0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-07-14 私が嫁さんを「嫁さん」と称呼するのは、嫁さんの強い希望に因ります

私は、会社でメールを書く時も、人を呼ぶ時も、できる限り「さん」または「君」を付けるようにしています。

何故かというと、私は、「組織とは利潤を得る為にたまたま集った赤の他人の集合体」と思っているからで、私には、赤の他人を、呼び捨てにするのが難しいからです。

-----

しかし、これは私の勝手なポリシーに過ぎませんので、私のことを「江端!」と呼び捨てにする人(会社の幹部等)に、別段、腹を立てたりはしません。

上位下達のヒエラルヒーで構成される組織では、命令系統がブレると機能しません。

組織の命令系統を保持するファンクションとして、私のことを、「江端!」でも「アホ」でも「馬鹿野郎」でも、その必要があると考える人が、どんな呼び方をしようが、OKです。

「所詮、組織を離れれば、アンタと私は他人だ」と割り切れば、組織内での呼び方など、私にとっては、単なる「記号」です。

-----

さて、私のコラムやエッセイの中では、嫁さんのことを「嫁さん」と書いています。これは、嫁さんからの強い希望があったことに因ります。

私のコラムの原稿の最終校正チェックしてくれているのが嫁さんで、その嫁さんが、嫁さんのことを「嫁さん」と書いて欲しいと言っているのですから、是非もありません。

それでも一年に一回くらいは、確認していますが、現在のところ、変更依頼はないようです。

-----

それにしても、『なんで、名前でもなく「嫁」でもなく「妻」でもなく、「嫁さん」がいいの?』と尋ねてみたことがあるのすが、

『昔、職場で尊敬してた上司が、奥さんのことを語る時に「嫁さん」と呼んでいる時の優しい表情が、とても好きだったから』なのだそうです。

「なかなか、いい話だなぁ」と、ちょっと感動してしまいました。

まあ、本人の強い希望なのですし、また、私も「妻」などという単なる関係性やベクトルを示すような称呼は嫌ですし、自分の最愛のパートナーを「愚妻」などという馬鹿げた呼び方など、仮に嫁さんに頼まれれたとしても、御免です。

-----

さて、話を戻します。

私が希望する、私の呼ばれ方は、「江端さん」または「江端君」です。

但し、組織の中では、どう称呼して頂いても結構です。

しかし、組織の外で「江端」と呼ばれれば、『おい、なれなれしいな、貴様』と、直ちに言い返す準備があります。

-----

私を、いついかなる時においても、「江端」と呼び捨てて良い人間は、

私の師匠「エルカン」、友人の西野、藤井、戸高教授、石原教授、大学の研究室の先輩と、大学の同期の仲間だけです(後発追加するかもしれませんが)。

私が一番楽しかった時代を一緒に創ってくれて、そして、一番苦しかった時に、助けてくれた大切な人たちだからです。


2014-07-14 「開門と同時にベビーカーを武器に全力に全力疾走するサッカーママ軍団と一緒にスペースマウンテンまでダッシュしたことがなければ、一人前とは言えない」

■Gリックシーゲルさんの"Predictive Analysis"(直訳「予測解析])

- "Predictive Analysis" by Mr. Eric Siegei

■イザーファングさんの"Numbers rules your world"(直訳「数字があなたの世界を決める」)

- "Numbers rules your world" by Mr.Kaiser Fung

どちらも、大変面白い本でした。出張先から帰宅までの移動時間で一冊読破してしまう程、夢中になりました。

Each book is very interesting. I was fascinated with both books and could finish reading in one day's commute.

特に、この本の邦題は、インパクトがあります。

Especially, the Japanese titles of these books are impressed.

■「ヤバい予測学」

"Yabai prediction"

■「ヤバい統計学」

"Yabai statistic"

・・・いや、私は、この邦題、良いと思うのですが、「著者が、怒らないかなー」と、いらん心配をしてしまます

Though I think the titles are good, I was worried about the unnecessary author's anger

(勿論、書名も含めて翻訳の権利譲渡受けているハズです)。

Of course, I believe that the translation rights including the titles might be assigned from the authors.

