2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|

2009-01-26 経鼻内視鏡

本日の人間ドッグで、生れて始めて「鼻から胃カメラ」を体験しました。

このようなものが発明されているのに、「口から胃カメラ」が未だ存在しているのが、よく判りません。

『苦痛が全然ない』ということはありませんが、苦痛の度合が、体感比1/100という感じでしょうか。

-----

最終的には、飲むカプセル型の胃カメラになるのでしょう。

『昔は、酷く幼稚で、凄く野蛮な検査方法があった』と、顰め顔されながら語られる時代になって欲しいものです。


2013-01-26 AKB48の作り方

以前お話しましたが、私が寄稿しているコラムは、私自身がコラムのタイトルをつ けることができません。

編集担当者さんが、PVを上げるために、色々工夫を凝らして、タイトルを付け ています。

で、今回のタイトル、

も、私は関与していません。

むしろ、「おや、今回は、普通に大人しい『タイトル』だなー」と思っていました。

しかし、やっぱりプロは違いますね。

「初音ミク」と「AKB」を同じ範疇で語ると「激怒する人」がいる、という緻 密な計算があったように思います(思い違いかもしれませんが)。

-----

ところがですね、執筆者である当の本人(私のことです)が、この感じがよく理 解できていない。

まず、私自身が、「初音ミク」を執筆しているのですが、その視点は研究者ビュ ーでであることです。

―― 「研究者」というよりは、どちらかというと「観測者」

で、「AKB」に至っては、この「単語」を、人生で5回くらいしか使用したこと がない、というくらい、全然分っていません。

「激怒する」という感情の発生の土台にすら到着していない状態です。

で、そのような訳で、今、色々な人に教えを請うている最中です。

-----

このままいくと、今度の執筆の依頼は、

■AKB48を生んだ“革命的”技術を徹底解剖!

■キャラ設定はない?◯◯が語る「AKB48の作り方」?初音ミクファンと同じ?

なーんてことに、なるのかなぁ、と。

まあ、ないな。


2014-01-26 試しに、近くのDIYショップで「ナイフシャープナー」というのを購入してみました(1000円くらい)。

最近、実家で家事をすることが多くなりました。

Nowadays, I have had many chances of household affairs in my country house.

自ずと、調理器具にも注意が向くようになり、新しい鍋を購入したり、古いフライパンを捨てたりしています。

Simply, I became interested in kitchen utensil, so I purchased new pans and disposed of pots.

包丁の柄の部分が腐ってきており、また刃も切れが悪くなっているので、捨てようかと思ったのですが、使えない訳でもないので、迷っていました。

About kitchen knives, the grip has been decayed and the blade has a nicked edge.

I wonder if I disposed of the knife thought it works.

―― 砥石で包丁研ぐのも面倒だな

"Annoying to sharpen this by grind rock"

そこで、試しに、近くのDIYショップで「ナイフシャープナー」というのを購入してみました(1000円くらい)。

So, I tried to buy "knife sharpener" at the nearby DIY shop. It cost about 1000 yen.

要するに、包丁の形状をした金属性のヤスリです。

In short, it looked like a metal abrasive that sharpens a knife.

海外のシェフが厨房で2本の包丁の刃をこすり会わせるというシーンがありますよね。あんな感じで、包丁で包丁を削る、という感じの使い方になります。

We can see a scene in TV programs that a chef in an overseas restaurant robs two knives blades each other. It looks like that one knife grinds the other knife.

-----

この「ナイフシャープナー」が凄い。

This "knife sharpener" is awful.

包丁の刃が、豆腐のように削り削がれます。

Blade of knife is grinned like Tofu easily.

所用時間15秒。

It takes only 15 seconds to complete it.

水も使わず、刃の両面をたった2回削っただけで、切れ味が怖いくらい上がりました。

I grinned just twice both side blades, the knife cut well frighteningly.

この感動は、生まれて初めて、ピーラー(皮むき器)を使った時以来です。

I have never been moved since I had used a "peeler" for the first time.

