0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-02-01 携帯電話を持ち歩く幼稚園児

先日、家族で帰省した時のことです。

自動車で移動していた最中に、昔、私が通ってい幼稚園があり、ここに通っていた旨の話をした、娘達が一斉に驚きの声を上げました。

長女:「えー!パパでも、幼稚園児だったころがあるの?」

―― まあ、この手の反応はテンプレだ。どの漫画にも出てくる話だ。ツッコむにしては、まだまだ「弱い」な。

次女:「パパは、生まれて直ぐに『研究』していると思っていた」

―― ん、ちょっと良いバリエーションが出てきたか。しかし、そういう子供は、可愛くないだろうな。まあ、可愛いと言われた記憶もないけど。

-----

長女:「パパって、幼稚園の時から、腰ヒモで繋いで、携帯電話を持ち歩いていたの?」

「その時代、携帯電話なんかねーよ!」

思わず、ツッコんでしまいました。


2014-02-01 なんという、圧倒的で、暴力的な旨み(前半)

以前、「ラーメン大好き小泉さん」を読んで、「天下一品」のラーメンを食べにいったお話をしました。

The other day, I told you that I read "Ms.Koizume, who is crazy for Ramen" and I went to "Tenka-Ippin Ramen".

今回も、小泉さんに紹介して貰った、ラーメンを食べに行きました。

In this time, I went to a Ramen shop that Ms.Koizumi recommend for me.

「蒙古タンメン 中本」というラーメンです。

The name of Ramen-shop is "Mouko-Tanmen Nakamoto".

-----

先日、秋葉原に出張した時に、そのラーメン屋に行きました(品川店)。

The day before yesterday, I went to the shop in Shinagawa area, when I was on business trip to Akihabara.

店員さんに「辛いラーメンが食べたいのですが」と言ったら、あるラーメンを勧めて貰いました。

I asked a waiter for a spicy Ramen, he recommended me a kind of Ramen.

-----

私は、上司からの「辛いのだけは勘弁してくれ」というメールを読みながら、忘年会にインド料理レストランを選ぶ部下であり、

I am a subordinate to reserve the Indian restaurant as a Years-End party place, thought my boss dislikes any spicy foods.

中国の広州で四川料理を食べた時に、現地の中国人エンジニアに「参った」と言わせたことがある、

and, I am an engineer who put words into Chinese engineer's mouth, "You won"

「辛いの大好き江端さん」です。

"Mr.Ebata, who is crazy for hot"

ワクワクしなが、お勧めのラーメンを食べたのですが、

I was thrilled to have a ramen.

―― は? これが、辛い?

Umm? Is it hot?

この程度で「辛い」とは、笑止です。

It was highly ridiculous that this was the hottest ramen.

ガッカリだなぁー、と思いながら、メニューを見ると、激辛のラーメンではなかったようです。

With letting me down and seeing the menu, this was not the hottest one.

「ああ、これが、「ラーメン大好き小泉さん」に出てきた、『一見さん禁止』という奴だな」と気がつきました。

So I noticed that this was a typical warning in the comic for a customer one doesn't know

仕方がないので、その日は、そのラーメンで我慢して、会社に戻りました。

I couldn't help it, I did with the ramen, and went back to my office.


2015-02-01 ですから、これは「私」の問題です。

といっても、私は、この表紙をかえて欲しいと思っている訳ではありません。

But I don't want to change the cover at all.

「動物のおしゃべり」は、とても素晴しい作品で、表紙のカラーの着色も綺麗で、この雑誌の表紙としては、この絵が最高であると信じます。

"The animal's chat" is wonderful works, and the cover's colors are also beautiful. I think that this is the best cover.

是非、表紙を描き続けて頂きたいと思います。

I hope to continues to drawing the cover.

-----

ですから、これは「私」の問題です。

So, this is MY problem.

そこで、この背反する事象を、どこに落し込むかを考えてみました。

I tried to come to think where to take down about this contradiction.