-----

「ヤバい統計学」の中では

In the book of "Yabai statistic",

■ディズニーランドの「ファストパス」が、アトラクションの待ち時間を1秒も改善していないのに、ユーザの満足度が向上している理由と、

- The reason why the customer's satisfactions become good even the "fast pass" doesn't improve the waiting time at all.

■高速道路への乗り入れをコントロールする装置の導入によって、交通渋滞の劇的な改善があったにも関わらず、運転手の怒りに触れて、その装置が撤去されることになった理由、

- The reason why the device that can control the traffic flow toward high-way, was taken away for driver's anger even the device could realize the improvement of traffic jam.

の対比が、とても面白かったです。

Those two parallel between A and B interested me very well.

-----

しかし、やっぱり、最高だったのは、ディズニーランドフリーク達の名言集です。

Still and all, the most interesting phrase is quotes of Disney land freaks.

「開門と同時にベビーカーを武器に全力に全力疾走するサッカーママ軍団と一緒にスペースマウンテンまでダッシュしたことがなければ、一人前とは言えない」

"There is not it despite one portion if you have not dashed to a Space Mountain with soccer mom, who uses her stroller as a weapon from the time of the date open."

「午前8時に勢いよく門が開くと、体が弱い人と目が覚めきっていない人は、なぎ倒される」

"When the gate is open briskly at 8:00 a.m., a physically weak persons and non-waking-up persons are blown down."

「5年前にディズニーのエプコット・センターで、肝心なときに弟がトイレに行きたがって待たされた。あのことがいまだに許せない」

When I was at the front of Epcot Center in Disney Land, my junior brother wanted to go to a toilet and I was waited by him, even it was very important time. I cannot allow him yet.

-----

―― はっきりいって、怖いよ。あんたたち。

"Speaking frankly, you are scared."


2015-07-14 ―― よし、それなら、我が家の「数学ガール(次女)」は、MATLAB/Simulinkだ

データ分析用のソフトウェアを貸して頂いている株式会社NTTデータ数理システムさんを、訪問した時のことです。

When I visited NTT DATA Mathematical Systems Inc. that lease the data analysis software for me,

次女が、「『ゲーム理論」を夏休みの自由研究の題材にした」ときのことを話していた時に、面白い話を聞きました。

I told them that my junior daughter chose "game theory" as a research for her summer homework, and they gave me an interesting story.

なんでも、NTTデータ数理システムさんのところで開催されている、ツールのセミナに参加してくる「小学生」がいるそうなのです。

A junior school child has taken part in a seminar for this company's productions.

江端:「その子は、プログラミングでは飽き足らず、御社のツールを使って、ビックデータ解析を始めるつもりなんですか?!」

Ebata:"Is he going to start big data analysis, unsatisfying his programming ?!"

よく分かりませんが、とおっしゃっていましたが、どう考えても、それしか思いつきません。

Though they said "we don't know well", obviously I could not help but thinking it is true.

もうこうなってくると、単なる「算数マニア」の域を越えています。

At this moment, I think that he is beyond just Math nut.

-----

その話を聞いた時、なんか、訳の分からない敵愾心に駆られてしまいました。

When I heard the story, I was inflamed against him for no good reason.

―― よし、それなら、我が家の「数学ガール(次女)」は、MATLAB/Simulinkだ

"O.K. My "math girl(junior daughter)" is going to debut on the stage of MATLAB/Simulink."

―― 微分方程式と伝達関数を叩き込んで、熱力学方程式を使った、我が家の真夏の室温予測をさせてやるぞ

"I will let her to realize a simulation of my house temperature in this summer, using thermodynamics, after teaching differential equation and transfer function.

と。

うん、分かっています。

Yes. I know well.

こういうことを思いつく保護者は「親バカ」ではなく、

The guardian who comes to think of this one, is not "blind parental love"

ただの「馬鹿」です。

but just "nerd".


2016-07-14 ―― あ、そういうことか

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

モデルベース開発、デジタルツイン、まあ、色々な言われ方をしますが、つまるところ「シミュレータ」です。

"Development of model base", "Digital twin" for example, they are called with several way, however they are "simulator".

Last month, I made a simple easy simulator for train injure. and I confirmed that

■到着遅延時間が、事故の復旧時間に比例する

- "Delay time" is in promotion of recovery time of the train injure.

