2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-01-03 私たち大人は、「子ども達の夢を破壊する装置」として完成しています。 [長年日記]

私たち大人は、「子ども達の夢を破壊する装置」として完成しています。

We adults are completed as "devices that destroy children's dreams".

しかもタチの悪いことに、私たち大人は、整然と、客観的に、論理的に、説明可能な状態として、子どもたちの夢を破壊します。

Moreover, we adults destroy children's dreams as descriptable state orderly, objectivey, logically.

しかし、私たち大人は、子ども達を苛めたくて、夢を破壊している訳ではありません。

However, we adults do not want to destroy their dreams for bullying purposes.

子ども達が、そこそこ幸せになるには、実現可能性の低い ―― というか、可能性が絶無に近い ――夢を諦めさせることが、最もコストの安い人生を送れることを知っているからです。

We know that letting them give up their dreams can send the most costly life, especially if the dreams seem to be diffucult and hopeless.

-----

多くの夢は叶いません。

Many dreams will not come true.

それどころか、夢の多くは、無関係の他人に多大な迷惑をかけます。

In additon, many of their dreams cause a great inconvenience to irrelevant others.

例えば、"団塊の世代"と言われた人々の一部は、「革命!、革命!」と叫びながら、社会インフラを破壊し続け、それを「社会正義」と信じ続け、

For example, some of those who were called "baby-boomer generation" were shouting "Revolution !, Revolution!", continuing to destroy social infrastructure, and believing it as "social justice"

その運動が挫折した時に、総括(敗因分析)もせず、黙って立ち去った

When that movement failed, they did not complete the summary (loss analysis), and left silently

ただの、無責任な子ども達(若者達)でした。

They were just irresponsible children (young people).

私たち大人は、このような子ども達の夢を「潰し」にかかります。

We adults "crushes" the dreams of these children.

当たり前です。

naturally.

-----

だから、誰にも迷惑をかけずに、誰かに理解して貰いながら、自分の夢を叶えようなどという、甘えたことを考えている人間には、

Therefore, peolpe who are thinking of being supposed to make their own dreams come true, without annoying to anyone and with having them understood,

そもそも「夢を語る」資格がないのです。

have no qualification of "tell a dream".

これを、子どもに言うのは酷かもしれませんが、「夢を語れば、その瞬間から、世界中が敵になる」という覚悟が必要です。

Although it may be cruel to say this to children, "When you tell a dream at the moment, you need to be prepared to become an enemy all over the world."

(続く)

(To be continued)