2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-02-24 白板のパネルを用意すればいいのに

今、「NHKスペシャル シリーズ日本再生「どうするエネルギー政策」」の録画を見ています。

番組紹介の内容は以下の通り。

いま、日本のエネルギー政策が問われている。原発の再稼働は?燃料費が急増する火力発電は?再生可能エネルギーは?どのようなエネルギー構成を目指すのか、徹底討論する。

現在、7人のパネラーが議論をしているのですが、私が不思議に思っているのは、一つ。

―― なんで、板書しないんだろう

-----

人間はロジックで理解しにくいことでも、図解すれば理解できることが多いのです。

でっかい白板のパネルを用意して、自分で図解しながら説明し、また他の人にその図を修正して貰いながら、議論を集中していく、という方法は本当に有効なのです。

議論の観点がぶれない、という点も良いです。

同時に、自分や他人の「間抜けな意見」も一瞬に明らかになります。

例えば、日本の核燃料サイクルの問題について議論している途中で、

「国際的な共通核燃料施設について議論をすべきだ」などという、

全く、タイミングも内容もナンセンスな発言も、その場で、残らず板書で残せば良いのです。

私は、その板書のコピーを持ち歩いて、そいつを一生嗤ってやる、と思っています。

-----

私の場合、何かを考える時に、ノート、板書なしに行うことは絶対に不可能です。

また、誰かと話をする時に備えて、いつでもA4かA3の紙を持ち歩いています。

私が話を聞きながら書き込んでいくと、話をしている人が、そこ紙に書き込みを始めることが多いです。

私が「いいよ」ともいっていないのにもかかわらずです。別に失礼とも思っていませんし、逆に助かります。

記憶を一度、自分の外に出してみないで、どうやって自分の考えを客観的に見ることができるのか、私には不思議で仕方ないのです。

と、ここで「はっ」と気がつきました。

-----

実は、図面のような実体化をしなければならないのは、単に私が「頭が悪い奴である」為であるだけなのかもしれない。

私以外の多くの人は、そのような「見える化」をしなくても、物事を整理して理解できているのかもしれない。

でもなぁ、どうにも、そう思えないんですよね。

このNHKのパネルディスカッションを見ている限りでは。


2014-02-24 「パパって、いつでも忙しくて、無駄に疲れているね」

今日は年休を取って、実家の確定申告に行っていました。

I took a paid holiday, and went to country home to proceed final income tax return.

当然、e-Taxシステムを起動する為に、父と母の住基カードと電子認証を得る ために、朝から役所を走り回っていました。

I had to run around a city hall in order to get Basic Resident Register card and digital certification for both father and mother all day.

今回、色々あって、役所のコンピュータセキュリティシステムに関する、「ザル」のような運用を間の当たりにして、愕然としました。

I want to omit the details but I was amazed to know easy computer security managements in the government office.

―― うん、これなら簡単に破れる

I convinced me that

"It's piece of cake to break the system."

という確信を得ました

が、これはもう少し経過してから、お話します

I am going to tell you the story later.

(散々警告してきたので、今頃必死の対応中だと ―― 信じたい)。

I have warned them about the dangers, so I want to believe they are making repairs on the system.

ま、あっちに走って、こっちに電話して、実家の税金、保険、その他について、一日で調べ回り、いまクタクタになって帰宅した所です。

Anyway I go and call to anywhere in order to know taxes and insurances of my country home, and I came back to home with be exhausted.

-----

そんな父を見た、娘(長女)が言いました。

My daughter told me that,

「パパって、いつでも忙しくて、無駄に疲れているね」

"You are always busy and look like be tired in vain"

「まあ、暇なより、忙しい方が、性に会っていると思っているけどね」

I answered that "I admit that I prefer busy to free by nature."

と私は応えていいました。

「パパ、ちょっと動き過ぎだと思う」

"Papa you seems to be too busy to do anything."

「いや、世の中には、もっと働いている人がいるよ。これまで、漫画家や、政治家や、社長のような人達にインタビューしてきたけど、みんな、エネルギッシュだったよ」

"There are a lot of persons who always more busy than me, for example, cartoonists, politicians, presidents. All of them look like energetic."

「でも、それって凄い人達のことでしょう?」

"But, they are great people aren't they?"

-----

―― お前、今、さりげなく失礼なこと言ったな。

"Hey you. You now, said something rude casually."


2015-02-24 「ふっふっふっ・・・、聞け! 諸君!! 自由こそ全てだ!!」

先日、通勤電車の中で、

The other day, in my commute train,

若いニーチャンが、目を輝かせながら

a young man, getting stars in his eyes, was muttering

「ふっふっふっ・・・、聞け! 諸君!! 自由こそ全てだ!!」

"Fufufu.... Listen to me, my blood brothers! Freedom is all"

ブツブツと呟いていました。

知的機能に制約がある人みたいでしたが、どうやら、アニメの主人公になりきっている感じでした。

He seemed to be a person who loses his some intellectual functions, and to identify with a leading character of an animation.

