2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|

2016-01-04 「そもそも、パパに、会社でお菓子をやり取りできるような人間関係があったことが驚きだ」 [長年日記]

帰省先から自宅に戻る途中の、高速道路のサービスエリアでのことです。

At the high-way service area on the way to home from my country home,

『会社のチームメンバの土産用のお菓子を購入してくる』といったら、家族全員が驚きの声を上げました。

when I said "I am going to buy a souvenir for my company members", all of my family gasped in surprise.

「パパが『お土産』? 会社に?」

"You buy a souvenir for company?"

「『「お土産とは、休みを取ることに対する後ろめたさの象徴」であるから、こんな習慣は、早く止めさせなければならない』とか言い続けてきた、あのパパが?」

"You said that that the souvenir for company is bad habit in Japanese society, because it is a symbol of qualm against private vacations, so we should stop this bad habit"

「そもそも、パパに、会社でお菓子をやり取りできるような人間関係があったことが驚きだ」

"To begin with, I don't believe that you have coworkers who can give you or can be taken a souvenir in your company"

家族が、私のことを、どう考えているのか理解できる一場面でした。

I could understand how my family looked at me in my office.

-----

江端:「要するに、もう、この手の抵抗に疲れたんだよ。だって、『お土産廃止の草の根運動』が、全然広まっていかないんだもの」

Ebata:"In short, I am tired of this resistance movement. Because the grass-root movement have not been spread out at all"

嫁さん:「でも、パパは貰ったお土産、食べていなかったんでしょ?」

Wife:"You have not receive any souvenir from your coworkers, have you? "

江端:「うんにゃ、全部食べていたよ」

Ebata:"I have received all of them naturally"

嫁さん:「それは、理不尽だろう」

Wife:"It is paradox"

(続く)

(To be continued)