2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-01-23 微笑がえし

_ 6年間使っていたホームページの掲載に使っていたサーバの運営会社が、「サービスを止めることになったので、出てってくれ」と言われてしまいました。

住みなれた下宿を離れるのは残念なのですが、大家さんが「もう、このサービスでは、とても食べていけなくてねえ」と、疲れたように言っているように感じて、なんだか気の毒なくらいです。

大家さんから紹介して貰った、新しい部屋・・もとい、新しいサーバは、現在の50倍の広さもあって、家賃は半分くらい。

これは、大家さんが疲れてしまうのも、無理はありません。

インターネットのB2Cサービスというのは、近年、さらに難しくなっています。今や、ホームページくらいなら、無料でサーバをレンタルしているサービスは、山ほどありますから。

私の場合は、自分でドメイン名(kobore.net)を持っており、これを維持する為には、無料のサーバでは難しいことや、色々な個人的な実験をしていることもあり、未だに有料サービスを使っています。

-----

引越しの時に、「あれ、この図面、こんなところに!」とか、「この文章、ここに隠れていたのか」という新鮮な感動と、御対面。

それらを見ながら、昔の思い出にボーッとして呆ける、と。

「畳の色が、そこだけ若いわ」という、キャンディーズの歌のように、コンテンツの引越しも、現実の引越しも、あんまり変わりません。

-----

しかし、これまでは狭い部屋の中で、色々話し合いをしながら、大きな人(写真とかイラストとかのコンテンツ)に出ていって貰ったり、小さくなって貰ったりしていたのところに、

―― いきなり、50倍もの広さの部屋を与えらた。

これまで、泣く泣くコンテンツを捨ててきた、あの悲しい日々は、一体何だったの?

と思わずにはいられません。

こんな広い部屋を与えられて、私がじっとしている筈がありません。

私が「悪さ」を始めるのは、多分、時間の問題だと思います。


2014-01-23 この機会に、会社で不満に思っていることを伺い、可能なら支援させて頂きたいと思いました。

先日の会社の課の飲み会で、普段よりお世話になっている方をゲストとして招待することになりました。

The other day, we invited a person who had been very kind to us at the unit party, as a guest.

酒が入って、宴もたけなわの頃、そのゲストの方とお話していました。

When the feast is in full swing with drinking, I ask the guest person to confess her complains in our company.

この機会に、会社で不満に思っていることを伺い、私でよければ、支援させて頂きたいと思いました。

If she faces some troubles, I think that I would like to resolve the problems as far as possible.

「嫌なことありませんか。大丈夫、ここだけの話にしますから」

"Do you have any nasty accidents? Don't worry. It is between you and me."

と、話したその時、

When I said the above phase,

複数の課のメンバーから、一斉に突っ込まれました。

members of the unit burst into blame at the same time,

「しゃべらなくても、あんたは(ブログに)『書く』やろうが!」

"You are going to write it on your web site, even if you don't chat!"


2015-01-23 大変辛い任務です。

私は会社で、安全衛生に係わる業務をやっています。

As a manager, I work for safety and health of my company.

ですので、冷蔵庫の中身の物品についても、安全を確保することが求められています。

So I am asked to keep safety of my office, even if they are food in the shared refrigerator.

任務である以上、命を挺して行わなければなりません。

I have to complete the mission against risks of my life, because it is my task.

危険な食料は除去するか、あるいは、自らが実験台になって、その食料の安全性を確認しなければなりません。

I have to remove dangerous food, or confirm their safety even if I have to be a testing bench.

大変辛い任務です。

It is a hard duty.

-----

(先日送付したメールから抜粋)

(Extracted messages from mail of yesterday)

共用冷蔵庫に沢山物品が入っているようですが、名前の表記のないものは、

Now I can find a lot of food in the refrigerator. I think that you all know well the following rule.

「全て江端のもの」

"Food without name is Mr.Ebata's"

というルールはご存知ですね。

ご確認まで。

Please confirm that.

(メールここまで)

(End of the messages)

-----

大変、つらい任務です。

It is a very hard duty.


2016-01-23 私が使う予定のないメモリを、タダで差し上げます

I am going to deliver PC memories that I don't have no plan to use, free of charge.

郵送料(82円)も私が持ちます(普通の封筒で送付します)。

I will pay for the deliver cost of "82 yen" by an envelop mail.

郵送に必要な事項(住所と氏名)を、電子メール(×Twitter)で私に送付して頂ければ、送付致します。

It is enough to give me your name and address by E-mail.

