0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

2013-12-07 私は、ついに、納豆を手に取ることができなかった。

私はカレーライスという食べ物が好きです。私たちが普段食べているカレーライスは、インドではなく、日本が発祥の地であることは、あまり知られていません。

I love "curry and rice". It is not familiar that the food was produced in Japan for the first time, not India.

上記の説に対して私は確信があるんです。私は実際に、インドで、彼らの食するカレー見てきまたから。

I was convinced the theory. In fact, I saw Indian curry and rice in India more than twenty years ago.

また私は、納豆という食べものが好きです。関西の大学にいた頃に、よく友人に「腐った食べ物」と言われたものですが、私は好きです。

I also love the food "Natto". When I was in the college in Kansai area, some of my friend made fun of me that I kept eating putrilags.

値段が安いというのも良いです。

It is good that Natto is inexpensive.

「納豆」と「もやし」の値段を見るたびに、「私の老後は、最低でも、この2食品が守ってくれる」と思い、勇気が出てきます。

Whenever I see the price tags of "natto" and "bean sprout", I am encouraged that two foods will save money for my old age.

-----

私は、カレーライスに、生卵、コロッケ、ハンバーグなどの副食をトッピングして、さらに、鬼のようにラッキョを入れて食するのが好きです。

I love eating the curry and rice, adding raw egg, croquette, hamburger and many pickled shallots.

カレーという海に食材を浮かべて、食べるたびに変形を続けるカオスを食する。

I float some side dish on the sea of curry soup, and the status keeps fluid change.

特に、卵の黄身を、カレー海に流出していく様、そして、その拡大範囲をコントロールする為には、一種の地政学的な視点を避けて通れません。

Especially, looking at yellow of an egg flows over the sea and expands the contaminated zone, I find out the change of a sort of political geopolitics.

カレーライスの中に、「尖閣」や「竹島」を見ながら、その世界観を食する。

I eat the worldview including "Senkaku" and "Takeshima" on the curry soup.

カレーライスが知的食事であり、その食事が、イチロー選手や私のように、極めて選れている才能や、あるいは、本当にどうでもいい才能を育てているのだ、と思えるのです。

Curry and rice is a kind of intelligent meal, and the effectiveness is to grow up important talent like a ballplayer "Ichiro" and null talent like me.

-----

先日、夕食時の社食で、この私の好きな「カレーライス」に「納豆」を入れて食べている人がいました。

The other day , I found the man put natto into the curry at company cafeteria.

これは、きっと「革命的に旨い」に違いないと確認しました。

That convinced me that it must be evolutional delicious.

先日、私はカレーライスを選び、いつも通りに、生卵とコロッケ、そして野菜サラダを取り、そして

Last day, I ordered the curry and rice again, and get a raw egg, a croquette, a vegetable salad, but

―― 納豆を手に取ることができなかった。

I could not get natto.

「カレーライス」と「納豆」

"Curry and rice" and "natto".

私は、この愛すべき2つの食材を、統合し、止揚し、再構築することができなかった。未知なる新しい地平への第一歩を踏み出すことができなかた。

I could neither integrate two foods nor reconstruct the new curry. I could not proceed to a new undiscovered frontier.

「ヘタレ」

"Coward"

私にこそ、この言葉が相応わしい ―― と、今でも落ち込んでいます。

I was so discouraged, thinking "The word is suitable for me".


2014-12-07 ユダヤ問題、パレスチナ問題では、「シオニスト」という言葉が登場します。

池上彰さんの「そうだったのか! 現代史」を読み終えました。

I have finished reading "Contemporary history, I got it!" written by Ikegami Akira-san.

この説明の巧さには、まったく舌を巻きます。

I am really astonished at his understandable explanations at all time.

昨日も書きましたが、分かりやすい本は、それだけで価値があるのです。

I wrote the same thing in the diary of yesterday, I think that the book to read easier is valuable for that reason.

-----

ただ、「分かりやすい本」というのは、多分に主観が入るので難しいです。

However, it is difficult to judge whether the book is easy to understand, because it depend on each person's thought.

例えば、今、次女が凄い勢いで読んでいる「物語シリーズ」を、「難しい」から読まないといっている社会人の研究員もいます。

For example, "Monogatari series" that addicts my daughter, an adult researcher doesn't like it, because he feel "difficult".

それはさておき。

That aside,

-----

ユダヤ問題、パレスチナ問題では、「シオニスト」という言葉が登場します。

We cannot avoid to use the word "Zionist" when we have to talk "Jewish problem" and "Palestine problem".

この概念なくして、これらの問題は語れないからです。

We cannot discuss this problems without this concept.

しかし、日本人でもある私には、どうしても「塩ニスト」と見えてしまうのですよね。

However I, who is also a Japanese, cannot help reading "Salt-ist".

塩の英語発音「ソルト」とは「貨幣」と言う意味もあり、実際、古代では軍人の給与として取り扱われていました。

"Salt" also has a mean of "money", and in fact, salt was used as paycheck for soldier in ancient times.

