0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|

2013-01-21 江端へのアクセス方法

_ 私は、自分の著作に対して、その内容の間違いを訂正して頂くことを目的としたメールアドレスを開示しています。

例えば、今回の「初音ミクに関する技術コラム」に対しては、http://www.kobore.net/miku.html からアクセスして頂けると、私あてのメールアドレスが届きます。

-----

ただ、ですね。繰り返しになりますが、このメールアドレスは、「批判コメント」というか、私の誤記や誤解を修正して貰うことを目的としておりまして、

・ご推奨のボーカロイド曲のご紹介

・取材に来て欲しいというご要望

などを目的としたものではありません。

あくまで、私の著作物から間違いを直して頂き、より良くして頂くことを目的としております。

従いまして、本来の目的とは異なるメールは(拝見させて頂いておりますが)、お返事はご遠慮させて頂いております。

あしからずご了承下さい。

-----

これとは逆に、間違いをツイッターのみで、指摘して頂く方もいらっしゃるのですが、こちらも困っています。

ツイッターだけでは、指摘のみで、その理由や根拠までも記載して頂けないからです(140文字の制限)。

できたら、メールで、指摘個所とその根拠、引例等を示して頂けると助かります。頂いたメールは全文開示を原則としておりますので。

なお、開示に際しましては、ご本人とご意向を最大限尊重して、プライバシー等には十分配慮致します。

-----

じゃあ、どうやって、江端に接触すれば良いんだ? という場合は、ツイッターを使って頂くのが良いかと思います。

http://www.kobore.net/miku.html


2014-01-21 私の目の前で「江端の能力の無駄遣い」と断言する同僚がいます。

最近、コラム執筆の為に、結構な時間を調査と執筆に当てています。

These days, I spend much time for researching and writing of my columns.

これを、陰口ではなく、本人の目の前で「能力の無駄遣い」と断言する同僚がいます。

A colleague says "waste of ebata's capability" in front of me, not in secret.

「そうかな?」と思うのですよ。

I doubt "It is true isn't it?"

私は、誰からも文句が言われない環境であれば、文章を書くのが大好きですし、知らないことを調べるのも好きです。

I like writing and researching anything without any criticism from anyone.

だから、ちょっと「能力の無駄遣い」と言われると違和感があります。

So I have an uncomfortable feeling whenever he said "waste of capability"

-----

それに「能力の無駄遣い」というのであれば、奴にはかないません。

According to "waste of capability", I am not equal to him absolutely.

ゴルゴ13

Gorgo 13

20ヶ国の言語を自由自在に操り、ありとあらゆる分野の知識、技術に精通し、そして、ミッションインポッシブルな仕事を行い、すでに自分では使いきれない報酬を持っている ―― 国際テロリスト

He is fluent in more than 20 languages in the world, have knowledge of any field of cultures and technologies, execute mission-impossible tasks perfectly, and have enormous money he will never have spent out.

An international terrorist.

なんで、彼、テロリストなんてやっているんですかね。

I wonder why he works as a terrorist.

その能力、世界平和に使ってくれれば、助かるだろうに。

If he use his abilities for peace, it should be helpful for all of the people in the world.

私の「能力の無駄遣い」なんて、可愛いものですよ。

"Waste of my capability" must be timid isn't that?

-----

彼の趣味の一つとして、「葉巻たばこ」があるのですが、日本禁煙学会は、ゴルゴ13の喫煙シーンに対しても、抗議すべきだと思うのですよ。

One of his favorite customs is smoking leaf rolls.

The commit of Japan Antismoking institute appeal him to stop smoking.

ジブリの映画「風立ちぬ」だけではなく。

not only "kazetachinu" of Ghibli animation movie.

ただ、これをやると、日本喫煙学会の会長は、数日以内に狙撃された死体で発見されるような気もしますが。

However if the commit try it, I am afraid that the top of the commit will be shoot by M16 in several days.


2015-01-21 御一読頂き、Twitter等で、江端が喜ぶコメント(だけ)を頂ければ幸いです。

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a diary off.

"Let's turn the world by "Number" (11) Find grounds of the global warming"

御一読頂き、Twitter等で、江端が喜ぶコメント(だけ)を頂ければ幸いです。

I hope you read the column, and give me some nice comment that make Ebata be happy (only) by Twitter.

