0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2013-02-02 政治家「初音ミク」

「初音ミク」シリーズのコラムの中で、「初音ミクのキャラクター設定は、後発的、かつ、自然淘汰的になされていく」旨のインタビューを掲載しました。

とすれば、ですね、「初音ミク」には、「歌姫」だけではなく、別のキャラクターとしての可能性が出てきます。

政治家です。

国民の意思を反映した、後発的かつ自然淘汰的な世論を反映し、国内は勿論、国際外交の舞台にも立てる、「初音ミク」です。

これは、真剣に検討してみる価値があるのではないか、と思っています。

技術的にはコミュニケーションインターフェースの問題が丸ごと残っていますが、これも、BOT技術などを援用することで、ある程度解決できるかと考えます。

勿論、このような提案に関しては、賛否両論あると思いますが、先ずは政府広報のPR活動をメインにやって貰うことから始める、というのでいかがでしょうか。

-----

(ここから、15分間、長考)

-----

ちょっと嫌な未来が見えてきました。

■各政党がそれぞれの政策に応じた「初音ミク」を立ち上げたら、「初音ミク」同士で、論争をすることになって、「初音ミク」の甚だしい価値毀損が起こりそう。

■極右や極左団体が「初音ミク」を立ち上げたら、もっと嫌だ。「七生報国」「尊皇攘夷」とか、「世界革命」を叫び、「インターナショナル」を歌う「初音ミク」は見たくない。

そして、これが決定打。

■私の敬愛する小沢一郎先生のように振る舞う「初音ミク」が出来上がったら、どうしよう。

-----

駄目だ。却下だ。

私が自分の提案を取り下げるのは珍しいことですが、この案は、私ですらも、受け入れることができない。

また、もし、この論を進めて、技術的は課題解決に取り組み出したら、今度こそ、本当に私はテロの標的になりかねない。

冗談抜きで。


2014-02-02 なんという、圧倒的で、暴力的な旨み(後半)

そして今日。

Today,

同じく「辛いの大好き」嫁さんと、娘二人を連れて、今度は町田店で復活戦です。

I went to a shop in Machida to start a retried battle with my two daughters and my wife who also was crazy for hot.

狭い店舗の中、5~6人の立ち待ちの後で、夫婦と子ども達の2グループに分かれて、カウンター席に座り、今度は間違えないように、「北極ラーメン」を頼みました。

In the narrow shop, we made two teams and sat the seat down separately, and I ordered "Hokkyoku-Ramen" without mistake.

出てきたのは、血の色のような真っ赤なスープの中央に、目映いばかりの白色を発光するもやし。

Blood-red soup and bright white beansprout.

まずスープを一口。

At first, single swallow of the soup.

―― 辛い! しかし、旨い!!

Too hot! but delicious!!

つぎに麺にスープをからめて口に押し込む。

Secondly, I put bundle of noodle dipped by soup into my mouth.

真っ赤になった炭を、まるごと口に突っ込む感じ。

I looks like I eat the burned charcoal, but

―― だが旨い! これは、最高だ!! スープの旨みが、この辛さに対抗し、そして、見事な調和を描いている。

"It is delicious. Perfect. Both the taste struggle against the hot, and both the taste and hot make wonderful harmony.

―― なんという、圧倒的で、暴力的な旨み

"What a overwhelming and violent taste is"

―― 見事!

"Outstanding work!"

-----

世の中には辛い料理はいくらでもあります。料理を辛くするのは、簡単です。大量に辛味調味料をぶちこめば良いのです。

There are a lot of spicy foods in the world. It is very easy to make spicy foods, became we put many spices and condiment into foods

しかし、このような料理の味の多くは下品です。

However, in many cases, such foods are rough.

辛くなるだけで、それに対抗しうる旨味が消えてしまうからです。

Because the tastes are going to disappear against the hot.

辛さを5段階で表記するカレーチェーン店は、(私は嫌いではありませんが)、やはり品のない味だと思うのです。

For example, curry chain shops which show the fifth spicy ranks are not good, though I don't like the shop.

-----

比して、この「北極ラーメン」は、完成したラーメンとして、緻密な計算がされつくした、最高の激辛ラーメンなのです。

By comparison, this "Hokkyoku-Ramen" is a complete ramen, that taste was calculated in advance.

久々に、恍惚を味わいました。

For the first time in many years, this ramen threw me into an ecstasy.