サラリーマンの語源は、この「ソルト」に由来するそうです。

I heard that the origin "Salary man" was derived from the word "salt".

―― ということは、自由経済主義者とは、すべからく「塩ニスト」といってもいいかなぁ

That means,

Nobody blame me if I say "the person who has a principle of free economy might be called "Salt-ist""

などと、まあ、くだらないことを、ぼんやりと考えたりしています。

I am thinking that some worthless thing darkly in this weekend.


2015-12-07 まあ、なんだ、その、「がんばれ」。

先日、長女から、

The other day, my senior daughter said

―― あと20日で3kg痩せたい

"I want to lose weight of 3kg in twenty days"

と言われました。

-----

今や私は、「ダイエット数理学」の世界的権威(自称)です。

Now I am a world-wide fame of of diet mathematics (self-designation)

現時点で、私が知り得る全てのダイエットのノウハウを、長女に伝授しました。

So I initiated my knowledge of diet approach in the present into her.

-----

なお ――

In addition,

この時期に、『あと20日』と言われた時点で、

when she said "in twenty days" at this time,

私は長女に対して、

I decided that

『その「理由」「背景」は一切尋ねない』

I never asked her the reason and background

と、心に決めました。

-----

まあ、なんだ、その・・・

Well, let me say, "Go for it"


2016-12-07 ―― 『暗号』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もう、このメールを、誰かに解読して貰おうかとも思いましたが、私信のメールを第三者に開示することは、躊躇(ためら)われました(そもそも、ルール違反です)。

I thought that I would ask someone to translate this email, but I hesitated to disclose personal mail to third parties (basically, it is against a rule).

-----

昨夜、いつもの通り、色々なことを考えながら歩いている時に、突然、天啓のように一つの言葉が私に降りてきました。

Last night, when I walked thinking various things as usual, suddenly a word came down to me.

―― 『暗号』

"Encryption"

もしや、このメールは、"電波"に見せかけて、私だけが持っている秘密鍵だけで解読できる、何か重要な何か(国家的な陰謀や犯罪など)を伝えているんじゃなのか ――

I thought that it may be that this mail was including important information, for example state plots or crimes, and this sender wanted to tell me the facts.

とも思いましたが、

そう考えている自分の方が、"電波"になりかけていると思って、早々にこの検討は打ち切りました。

I was afraid that I gave up thinking this idea soon, because I also almost became "Denpa".

なにしろ、

Above all

(1)「中二病」を、そのまま罹患するには、私は歳を取り過ぎている

(1)I am too old to act as a juvenile fancy.

(2)国家的な陰謀や犯罪を私に伝えたところで、私が何の行動も起こさないことは、周知の事実である

(2)Everybody knows well that I never make the move, even if I know such state plots or crimes.

だからです.

(続く)

(To be continued)


2017-12-07 ―― 御飯を毎日食べられる日常は、本当に幸せだなぁ

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ちょっと考えてみたのですが、

I thought about it for a moment.

From an economic point of view,

(1)一人あたりの生産性は絶望的に悪く、人間の価値(単価)が恐しく安かった

(1) Productivity per person was hopelessly bad, and human value (unit price) was fearfully cheap

(2)(食料)生産が安定しておらず、餓死、疫病等による「死」が日常であり、「生命」への意識が低かった

(2) (Food) Production was not stable, death" due to starvation, disease were in daily life, and the consciousness to "life" is low.

という、コスト面の観点もあれば、

From an QoL point of view,

(3)「権力」くらいしか、まともな「娯楽」がなかった(インターネットも、ドラマも、アニメもない)

(3) No "entertainment" but "power" (No the Internet,dramas animations)

という、QoLの観点もあるだろうし、

From an lack of diversity point of view,

(4)「多様な価値観が併存しうる」という考え方がなかった

(4)No idea that "various values can coexist"

という、ダイバーシティ欠如の観点もあると思います。

とすれば、当時の、人間の経済行動としては、『生産性を高める努力より、富の略奪(戦争)の方が効率がよかった』と言えます。

Given that, as the human economic behavior of those days, I can say "the looting of wealth (war) was more efficient than the efforts to increase productivity."

基本的には、「このままでは死を待つのみ」という日常にあれば、誰だって、「待つ」以外の行動は、全て経済的で合理的です。

Basically, if we are in daily life "just wait for death in this way", all of our behaviors except for "wait", are all economic and reasonable.

-----

―― 御飯を毎日食べられる日常は、本当に幸せだなぁ

"I can eat food every day, so I am really happy"

と、思いながら、私は、日々、何万人も殺戮され続けるドラマを、楽しんでいます。

I think that, and I am enjoying the drama that tens of thousands of people are killed every day.


2018-12-07 『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、冒頭の話も戻りますが、この発注手続に関わる方の処理指示が、非常に「細かい」。

Let me go to the top. The processing instruction related to this is very "fine".

