0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-07-26 「殺したい程の憎悪」をすることに対する最低限の礼儀

最近、ツイッターので、我が国の近隣国の悪口が凄く多くなった、と思っていたのですが、300人中の2人ほど、フォローを止めたら、

―― そのような内容のツイートが"0"になった(誇張ではなく本当に"0")。

なんだ、そういうことか。

たくさんのツイートがあれば、たくさんの意見があるように見えるというのは、ネット世界の盲点ですね(今更ですが)。

-----

まあ「誰の何がそんなに憎い」のかは、私にはどうでも良いことなのですが、

19歳の時から、世界のいくつかの国を一人でテクテクと歩いてきて、

「その国に住んでいる人」と「その国の政府」は、完全に別人格であることを、嫌という程知っている私としては、

そのようなツイートを読まされるのは、愉快ではないのです。

-----

マスコミの記事が、多くの読者に読まれることを期待して、わざわざ刺激的な見出し(キャッチー)や、表現や、事実と推測をゴッチャにして、読者を恣意的に誘導することは、常套手段です。

なぜ、そのように言い切れるのか?

『私自身が、そのようなことをやってきたから』

です。

具体的には、

『これまで、そのようなコラムを量産してきたから』

私が、コラムを読み易く、面白くする為に、表現を過激にしたり、必要以上に誇張していることは事実です(この日記を見ても明かでしょう)。

とはいえ、私はエンジニアなので、「ここまでは事実」「ここからは推測」という風に、テクニカルライティングの作法は遵守しているつもりです。

また、特に、間違った事実の流布に関しては、病的な程怖がっているのは、ご存知の通りです。

まあ、私の言い訳はともかくとして、私が何がいいたいかというと、「読まれる為の作為が入っていない記事」など絶無である、ということです。

-----

我々が、他国の政府やマスコミの書いていることを、信じることは仕方がないことです。

我々には、それしかニュースソースがないのですから。

しかし、私としては、一度でいいから「外国を国を自分の足で歩いてみてはどうでしょうか」とお勧めしたいのです。できれば、僅かな期間でも良いので滞在してみることは、強くお勧めします。

特に現地の食事を、現地の人と一緒に食べて、一緒に寝泊まりすることは、圧倒的かつ絶対的にお勧めします。

そうするとですね、一般的に流布されている情報と、現地の事実との間に、ビックリする程の乖離(かいり)を感じることができます。

さらに、そうするとですね、一般的なマスコミの記事というのが、日常生活で「事実」ではなく、単なる「参考資料」にまで、転がり落ちていく感じを体感することができます。

これは、長い人生において大変意義があることではないか、と思うのです。

-----

何かや誰かを殺したい程憎むのであれば、その対象は「国」やら「政府」のような抽象概念で語っていては、全然足りない。

「集団」でも足りず、「個人」までブレークダウンし、きちっと憎悪の対象として認識し、認定すべきだと思う。

そして、そのことに対して、自分なりのロジックを組み立てて、コラムや論文程度の体裁に仕上げて、そのURLを公開した段階で、「殺したい程の憎悪」は、そこで初めて「完成する」と思うのです。

それが、「殺したい程の憎悪」をすることに対する最低限の礼儀だと私は思うのです。

「殺したい程の憎悪」が、人のツイートのリツイートや、数十文字程度の感想ですか?

笑わせないで下さい。

パソコンの前で、140文字程度を使って、憂さを晴らす程度の中途半端な怒りを、私には届けないで欲しいのです。

そういう覚悟のないツイートは、私にとっては、鬱陶(うっとう)しいだけですので。

-----

で、文頭に戻るのですが。

『鬱陶しいツイートをしてくる人のフォローを止める』という、凄く簡単なことにも気がつかなかった私は、

―― 本当に阿呆だなぁ

と、今さらながら、実感していたりします。


2014-07-26 ―― 日本人とバレたら、この空の旅の平安は終わりだ

昨日、アラブ人のフリをする、という話をしましたが、その別バージョンです。

The other day, I wrote that I sometimes pretend to be an Arab, and today I would like to tell you another story.