■事故の損害額が、事故の復旧時間の二乗に比例する

- "Amount of damager" is in promotion of square of recovery time of the train injure.

なんてことは、考えてみたら、当たり前のような結果なのですが、これも、コンピュータの中で電車を走らせて、事故らせてみて、

On second thought, this results are natural, however, in this case, after watchint simulator's output, I noticed them and, said

―― あ、そういうことか

"I see"

と、気がつくものなんですよね。

私が、これまでも、100年後の日本の人口予測 とか、地球温暖化の予測 とかを、『専門家による、予測結果が腐るほどあるのにも関わらず』に、敢えて実施してきた理由は、

As before, I simulated "predition of population in Jaoan next 100 years" and "predition of global warming". even there were a lot of predition data in the Internet,

その専門家の見解を疑っている訳ではないのです。

I don't believe the specialist opinions but

私が、シミュレータを作ることで、その現象を深く理解することができるからです。

I believe that I can understand the phenomenon deeply in making the simulator.

コンピュータの中に仮想の環境を作り出す為には、必要最低限のパラメータの全て組み込まないと、シミュレータは、動き出さないか、動いてもとんでもない結果を吐き出してしまいます。

In order to make a same phenomenon in a computer, I have to embed bare minimum of parameter in the simulation. If not, the simulator doesn't start to work well, or put nonsensical values out.

逆に言えば、シミュレータが概ね妥当な結果を出しているということは、

「私が現象を、(概ね)正しく理解していること」

の、一つの傍証になる、と思うのです。

On the contrary, I think that it is a proof that I can almost understand the phenomenon correctly if the simulator output reasonable values.

(続く)

(To be continued)


2017-07-14 「子どものころから正しい発音に接しなければ、英語が使えない」

私は、

I never give support to the opinion,

「子どものころから正しい発音に接しなければ、英語が使えない」

"People cannot use English, without contacting English from a young age"

と、保護者を恫喝して、

that makes guardian nervous.

役にも立たない教材を売り込む、悪徳業者の側にいません。

I don't stand on the side of wicked dealers who try to sell in useless educational materials

それが「真っ赤な嘘である」ことを知っているからです。

I know well that the opinion is "absolute lie".

このことについては、散々、色々なところで言い放ってきたのですが、

Since now, I have spoken out anytime, anywhere,

―― 未だに、私に論戦を挑んでくる業者も、学者も、教育者も、ただの一人もいません

I have never seen the person, company presidents, doctors and educators who try to spar with me about issue.

挑まれれば、私は、膨大なデータとその解析結果と、具体的なサンプルを持参して、立ち向います(立証責任は、私の側でいいです)ので、是非ご連絡下さい。

If you want to try it, please fell free to contact me. I am going to you with enormous data, the analyzed result, and concreted examples(I will have "burden of proof" by myself)

-----

ところで、「英語に愛されないエンジニア」の皆様。

Dear Ms.and Mr. engineer who has not been loved by English.

私、久々に(10年ぶり以上かなぁ)、国際学会で発表と聴講をしてきたのですが、これまでには感じたことのない違和感を感じたので、報告しますね。

I attended and delivered a lecture at an international conference for a long time (I wondered more than 10 years), I could feel something stranger I had never felt before.

なんとなく、喋っている内容(英語)が、以前より分かってきましたよ。

Somehow, I thought I came to understand English from before.

(続く)

(To be continued)


2018-07-14 そう考えると、ワクワクします。

私は、電車の中で若者が騒がしくしゃべることや、園児や小学生の遠足の団体を、「騒がしい」とは思いますが、「迷惑」とは思っていません。

I think that young people who talk noisily, children and schoolchildren excursion groups on the train is noisy, but do not annoy me.

公共の場は、マナーは必要ですが、自分の環境を公に強要することもできません ―― というくらいは、私も分かっています。

In public places, we need manners, but we can not force our policy to others.

とは言え、電車の中は、「書斎」としても使っているので、静かであると助かるとは思っています。

However, I am using a train as a "study", so I think that if it is quiet, it will be helpful.

-----

電車に乗車する前に、これから乗ってくる乗客を予測できたら ―― 便利だと思います。

I think that it is convenient if I can predict passengers coming in from now before getting on the train.