-----

私は、企業の研究員であり、企業おかかえの発明家でもあり、コンピュータシステムやネットワークシステムを考えるのが仕事ではありますが、

However, I am a company employee and a kept inventor, and my missions are to think over new computer and network system,

「ナイフシャープナー」「ピーラー」のように、人間に感動を与える発明品を見ると、

Whenever I watch like the above "knife sharpener" and "peeler" that make us happier absolutely,

燃えるような嫉妬と羨望と、そして、心からの賞賛を感じずにはいられません。

I feel flaming jealousy and envy, and heartful maximum praise to the inventors.


2015-01-26 『君、太ったね』

例えば、男性から女性へ、

For example, from a man to a woman, when he said

『君、太ったね』

"You gained weight"

と言った日には、セクハラで、被告を刑事事件で告訴して、公判を維持するだけの根拠になります。

He is going to be accused of sexual harassment with a criminal case and the fact becomes the grounds that only maintain trial.

つまり、これは人間として、社会通念上、使ってはならないフレーズであると、合意が取られているからです。

In short, we all can understand mutually that the phrase should not be used as a human being under normal social conventions.

-----

たとえ、人間ドックの問診医であったとしても、です。

Even if he is a specialist doctor at the medical examination.


2016-01-26 私の場合、その一つの「形」は、「女装」でした。

以前、LBGTに関連のある記事を書いていた時のことです。

When I wrote the article related to LBGT,

私は、『その記事に、知識やデータを文字に乗せることはできたけど、「心」が乗っていない』と思い、「形から入ってみる」ことを検討したことがあります。

I thought that the article included some knowledges and data about LBGT, but it didn't have the sprits of LBGT. So I examined to go from the style.

私の場合、その一つの「形」は、「女装」でした。

In my case, the one of them was to disguise me in woman's clothes.

この「女装」を嫁さんに相談したところ、

At that time I asked my wife about my "man in skirts", she gave me the advice of

『明確な狙いや効果の仮説もなく『形から入ること』は、逆に読者のLBGTへの理解を妨げるかもしれないよ」

"It might become harmful. You will destroy the reader's nerutal understanding of LBGT, unless there are clear hypothesis of the aiming and effect".

と忠告されて、結局、取り止めることになりました。

After all, I gave up the trial.

でも、その時でも、嫁さんは「私の『女装』」には、反対はしていなかったのです。

But my wife never disapproved my proposal at that time.

-----

昨夜、ちょっとした話がきっかけで、

Last night, from a small talk, I asked my family(all women)

「パパが女装して、街を歩いてもいいか」

"Do you mind trying to assume me a woman's disguise and rambling about the streets ?"

という質問を家族(全員女性)にしました。

家族全員が、即座に「構わない」と言いました。

All of them said "Not at all" at the moment.

The next question was

「では、女装したパパが、ママと一緒に出社してもいいか」

"Do you mind leaving for office with mon from the entrence ?"

と尋ねたら、嫁さんだけが難色を示していましたが、娘たちは『構わん』と言いました。

They said "we don't care at all", except for my wife.

-----

「では、パパが会社を退社して、起業してもいいか?」

"So do you mind my retirement from my company and making my new company ?"

と尋ねたら、

All of them said at the same time,

全員が、一斉に

「絶対ダメ」

"Absolutely YES ! "

と応えました。

-----

私の家族が、私に何を期待しているのか、よく分かりました。

I could understand what my family expect me to do.


2017-01-26 まず「パソコンの前に向かおう」という気力が湧かないはずです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、このスプレッドシートを使った教育でも、まだ不十分だとと思うのです。

However, I think that education using this spreadsheet is still inadequate.

まず、「パソコンの前に向かおう」という気力が湧かないはずです。

First of all, they should not come up with the power to "go to the PC."

メールとSNSとゲームの端末と思っている(?)子どもに、あの無愛想なシートを開かせることができるとは、私ですら思えません。

I do not even think of it that, nobody can make children who think a PC is SNS and game terminals open the unfriendly spreadsheet.

それと、自分の回り(例えば保護者や教師)に、パソコンの経験者が存在するかどうかは、学習を開始する以前に、決定的な差異(あるいは不公平)になるはずです。

Before starting learning, it becomes an decisive unfairness whether there are experienced PC users around themselves(e.g. parents or teachers)

これら問題を回避する為には、子どもに、スプレッドシート(エクセル等)を使わせる「強烈な動機付け」を与えなければなりません。

In order to avoid these problems, we will give the children "intense motivation" for trying to use the spreadsheet like Excel.