雪崩のような汗で、目が見えなくなるという経験もしました。

I had a experiment that I couldn't be lost to sight with swear like snow avalanche.

スープを飲み切れなかったことは、痛恨の極みではありますが、私は家族を持つ家長の身の上。そして、(暫定)プロジェクトマネージャーで、今日はその後出社もありました。

I felt heartbreaking grief that I couldn't drink up the soup. However I am a head of family, a (temporary) project manager, and had to go to office today.

「スープを敢えて飲まない」勇気が、問われる、そういう年齢なのです。

I am a old man who is called in question about a brave "do not drink soup dare"

-----

にしても、あのスープ。今度タッパーに入れて持ち帰りたいなぁ。

Next time I want to take the hot-soup out in the bottle.

あれをベースに、野菜炒め作ったら、さぞ旨いだろうなあー、と思っています。

If I cooked stir-fried vegetables with hot-soup, it would be delicious.

今度、ダメ元で、店員さんに相談してみます。

Nothing to lose. I ask a waiter for that.


2015-02-02 江端家にて、長女と次女の中学受験に使用した、暗記用の音声ファイルとテキストファイルを、全て無償公開します。

I open all audio files and text files for learning by heart that the Ebata's daughters have used for the junior high school examination.

本ファイルの使用については、いかなる権利主張も行いませんが、いかなる責任も追いません。

About the use of these files, I do not perform any right claim, but do not have any responsibility.

娘のチェックを受けていますが、現時点においても、ファイルの記載内容には、若干の怪しい点が残っています。自己責任で使用して下さい。

In spite of my junior daughter's checks, I am afraid that there are some doubtful descriptions in these files. Please use these files at your own risk.

-----

この音声ファイルは、テキストファイルから、 ボイスロイド「結月ゆかり」を使って作成しました。

These audio files are generated by VOCALOID "Yuzuki Yukari"

In the Ebatas, we call this software "Yukari-san" with the highest respect.

ご興味のある方は、「ゆかりさん」を購入して、今回公開したテキストファイルをベースに、皆さんオリジナルの「暗記用音声ファイル」の作成を試みて下さい。

If you are interested in making the audio files, don't hesitate to buy this software, and try to make your original "audio file for learning by heart" based on these opened text files.

-----

娘たちは、この音声ファイルを、PODに入れ、またはCD-Rに焼いたものを車の中で聞き続けました。

My daughters continue to hear these file by Pod or CD-R in private automobile.

また、自分の部屋のPCで、テキストファイルを直接編集(覚えた項目はどんどんエディタで消していく等)しながら、聞かせ続けました。

And I made them hear these file in my room, with editing the text real-time (I erased the items they had learned by heart) using my PC.

Finally, I let them fight endless, like "Yukari-san vs. my daughter" by all items in the text file had been erased.

「ゆかりさん」は、疲れを知らずしゃべり続けることができますので、私は随分ラクができました。

Anyhow, "Yukari-san" is inexhaustible and speaks endless, so I could live comfortable.

娘たちは、大変だったと思いますが、―― よくがんばりました。

My daughters felt serious, but they did their best.

お疲れ様でした。

I am proud of you heartily


2016-02-02 (3)受験生を最寄りの駅から救出して、そのまま受験生を受験会場まで運搬

One year has passed from the implementation of that "Test-takers students dual delivery system".

本当に早いものです。

"Time and tide wait no man" is true, I think.

今、この瞬間も、受験生やその保護者達は、受験に対する不安に加えて、降雪に心を細らせ、インフルエンザに怯えているのかと思うと、心底、同情致します。

Now, at this moment, prospective students and their parents are anxiety for the exam, snowfall and scare to influenza. Genuinely, I will pity.

『とっとと「5~6月受験、9月新学年開始」に踏み切れば良い』 ―― と書き始めたら、止まらなくなってしまいましたので、

"Hurry up to execute May-June exam and start the new school year in September" and I cannot stop writing.

その話は別の機会に取っておきます。

So the story and set it aside to another opportunity.

-----

私は、基本的に「人を助けない」ということを方針としている人間です。

I have a policy that basically I do not help people."

しかし、「受験勉強をがんばってきた子どもたち」だけは、例外としています。

However, only the "children who have been studying for the entrance exam" is my exception.

以前、嫁さんと、あの「受験性デュアル配送」をボランティアでサービスできないか、という話をしたことがあります。

Previously, I talked with my wife about the service of "examination of dual delivery" as a volunteer.

