2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2014-01-03 今年の課題は「減量」です。

最近、コラムを寄稿して分ってきたことなのですが ――

私が提言している事項が、「かなり理に叶っている」ことに気がつきました。

In these days, I have noticed that my following advice is reasonable.

■言語を極力使わない

(1)Don't use characters as far as possible.

■絵を描きまくる

(2)Add pictures as best you can.

■ページを減らす

(3)Reduce pages

■簡単に書く

(4)Avoid difficult expressions.

■資料にプレゼンテーションのセリフを埋め込んでおく

Fill your messages in your presentation material before.

私は、SNSの投稿数を、一種の視聴率として考えているのですが、上記のルールの中でも、特に「ページを減らす」というのを怠ると、結構、視聴率が激減します。

I think that the count of SNS posting is a kind of audience rating.

In the above rules, the audience rating is going down dynamically if I neglect the "Reduce pages" especially.

「おお、私って結構、凄いじゃん」

I think both "Oh, I am a great adviser am not I?”

という思いと、

「自分で主張したことを、何故自分で実践できないのか、アホ」

and "Why don't I do what I have presented. Am I foolish?"

という思いが交錯しております。

-----

今年の課題は「減量」です。

This year’s challenge is a dieting.

体重の話もあるのですが、こちらは「文章を減らす」方です。

It is not only my weight but also "shorten my writing".

これは、結構つらい作業なのです。

But that is a hard work for me.

気がつけば、原稿20ページも書いてしまうという悪癖をもつ私にとって、その後、これを3ページまでに削除するという作業は、ほとんど「苦行」です。

I have a bad habit of "long writing". For example, when I notice, I have already written more than 20 pages. As far as I am concerned, it is almost asceticism if I reduce less than 3 pages from the 20 pages.

プログラムを書いて計算したシミュレーション結果、データを解析して出した統計値、苦労して組み立てたロジック、それらを、ばっさりと切り捨てることは、文字通り ――「泣いて馬謖を切る」です。

Disposing of "simulation results", "calculated statics", and "new logic I made" are hard works for me. They are so called “To make a costly sacrifice in course of justice".

しかし、読んで貰ってナンボですから、なんとか、がんばります。

I do my best, because both the readers and I will be happy.


2015-01-03 だから、2014年作品だってば。

実家から次女にメールを送付しました。

I sent a mail to my second daughter from my country house.

■江端 → 次女

某サイトで、「2014年人気アニメランキング」が出ていました。

第3位、2位、1位を全部当てたら、3000円分の図書券を進呈します。

順位が違っていても、1000円分の図書券を進呈します。

[ヒント]

(1)我が家はそのアニメを全て視聴しました。

(2)その中の一つはパパだけが嵌りました。

[条件]

ネット、その他の情報で調べることは厳禁とします。

これに違反した場合は、物語シリーズの購入を止めます。

このメールを見たら、20分以内で解答しなさい。

- From Ebata to daughter

Some web site has release the animation ranking in 2014.

If you win work of from the third to the first prize, I will give you the book coupon of three thousand yen. Even if you lose the turn, one thousand yen is going to be yours.

[Clues]

(1)We have already watched the animation program in last year.

(2)I became enthusiastic one of them

[Condition]

You never search the information from the internet.

If you break the above, I will stop buying the book of Monogatari series

Send your answer in twenty minutes.

■次女 → 江端

三位 シュタインズゲート

二位 マドカマギカ

一位 化物語シリーズ

- From daughter to Ebata

The third Steins;Gate.

The second Madoka-Magika

The first Bakemonogatari

■江端 → 次女

2014年です。今年の4月~と考えてください。

これはいずれも、2014年より以前の作品です。

再投票を認めます。

-From Ebata to daughter

The animation had already been released in 2014. We should target this year's animations only. The lists you showed me are before 2014.

I allow you to vote again.

■次女 → 江端

一位 マドカマギカ

二位 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

三位 シュタインズゲート

-From daughter to Ebata

The third Madoka-Magika

The second We don't know a name of the flower I have seen at the day.

The first Steins;Gate.

■江端 → 次女

だから、2014年作品だってば。

-From Ebata to daughter

I said "in 2014"

■次女 → 江端

三位 憑物語

二位 4月は君の嘘

一位 サイコパス2

-From daughter to Ebata

The third Tsuki-monogatari

The second Your lie in April

The first PSYCHO-PASS 2

■江端 → 次女

残念でした。全部ハズレです。

第3位 月刊少女野崎くん

第2位 ピンポン

第1位 ばらかもん

では、来年までお楽しみに~~

パパ

-From Ebata to daughter

We are very sorry, but we lost all.