===================

(ケース1)小学生向き

===================

=====================================

(Case 1) For primary school students

=====================================

(1)夏休みに、この表に記載された計算をしてくること

(1)Do the calculations stated in this table during the summer vacation

(2)なお、各個人ごとにドリルの数値と計算パターンは異なるので、他人のものを写しても無駄である。

(2)Copy other's stuff will be in vain, because the numerical value of the drill and the calculation pattern are different for each individual.

(3)上記(1)の表は、希望があれば「電子ファイル」でも提供する

(3)The table of (1) above is also offered as an "electronic file" if desired

(4)スプレッドシートを印刷してそこに解答を書き込んだものを提出しても良いし、スプレッドシートをそのまま使って、パソコンで計算しても良いものとする。

(4)You can submit a printed spreadsheet and written answers there, or you can use the spreadsheet to calculate it with a personal computer.

===================

(ケース2)中学生向き

===================

========================================

(Case 2) for junior high school students

========================================

(生徒A)

(Student A)

(1)学校の近くにある、スーパーAの一日あたりの売上と利益を推定した結果を、スプレッドシートで提出せよ。

(1)Submit the result of estimating the sales and profits per day of Super A near the school on a spreadsheet.

(2)スプレッドシートには推定に至る仮説と、それに基づく計算結果が、読み手に理解できるように記載されていればよい。

(2) The hypothesis that leads to estimation and the calculation result based on it are written in the spreadsheet so that they can be understood by the reader.

(3)お店にご迷惑をかけない範囲であれば、モニタやインタビューをしても良いが、必須ではない

(3)Monitoring and interviewing may be done as long as it does not inconvenience the store, but it is not essential.

(生徒B)

(Student B)

(1)学校の近くにある、コンビニBの(以下省略)

(1) The convenience store B near the school (hereinafter abbreviated)

(生徒C)

(Student C)

(1)学校の近くにある、自動販売機Cの(以下省略)

(1)Vending machine C near the school (hereinafter abbreviated)

===================

(ケース3)高校生向き

===================

===================

(Case 3) For high school students

===================

水をつめた1リットルの牛乳パックに下から5cmのところに、直径7mmの穴を明けるものとする。その時の水位と水量をグラフで現わせ。

A hole of 7 mm in diameter shall be drilled 5 cm from the bottom into a 1 liter milk pack filled with water. At that time, show the water level and water volume in a graph.

なお、計算の手段は問わない(微分方程式の利用は随意)。ただし、スプレッドシートを使って計算しても良い。

The means of calculation is not limited (use of differential equations is optional). However, it may be calculated using a spreadsheet.

―― てな感じの、「宿題」にするのはいかがでしょうか。

How do you make the "homework" like the above?

これは、人間は『ラクをする為であれば、どんな努力もする』という矛盾した性格を利用した、「強烈な動機付け」を伴った、

This is based on the fact that human beings have a "strong motivation" with the inconsistent character of "doing any effort to make it easier"

『プログラムを使わない(コラムを定義するだけの)プログラミング教育』

"Programming education not to use programs (just define columns)"

です。

(続く)

(To be continued)


2018-01-26 ―― 私は、いつか、どこかで、必ずコケる。これ以上もないほど、派手に、無様に

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― 「金」は成功の指標

"Money" is indicator of success

は、概ね正しく、そして反論ができない強さがあります。

It is roughly correct, and there is strength that can not be argued.

悔しくても、私達は、その人の主張を受けいれざるを得ません。

Even if we are chagrined at that, we have to accept their opinions.

だからこそ、このような成功を語っていた人が、コケる(会社を倒産させる、自己破産する)をの見るのは、

So when the persons who had been talking about such success, fail(Failure (corporate / self bankruptcy),

―― とっても楽しい

we feel very fun.

-----

コラムで好き勝手なことを書いている私に、心底ムカついている人は多いと思いますが、

I think that many people dislike me because I continue to write anything I likes, however,

安心して下さい。

Please do not worry.

―― 私は、いつか、どこかで、必ずコケる。これ以上もないほど、派手に、無様に

"I will definitely fail someday, somewhere. in an awkward manner garishly"

-----

「あなたが、無様な私を見て、『胸がスっとする』という未来」は、この私が保証します。

I can guarantee that the future of "You can see undaunted me, and will be pleased" will come soon.