全部でも1個だけでもO.K.で、早いもの勝ちです。

Both even one and all are O.K. First come, first served.

-----

条件は、以下の通りです。

The conditions are following.

(1)動作保証なし

(1)No guarantee

(2)法人から申し入れは不可

(2)Impossible from the corporation

(3)使用(予定)のPCの製品名と型番を送付

(3)Show the name of the PC and its model number

(4)転売目的と分かったら、私のHPのトップで実名と住所を晒し続ける

(4)I will continue exposing your real name and an address at the top of my HP. if it is a resale purpose.

-----

使用されていないメモリって、なんか可哀想だと思うんですよね。

I think that I feel pity for the memory nobody uses


2017-01-23 人間とコンピュータの両方にとって、ギリギリのラインで理解しあう為のツールが、「プログラム言語」であって、

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「プログラミング」が楽しい訳がありません。あれは「苦行」とか「業」という言葉のほうが似合います。

"Programming" can not be "fun". The words of "penance" or "guilt" is better than it.

プログラミングとは、人類史上、始めて「機械(コンピュータ)との対話」を試みる具体的な手段で、しかも、人間が体現したことのない言葉(プログラム言語)で語りかけなければならないものです。

Programming is a concrete mean of trying "dialogue with a machine (computer)" for the first time in human history,

Moreover, we have to speak by new types of languages (programming languages) that human beings have never used before.

しかもプログラミング言語は、1mm足りとも、文法ミスを許してくれません。その厳しさたるや、英文法と比較できるものではありません(英語なら、単語の羅列だけでも、会話は成立する)

Besides, the programming language does not allow grammar error at all. It is too hard to compare with English grammar, (Even in English, conversation is established with only word sequence)

有史以来、人間は、「愛」と「暴力」のいずれかで、意思疎通を図ってきましたが、コンピュータには、そのいずれも通用しません ―― だから、怒り狂って、パソコンを窓から投げ捨てる人が出てくるのです。

Historically, humans have tried communicating either "love" or "violence", however neither of these can be applied to computers. So, someone gets angry with computer, and throws a computer out of the window.

人間とコンピュータの両方にとって、ギリギリのラインで理解しあう為のツールが、「プログラム言語」であって、

For both human beings and computers, "programming languages" are only tools to mutually understand at the last minute, and

双方が苦痛(または非効率)を感じながら、それでも、双方の協力が不可欠だから ―― 本当に仕方がないから ―― 行う作業、 それが「プログラミング」なのです。

While both sides feel pain (or inefficiency), nevertheless, mutual cooperation between the two sides is indispensable, and "it really can not be helped", "programming" should be worked.

(続く)

(To be continued)


2018-01-23 長女:「『しなくてもいい仕事を、わざわざ作って』『言わなくても言いことを、わざわざ言って』 ――]

私、週末エンジニア、週末ライターもやっていますので、週末もドタバタしています。

Even if I am in weekend holiday, I am busy as an weekend engineer and writer.

ですから「のんびりした休日」の最後の日を、思い出すことができません。

So I cannot remember the latest day of "leisured holiday".

さらに、今年度からは、町内会の役員(任期2年)をやっており、会社の中だけではなく、家の中でもドタバタと走り回っています。

In addition, from this year, I was elected as official of the neighborhood association, and I am running not only in office but in my house.

その様子を見ていた長女が、上手いことを言いました。

My senior daughter(SD), watching me, talked fine.

長女:「最近のパパを見ていたら、 パパが、会社の中で、どんな風に働いているのか分かった気がした」

SD:"I could understand your work-style in your company, while watching your activities in house."

江端:「というと?」

Ebata:"In what way?"

長女:「『しなくてもいい仕事を、わざわざ作って』『言わなくても言いことを、わざわざ言って』 ――]

SD:" "You make work that you don't have to do", and "You say something you don't have to say", and "

江端:「・・・」

Ebata:"...."

長女:「ああ、そうか、パパって、こうやって、回りの人間を巻き込んで、騒ぎをどんどん大きくして行くんだなぁー、って」

SD:"You add oil to the fire, including nearby persons, like this."

-----

さすがは、私の娘。

I'm so proud of my daughter.

本質をズバリと突いてきます。

She sees through.

世界中で、私に向ってここまで正直に言えるのは、私の家族だけでしょう。

It is only my family in the world that can say such a thing to me.

故に、家族の意見は、拝聴に値します。

So their opinions are worth listening.

(続く)

(To be continued)