0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2014-01-04 中学3年と小学5年の娘たちから「しつこい!」と怒られました。

「結婚するなら、早くしろよ」と、昨日、帰省の車の中で繰り返していたら、

I said “If you want to marry, you should do it earlier" in the car from my hometown,

中学3年と小学5年の娘たちから「しつこい!」と怒られました。

my daughters who are the 9th and 5th got angry with me with saying "Stop pestering us!"

-----

結婚の成就率を確率で、そして、卵子老化による妊娠への影響を詳細に語る父親は、

The father who express the marriage possibility numerically and ovum ageing against pregnancy in detail,

普通に「結婚はまだか」という父親より、

is more incomparably annoying than the other fathers who repeat "When do you marry?"

比較にならないほど鬱陶しかろうと、

―― まあ、私でも思う。

I can agree to my daughters minds.


2015-01-04 『いつになったら、コンピュータは私たちの社会を支配してくれるんだ』

昨日、NHKの年始特集番組「ネクストワールド」をちょっとだけ見ていました。

Yesterday, I watched a NHK New Year special program "Next world" a little.

昨年から、NHKの特集で「ビックデータ」「スーパーコンピュータ」「人工知能」と見て来たのですが、はっきり言って

From the last year, though I have watched the programs of "Big Data" "Super Computer", "Artificial Intelligent (AI), I always thought

―― 本当かぁ?

"Is that really?"

と思っています。

『それってさぁ、ビックデータや人工知能などの技術の話じゃないよね。これまで、(間抜けにも)見逃してきたデータを、今回たまたま使ってみただけだよね』

"This story is not about technology, for example, Big Data, AI. Some (stupid) person had not noticed the data trend, and this time they finally noticed that luckily. "

と言う言葉を ―― 昨年からずっと口に出さずに秘めてきました。

I have stopped speaking above phrases since last year,

ちょっとばかし「技術」を知っているエンジニアが偉そうに語る姿ほど、醜悪なものはありません。

Nothing is uglier than an engineer who knows some technologies and talk about them.

私だって、それくらいのことは分かります。

I also know that.

-----

ただ、ですね。

But,

NHK特集が作る未来予想ドラマって、どうしてこんなに「ステレオタイプ」なんだろう、と思います。

I wonder why the futurology drama that NHK makes becomes "stereo type".

コンピュータが支配する社会の脅威? ―― みたいなものを描きたいのでしょうが、私に言わせれば、

I think that NHK wants to make a drama of the social menace that computers control us, but in my opinion,

『いつになったら、コンピュータは私たちの社会を支配してくれるんだ』と思っています。

"How soon computers control our society?"

『とっとと支配してくれよ』と、コンピュータの進歩の遅いことに、本当にイライラしています。

I want computers to say that "Control us as soon as possible", and I illiterate the computer's low-performance.

人工知能が本当に使えるものであるなら、真っ先に「政治」「外交」に使って欲しいですよ。

If AI is really useful, I hope that AI works for politics and diplomacy.

せめて「複数の人工知能から、一つの人工知能を国政選挙で選ぶ」くらいの未来図を描けないものかなぁ、と。

At least one future of "we choose one artificial intelligence among plural artificial intelligence by national election" should be designed.

人工知能の街頭演説とか聞きたい。

I want to hear a street speech of the artificial intelligence.

アバターは初音ミクでも、なんでも構わんので。

I don't care about the avatar. Hatsune Miku or others are O.K.

-----

あの未来予想ドラマに金をかけるくらいなら、『PSYCHO-PASS サイコパス』の制作会社に、アニメ番組を作って貰った方が、よっぽど良い番組になると思います。

If NHK spend money on this futurology drama, it become very good to ask the production company that produced "the PSYCHO-PASS to make an animation program.

私は

I believe that

―― 「シビュラシステム」でいい

と思っています。

"Sibyl System" is all right.


2016-01-04 「そもそも、パパに、会社でお菓子をやり取りできるような人間関係があったことが驚きだ」

帰省先から自宅に戻る途中の、高速道路のサービスエリアでのことです。

At the high-way service area on the way to home from my country home,

『会社のチームメンバの土産用のお菓子を購入してくる』といったら、家族全員が驚きの声を上げました。

when I said "I am going to buy a souvenir for my company members", all of my family gasped in surprise.

「パパが『お土産』? 会社に?」

"You buy a souvenir for company?"

「『「お土産とは、休みを取ることに対する後ろめたさの象徴」であるから、こんな習慣は、早く止めさせなければならない』とか言い続けてきた、あのパパが?」

"You said that that the souvenir for company is bad habit in Japanese society, because it is a symbol of qualm against private vacations, so we should stop this bad habit"

「そもそも、パパに、会社でお菓子をやり取りできるような人間関係があったことが驚きだ」

"To begin with, I don't believe that you have coworkers who can give you or can be taken a souvenir in your company"

家族が、私のことを、どう考えているのか理解できる一場面でした。

I could understand how my family looked at me in my office.