例えば、

For example,

「これを読まずに死ねるか! 」

"Can you die without reading this?"

とか、

「涙が止まりませんでした」

"I just couldn't stop crying."

とか、

「これは、来年の芥川賞のスコープに入ったな」

"This is in the scope of the Akutagawa Prize of the next year"

とか、歓迎致します。

I welcome the above messages.

-----

まあ、冗談はさておき、

Besides joke aside,

今回のコラムの中で登場する

The junior fellow who appeared in this column and said the following

「この問題(地球温暖化の計算)に安易に手を出した、江端さんが悪いんです」

"Ebata-san. You are wrong, because you try to deal with this problem (global warming)"

と言った後輩は、

―― 実在します。

exists.


2016-01-21 「ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”」

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" Diet (25)

"Diet destroys your brain. It is dangerous "negative feedback""

-----

また、今回のコラムの中で記載された

In this column, my comment,

The junior fellow who appeared in this column

『最初から、全部書き直したらどうですか?』

"Why don't you redo it from beginning?"

と言った後輩は、

―― 実在します。

has existed.


2017-01-21 ―― 私には(他の人には見えなくても)、もう、今の段階で、義務教育プロセスのプログラミング教育の「大失敗」が見て取れるのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

現在の、義務教育プロセスのプログラミング教育が、

If the contents of programming education for compulsory education

■病的なほどの注意と、到底ありえないほどのケースまで想定した膨大な数のテスト

will skip the diseased wariness and the repeating the huge number of tests that are absolutely impossible, conveniently

のところを、都合よく無視して

and

■その「論理性」のところだけ切り出して教えようとしている

will be trying to cut out and teach only that "logicality"

のだとすれば

―― 私には(他の人には見えなくても)、もう、今の段階で、義務教育プロセスのプログラミング教育の「大失敗」が見て取れるのです。

I can already see the "big failure" of programming education in the compulsory education process at this stage, even if not seen by others.

-----

ちょっと話はずれて、プログラミング教育ではなく、コンピュータ支援教育の話になります。

Talking away, I want to talk about computer-aided education, not programming education.

コンピュータ支援教育とは、コンピュータを用いて行う教育のことで、CAI(computer-assisted instruction)と呼ばれています。

It is called, CAI(computer-assisted instruction),which is education by computer.

"eラーニング"もCAIの一つだと思うのですが、これは単にパワーポイントのレビューをしているようなものであって、ちょっとCAIとは違うと思っています。

I think "e-learning" is also one of CAI, however, I think that it is slightly different from CAI, because it is just likely to be reviewing PowerPoint.

CAIは、実際にコンピュータが教師となって、コンピュータと対話しながら、教育を実施する、というものです。

CAI is to actually educate computers as a teacher's agent, talking with students.

CAIは、何年か毎に、思い出したように登場してくるのですが、

CAI appears every few years, as it we remembered,

私が知り得る限り ―― 成功例ゼロ

As far as I can know - there is no success case.

特に義務教育での利用については、成功報告のレポートは見たことがありません。

Especially for use in compulsory education, I have not seen a report on the success report.

(もし、成功例があるなら、とっくに広まっているハズです。最近は、パソコンも安価になっていますし、中古ならタダ同然で手に入ります)

(If there are success stories, it is a huge spreading long ago. In addition recently, the personal computer is also inexpensive, and you can get it for free if you are second hand).

次女が、ゲーム機器(例えば、ニンテンドDS等)の、絵画の練習ソフトをねだった時も、私一人が購入を反対しました(押し切られましたが)。

Even when the second daughter wanted painting practice software for a game machine (such as Nintend DS etc), only I opposed the purchase.

そして、その後、次女が、そのソフトを使っているところを、一度も見たことがありません。

And after that, I have never seen the second daughter using that software.

総じて、コンピュータによる教育(特に子どもへの教育)について、コンピュータと人間は相性が悪いようです。

In general, it seems that both computer and human beings are not compatible about CAI (education for children in particular).