The third Nozaki-kun, monthly girl's comic.

The second Ping-Pong

The first Barakamon

See you next year.

Papa.


2016-01-03 「ええっとねえ、中二病というのは、自覚症状としては現われない病気なんだよ」

帰省先での、次女(中1)との会話。

The following conversation a my country house in new year's holiday.

江端:「以前、『中二病は社会に必要不可欠な病気である』 という話をしただろう」

Ebata:"The other day, I wrote that "Chuuni-byou"(behaving in a way characteristic of teenager) is needed for our society in my diary"

次女:「うん」

Daughter:"Yes"

江端:「でな、パパは、中二病のことを『政治や哲学のことを、自分だけが分った風に自慢げに語ること』と思っていたんだ」

Ebata:I thought that "Chuuni-byou" is an behaviour that younger begin to speak issues of politics and philosophy boastfully, as if they noticed the truth of politics and philosophy for the first time"

次女:「うん」

Daughter:"Well"

江端:「でもな、『実の正体は魔術の世界の帝国の魔王の王子で、たまたま現世界に転生して中学生をやっている』と信じている奴も、中二病っていうんだろう?」

Ebata:"But does the younger call "Chuni-byou", who believe that they are a real prince of the demon king of the world empire of the magic, and they happen to be transmigrated by chance and live their life in the existing world as a junior high student"

次女:「うん」

Daughter:"Yes"

江端:「パパは、この2つの前者は肯定するけど、後者は否定するぞ。そんな奴、いらん」

Ebata:"I can support the former, but deny the later. I don't need the younger.

次女:「ふーん」

Daughter:"Huh"

江端:「なんで、この2つが病症が、中二病という1つの病気で分類されるんだ?」

Ebata:"Why are these different medical conditions classified into must one disease?"

次女:「ああ、そういうことね。分った」

Daughter:"O.K. I can understand it"

-----

次女:「ええっとねえ、中二病というのは、自覚症状としては現われない病気なんだよ」

Daughter:"Let me say, that "Chuni-byou" is not to appear for subjective symptoms"

江端:「?」

Ebata:"?"

次女:「それは、第三者から見て『イタい奴』であるかどうか、という、その一点で定義される訳」

Daughter:"It is defined from the viewpoint of whether or not the person's talk is painful"

江端:「『イタい奴』?」

Ebata:"Painful talk?"

次女:「その人物を見ていると、とても辛くて、情けなくて、恥かしい、という人物のこと」

Daughter:"When I hear the person's talk, I have to feel pain, helpless, shame"

江端:「もう少し具体的に」

Ebata:"In detail, please"

次女:「『もし自分があのような言動をしたら、恥しくて死んでしまいそう』という状態にある人物のこと」

Daughter:"If I were the person, I would rather kill myself in shame. That is the painful person"

江端:「・・・ああ、そういうことね。よく分かった・・・、いや、良くないよ!」

Ebata:"Well, well, I am O.K... No! I am not O.K.!!"

次女:「?」

Daughter:"?"

江端:「パパのあのコラムは、政治的、哲学的な興味をもち始めた子どもへの、応援メッセージなんだぞ」

Ebata:The diary of the day is a cheer message for the younger who comes to be interested in politics and philosophy.

次女:「で?」

Daughter:"And?"

江端:「『自称、闇の帝国の王子』の妄想をするようなガキなんぞは、パパの保護対象ではないよ。そんなガキ、死ねばいいよ」

Ebata:"I don't have an intention to protect the younger who believe that they are a real prince of the demon king. They must die.

次女:「極端だなー」

Daughter:"You are too extreme"

江端:「中二病を『イタい』という広義で定義するのは、止めてくれよ。パパが困る」

Ebata:"Please stop the definition that Chuuni-byou means the younger who talk painful issues", That annoys me.

次女:「知らんよ、そんなこと」

Daughter:"To hell with that"


2017-01-03 ―― 例えば、一年に一つの事件だけに徹底的に集中して(他のことはグッと我慢して)、深く掘り下げて批判を続けてみたら良いのに

正月休み(という定義が、今、私の中では揺らいでいるけど)に、Twitterの他の人のTL(タイムライン)をダラダラと読んでいます。

I'm reading the TL (Timeline) of other people on Twitter as a holiday in the New Year holidays (though the definition is now fluctuating in me).