-----

江端:「要するに、もう、この手の抵抗に疲れたんだよ。だって、『お土産廃止の草の根運動』が、全然広まっていかないんだもの」

Ebata:"In short, I am tired of this resistance movement. Because the grass-root movement have not been spread out at all"

嫁さん:「でも、パパは貰ったお土産、食べていなかったんでしょ?」

Wife:"You have not receive any souvenir from your coworkers, have you? "

江端:「うんにゃ、全部食べていたよ」

Ebata:"I have received all of them naturally"

嫁さん:「それは、理不尽だろう」

Wife:"It is paradox"

(続く)

(To be continued)


2017-01-04 『このコラムは、"反猫派"の"犬派"の謀略である』

私は、私の作品に対するDisコメントを憎悪していますし、

I hate disrespectful comments against my works, and

Even if you think "absolutely unforgivable", I will specify the person and fight thoroughly with that person, not only on the net,but also to draw the person to the real world.

しかし、稀ではありますが、そういう気持を起こさないDisコメントもあります。

Although it is rare, there is a disrespectful comment that makes me happy.

-----

Last year, I wrote a column whose title is "We don't need the AI that plays GO and looks for pictures of cats."

このコラムに対して、

For this column, there was a person who gave a comment,

『このコラムは、"反猫派"の"犬派"の謀略である』

"This column is a plot of "dog faction" in "anti-cat faction"

というコメントを付けた人。

江端より、2016年"ベストDisコメント賞"を進呈します。

I will present you "Best Dis Comment Award" in 2016.


2018-01-04 「夢を語る子どもにとって、全ての大人は敵である」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「夢を語る子どもにとって、全ての大人は敵である」

"All adults are enemies against all children who tell their dream"

これが正しい社会の姿です。

This is a correct social figure.

-----

When I was a adult, I knew the importance of "No listening to other's talk"

「人の話を聞かない」ことを心掛けるようになってから、私は、いくつかの(小さな)夢を、ポツポツと達成することができるようになったと思います。

After keeping my eye open for "No listening to other's talk", I believe I could start to translate my dream into action, even if the dream is small.

そして、その過程で知ったことは、「人の話を聞かない」を挫く最大の敵は、ネットであるということです。

In addition, I knew that the worst enemy was the Internet communication to interfere in "No listening to other's talk".

「ネット」の中に閉じ込もり「夢を持ち得ない者」にとって、夢を語る人の中で、特に「何かを創作する人」は、常に憎悪の対象です。

For persons who cannot have their dream in the closed universe, a "creator" in dreamers is an outlet for malevolencet .

Twitterであれ、Lineであれ、Facebookであれ、掲示板であれ、ネットの向こう側にいる人間の全ては、「何かを創り出そう」とする、あなたの行動を妨害しようとします ―― 批判とか批評とかという形を装いながら。

In the Internet, they are trying to interfere with you, if you are a creator, with Twitter, Line, Facebook, and other bulletin boards, giving the appearance that reviewers or critics.

-----

逆から見れば、

From an opposite direction,

もし、あなたが、何かを創り出そうとしているのであれば、

if you want to create something new,

何も創り出さない/出せない奴は ―― 誰であれ ―― あなたの敵になります。

any person who doesn't / cannot create things, is going to be your enemy.


2019-01-04 ―― キャバクラに行く奴って、みんな、頭悪いんですか?

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の場合、キャバクラなどで働いているお嬢さんと同じ応答、「“さしすせそ”」を取り始めます。

So, in my case, I will start taking the same response as my daughter who works for cabaret clubs, so-called "Sasashiso" strategy.

(1)さ:「さすがですね」

(1) Sa: "You are great, are not you?"

(2)し:「知らなかったです」

(2):Shi: "I did not know that"

(3)す:「すごいですね」

(3): "It's amazing, is not it?"

(4)せ:「せっかくですので」

(4) Se: "I might as well."

(5)そ:「そうなんですか」

(5) So: "Is that so?"

-----

しかし、こういう対応を取られていたら、普通気がつくんじゃないか、とも思うのです。

However, if I were taken such correspondence, I think that I could notice that.

―― キャバクラに行く奴って、みんな、頭悪いんですか?

"Persons who are you going to cabaret club, are bad head aren't they ?"

と、思ってしまいますが、"キャバクラに行く人の心理"で検索をかけて調べてみたら、どうも、それも「織り込み済み」の娯楽のようです。

I thought it, however, when I search by the phrase of "psychology of people going to cabaret club" by a search engine, it seems to be a "discounting" entertainment.

キャバクラは、"遊興風俗"というよりは、"カウンセリング"に近いものである、ということが分かりました。

I know that cabaret club is more like "counseling" rather than "entertaining customs".

"キャバクラ = 心療外来" と捉えるのが、どうも正しいようです。

It seems to be correct to grasp as "cabaret club = outpatient for psychosomatic medical".

