0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-07-17 「昔はよかった」という言葉を、ITエンジニアだけは使えない

私は、新車、新品、新製品には、全く拘りがありません。

むしろ、そのような「初物」は、初期不良が怖くて、手を出さない方です。

ですので、ヤフオク(ヤフーオークション)やら、Amazonの中古本販売は、 私にとっては、非常に貴重なサービスです。

一例としては、数年落ちのディスプレイなどを、定価の1/20の金額で購入しています(まあ、消費電力などに難ありですが)。

-----

ヤフオクでは、キーワードをリストに登録しておくと、オークションの開催を報せてくれるので、大変重宝しております。

例えば、パソコンやプロジェクタの型番をキーワードとして入力しておくだけで良いです。大抵、毎日、オークション開催状況が報告されてきます(「GPS信号デコード装置」だけは、これまで一度も報告がありませんが)。

しかし、社会人である身の上ですので、オークションのサイトに頻繁にアクセスすることができません。

そこで、私の場合、最初から、自分が出せる金額の最高額を入力しておきます。

が、この方法で、最近負け続けています。

オークションは一般的に6日間などという長期に渡るので、6日間を勝ち続ける金額を、最初から提示するのは、かなり無茶なのです。

大抵、オークション終了10分前の、「私の提示金額+200円」くらいで、負け続けています。

-----

オークションの終了直前の15分前に、メールで終了通知を送ってくれるのですが、私がそのメールに気がつくのは、大抵、翌日の朝になります。

当然、もう手遅れ。

リアルタイムで、そのメールに気がつくと良いのですが、私は、そんなに頻繁にメールをチェックしませんし、もしメール到着を「音」で通知したら、煩くて仕事になりません。

携帯電話、スマホでは、特定のメールだけ音声で通知する、というのも設定できるようなのですが、多分、私は、それでも見逃すと思います。

-----

となれば、「オークションクローズ直前の電話通知サービス」してくれないかなぁ、と思うのです。

可能なら、案件に関するコメントも貰えれば、さらに嬉しい。

例えば、「これ、詐欺くさいです」、「出展者の与信が低いですね」、「私なら、この案件は見送ります」とか。

でも、多分ダメでしょう。

そういう、リアルなサービスを徹底的に排除して、人件費を削減するところに、インターネットのオークションサービスの「売り」があるはずだと思うからです。

「そこに、旧来の方式取り入れて、どーする」と、自分で突っ込めます。

-----

『「昔はよかった」という言葉を、ITエンジニアだけは使えない』

という現実が、最近、どんどん辛くなりつつある日々です。

電子メールの利便さを説き、Webによる情報共有こそが、人類の相互理解に資して、世界平和に貢献するのだ(さすがに、ここまでは言っていないけど)、などと、適当なことを言ってきたきた、「つけ」が、

今、回ってきている、と実感します。


2014-07-17 「脱法ドラッグ」ということは「違法薬物」ではない、ということですよね。

私、ずっと気になっているのですが、『脱法ドラックで捜査』『脱法ドラックで逮捕』という言葉に、誰も違和感を感じないというのであれば、それは、かなり怖いことだと思うのです。

I have been curious about "law-evading drug". If nobody think an uncomfortable feeling about "investigation against law-evading drug" or "arrestment against law-evading drug", it should be really fearful.

「脱法ドラッグ」ということは「違法薬物」ではない、ということですよね。

I think "law-evading drug" doesn't mean "illegality".

法の制度趣旨や精神には著しく反するけど、そして、最終的には裁判所の判断に因るけど、それでも ――現時点では「合法ドラッグ」ということです。

It is against a system purpose and mind of the law remarkably, and it should finally depends on the judgment of the court, but they are "legal drug" at the present.

-----

こういう薬物によって、交通事故を起こした者が逮捕されるのは当然です。故意または過失で犯した交通事故は、犯罪であるからです。

It is natural that a person who caused a traffic accident is arrested by using such a drag. Because the accident that is committed by intention or a fault is a crime.

しかし、違法でない物質を所持していることで逮捕されるという理由がよく分からなのです。

But I cannot understand the reason why the person who possesses or use illegal material is going to be arrested.

もちろん、このような薬物を使う者が、反社会的行為を行っていることは言うまでもありません。しかし、我が国は法治国家です。

Though the person should be blamed for their antisocial behavior, Japan is a constitutional state.

法律が規定していない行為で、逮捕、検挙できるとしたら、それは法治国家の否定となります。

If anyone is arrested by an act that a law does not prescribe, it is negation of the constitutional state.

言うまでもありませんが、後から作った法律で、逮捕、検挙等ができるとしたら、「法の不遡及」の大原則を犯すことになります。

Needless to say, we will violate a large principle of "the not being retrospective of the law", even if the arrest is allowed by the law that are made later.

