2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2018-07-07 だから、「私」と「やつら」の間に、それほど差はない ―― と、今でも思っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の姉は、この問題は、「ITリテラシー」ではなく、「個人情報の漏洩」のリスクの方にあるのではないか、と言っています。

My sister says that this problem is not the "IT literacy" but the risk of "leakage of personal information".

たしかに、認知症の高齢者の情報がリークしたら、高齢者を狙った詐欺者にカモを提供しているようなものです。

Certainly, if the information of elderly people with dementia leaks, it's like sending victims to cheaters.

極めてリスキーであると言えます。

It can be said that it is extremely risky.

しかし、リスキーでないシステムなどありません。

However, No perfect safe systems are in the world.

そもそも、ヘルパーやケアマネの人たちが情報リークしたら、どんな強固なシステムであろうとも意味がありません。

To begin with, if a helper or a care manager leaks information, no matter what a robust system it is meaningless.

それはさておき。

Apart from that.

-----

以前、私が米国赴任をしていた時に、個人的にお願いしていた英会話教室の先生(米国人)が、

When I was working in the US before, my English teacher (American), who I asked for privately,said to me that

「以前、日本に住んでいたとき、日本語が理解できない幸せを実感した」

"When I lived in Japan before, I realized happiness that I could not understand Japanese"

と言っていました。

言語が理解できないことは不便ですが、不要で不快な情報を理解できないことは、結構幸せだったりするものです。

It is inconvenient that we can not understand languages, however, it is quite happy that we can not understand unnecessary and unpleasant information,

-----

つまり、ITシステムの作り方、使い方が見えてしまう私は、つまるところ「不幸」なのです。

In other words, in the end I am "unhappy" to know how to make an IT system, how to use it.

自分の思う様に、作られていない世界を、本質的に憎悪してしまう ―― これは、いつの時代でも、「理想主義者」の陥いる落とし穴です。

Essentially, "coming to hate the world that not made like my own" ---- anytime, anywhere, any "idealist" is falling in this hole.

しかし、私は、

However I could reach the concept that

■「他人の日常が、私の理想に対する憎悪の対象」であるなら、

If "the daily lives of others are the object of hatred against my ideals"

その逆に、

conversely,

■「私の日常は、誰かの理想に対する憎悪の対象」になっているはずである ――

then "the daily live of mine becomes the object of hatred against someone's ideals"

という、「憎悪の対称性」の概念に至れただけです。

It is "Symmetry of hatred" so called.

-----

だから、「私」と「やつら」の間に、それほど差はない ―― と、今でも思っています。

So I still think that there is not much difference between "Aum Shinrikyo executive" and "me".

差があるとすれば、私は、(A)その「憎悪の対称性」に気がついたこと、(B)「サリン」を撒かなかったこと ―― それだけです。

If there is a difference, I (A) noticed the "symmetry of hatred", (B) didn't spread the poison gas - that's all.