嫁さん:「どんなイメージのサービス?」

Wife: "What kind of design of the service do you have?"

ざっくりと以下の3点を説明しました。

I discussed the following three points roughly.

(1)受験会場までの交通機関で、人身事故などが発生した場合に備えて、自宅でスタンバイ。

(1)Standby at home for as their personal accidents, for example a transportation troubles to the examination venue.

(2)SOSの連絡を受けたら、自動車でスクランブル発進

(2)After receiving the contact of the SOS, the scramble starting in car

(3)受験生を最寄りの駅から救出して、そのまま受験生を受験会場まで運搬

(3)Rescuing the students from the nearest train station, and take the students to the exam venue.

嫁さん:「会社は?」

Wife:"How about your company?"

江端:「フレックスを使えるし、必要なら、その日は、午前年休を取るよ」

Ebata:"I can use flex-time, and if needed, I will take a half day off"

嫁さん:「それでも、難しいんじゃなかなぁ」

Wife:"I am afraid that the service might be difficult even if you do"

江端:「そうか?」

Ebata:"Why?"

嫁さん:「そもそも、あれは、事前の、徹底したシミュレーション、周到な計算、綿密なミーティングが、必要だったよねえ」

Wife:"To begin with, we did , in advance, simulation thorough, careful calculation, in-depth meeting"

江端:「まあ、そこまでやらないとして・・・」

Ebata:"We might skip some of them"

嫁さん:「そこまでやらないと、そのサービスの価値は出てこないんじゃないかなぁ」

Wife:"Unless you do up there, I wonder if the value of their services is going to appear."

江端:「・・・そうかも」

Ebata: "... certainly"

嫁さん:「それに、パパが道に迷ったり、渋滞に遭ったり、逆に悪い状況になることだって考えられるよね」

Wife: "And, you might lost the route, and be involved in a traffic jam. After all your server might be a bad situation to reverse."

江端:「考えられるなぁ。しかも、その場合、その子どもの人生に対して、取り返しがつかない程の損害になる、とも思うよ」

Ebata: "It makes sense. In that case, it will damage irreparably with respect to the child's life.

嫁さん:「加えて、緊急事態であったとしても、見も知らない人の自動車に、乗れるかな。誘拐の可能性だってある訳でしょう? 例えば、自分の子どもを、そんなサービスに任せられると思う?」

Wife: "In addition, even though the emergency situation happens, can they use the car whose driver is not known at all? There is the possibility of kidnapping. As for you, can you make your daughters to use the service?"

江端:「『そんなもの、絶対に使うな』と言う」

Ebata: "I say "Do not use it" absolutely"

-----

という訳で、「受験性デュアル配送」のボランティアサービスは、検討段階で、見事に頓挫したのでした。

In conclusion, the volunteer service of "Tstudents dual delivery for test-takers stundent" was, in the study stage, rejected.


2017-02-02 彼らは「2つ以上の人生を、同時に生きる」を実践していたのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

では、「部下は、不快を受けいれるしかないのか」と問われれば ―― 会社や組織の仕事だけが人生の全て(あるいは「ほとんど」)であるなら ―― その通りです。

Then, if asked "does subordinate have to accept discomfort"? -- if only you work for only (or almost) company or organization --- I have to say "that's right."

「不快だけの人生」を歩んでいく以外の手段はありません。

There is no other way than walking "a life of only unpleasantness".

-----

しかし、組織の外のプライベートな空間、また、週末や休日などのプライベートな時間には、上司のアドバイスは届きません。

However, your boss's advice does not arrive for private times such as weekends and holidays at private space outside the organization,

組織の外でであれば、あなたがやりたいこと(もちろん、会社の業務とは別のことに限られますが)を、あなたのやりたいやり方でやることに、口を出せる人はいません。

No one can speak about what you want to do on your own way, (though it is limited to what is different from the business of the company, of course)

「ウィークデーの私」と「ウィークエンドの私」、あるいは「就業中の私」と「就業時間外の私」という、2つの別人格を併存させることには、実質的にも法律的(*)にも、何の問題もないはずです。

From the viewpoint of both practically and legally(*), we have no problem to have two separate personality simultaneously, for example , "I of the weekday" and "I of the weekend" or "I who am working" and "I who am out of working hours"

(*)例えば、特許法における、職務発明規定の業務範囲(法36条)と民法623条)においては、この領域をむしろ厳格にしないことを特徴としていますが、それは発明に関することだけです。

(*)In the patent law, under the scope of work of the duties invention provision (Article 30 of the law) and Article 432 of the Civil Code, it is characterized by not making this area rather rigid, however, it is only about "inventions".