で、私、調べてみることにしました。

So I am going to check this problem.

(続く)

(To be continued)


2015-07-17 「痩身ダイエットには、種の存続の危険があるのにもかかわらず、痩身を『美しい』と認識してしまう理由」

今回、私は初めて 「読者に挑戦する」風のイベントを実施していまして、読者の皆さんからの「仮説」を募集しています。

As the first time, I make an event, like "the challenge to readers", and advertise for a hypothesis.

仮説のテーゼは、

The theme of the hypothesis is

「痩身ダイエットには、種の存続の危険があるのにもかかわらず、痩身を『美しい』と認識してしまう理由」

"Why we feel that slimming body is beautiful, even if the body has a risk of continued existence of a species"

です。

背景についてはコラムを読んで頂くことと致しまして、この「仮説」に関しては、一通りロジックとして閉じていれば良く、仮説の検証等は一切不要です。

I hope that you will read the column to understand the background. According to the hypothesis, you don't have to do the verification at all, but make it the closed rough logic.

「ああ、なるほど!」と、思わず膝を叩いてしまうようなストーリーとなっていれば、さらに嬉しいです。

If it is a plausible explanation, I will be happy.

-----

―― という趣旨のメールを、昨日、アンケートに応じて頂ける旨の返事を頂いたボランティアの皆さんに送付したところ、早速「仮説」を送って頂きました(現在、3人)。

Yesterday, I sent the mail including the idea, and now I have already got the hypothesis from three readers.

私の考えているものと、ほぼ同じ内容の「仮説」もあれば、後で詳しい解説をお願いすることになりそうな「仮説」もあり、なんと言うか、

One is almost what I am now thinking, and the other is a little difficult for me. So I might ask some explanations about it after that.

Anyway,

―― 楽しい

"It is fun for me."

「一人メシの友」として読ませて頂き、本日の昼食は、大変美味しい御飯となりました。

I could have a wonderful lunch time with reading the hypothesis, today.

-----

来月の原稿の校了まで、「仮説」の募集は続けますので、

I will continue to accept your hypothesis until the next finish proofreading.

アンケート用のメールアドレスから、私に御一報頂けましたら幸いです。

If you could join this event, I hope you will send me your mail using this mail address.


2016-07-17 『色々なことに手を出し過ぎて、余裕がない』

突然ですが、

Suddenly,

I remembered the phrase had pissed me off in the paper of personality diagnosis (JMI) which has been subjected in the company.

なんでも、私の生き方は、

It is said that, about my way of life,

『色々なことに手を出し過ぎて、余裕がない』

"You have no room to do many things at the same time"

のだそうです。

-----

ああ、そうだよ。

O.K. I agree to that.

この連休だって、コラムの執筆と、新しいソフウェアと、マイクロサーバの検討として、その合間に、プールで1kmほど泳いできて、夕食に名古屋名物のどてやきを試作してみたりと、

During these holiday, writing a column, studying new software and micro-server, going a pool and swimming 1000 meters, and cooking a new menu of stew,

正直、体のダルさが取れなくて、本気で困っているよ。

to tell the truth, I am in trouble not to take fatigue of the body.

-----

だが、そんなことは、私の勝手だろうが。

However, it is not your business.

心理テストだかなんだか知らんが、人の人生に「余裕がない」というのは、失礼にも程があるだろうが。

I don't know about this somehow psychological test, though,

for my life, "You have no room" is too rude isn't it?

なぜ、

Why this foolish test, called "JMI" doesn't say

「色々なことに手を出して、人生、充実していますね」

"Your life is wonderful, with a lot of new trials everyday" ?

と言えないのだ ―― このJMIとか言う、アホテストは。


2017-07-17 ―― なんで、私に声がかからない?

"多くの企業で、データアナリストの争奪戦"が行われている、という話をニュースで聞きました。

I heard a news that "many companies Struggle for data analysts".

―― なんで、私に声がかからない?

"Why do not they call me?"

分からん。

I don't understand.

Isn't it enough ?


2018-07-17 ―― もったいないことをしてしまった

私は、「アイドル」というものに興味がありませんが、まあ、この年齢としては、自然なことだと思います。

I am not interested in "idol singer" or "pop idol", however it is natural for my age.

問題は、人生で一度も ―― ティーンエイジャの頃も含めて ―― 興味がなかった、という点にあります。

The problem is that "I have never been interested in "idol" in my life."

―― もったいないことをしてしまった

"I deeply regret what I did."

と、今でも残念に思っています。

I am really afraid of that.