(続く)

(To be continued)


2018-01-21 ―― 助けが必要な時に、助けを求めないと、本当に死ぬよ

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

あの当時の私は(今でもそうですが)、友人は勿論、親族にでも「助け」を求めることができません。

At that time I (even now), I can not ask for "help" for friends as well as for my relatives.

なぜ「助け」を求めることがけいないか。

Why can not I ask for "help"?

私は、人に「借り」を作るのが嫌いだったからです。

I didn't want to owe someone one.

―― 「借り」を作れば、「返さなければならない」

"If I owe, I will return."

という思いが煩わしかったのです。

is annoying me.

この辺を上手く説明するのが難しいです。

I am afraid that it is difficult to explain this situation.

敢えていうなら「三原順先生の『はみだしっこ』のグレアム」のようなマインドでしょうか。

Dare to say, it is "Graham's mind" in the comic "Hamidashikko" by Mihara Jun-sensei.

-----

そういえば、ジャックは、マックスにこんなこと言っていましたよね。

By the way, Jack said such a thing to Max.

「『助けられることで傷つくような自尊心』では足りない」

That is not enough to have "a pride that is hurt by being helped"

「『助けが必要な時に助けを求め、助けを必要としている人を助ける』ことができることが、真の自尊心である」

"Real pride" is to be helped by someone when I need, and to help someone when they need help

-----

まあ、私は、そのジャックの言う『自尊心』には、まだまだ遠いのですが、ただ一つ言えることは、

Anyway my pride is far from "real pride" that Jack told Max,

―― 助けが必要な時に、助けを求めないと、本当に死ぬよ

"When you need help, you really will die if you do not ask for help"

ということですね


2019-01-21 ―― 三角関数の「オブジェクト指向」教育が必要だ

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、宗教、哲学から、国家戦略に至るまで、これほどに影響力の大きい「数学」のその魂の一つといえる「三角関数」が、このような雑な扱いを受けるのは何故か?

Well, let us think why "trigonometric function" is handled so roughly, even it has much effect on from religions, philosophy to national strategy.

その理由は、

The reasons are,

(1)「日常生活での有用性」を実感することができないから

(1)we cannot feel usability in our daily life,

(2)「『非日常的分野の専門家の道具』と決めつけて逃げを打つ」のがラクだから

(2)we feel easy to decide "trigonometric function" is just a tool for specialists of different world.

に尽きます。

で、その原因は、

And the cause is

「数学教育のあり方」

"How Mathematics Education should be"

に尽きます。

It all comes down to the fact that.

However, as far as this "mathematics education", I have already been stated so far, I will skip this time.

-----

今回、私が何を主張したいかというと、

What I would like to claim this time, is

―― 三角関数の「オブジェクト指向」教育が必要だ

""object oriented" education of trigonometric functions is necessary"

ということです。

二次関数であれ、指数関数であれ、対数関数であれ、そして三角関数であれ、今の数学教育のように

Whether it is a quadratic function, an exponential function, a logarithmic function, or a trigonometric function,

「数式をいじくり回す」

Instead of "tinkering with mathematics" as in mathematics education now,

のではなく、

それらの関数に実際の数値を放り込んで出てきた値が「美味しい」ことを理解する、

In order to understand that the actual values which are thrown into those functions, and come out, are "delicious"

―― 数学の調理実習

"Mathematical cooking practice"

をしなければならない、ということです。

should be needed, I think.

-----

今の数学教育は、

The present mathematics education is,

■料理の素材の内容(栄養素やカロリー)"だけ"を提示し、

- to present just contents(nutrients and calories) of ingredients of cooking,

■調理方法(煮込み時間、火加減)、"だけ"を教えて、

- to teach just how to cook (simmering time, ignition)

■『これで料理の基本は教えた。故に、誰でも料理できるはずである』と"だけ"言って、

- to say just "I taught the basics of cooking with this. Therefore, anyone can cook"

■"立ち去る" "だけ"

- to just leave

です。

まさに、現在の数学教育は、『自分で「作る」ことも「食べる」こともしない料理教室』です。

Indeed, the current mathematics education is "cooking lessons that neither" make "nor" eat "by oneself.

これでは、「三角関数不要論」が登場するのは、無理ないことです。

With this, it is natural to come "the opinion that trigonometric functions are unnecessary".

(続く)

(To be continued)