-----

彼につられて、

Falling for him,

―― 諸君! 『自由こそ全てだ』というテーゼは本当だろうか?

"My fellow citizens. Is the thesis of "freedom is all" true?"

―― 敬意や礼を前提としない自由が、本当に自由に許されるべきだろうか?

"Can we allow to use the word "freedom" without respects and courtesy?"

と、

思わず、通勤電車の中で、演説したくなった私でした。

Accidently I wanted to start my speech in the commute train.


2016-02-24 ―― 女子中学生の拉致を計画しているテロリストが、少しづつ近付いてきている

以前、ロンドンのヒースロー空港で、警察に拘束されたという話をしました。

The other day, I wrote that I had been captured by Scotland Yard in Heathrow Airport.

それは、私の格好が、どこぞの組織の襲撃部隊のように見えるからです

I could know the reason, because my sight looked like a member of special attack team in some organization.

ですから、どの国でも、私は、大人しく、友好的、かつ積極的に、警官の職務質問に応じることにしています。

So I used to respond affirmatively and friendly to police checkup at any country.

(ちなみに、私にとって「職務質問」は結構な日常なのですが、その話を、飲み会などですると、ビックリされて、逆にこっちがビックリします)

For me, "a policy check up" is in common. Whenever I talk about the story in drinking party, for example, I was surprised to watch the persons who were surprised to hear the story.

-----

最近は、花粉症対策でマスクをすることで ―― どこから見ても、

Recently, in hay fever season, I have to mask out of doors, so my sight becomes

『テロリストの襲撃部隊のリーダ』

a leader of attack team of terrorist.

この姿で、モスクや礼拝堂以外の場所で「アッラーフ・アクバル!」と叫んでみたら、多くの人がどういう反応するのか見てみたい ―― そんな衝動に駆れれることがあります。

I sometimes act on impulse to shout "allahu akbar!" further than mosque or place of worship, in order to watch people's faces.

-----

昨日から、朝5:30に起床して、次女と一緒に、登校、出勤しています。

From yesterday, I wake up at 5:30, and go to my office with my second daughter.

駅までの時間は徒歩で30分弱ですが、次女の方が歩行速度が遅いので、私が5分遅れて家を出ることにしました。

It takes less than 30 min to the station on foot, however, she is walking slower than me, so I decided to leave home, 5 min, later than her.

で、今朝実際に、この時差出発を実施してみたのですが、

This morning, we did this trial indeed,

次女と私の距離が近づくにつれて、

The closer the distance between she and I becomes,

―― 女子中学生の拉致を計画しているテロリストが、少しづつ近付いてきている

the closer the distance between a girl and a terrorist also becomes.

という絵にしか、見えない。

I could see nothing but the above scene.

-----

多分、通報されるのは時間の問題だろうなぁ、と思いながら、「この状況で通報すらされなかったら、それはそれで困るなぁ」とも思っています。

I am afraid that it's a matter of time before being alerted by neighbour,however, if anybody doesn't do any action, it should be a serious problem too.

『あの「テロリスト」は、実は少女を守る「ガーディアン」だった』 ―― という話が認知されるまで、ざっと2年と見積っています。

I think that at least two years might be needed a fact that "the terrorist is actually the girl's guardian".

いずれにしても、「職務質問」されたら、また、ご報告致します。

Anyway, when I am checked up by the policy, I am going to tell you in detail.


2017-02-24 ―― お前たちの「お花畑の『人工知能』幻想」で、現場のエンジニアの心を折るんじゃねえ

AI技術に関する連載を担当させて頂いていることもあり、最近AI技術に係わる方とお話する機会が多くなりました。

Thanks to give me works of writing about AI technology, I have had chances to meet some person who engages AI's application.

その様な方の話を聞いていると、このようなフレーズを頻繁に聞きます。

When I talk to the persons like the above, I have often heard the following phrase.

======

幹部や上司から、

From executive officers or bosses, I have been said

「『それ、人工知能じゃなくてプログラムでしょ』

"It is not AI but just a program isn't ?"

と言われる」

と。

======

幹部や上司が、この程度の知見で、AI技術の適用を命じているのだとしたら、その会社の前途は真っ暗です。

If executives and bosses are ordering the application of AI technology with this knowledge, the company's future is completely dark.

そもそも、

First of all,

■人工知能はプログラムです。

- Artificial Intelligence is a program.

■プログラムでない人工知能は存在しません。

- There is no artificial intelligence which is not a program.

もちろん、iPS細胞や、クローンから作る人工知能が登場すれば、上記の発言は撤回してもいいです。

Of course, when new AI technologies made by iPS cells or clones, appear ,I will withdraw the above remarks.

-----

そもそも、現在の人工知能とやらで語られる、機械学習やら、知識獲得やらは、自動チューニング技術、または電子辞書の用語追加の自動化程度のものです。

In the first place, to talk with current artificial intelligence, Machine learning and knowledge acquisition are almost "automated" tuning technology, or addition function of electronic dictionary.