(1)Amazonで買う、娘に金を握らせて買いに行かせる

(1)To buy it in Amazon, or to give my daughter money to buy it.

アマゾンプライム(配送料無料のサービス)の対象にもなっているようなので、これが確実です。

This comic is covered by the Amazon prime (a sort of free delivery service), this is a certain method.

しかし、コンビニや本屋で突然出会った時の、あの「嬉しさ」がなくなるのは、なんとも寂しいです。

However, I am afraid that I feel joyless if I lose a sudden encounter at a convenience store and a bookstore.

(2)男性向けの表紙の本も作って貰う

(2)To ask the publish company about the cover for men.

しかし、出版社がそんな予算を組める訳ありません。経営判断としては「私のような読者は切り捨てる」が正解と思えます。

However, the publishing company cannot make such a budget. I also think that "giving the readers up" is correct.

(3)購読を止める、または、ガマンする

(3)To stop reading it, or endure the pain.

まあ、これが現実的な解決方でしょう。

I think this is a realistic solution.

-----

Many people think that

―― 「電子書籍」の時代に、江端は、何をアホなこと言っているんだ

"What a stupid saying Ebata did, in the period of "the electronic books"

と思われる方も多いと思いますが、あの電子書籍は、同時に別の本を10冊以上読むような、私の読書スタイルには合わないんですよ。

But the electric books are difficult for me, because I read more than ten books at the same time on my desk.

だからこそ、私は、どうしても、古いスタイルのままで、この問題を解決したいのです。

So I absolutely want to resolve this problem as old styles.


2016-02-01 「週末に、江端はエレガントに原稿を執筆している」

The other day, I wrote

「EtherCAT連載の最終フェーズに向けて、今週末から、「江端家家屋」という実験ボードに、これらのケーブルや器具が、次々と設置されていく予定です」という話を致しました。

"For the final stage of EtherCAT serialisation, I am preparing for these cable and devices, in order to install the home security system on the Ebata's house."

-----

I am going to open a picture of "battle field" where "EtherCAT Master", "EtherCAT slave", many types of sensor and I fought mutually.

「週末、江端はエレガントに原稿を執筆している」などと、ゆめゆめ思わないで下さいね。

Never make a image of "Ebata writes manuscripts every weekends elegantly"


2017-02-01 ―― 部下が「不快」と「不合理」を受けいれる

今迄、色々な上司と巡り会ってきましたが、「役に立った上司のアドバイス」は少ないです。

Up to this day, I have had a lot of boss in the company, however, I don't remember that I had received a good advice from the boss.

私が上司のアドバイスに従うのは、「その内容に納得している」わけではなく、それが、「とっとと仕事を終わらせる」ための、有効な手段の一手法であるからです。

The reason that I obey boss, I am not clear about the boss's intention, but I think that the attitude is one of the best way to finish my work soon.

(1)上司といえども、「自分がやってきた方法」以外の手段を知りませんので、「自分がやってきた方法以外の方法」をやっている部下が、不安でしかたありません。

(1)Even a boss doesn't know all kinds of method to do a work, so it cannot be helped that he/she feels anxious about a work of their subordinates.

(2)勿論、部下の方も、「自分がやってきた方法」以外の手段を知りませんので、「自分がやってきた以外の方法」を強いてくる上司が、不快でたまりません。

(1)On the other hand, the subordinate just knows their own method to do a work, so it cannot be helped that he/she feels pains from the boss's order.

つまり、この段階で、上司と部下のコスト(不安と不快)はイーブンの関係にあると言えます。

On this stage, the relationship between a boss and a subordinate seems to be even.

加えていえば、

In addition,

(3)「自分がやってきた方法」は、自分にとってももっともコストの安い、合理的な戦略です。なぜなら「自分がやってきた方法」は、すでに「やったことがある」のですから。

(3)The method that they have done before, is the best cost-performance and reasonable strategy. Because the method is that they have done before.