そう考えると、大変コストパフォーマンスに優れた医療機関とも言えるのかもしれません。

If so, it may be said that it is a medical institution with excellent cost performance.

ただ、私の場合、

However, in my case, I want to say

『金も貰っていないのに、ボランティアの心療外来のカンセラーをやらされる覚えはないぞ』

"There is no reason to make me a counselor volunteer for psychosomatic medical"

とは言いたいです

(続く)

(To be continued)


2020-01-04 ですので、「何もかもスマホで片づく社会」は、それはそれで困るのです。

今、帰省を終えて帰宅途中の新幹線の中です。

Now, after returning home, I am on the Shinkansen on my way home.

今年は、12/31に実家に戻る予定でしたが、2日前に、スマートEXで座席の予約を調べたら、絶望的な状況でした。

This year, I was planning to return to my home on December 31st, but two days before I checked my seat reservation with an internet application(Smart EX), it was hopeless.

まあ、1ヶ月前から予約ができるのですから、そこまで怠ってきた私が悪い、とは分かってはいます。

Well, since I can make a reservation one month ago, I know that I'm bad because I've been lazy.

試しに、12月30日の21:00ごろを調べてみたら「ガラガラ」。

As a test, I checked around 21:00 on December 30, and found that there were many vacant seats.

余裕で予約が取れました。

I had a reservation for the Shinkansen in time.

新横浜駅も、これまで私が見たことがないくらい、閑散としていました。

Shin-Yokohama Station was also quiet, as I have never seen before.

『なんだ、帰省ラッシュといいながら、夜遅くであれば、席は空いているんじゃないか』と、マスコミの大袈裟な報道に呆れていました ―― その時は。

Even if "homecoming rush", late at night, seats may be vacant." I was stunned by the exaggerated press of the media. At that time.

-----

でもって、元旦明け。

So, The day after New Year's Day.

「これなら、帰省から戻る時の新幹線も、夜遅くであれば、問題なく座席が取れるだろう」と考えて、1月2日まで何もしないでいました。

I thought, "I would have no problem getting a seat on the Shinkansen when returning from home late at night"

―― 早朝から深夜まで、全ての新幹線で"×"の羅列

―― From early morning till late night, no seat of Shinkansen

1mmも席の余分はない、という悲惨な状況でした。

It was a miserable situation that there was no extra seat.

慌てて、私は、最寄りのJRの駅に車を走らせました。

In a hurry, I drove to the nearest JR station.

私は、電車には「座席の配分」があるのを知っていたからです。

Because I know that trains had a "seat distribution".

-----

ところで ――

By the way,

我が国において、インターネット予約を使えない人の数は、かなり多いです。

In Japan, the number of people who cannot use internet reservations is quite large.

もし「スマートEX」で座席の全てが予約できるようになってしまえば ――

If all seats can be reserved with "Smart EX"-

切符券売機やみどりの窓口は撤廃され、これらの人々は、新幹線に乗ることができなくなってしまいます。

All ticket vending machines and ticket sales counters have been eliminated, and these people will no longer be able to take the Shinkansen.

この傾向には、間違いありません。

There is no doubt about this trend.

鉄道各社は、人件費やメンテナンスコストのかかる「券売サービス」を、縮小し、最終的には廃止したいと考えているからです。

Railroad companies want to reduce, and eventually abolish, ticket sales services, which involve labor and maintenance costs.

ただ、今、スマホを使える私だって、近い未来には必ず使えなくなります。

However, even if I can use smartphones now, I will definitely not be able to use them in the near future.

もし私が、認知症にならなくとも、老化による、視覚や触覚や運動神経の劣化で、デバイスを使えなくなるからです。

Even if I don't have dementia, I can't use devices because of deterioration of vision, touch, and motor nerves due to aging.

ですので、「何もかもスマホで片づく社会」は、それはそれで困るのです。

So, I'm in trouble with "a society where everything is made up of smartphones".

閑話休題

Now, let's move on the next topic.

-----

もよりのJRの駅についた私は、窓口の人に

At the station of JR, I asked the person at the counter

―― 1月4日なら、いつでもいいから、新横浜に戻れる新幹線の座席1席よろしく

"January 4, anytime, any seat to Shin-Yokohama is O.K."

という、スマホでは、絶対に不可能なリクエストを出しました。

This is an absolutely impossible request by a smartphone.

この段階になると、「秒単位で現われるキャンセルを、リアルタイムで押える」という、人間のオペレーションがモノを言うのです。

At this stage, the human operation of "cancellation that appears in seconds in real time" is more effective.

幸いなことに、窓口の方に2回目のトライアルで、たまたま登場したキャンセルの席を押えて貰うことができました。

Fortunately, in the second trial, I was able to get hold of the cancellation seat that happened to appear.

こういう時(だけ)は、インターネットサービス(だけ)が絶対ではない、と実感します。

At such times (only), I realize that Internet services (only) are not absolute.