「アイドル」というものに狂うのであれば、今の自分よりも、ティーンエイジャの頃の自分の方が、やりやすかった、と思うのです。

If I could be crazy for "idol", it is easier for me, rather than what I was a teenager.

-----

しかし、最近、『そうでもないのかな』と思うことがあります。

However, recently, I sometimes think "Is it not so ?"

ニュースなどで、未成年のアイドルグループに興味がある ―― というか、狂乱している ―― 中年(以上の)の女性や男性などを、頻繁に見るようになってきたからです。

According to news program, I often watch some adults who are crazy for "under-age idol groups", like crossing a red line as adults.

私がティーンエイジャの頃にも、そういう「中年」は存在していた筈ですが、そのような人たちは、基本的には、「表」には出てこなかった、と思います。

I think that there were some adult who were active for the field, however basically, they made them invisible.

間違っても、ニュース番組のインタビューに、顔を出して応じるようなことは「できなかった」と思います。

I remember that they never opened their existances on air, and could not accept an interview with showing their face.

そのような人たちは、大人の世界では勿論ですが、子どもの世界でも「変な奴」というか、ぶっちゃけ「気持ち悪い奴」として認定されていたものです。

The adults were identified as not only "funny person" but also "unwanted person" from even children.

-----

私は、世代に関係なく「『好きなもの』を『好き』」と言える世界は、素晴しい世界だと思います ―― ええ、それは、私の全存在をかけて、圧倒的に肯定できます。

I believe the world of "any people can say "I like it" because they like it" is wonderful.I can answer in the affirmative by my significance of existence.

しかし、これは、私の日常とダイレクトに衝突していない範囲内の話です。

However, this is just for the area where there is no gap in my daily life.

例えば、以前も記載しましたが、私は自分の娘の彼氏が、いわゆる「痛車」で乗りつけてくるような奴であれば、

For example, as I wrote before, if a boyfriend of my daughter come to my house by "Itasha"(the car painted beauty in the bud of animation), I am afraid that

■問答無用に、そいつを家から叩き出し、

I will knock him out from my house, and

■娘に対して『あんな男とつきあうのはやめろ!』と怒鳴りつける

I will shout my daughter down "break off contact with him"

と思う。

私は『痛車』の芸術性やそのオーナの心意気を、私の全存在をかけて肯定している、にも関わらずです。

Even I can affirm an artistry of "Itasha" and the owner's spirit by my significance of existence.

つまり、日常に関わらない範囲であれば是認し、日常に入ってくると否定する ―― 私の「リベラリズム」とは、所詮はその程度のものです。

I mean, I can affirm many things far from my daily life, however, even if it is getting close to me. I deny them easily. In conclusion, my "liberalism" is like that.

(続く)

(To be continued)


2019-07-17 自分に関することで、「小さいことを気にするな」を本気で信じている人は ―― 基本的に、社会人としては、失格です ―― というか『単なるバカ』。

私は、かなりの小心者です。

I am a pretty coward.

■展示会の前日の日の夜には、現地入りをし、翌日は下見に行きます

- I will visit the site on the night of the day before the exhibition, and will go to preview the site the next day

■学会発表の前も、あたまが真っ白になってもしゃべれる程度に、練習を繰り返します

- Before the conference presentation, repeat the exercise in the hotel room even if I lose all lines with tension.

■朝早くにデモ発表を行う時は、前日にその荷物をもよりの駅のロッカーに入れておきます

- When I have to make a demonstration of test system early in the morning, I put the luggage in the locker of the train station the day before

という念の入れ方です。

I will check just in case.

これらの行為の99%は、考え過ぎであり、杞憂です。

I know, that 99% of these actions are over thought.

しかし、私は、

However,

―― 世間の善意や、自分の幸運を、信じない

"I do not believe in the goodness of the world or my fortune"

ので、仕方がありません。

So it cannot be helped.

-----

世の中には、「展示会や学会発表がどうなろうが、そんな小さいことを気にするな」と言い放つ人がいます。

Some people in the world say, "don't worry about such small things, like exhibitions and conference presentations"

なぜ、言い放つことができるのか。

Why can they say that?

他人事だからです。

It is because it is other personnel affairs.

人間、「他人事」は、どーだっていいのです。

Everyone is not interested in "others".

自分に関することで、「小さいことを気にするな」を本気で信じている人は ―― 基本的に、社会人としては、失格です ―― というか『単なるバカ』。

People who really believe in "do not worry about small things" is disqualified as a member of society --- honestly speaking, "just a stupid"

「小さいことを、キチンとやらない人」は、社会的に信用されず、仕事を任せては貰えません。

People who do not do small things are not trusted by society and cannot get a job.

(続く)

(To be continued)