ここに「週末研究員」「週末歌手」「週末漫画家」という、「週末◯◯」という概念が発生することになります。

Here, the concept of "Weekend XX", like "Weekend Researcher", "Weekend Singer", "Weekend Manga Artist" will occur.

私は、この「週末◯◯」という別人格の考え方は、とても大切なものだと思っています。

I think that this thought of this "weekend XX" is a very important concept.

-----

(以前にもお話しましたが、)私が2年ばかり北米に赴任していた時の話です。

Talked about it before, this is a story when I was assigned to North America for two years.

プロジェクトメンバの一人(現地のメンバ)が、ドリンクパーティ(飲み会)で、「ハムレットの一人劇」を始めました。それは素人芸とは思えない程に、完成度の高いものでした。

One of the project members (local member) at a drinking party, started "Hamlet's One-man show". It was highly complete. unlikely to be an amateur trick.

歌を歌ってくれたメンバがいました。彼は、自分のCDを販売していました。

There was another member who sang a song. He sold his own CDs.

自分のプログラミング手法を、出版しているプログラミングの大家もいました。

There was also a master of programming which publishes his programming method.

いずれにしても、彼らが、業務時間以外のどこかで、もう一人の自分を生きていたことは、明かだったと思います。

In any case, I think it was obvious that they have lived on another life, for another time and at another place.

彼らは「2つ以上の人生を、同時に生きる」を実践していたのです。

They have practiced "to live more than two lifes simultaneously".

(続く)

(To be continued)


2018-02-02 ―― 何?、この便利な装置

私、ITエンジニアなのですが、これまでデータベースを真面目に使ったことがありませんでした。

I am an IT engineer, however, I have never used "Data-Base" since now.

私の根っこは、制御系の技術者なので、なんでもかんでも、メインメモリだけを使った、超高速、超小容量の処理をやってしまいます。

Basically, I have been an engineer for control system, so I try to make a system just using ordinary system memory for super-high speed and super-small capacity.

1億人分のシミュレータですら、メインメモリだけで動作させているくらいです。DBはもちろん、HDDやSSDすら使うのを避けてきたくらいです。

Even for a simulator for of 100 million persons, I want to operate the simulation, not using DB HDD, SSD, but just ordinary system memory.

-----

今回、色々な事情があって、初めてSQL DBを使うことになったのですが、

This time, with several reasons, I have to use "SQL DB". To tell you the truth, I was surprised that

―― 何?、この便利な装置

"What is on earth, this convenience device?"

と感嘆しています。

(ちなみに、今使っているのは、PostgresSQLというDBでです)

(Incidently, I am using a DB whose name is PostgresSQL.)

100万データの書き込みの最中に、データ読めるし(メインメモリでもできなくはないが、スレッドとか、情報の保護とか、ファイルのオープンクローズなど、色々と面倒くさい)、

While writing one million data, I can read data (Of course, I can use an ordinary system memory but I also make other mechanisms like threads, information protect, and open/close files).

SQLのメッセージの文法が、直感的で分かりやすい。

Especially, the grammar of SQL message are usable viscerally.

どういう仕組みかは知りませんが、検索も驚くほど速いです。60万人分のデータから、特定の人物の情報を一瞬で表示して見せます。

I don't know how to work a DB, however the speed of search is surprisingly fast. The DB can display the information of specific person from data of 600,000 person.

(続く)

(To be continued)


2019-02-02 「パパのせいだからね!」

長女が、『俺がやらなきゃ、誰がやる』という気質の知人に、一言言いたくなるのを、我慢しているそうです。

My senior daughter(SD) is irritated to acquaintance of the temperament that "Nobody can do that except me!"

-----

長女:「パパのせいだからね!」

SD:"You are to blame!"

江端:「なんで!?」

Ebata:"Why?"

長女:「パパ、日頃から、『俺がやらなきゃ、誰がやる』という人間を、バカにしまくっているじゃんか」

SD:"Everyday, you are making a fool of the person who says "Nobody can do that except me"

-----

まあ、長女の言うことは間違っていないのです。

Well she is reasonable.

私の座右の銘は、

My motto is,

―― 俺がやらなきゃ、誰"か"がやる

"Anybody can do that except me"

です。