とすれば、この均衡を破る材料は、組織上の掟(業務命令)だけであり、そして、ここから導かれる結論は一つだけです。

Assuming that the above, the way to break this balance is to use an instructions in the course of employment. The conclusion is also clear.

―― 部下が「不快」と「不合理」を受けいれる

"Subordinates should accept the pain and unreason.

これ以外の解はありません。

There is no way except for the above sentence.

(続く)

(To be continued)


2018-02-01 『市営地下鉄湘南台前、下車まで、残り20秒くらいの地点だ!』

私は、「デートの時に、話題がなくて困った」という記憶がありません。

I do not remember "When I was on dating, I had a problem with topics".

単に、記憶がないだけかもしれませんし、そもそも、デートの回数も少なかったので、たまたま、そうなったのかもしません。

It might just be "no memory", and moreover, the number of dates of mine, might be also very small. It happened to have been so.

-----

今でも、嫁さんに、

Even now, my wife said,

「なんで会社でクタクタになるまで働いてきてから、夜中に、そんなに、色々と(ベラベラ)しゃべれるの?」

"Why can you talk so much in the middle of the night, after you worked harder and tired in your company?"

と言われています。

「なんで」と言われても、私にも良く分かりません。

Even if she says "Why", I do not understand well either.

会社で、黙々と働いている ―― 単に、実験室に閉じこもっている ―― からかもしれません。

The reason might be, I work quietly at my office. or laboratory alone all day.

という訳で、私は、結構なオシャベリですので、あまり人のオシャベリに批評を加える立場ではないのですが、――

I am quite talkative, so I know I should not criticize other's talks;

それでも、情報系システムのエンジニアとしては、システムのリソースを活用していない会話には、どうにも、腹が立つのです。

Nevertheless, as an engineer of information systems, I come to get angry with conversations that do not utilize the communication resources.

------

市営地下鉄の電車の中で、スマホを会話モードにしてしゃべっている若い女性がいました。

There was a young lady speaking by smart-phone in a conversation mode, in a Yokohama municipal subway train.

スマホから聞こえる男性の声は、多分、恋人だったのでしょう。

The voice of a man, heard from a smart-phone probably was her lover.

男性:『ねえ、今、どこにいるの~』

Male: "Hey, where are you now?"

女性:「どこだと思う?」

Female: "Where do you think it is?"

男性:『ええ~、分からないよ。そこ、どこ?』

Male: "Yeah, I do not know at all. Where are you? "

女性:「どこかな?(クス)」

Female: "Where am I (with smiling)?"

------

その女性のスマホを取り上げて、

Taking up the lady's smart-phone,

『市営地下鉄湘南台前、下車まで、残り20秒くらいの地点だ!』

"It is a point about 20 seconds remaining until the municipal subway Shonan-dai. She will get off soon!"

とスマホに向けて、大声で叫んでやろうか、と、思いました(思っただけです)。

I wanted to shout out loudly to the smart-phone (just I thought)

―― 貴重な通信リソース(周波数チャネル、通信帯域)を、情報量ゼロの会話で喰い潰すな!

"Do not crush precious communication resources (frequency channel, communication band) with conversation with zero information!"

とか、思いながら。

I thought that.

------

分かっています。

I know well that

間違っているのは私の方です。

I was wrong.


2019-02-01 TOEICや英検の勉強で、一生に何回使うか分からない英単語の暗記に、膨大な時間を費すのも人生です ―― 私には理解致しかねますが。

現在、ドイツの大学であるオープンソースを開発されている方と、毎日1通くらいの頻度で、そのソースコードについての質問をさせて頂いています。

Currently, I am asking questions about the source code of people who are developing open source, which is a university in Germany, about 1 time each day.

とても親切な方で、私がコードについての質問をすると、その日のうちに、私の欲しいコードを開発して、公開してくれるという親切さです。

He is a very kind person. If I ask questions about the code, he developed the code I wanted and ,publish the code within that day.

