0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2014-07-06 ―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation from yesterday.

しかし、その一方で、虫が部屋に入ってきたというだけで、「職場に電話をかけてくる妻や娘たち」というのも、結構、迷惑です。

The other hand, I am annoying my wife and daughters who call me in business hours.

私が残業で遅くなっても、虫を処理するまでは、家族全員が起きて待っている―― と私にプレッシャーをかけてきます。

They put pressure on me that they never go to bed before I go home and delete the bug in my house.

『「生き物に触れることは科学的興味や生命への慈しみを高めることにつながる。重要性を認識してほしい」と呼びかけている』

The workshop said that "touching the creature leads to increase the love of the life and scientific interest. They want the youth to recognize the importance"

という、この研究会の呼びかけは、私にとってはどうでも良いのですが、

Thought I don't care the message of the workshop at all, I hope that

―― 虫を叩き殺すくらいのこと、自力でやれるようになって欲しい

"I want you to swat an insect to death by oneself."

と思っているのですよ。

「昆虫に素手で触れることができるか」とまでは要求しませんが、「害虫を、新聞紙で叩き殺して、トイレから流し出す」という程度のことは、男女関係なく、できるようになって貰いたいものです。

I don't want to ask them to touch an insect with bare hand, but at least they might swat an insect to death with bunch of newspaper, regardless of their gender.

-----

「これからお前たちも、一人ぐらしをしなければならない時がくる。その時、どうするのだ?」

"Eventually, you are going to live alone. What are you going to do?" .

「どうするって、当然、パパを呼びつけるよ」

"What am I going to do? Of course, I call you naturally".

―― 恐ろしいことを言うな。

Do not say such a fearful thing.