒の屋外で待たせ続けなければならない

To keep a care recipient waiting outside for burning and extremely cold.

-----

こういうことを書くと、また、どこぞの官庁が「介護業務通信基盤」などという、使いにくいシステムを提案して、介護現場のフロントに、いらん負荷をかけることになります。

When writing such a thing, some government offices may propose a hard-to-use system called "nursing care business communication infrastructure", and it can irritate the front of the nursing care site.

私は、ヘルパーやケアマネの人が、メールやブログ使ってくれる『程度』でいいんです。

I think that it is enough that people with helpers and care managers use e-mails and blogs.

しかし ―― 実際のところ、その『程度』の個人差が、恐しく大きいのです。

But - in fact, the individual differences are terribly large.

(続く)

(To be continued)