記入の形式、添付書類、記載内容に至るまで、一つの不備も許さない、という感じです。

They cannot allow anything about form of entry, attached document, and description content.

既に提出した内容の書類でも、その書類の項目が異なれば、別の書類の作成を命じられます。

Even documents that have already been submitted, if the items of the document are different, they order me another document.

「あ・うん」の呼吸の、対極に立つ対応、といったら良いでしょうか。

Let me say it, that is a standing point at the opposite of "compatible".

-----

私、特許関係について勉強していたことがあるので、行政処理系の書類記載の厳しさについては、良く分っているつもりです。

Because I have studied about patent law, I am well-informed about the severity of documentation of administrative processing system.

で、この厳格さが、一私企業にも求められるようになってきています。

So, this rigor is going to be required for one private company.

これも「コンプライアンス」と呼ぶものの一つなのかもしれません。

This may also be one of what we call "compliance".

とは言え、丸一日を書類作業だけに費された日は、本当に心の底から泣けてきます。

However, the day the whole day was spent for document work, I am about to cry from the bottom of my heart.

「仕事(研究)をさせろよ!」と、叫びたくなります。

"Let me do my work (research)!", I want to cry.

仕方のないことだと分かってはいますが、とにかく、息苦しくて仕方ありません。

I understand it is unavoidable, but anyway, I feel stuffy and helpless.

-----

で、私は、常々思っているのですが、

So, I am always thinking,

『AIなるものに業務を任せたら、職場は、これ以上にもっと息苦しくて辛い場所になる』

"If we leave the business to AI, our workplaces are more painful and painful than anything else. "

と、いう未来をイメージできない人間の、まあ、なんと多いことか、と。

How many human beings can not imagine the future.

"AI"と多くの人が称呼する「ソフトウェア技術」は、これからも進展していくので、このディストピアの未来は、確定だと思います ―― 残念なことではありますが。

As "software technology" that many people call it "AI", will continue to develop, so the future of this dystopia is definite. I am afraid of it.

人間(人件費)より、コンピュータリソースは圧倒的に安く、圧倒的に安いからこそ、コンピュータは人間より圧倒的に"バカ"なのです。

Human being (labor cost) is overwhelmingly cheaper than computer resources. Therefore computers are overwhelmingly "stupid" than human being.

なんで、みんな、こんな簡単なことに気がつかないのだろうか、と思います。

I think that "why do many people think that such simple reality ?"

-----

とりあえず、上記の私に意見に反論しようとする方は、

Anyway, if you are trying to argue against my opinion above,

Please contact me after reading these all.


2019-12-07 あとは、『私たち国民が、このような「天皇制"改修"」を受けいれられるかどうか』 ―― それだけの、話なのです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、もって、今回の、私の提案ですが ――

So this is my suggestion.

多くの人が大好きな人工知能(AI)を、天皇陛下の「神」の側を担って貰い、今上天皇陛下には、そのAIの「インターフェース」を担って貰う、というものです。

Artificial intelligence (AI) that many people love, work as the "God" side of the Emperor, and the present Emperor is now responsible for the "interface" of the AI.

だって、多くの人が「AIが人間を知能を超える」って言っていますからね。

Because many people say that "AI exceeds human intelligence".

I don't believe such a stupid story, and everyone could also understand that it is nonsense, if you check it out, try it, and think for yourself.

まあ、それはさておき。

Well, aside.

勿論、天皇陛下、皇后陛下には、国内外の多くの人との友好関係を担って頂く必要があり、そんなことは、いわゆる"AI"にはできません。

Of course, the Emperor and the Empress need to have friendly relations with many people both in Japan and overseas, and this is not possible with so-called "AI".

ただ、今の、ソフトウェアベースの処理であっても、例えば、「陛下に決済して頂く法律の概要を、音声でお知らせする」ということくらいなら可能です。

However, even with current software-based processing, for example, the so-called "AI" can "notify the outline of the law to be settled by the Emperor.

国会招集や衆院解散などを、陛下のホログラムを使って行う方法も考えられます。

It is also possible to use the Majesty's hologram to convene the Diet or dissolve the House of Representatives.

晩餐や歌会や遊園会を、SkypeやVR技術を使って、バーチャルで行うという手もあります(さすがに、ちょっとこれは苦しいか)。

It is possible to hold a banquet, a singing or an amusement park using Skype or VR technology (It is difficult isn't it?)

むろん、これは現時点では、荒唐無稽な話だと思いますが、ほんの、30年前には、スマホやインターネットの存在が「荒唐無稽な話」として取り扱われていたことを、忘れてはなりません。

Of course, I think this is an innocent story at the moment, however, just 30 years ago, we must not forget that the existence of smartphones and the Internet was treated as a "innocent story".

-----

上記の話は、技術的にはすでに実現可能な話なのです。

The above story is already technically feasible.

あとは、『私たち国民が、このような「天皇制"改修"」を受けいれられるかどうか』 ―― それだけの、話なのです。

After that, "whether our people can accept such an "Emperor system" renovation". This is the story.