米国の国内線の飛行機の3人がけの、通路側に座っていたのですが隣の2席に座っていたのですが、関西弁、大声、おばちゃん。

When I got on a plane of US, domestic airline, two Japanese ladies sat next my seat, which had loud voice with a Kansai accent,

―― 日本人とバレたら、この空の旅の平安は終わりだ

I am afraid that, "If I was come out that I am Japanese, this peace and enjoy trip is going to be destroyed"

と直感しました。

私は、おばちゃんたちのけたたましい声には反応しないようにして、一言も日本語を発することなく、英語のレポートを読んでいるフリをしていました。

I never responded her chat with loud voice, and never talked even one word, and pretended to read an English report.

-----

しかし、悪いことはできないもので、機内食のトレイをひっくり返し、思わず

However, I could not do a bad thing. I I upset the tray of flight meal, and shouted,

『わちゃー、しまったぁー!』

"Oh my God (in Japanese)"

と叫んでしまいました。

一発でバレたと思いますが、おばちゃんたちもバツが悪そうにしていました。

I thought I was come out soon, but ladies also seemed to be embarrassed.

私の意図を見抜いたからかもしれません。

They could understand my intention perfectly.

結果として、私は、平安な旅を続けることができました

Anyway, I could spend a peaceful and quiet trip

―― が、なんとも重い空気の中ではありましたが。

In heavy atmosphere.


2015-07-26 一日かけてデータをエクセルファイルに纏めております。

アンケートにご協力頂いた皆様、誠にありがとうございます。

Thank you for your cooperation about my diet questionnaire.

一日かけてデータをエクセルファイルに纏めております。

Today I compile the data and make a Excel file.

データ解析まで至りたかったのですが、残念ですが、力付きそうです。

I want to complete the data analysis, but unfortunately I will give it up because of my exhaustion.

-----

私が初めてパソコンを使ってから30年以上も経つというのに、データの編集を、未だに手動でやっています。

Now I compile data by my hand, though I have used a personal computer for more than thirty years.

改めて、この事実に絶望的な気持になります。

Coming as a fresh reminder that I have a desperate feeling.

勿論、データ編集用のプログラムを作成すれば、データの編集は一瞬で終わるでしょう。

Of course, the process is going to complete in a blink of an eye, if I make a program for it.

しかし、100件にも至らない、しかも、今回のみしか使用しないデータの編集の為に、プログラムを組む ―― その、虚しさに耐えらません。

But I cannot put up with the foolish action, that means, I make a program for less than one hundred questionnaires.

それに、プログラムに精通したものだけが、そのような「ラク」ができるということは、問題の解決になっていないと思うのです。

Above all, this is not a fundamental solution, because the method is available for specified programmers only.

-----

今回のようなメールベースのアンケートでは、頂いた回答メールに微妙にフォーマットの差が出てきます。

In this case of mail questionnaires. there are some slight different formats in the questionnaires.

空白や改行、あるいは引用文字が挿入、削除されていたり、アンケート結果にコメントを付けて頂ける場合もあります。

For example, added or deleted spaces, LFs and characters, some comments for readers.

このような事象に全部対応可能なプログラムは、――作れなくはありませんが―― その労力に、全く見合いません。

All purpose program is not meaningless for the cost performance, even if I can make it.

エディタ等で処理する方が早いです。

Using editor is better than making program.

(続く)

(To be continued)


2016-07-26 『シュタインズゲートを思い出そう運動』

私、自分が「アニメ好き」と思っていたのですが、「どうも、そうではないかなぁ」と思うようになってきました。

I think that I am an animation-lover, though, recently, I am afraid not.

好きなコンテンツが、たまたまアニメだったということのようです。

I happened to discover my favorite content, that was an animation.

ええ、"Steins;Gate(シュタインズゲート)"のことです。

Yes. It is "Steins;Gate".

-----

若者のネットカルチャーとの橋渡しをし、某機関の最新の研究も紹介し、新しいタイムマシンのパラダイムも提供した、あの名作「シュタインズゲート」 ――

The masterpiece "Steins;Gate" that bridged a gap between youth net cultures and me, introduced the latest activities of a certain research organization to me, and gave me a new paradigm of time-machine.

が、最近、人々の記憶から消えようとしているのを、私は危惧しています。

However, I am concerned about the masterpiece is fading out in the world.

気がついておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、最近、たった一人で、

Some people might have already noticed it, these days I have started an activity

『シュタインズゲートを思い出そう運動』

"Remember Steins;Gate"

を実施中です。

-----

アニメといえば、「ヱヴァンゲリヲン」はビッグネームですが、私は、このアニメの第一作の前半で、興味を失いました。

Talking to animation, "Evangalion" is a big title, however I had come to lose interests to this contents.

このアニメは、

The attraction of this animation is

『メッセージが不明確、全体に漂う不安感』

"unclear message and uneasy feeling around all scenes"

に、その魅力があることは分かっているのですが、

I know it well though,

私のモットーである

I was afraid that it didn't adapt to my policy

『結論から先に言え』

"Bottom lines, first"

とは合わなかったようです。

-----

しかし、その設定は好きです。

I like the setting of the animation.

(続く)

(To be continued)


2017-07-26 ―― もう、情報機器に囲まれているだけで、憂鬱になる

「セキュリティうつ」という病気が出てくるのは、時間の問題だろうと思っています。

I think that it will be a matter of time that the illness "security depression" comes out.

■同性同名の人物に対するメールの誤送信を恐れ、

- fear of erroneous sending of e-mail to the same name of the same person,

■会社のシステムにアクセスする為のデバイス(トークン)の紛失を恐れ、

- fear of losing the device (token) for accessing the company's system,

■パソコンの盗難を恐れ、

- fear of theft of PC,

■USBメモリの置き忘れを恐れ、

- fear of misplacement of the USB memory,

■モバイルルータが、第三者に使われているのを恐れ、

- fear of mobile routers are being used by third parties,

■パソコンのウイルスの感染に恐れ、

- fear of virus infection of PC,

■外部からのパソコンの乗っ取り(ランサムウェア)を恐れ、

- fear of hijacking of the PC from outside

■外部からのサーバへの攻撃を恐れ、

- fear external attacks on the server,

そして、上記を含んだ、雁字搦め(がんじがらめ)になったセキュリティ対策ルールと、

and fear of the security measures rule including the above, firmly

事実上の懲罰 ―― 上記の事件を引き起こしたことが、人物を特定しない形で(しかし当事者と、その周辺の人物には知られている)で、晒し者にされる ――

fear of De facto punishment, the person that caused the above events will be made public, not disclosing the name, (however, the name is known to the parties) within the workplace,

を、日々恐れながら生きています。

We have to live with the fears every day.

実際に、このような事件が月を跨いで発生すると、全員が緊急招集される集会が行われ、トップ自らが、社員全員に檄を飛ばします。

Actually, when such incidents occur consecutively, a meeting is held in which all members were convened urgently, the top of manager try to appeal the warning.

―― もう、情報機器に囲まれているだけで、憂鬱になる

"We are getting depressed just by surrounded by information equipment"

「セキュリティうつ」は、すでにシステム管理部門の人間だけでなく、パソコンやスマホを使う全ての人間が、患者予備軍と言えそうです。

About "Security depression", Not only persons in the system administration department, but also everyone using a personal computer or smartphone will be potential patients.

-----

しかし、誠に残念ながら、この対応は「正しい」のです。

However, unfortunately, this correspondence is "right".

(続く)

(To be continued)


2018-07-26 古事記や日本書紀に記載されている、出雲の話は、もう、どれを取っても「面白100連発」です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

古事記や日本書紀に記載されている、出雲の話は、もう、どれを取っても「面白100連発」です。

The story of Izumo Taisha, which is described in Kojiki and Nippon Shoki, is "funny 100 consecutive" anyway.

(1)出雲の国を収めていた神様の領土を、後からやってきた天皇陛下の先祖である神様に、(力づくで?)譲渡させた

(1)A god, who was the ancestor of the Emperor who came later, transferred the territory of a god who had contained the country of Izumo (by force)?

―― という、先支配者の既得権益ガン無視の、理不尽な交渉

"An unreasonable negotiation neglecting vested interests of the former ruler"

(2)先支配者が、豪邸(出雲大社のこと)の建造と永住権と引き換えに、出雲の国の支配権を譲渡した(国譲り)

(2) The former ruler responded to the transfer of the country of Izumo by transferring (transferring the country) in exchange for the construction of the mansion house (Izumo Taisha shrine) and permanent residence right.