現在の位置情報サービスやICカードサービスを連動すれば、このサービスの実現は、さほど難しいものでもありません。

Realizing this service is not too difficult if you link current location information service and IC card service.

問題は、

The problem is

―― このサービスに情報提供してくれるユーザ

"Users who provide information to this service"

の方です。

-----

このサービスが一般的になれば、私たちは、「嫌いな奴と顔を合わさずに済む」(就業時間は仕方ないとして)という日常を手に入れることができます。

As this service becomes common, we can get the common daily of "we don't have to match face with disgusting guy" (working hours are useless).

仏教においても四苦八苦の八苦の一つに「怨憎会苦」という、「会いたくない奴に合わなければならない苦痛」が規定されているくらいです。

In the doctrine of Buddhism, one of the hardships of struggle of "the pain of meeting people one dislikes" is prescribed.

また、このサービスが始まると、お互いが嫌いな人間を正しく登録する社会になって、ラクラクだけど、ギスギスする社会が作られることになりそうです。

When this service starts, it is becoming a society in which mutually disliking people are correctly registered, like "easy" but "stiff"

そう考えると、ワクワクします。

When I think so, I'm so excited!


2019-07-14 『Amazonは、あなたのエンジニアとしての大切なものを盗んでいきました ―― あなたの"誇り"です』

先日、パスワードの重要性と難しさについてお話しましたが、パスワードが仕事の邪魔になることもあります。

The other day I talked about the importance and difficulty of passwords. However passwords can also interfere with your work.

パスワードが分からないので、前任者の研究の内容が分かららず、開発システムを廃棄する(あるいは必要な研究データを放棄する)てなことは結構あります。

I do not know the password, so I have to abandon or disposal the contents(e.g. data)of the research development system of the predecessor.

この「前任者」が、赤の他人であれば諦めもつきますが、その「前任者」が「昔の自分」であることもあります。そんな時は、心底泣けてきます。

If this "predecessor" is another person, I can give up, but if the "predecessor" is "old myself", I'm really crying at that time.

こうなれば「以前の研究成果は諦めるので、研究資産だけ使用可能になればいい」と開き直るしかありません。

If this happens, I have no choice but to give up with saying "I'll give up my previous research results, so I only need to be able to use my research assets."

-----

ITの研究であれば、大抵の場合は、「ハードディスクの内容が取り出せない」というケースが多いです。

In the case of IT research, in most cases, there are many cases where the contents of the hard disk can not be retrieved.

そのような場合は、「ハードディスクをフォーマット」すれば、そのハードディスクは再利用できます。

In such a case, "format a hard disk" will make the hard disk reuse.

ところが、最近のハードディスクのパスワードは「ハードディスクのフォーマット」すらできないようにしてきています。

However, recent hard disk passwords have made it impossible to even format the hard disk.

実際に、私、各種のソフトウェアや、専用装置も使って試したりしているのですが、それらの手段でも、ハードディスクを初期化できません。

In fact, I tried using various software and dedicated devices, but I was unable to initialize the hard disk by those methods.

これは、エンジニアとしてはかなり悔しいものです。

This is quite disappointing as an engineer.

「何がなんでも、ハードディスクをフォーマットしてやる」という気持ちになってきます。

I am going to think that "I will format the hard disk at any cost"

-----

でも、諦めました。

But I gave up.

この手のバトルは、例え「勝った」としても、トータルで「敗北」となるからです。

At this kind of battle, even if I win, I will lose totally.

コスト(特に時間)が、全然、割りに合わないのです。

The cost (especially time) is not reasonable at all.

結局、ハードディスクをAmazonで購入しました。

After all, I purchased a hard disk from Amazon.

ハードディスクの金額に加えて、「翌日配送」の納期が確定している物品について、私達は、闘ってはならないのです。

In addition to the amount on the hard disk, we must not fight for goods that have a fixed delivery date for the “next day delivery”.

-----

ルパン三世の、銭形警部風に言うのであれば、

If I say, like Lupine III's Zenigata-style,

『Amazonは、あなたのエンジニアとしての大切なものを盗んでいきました ―― あなたの"誇り"です』

"Amazon stole something important as your engineer It is "your pride"

という感じです。

That is it.