2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-02-09 「中二病」の父親

中学二年生の長女は、不思議なことに、「中二病」を発症していないように見えます。

もっとも、保護者に見えるように、中二病を振る舞う中学二年生というのは、いないのかもしれませんが。

しかし、自分のことを返り見てみると、「大国のエゴ」とか、「理想では誰も救えない」などという、中二病特有のフレーズは、結構使っていたように思うのです。

そのような発言が、日常生活で思わず漏れ出てしまうのが「中二病」というものだと思うのですよ。

で、本日、考察してみました。

結論から言うと「私が悪い」。

-----

「中二病」を発症する為には、一定の環境が必要となると考えます。

まず第一に、

■保護者の無理解

が必要です。

「そんな、エラそうなこと言っている暇があったら、勉強でもしていなさい」

という、極め台詞、黄金フレーズが、保護者から発せられなければなりません。

また、

■一定の知識

も必要です。きちんとした系統だった知識は不要でも、少くとも「単語」は必要です。

そうですね、「搾取」「圧政」「階級的矛盾」「貧困」「富の不平等」程度の単語がなければ、中二病のスタートラインに立つことができません。

-----

さて、我が家の場合、どうなるかというと、

■父親が中二病

例えば、娘に「死刑制度」「麻薬と責任能力」「イジメと法律」「テロリズム」という、ありとあらゆる社会問題に関して、議論をふっかける主体が、こともあろうに、

―― 父親

そんでもって、その父親が、また下手に知識だけは仕入れているものだから、さらに面倒くさい。

科学技術は勿論、行政法や法律(民法)も一定の知識があり、哲学なども嫌いな方ではない(ただ、どれもこれも中途半端で、極めていない)。

■本を読むのがそれほど好きではない

ラノベ(ライトノベル)を時々読む程度。新聞もほとんど読まない。

こういう環境下で、子供が中二病を発症するのは、困難です。

下手な議論をふっかけようものなら、父親の独壇場が延々1時間以上も続き、

で、いつまでも就寝しない父娘に、ついに母親が切れる、と。

-----

中二病は、一定の社会性を持ったバランスの良い人格を形成する上で、罹患が必要な必要な病気だと思うのです。

そういう観点では、私は、父親としては望ましくない人間なのかもしれません。


2014-02-09 しかし、その「お元気なご老人」の「最期」は、放送されません(後半)。

(「前半はこちら」からの続き)

具体的には以下の2点。

There are concrete two points as follow.

(1)もう、もとの生活に戻れず、今より悪くなっていくことが確定した命を、その命の持ち主は、どう考えて生きているのでしょうか?

(1)How do they think their life that have already been decided that they cannot return to the previous health life, and go worse than now.

(2)そして、当事者ではない私たちは、そのような命を、どのように把握して生きていくべきなのでしょうか?

and, (2)How do we have to understand their life from the third person's views?

この問題が哲学の領域の問題であり、ソーシャルワーカやケアマネージャの人には、荷の重すぎる質問であることは、十二分に判っていました。

I knew well that these questions belonged to philosophy, so it should has been hard for social workers and care managers to answer the problems.

しかし、「現場」という観点では、彼らこそがスペシャリストである、と考えました。

However, from the viewpoint of "on-the-spot", I thought they were really specialists.

彼らは、明示的には言ってくれませんでしたが、黙示的に「解はない」と教えてくれた ―― と考えています。

They didn't answer my questions explicitly, I believed that they told me that "nothing to answer" implicitly.

上記(1)の質問に対しては、「産まれてきてよかったハズである。生きてきてよかったハズである、と思えるように、人生の最期を生きること」

According to the (1) question, that is "getting the ending time they feel happy to had been born and their life"

上記(2)の質問に対しては、「産まれてきてよかったハズである。生きてきてよかったハズである、と思わせるように、人生の最期の環境を整えて上げること」

According to the (2) question that is "making their ending time they feel happy to had been born and their life"

と。

で、私は「それは、一体どのようなものなのですか?」と、さらに尋ねたところ、

Additionally, I asked the care persons to what it is in detail.

「『優しい気持』『穏やかな気持ち』『安心できる気持ち』にさせるようなものだと思います」と教えて頂きました。

They answered me "warm, calm and easy feeling".

更に私は、「それはどのように具体化されるのですか」と尋ねました(私も、たいがいしつこい)。

Insistently, I asked them how to give sharp the feelings.

「それは『一所懸命』を一生懸命やることでしょうか。所詮、私たちにでることは、その程度のことだと思うのですよ」と、おっしゃっておられました。

They told me that "I think we do best for "doing our best". What we can do is such thing, after all.

深く感銘を受けるお話だったと思います。

Impressed deep stories, I thought.

「一生懸命」が、そのまま「優しさ」に至るとは限らないし、ましてや、健康な元の日々に戻すことなんかできない

Not all "do best" can reach "warm feeling", much less to make them return to old good days.

―― でも、それしかできないじゃないですか、と。

However, What we can do is such thing.

-----

全ての人生が死に向っている以上、私たちは、皆、負ける運命にある ―― これは絶対的な事実のようです。

All of the people in the world have fate of defeat. I think this is real grit.

とすれば、目的や目標を与えられて、そこに向かって進むことを、絶対的な価値のように言われている今の世の中、―― それは、受験でも、仕事でも、なんでもいいのですが、―― このような価値観は、人生の最期の最期で、完全に裏切られることになる。

So, the concept of value that going to purposes or targets for example, examination and business, is the best, eventually becomes meaningless.

私たちを、受験や仕事に追いたてて来たものに対して、嘘つき!」「嘘つき!」「嘘つき!」と、100回呼び続けても、もう、その時では遅いのです。

It should be too late if we accuse the concept in the last stage of our life, with shouting "you are a liar!!" repeat.