―― という、「権力基盤」と「不動産」を交換させた、不平等な譲渡契約の締結

"Conclusion of unequal transfer agreement that exchanged "power base" and "real estate""

(3)先支配者(*1)の嫁(*2)の父(*3)が、その父の姉(*4)だったりするが、その姉のごり押しで、上記(1)が実施された

(3) The father(*3) of the bride(*2) of the former ruler(*1) is the older sister of the father(*4), and the older sister carried out the above (1) by pushing down

―― という、姻族よりも身内を優先する、血縁第一主義

"Kinship first principle about priority is given to the inside rather than inhabitants"

(*1)オオクニノミコト、(*2)スセリビメ、(*3)スサノオ、(*4)アマテラス、(*5)皇室のご先祖

もう、なんというか、橋田壽賀子先生の「渡る世間は鬼ばかり」を、神話として書き下したらこうなる、という、エゲつない話のラインナップです。

I think that those were the Secondary creation of the rewrite Ms.Hashida Higakiko's work, "Only devils around the world" as myths. They are lineup of strange stories.

-----

この他、

In addition,

■男性版シンデレラ「因幡の白兎」、

"Male version Cinderella story "a white rabbit in Inaba"

■頭の悪そうな兄弟の神様の賭けによる「野糞による国土成立」、

"Establishment of national land by wild dung" by gods of brothers who seem to be bad,

■狭い国土が気にいらなかった神様による、力づくの「近隣諸島の強制移動」

"Forced movement of neighboring islands" by force, Because of God who did not like narrow land,

など ―― もう、ミーイズムだけで動く神様たちの、理不尽で無茶苦茶なストーリーの数々

A number of unreasonable and unreasonable stories of Gods who move with just Miesim

特に、この話の中に、我が国の皇室のご先祖が、作られた綺麗事ではなく、それなりの「ヨゴレ役」として登場している率直さが ―― 好きです。

Especially in this myth, the ancestors of our Imperial family are not the beautiful things that were made, but The frankness that comes out as "a role of dirty" is good.

聖書やら仏典やらコーランやらと、我が国の神話が、決定的に違う点は、「ここ」にあると私は思うのです。

I think that the point where the myth of our country is decisively different from the Bible and Buddhist scriptures and the Koran and others is in "here".

(続く)

(To be continued)


2019-07-26 『成功するはずのない「3日で5kg痩せる」というダイエットが、予定どおりきちんと失敗した』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

という訳で、ダイエットを上手く進める為には、「レコーディングダイエット」に効果があります。

In my experiment, "recording diet" is effective, in order to go on diet well.

体重計に乗るだけでも結構な効果がありますが、これをグラフ化して視覚化すると、さらに良いです。

Just mounting the weighing machine have a considerable effect, and it will be better if you make a visualizable graph.

『痛さが増す』からです。

Because your pain is getting worse.

最近は、スマホと連動したスマート体重計などもありますが、私は、方眼紙を買ってきて、そこに記入する、「アナログレコーディング」をお勧めします。

Recently, you can use a smart weighing machine working with your smartphone, however, I recommend you to drop a plot on a cross-section paper, like "analog recording"

私の経験上、デジタルの記録は、ほぼ100%紛失します(サイトが消滅する、データの保管場所を忘れる等によって)。

I know that digital records will be lost almost 100%. by being lost the service providers, or forgetting the place of the data.

そして、前回の「痛い」ダイエットの知見が、全てパーになります。

And the previous data of your painful diet is dismissing.

これは大変、もったいないことです。

I am afraid that this is something pitying.

例えば、

For example,

『成功するはずのない「3日で5kg痩せる」というダイエットが、予定どおりきちんと失敗した』

"Trial to lose 5kg weight for 3 days", that is a ridiculous diet, was failed predictably"

というデータを残しておくことには、価値があります。

The above data should be left and it i very valuable.

-----

さて、「痛み」こそが目標達成の鍵、という昨日の話に基づけば、このレコーディングダイエットを、さらに加速的に進める方法があります。

Well, based on the yesterday's story of "a pain is a short avenue to reach your goal of diet", I think there is a good way to make the recording diet accelerative.

それは、

It is

―― オープニングダイエット

"Opening diet"

です。

(続く)

(To be continued)