その考え方や手法は、20年以上もまえから存在するもので、現在のAI技術にあっても、それを超えるようなものは存在しません。

The idea and method existed for more than 20 years ago, and there is no current AI technology beyond them.

しかし、その一方で、例えば、99.6%を100%に限りなく近付ける為に、毎日を生屍と化ししながら、AI技術と奮闘しているエンジニアたちがいます。

However, on the other hand, there are engineers struggling with AI technology. They becomes living dead every day, and try somethings, for example, in order to realize a possibility from 99.6% to 100%.

実際、私は、毎日、そのような人たちに囲まれて、過しています。

Indeed, I am surrounded by such people everyday.

-----

―― そろそろいい加減にしろよ、不勉強な幹部や上司たち

"Come on, ignoramus and unscrupulous executives and bosses."

―― お前たちの「お花畑の『人工知能』幻想」で、現場のエンジニアの心を折るんじゃねえ

"Do not break the hearts of engineers by your "Flower field Artificial intelligence "fantasy"" in you brain"

と、私は、この25年間、ずっと言いたかったのです。

I have wanted to say that for the last 25 years.


2018-02-24 「創作が好き」というよりは、根が「ケチ」だからです。

私は、色々なものを「自作」するのが好きです。

I like making something by myself" that is called "DIY".

「創作が好き」というよりは、根が「ケチ」だからです。

The reason is that I am a hunks rather than a creator.

私の「自作」へのこだわりは、『既製品より圧倒的に安い』ことを実現した満足感が、大部分を支配しています。

The main reason of the persistence of "DIY" is for a satisfaction that I can save money.

例えば、私、合板ベニア板一枚980円で、パソコンデスクを作ってしまいますし、自宅のLANシステムも自分で敷設します(業者に頼めば、数万円)。家中の各部屋にある棚も、全部、私が設置しました。

For example, I can make a PC desk by one cheap veneer board, and install local area network at home by myself. All of racks in my house were made by me.

-----

ところで、

By the way.

最近、Raspberry PIに搭載できる、EtherCATのスレーブ用基盤が、6000円で売っているのを知りました。

Recently, I know that EtherCAT slave base which can be installed in Raspberry PI is sold for 6000 yen.

―― 欧州のどっかの国で

at a country in Europe

欧州であろうが、どこであろうが、欲しいものは欲しいので、早速購入しようとしたのですが、Shipping Cost(輸送費)込みで、24000円になることが分かり、断念しました。

No matter where it is sold, of course, I want to get it. However the total cost (including shipping) become more than 24,000 Yen. So I had to give up.

試しに、会社の見積システムで調べても、やっぱり24000円くらいになりました。

I also tried to check the cost by my company system, the price come to be same.

私は、Raspberry PIを使ったハンドメイドのEtherCATのスレーブを自作したいのに、―― 普通のEtherCATのスレーブの方が安くて、どーする。

I hope that I want to make the cheapest EtherCAT slaves, based on Raspberry PI by DIY, But this is meaningless for this cost.

-----

今からでも、ハードウェアの勉強から始めれば、スレーブモジュールも作れなくはない(多分)のでしょうが ―― 私は、ハードウェアの設計や製作が面倒で、ソフトウェアに逃げた、電気工学の学生でしたから。

Of course, If I start to study about the hardware design and production now, I will make it. However, I had run away from the hardware technologies because the design and trial was always annoying me when I was a college student.

まあ、このこの考え方は、あながち間違っていなかったとは思っています。

Well, I think that this though was not wrong.

マイコンICのパフォーマンアップで、多くの技術はソフトウェア(ファームやカーネル)で実現できるようになってきたからです。

Thanks to enormous performance of microcomputer IC, many technologies has been realize by software(like farm ware and operating system)

-----

しかし ―― EtherCATは、究極のリアルタイム通信、「ゼロバッファ」方式を実施しているものです。

However, EtherCAT realizes "Zero buffer transmission" which is ultimate realtime communication

ソフトウェアでどんなにがんばろうとも、ハードウェアが実現できないものは、どうしたって実現できるものではありません。

No matter how hard it can be done with software, software cannot realize beyond the performance of hardware.

私は、色々なものを「自作」するのが好きですが、その「自作」の為のコスト(勉強、試作、製造、テスト時間などを含む)が、市販品の100倍以上にもなるなら、本末転倒もいいところです。

I like "DIY" for everything, however, the cost for "DIY" is more than a thousand times than commercial products. it will get my priorities wrong.

-----

という訳で、(個人での活動に固執する私としては大変珍しいのですが)ラズパイ用のEtherCATのスレーブ基盤を自作した(い)という人 ―― いませんか?

So, (this is very rare for myself because I adhere to individual activities, however) is there anyone who made your own EtherCAT slave for Raspberry PI?

私と組みましょう。

Let's join me.

成果の発表の場も、ご紹介できると思います ―― 多分

I think that I can introduce the place for presenting the results - probably