「目的・目標指向ベース」の生き方を、今変えておかないと、私は人生の最期の最期で、世の中を呪詛しながら死んでいくことになりそうです。

Unless I change the direction of my life now, I am about to going to death with cursing the world around me.

-----

今の私は、「優しさ」とか「愛」とか、そのようなものの片鱗しか理解できていないと思います。

Now I think I understand a little part of warm feeing and love.

でも、今のうちに、人生の位置付けを「目的」や「目標」などというものから、方向転換していかないと、

Unless I change the direction of "purposes" and "targets" to others, I come to think,

―― マジでヤバイ

Seriously dangerous.

と、真剣に思い始めています。


2015-02-09 「江端さんも、やればできるじゃないですか」

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a diary off.

"Let's turn the world by "Number" (11) Does oil really dry up?"

御一読頂き、Twitter等で、江端が喜ぶコメント(だけ)を頂ければ幸いです。

I hope you read the column, and give me some nice comment that make Ebata be happy (only) by Twitter.

-----

今回のコラムの中で登場する

The junior fellow who appeared in this column and said the following

「江端さんも、やればできるじゃないですか」

"Ebata-san. You can do it if you try"

と言った後輩は、

―― 実在します。

exists.


2016-02-09 ―― あのね。油断するとね、あっと言う間に堕ちていくんだよ

昨夜、コラム用のイラストを描き上げて、階下のキッチンに降りたところで、冷蔵庫の前で立っている長女と出あいました。

Last night, after finishing drawing the picture for a column in series, I went downstairs. I met my senior daughter in front of the refrigerator at the dining room.

何をやっているのか? と尋ねたら、

When I asked her what she was doing, she said,

『アイドルの写真を見ているの』

"I am watching a pinup picture"

と言われました。

冷蔵庫の扉を覗いてみたら、そこには(誰だかは知らない)アイドルの女の子の写真を印刷したものが貼ってありました。

I saw the refrigerator door, there was a popular girl's photo (I don't know her at all) that was printed.

女子高生が少女のアイドルのファンであることは、別段珍しいことではないでしょうが、(いまさら、アイドル?) という感じはありました。

I thought that if she was fan of the girl, it was not special for teenagers girls, however, I also thought "Why now?".

-----

She said,

『現役のアイドルの頃の写真と、今の写真の両方を貼っている』

"I pasted pictures of both on active and the after,

というので、「何の為に?」と尋ねたら、

I asked her "What for?"

―― あのね。油断するとね、あっと言う間に堕ちていくんだよ

"Well, if I am relax, I start to fall down in just about no time"

と応えました。

She answered.

そうか、パパにはお前が言っていることが全然分からんが。

Yes. I could understand what you said, but I could understand what you want to s say.

(続く)

(To be continued)


2017-02-09 危うくメンタルをやられそうになった

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (39) "

"Diving" simulated in 1/100 second units was full of unimaginable pain and despair

-----

今回の執筆で、

In this column,

危うくメンタルをやられそうになった

Nearly being mentally maddened

そういう週末研究員は

Such a weekend researcher

実在します。

has existed.


2018-02-09 『「横展開」は、特定の人間をビークルとしなれば成功しない』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私の二人の娘の差異よりも、製品やサービスシステムの差異は、もっと大きいです。

The difference between products and service systems is even greater than the difference between my two daughters.

(ちなみに、嫁さんは、『システムの方が差異が小さいんじゃないの?』と驚いていました)

(Incidentally, the wife was surprised to hear my opinion, and said "Is not the system smaller than the difference?")

システムに対して、気楽に「横展開」と言うような人は ――

People who say "horizontal expansion" comfortably for the system,

「基本的に『システム』なるものを分っていない」

"do not know what is "system""

と、私は思っています。

I think so.

(口にしないだけです。私、サラリーマンですから)。

(But I do not say anymore, because I am a hired engineer).

-----

ところで、特許法の解釈では、「技術」とは

By the way, in interpretation of patent law, "technology" is

(1)特定の目的を達成する為の手段

(1) Means for achieving a specific purpose

であって

and

(2)第三者に伝達可能なもの

(2) Things that can be communicated to a third party

でなければならず、さらに

in addition,

(3)その個人の特性(能力やセンスやカン)に依存する「技能」ではない

(3) not "skill" that depends on the characteristics (ability, sense or can) of the individual

と明確に言い切っています

It is clearly stipulated.

(特許法の講義では、一番最初の授業で、最初に「技術とは何か」を叩き込まれます)

(In the lecture of the patent law, at the very first lesson, "what "technology" is")

「横展開」は「技術」ではありません。

"Horizontal expansion" is not "technology".

さらに言えば、「技能」ですらありません。

In addition, is not even "skill".

-----

「横展開」とは、

"Horizontal expansion" is

(1)商品とかサービスモデルの「設計図」のようなものとしては継承できないもので、

(1) not be able to be inherited as things like "design drawing" of goods or service model,

(2)その「設計」をした人間のみに「思想」としてのみ残るもので、

(2) to remain only as a "thought" for a person who "designed" it,

(3)そういう、暗黙知的で、一身専属的で、他人に譲渡できないもの

(3) something that is implicitly intellectual, personally exclusive and can not be inherited

です。

-----

『「横展開」は、特定の人間をビークルとしなれば成功しない』

""Horizontal expansion" will not succeed if we make a specific person a vehicle"

これを理解していない人が、あまりにも多すぎると思うのです。

I am afraid that there are too many people who do not understand this.

(でも「誰が」とは言いません。私、サラリーマンですから)。

(But I do not say anymore, because I am a hired engineer).