こういう人がいるから、私は、ギリギリのところで、『人類なんか死ねばいいのに』に思い至らずにいられます。

Thanks to him, I don't come to think "human beings should die" at the last minute.

-----

ドイツの方と、日本人である私が、こういう技術レベルのコミュニケーションできるのは、やっぱり「英語(のメール)」です。

It is "English (mail of morning)" that we can communicate about technical issues between Germany and Japan.

―― 英語って、やっぱり便利だなぁ

"English is convenient"

と思います。

I think.

By the way, I am a genuine "Japanese English" user.

そして、これからも"Native English"なんぞに、1mm足りとも、労力を払うつもりはありません。

And, I also have no intention to pay for being "Native English" speaker from now.

TOEICや英検の勉強で、一生に何回使うか分からない英単語の暗記に、膨大な時間を費すのも人生です ―― 私には理解致しかねますが。

It also a life to spend a huge amount of time to memorize English words, that you do not know how many times you will use in your life. I don't not understand it.

私は、TOEICとか英検などという、英語のランク付けに血道を上げる時間があれば、世界中のエンジニアに"Japanese English"のメールを出しまくります。

I will rather mail of "Japanese English" to engineers around the world, than try to rank up of such as TOEIC or Eiken.

そして、「その人たちの親切に甘える」人生を選びます。

And, I choose life "to be kind to their people".

-----

ちなみに、私が、C/C++ (not including STL)ユーザであることも、何度もご紹介しましたが、今回の日独技術協議は、"英語"と"Python言語"で話が進められています。

By the way, I have told you that I am a C / C ++ (not including STL) user many times, and the discussion on this day's German - Japan technical consultation is underway in "English" and "Python language".

Pythonが、現時点において、プログラムの世界共通言語であることは、私も認めます。

I acknowledge that Python is currently the universal language of the program at the present time.

この言語は、たしかに"ラク"です。

This language is certainly "easy".

「コンパイルがない」というだけでも、十分助かります。

Even just saying "no compile" is sufficiently helpful.

オブジェクト指向とかへの強い拘りもなく、実行速度もそこそこ速い(もちろん、C/C++と比較すれば、お話にならないくらい「遅い」ですが、この比較は卑怯でしょう)。

No strong insistence on object orientation and execution speed is fairly fast (Of course, compared with C / C ++, it is "slow", but this comparison is cowardly).

ま、それ以上に、ライブラリが豊富で、ユーザが沢山いて、なにより「書籍が多い」ことですね。

Well, more than that, there are lots of libraries, and users, mostly "there are many books".

政治の世界はともあれ、コンピュータ言語の世界においては、「数は力なり」は絶対です。

Anyway in the world of politics, "number is power" is absolute in the world of computer languages.

-----

30年前に、PC8001MK2に標準実装されていた言語が、BASICでなくて、Pythonであれば、私もかなりラクができたと思うのですが ―― 例えば、友人に助けて貰いながら、マシン語でコードした日々の悪夢とか。

Thirty years ago, if the language that was standard implemented in PC8001MK2 was not BASIC but Python, I think that I was pretty lucky. For example, the day-to-day nightmares coded in machine language while getting my friend's help.

まあ、そういう時代があったからこそ、今の私は、大抵のプログラム言語を、概ね、1日程度で使えるようになった、とも言えます。

Well, as there was such a time, I am now able to use most programming languages in about one day in general.

ですが、私は『若い時の苦労は買ってでもせよ』などと、アホなことを言うつもりはありません。

However, I do not mean to say stupid things, "Do buy the hardships when you are young."

(今、ちょっとググってみたのですが、まだ、こんなアホなことを書いている奴がいるんですね。『低能』ですね)

(I've tried a bit google serach now, but I still got someone who is writing such stupid things.They are really fool aren't they?)

私は、ただ、『私の若い頃に、今のスペックのパソコンとPythonがあれば、ラクできたのに』と、思っているだけです。

I just think, "When I was young, I could have cut corners I had a current high-performance computer and Python."