多くの人が、本当に世の中の森羅万象に対して、「隙を見せてはなるものか」とばかりに、批判をしている姿が見られます。

I can see that a lot of people, really continue to criticize, against the whole world of the world, like "never be careless"

しかし、それらの批判は、「一発」で「消滅」していくようです。

However, those criticism seems be "elimination" with "one shot".

-----

批判精神は、民主主義社会の根幹であることを理解した上で、

Understanding that criticism is the basis of a democratic society,

さらには、本当に「余計なお世話」を承知の上で言わせて頂くと、

in addition, knowing well that it is really "it's none of MY business", however,

―― 例えば、一年に一つの事件だけに徹底的に集中して(他のことはグッと我慢して)、深く掘り下げて批判を続けてみたら良いのに

"Why don't you try to dig deep and continue only one criticism (with being patient with other things) for a year ?" "It will become "good""

と思うことがあります。

一年も続けると、その問題の本当の底の部分に至ることができる(あるいは、そんな気になるような気になれる)と思うのです。

I think that you can lead to the real bottom of the problem (or, you can feel like that), if continuing it for a year,

「良いのに」というのは、その人にとって良いだけでなく、私達にとってもとても「良いのに」というものになることがあるということです。

"Good" is not only for the person, but also it become "good" for us.

自分の中で、長時間、何度も検討し続けた批判は ―― 強い。

Criticism that I continue to consider many times over for a long time in myself - is strong.

-----

どんなテーマだっていいのです。

Any subject is good for us.

「ダイエット」だって、「飛び込み自殺」だって、色々な方面から、批判(調査やインタビューを含む)を続けていく内に、

Even if it "diet", "one under", while continuing criticism (including surveys and interviews) from various aspects,

自分の見解が変わっていくのを自分で感じて ――

I can feel changing the view of mine, and

本当に自分自身でビックリすることがあります。

I'm really surprised by myself.


2018-01-03 私たち大人は、「子ども達の夢を破壊する装置」として完成しています。

私たち大人は、「子ども達の夢を破壊する装置」として完成しています。

We adults are completed as "devices that destroy children's dreams".

しかもタチの悪いことに、私たち大人は、整然と、客観的に、論理的に、説明可能な状態として、子どもたちの夢を破壊します。

Moreover, we adults destroy children's dreams as descriptable state orderly, objectivey, logically.

しかし、私たち大人は、子ども達を苛めたくて、夢を破壊している訳ではありません。

However, we adults do not want to destroy their dreams for bullying purposes.

子ども達が、そこそこ幸せになるには、実現可能性の低い ―― というか、可能性が絶無に近い ――夢を諦めさせることが、最もコストの安い人生を送れることを知っているからです。

We know that letting them give up their dreams can send the most costly life, especially if the dreams seem to be diffucult and hopeless.

-----

多くの夢は叶いません。

Many dreams will not come true.

それどころか、夢の多くは、無関係の他人に多大な迷惑をかけます。

In additon, many of their dreams cause a great inconvenience to irrelevant others.

例えば、"団塊の世代"と言われた人々の一部は、「革命!、革命!」と叫びながら、社会インフラを破壊し続け、それを「社会正義」と信じ続け、

For example, some of those who were called "baby-boomer generation" were shouting "Revolution !, Revolution!", continuing to destroy social infrastructure, and believing it as "social justice"

その運動が挫折した時に、総括(敗因分析)もせず、黙って立ち去った

When that movement failed, they did not complete the summary (loss analysis), and left silently

ただの、無責任な子ども達(若者達)でした。

They were just irresponsible children (young people).

私たち大人は、このような子ども達の夢を「潰し」にかかります。

We adults "crushes" the dreams of these children.

当たり前です。

naturally.

-----

だから、誰にも迷惑をかけずに、誰かに理解して貰いながら、自分の夢を叶えようなどという、甘えたことを考えている人間には、

Therefore, peolpe who are thinking of being supposed to make their own dreams come true, without annoying to anyone and with having them understood,

そもそも「夢を語る」資格がないのです。

have no qualification of "tell a dream".

これを、子どもに言うのは酷かもしれませんが、「夢を語れば、その瞬間から、世界中が敵になる」という覚悟が必要です。

Although it may be cruel to say this to children, "When you tell a dream at the moment, you need to be prepared to become an enemy all over the world."

(続く)

(To be continued)