2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-12-03 「超開運パワーストーンでぐんぐん幸せになる本!」というのを買ってみようかと思っているんですよ。

「超開運パワーストーンでぐんぐん幸せになる本!」というのを買ってみようかと思っているんですよ。

I am going to buy the book whose title is "Super good-luck power stones make you happier and happier".

それで、このパワーストーンで幸せになった、私の「喜びの声」を皆さんにお伝えしたくて。

I would like tell you "shriek of my joy" on my blog site.

ええ、もう、本当に、半端なく、疲れています。

Yes, I am really exhausted from the fiscal and mental stresses.

-----

今朝、出勤の時、電車内の朝日新聞のデジタル広告『あなたはたった ふた駅でTPPに詳しい人物になれる。』

This morning, I saw the advertisement of "ASAHI Digital Newspaper in the train, which said “You make you a specialist of TPP during passing through just the two stations"

―― 私は、もの凄く勉強したつもりでいて、それでも、まだ詳しいとはとても言えんけどなー などと。

In my case, I did study it very hard, but I never think that I made me a specialist of TPP at all.

疲れています。

Yes, I am really tired.


2014-12-03 日本の未来は明るい ―― と思いました。

駅から職場に向かう途中に、小学校があります。

There is an elementary school on the way to my office from the station.

その小学校のグランドは歩道に面しているので、小学生達がグランドで体育の授業を受けたり、遊んでいる様子を伺えます。

The ground of school faces pavement, so I can look at children who take a physical education and play on the ground.

-----

今朝、いつものように通勤していくと、グランドのどこから、

This morning, when I walk by the ground,

「アナと雪の女王」の主題歌"Let it go"を絶唱している男子児童の声が聞こえてきました。

I could hear the voice of the boy who sang a superb song "Let it be", that is theme song of the movie "Frozen".

(しかも、結構上手かった、と思う)

In addition, I thought it was very good.

-----

日本の未来は明るい ―― と思いました。

I thought that the future in Japan was bright.


2015-12-03 ―― 基本的にどこでもそうですが、サポートセンタはサポートしてくれない

Yesterday, I wrote the diary "A Software "Synergy" is great".

実は、このSynergyが上手く動かず、サポートセンタに問い合わせたりしていたのですが、

To tell you the truth, I didn't work this software, and I sent some question mails to the support center.

―― 基本的にどこでもそうですが、サポートセンタはサポートしてくれない

"Basically, many support centers doesn't support us"

それでも、何度もメールを送付して、お願いし倒して、問題の一つを潰すことはできました。

But I sent the mail again and again, and finally I could get resolve one of the problems.

まあ、プロセスはどうあれ、問題を解決して貰ったことには感謝していますので、丁寧な御礼のメールを書きました。

Regardless of the process, I thanked them to erase the problem and I send so-called "thank-you" mail to them.

-----

その後、

After a few days , A mail

「よかったね! あんたから貰った御礼のメール、うちのサイトのFAQにアップしておいたよ!」

"It is great. We have already uploaded your "thank-you" mail on our FAQ site."

という文面のメールが届きました。

came to me.

-----

―― まあ、いいんです。

"I don't care at all"

―― 「釈然としない」なんて、全然思っていないです。

"I don't think that "I am not satisfied with the mail" at all.


2016-12-03 「でもね、『エイティーン』という雑誌はないの! 『エイティーン』は、『セブンティーン』という人生の絶頂からの転落そのものなんだよ!!」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「まあ、年齢に対する認識は、自分の年齢と連動しているよな。人間は、自分の年齢を基準に、ある年齢より上や下を、十把一絡げにするよな」

Ebata:"Well, the recognition of age seems to be related to our age. Human being is apt to put a certain generation in one bag.

長女:「そういうものなの?」

SD:"I wonder about that"

江端:「そうだなぁ、パパの場合、25歳以下は、全部『子ども』という枠組みに入る」

Ebata:"In my case, people under 25 year old, are in a frame of "children""

長女:「私の場合は、27歳以上の人は、全部『27歳以上の人』だな」

SD:"In my case, people over 27 years old are in a frame of "over 27 years old".

江端:「それは、つまり、27歳以上の自分をイメージできない、という感じか?」

Ebata:"You said that you cannot make a self-image of 27 years old and more ?"

長女:「まさに、それ。27歳を超えた後に、何をすればいいのか全く見当がつかない」

SD:"Exactly. I don't know what I should do after the birthday of 27 years old"

江端:「・・・なんというか、妙齢の女性を、全部敵に回すような、危険な発言ではあるが、まあ、そういうものだよな」

Ebata:"Well, your opinion is very danger. I can agree with you, though you will make enemy of all women of marriageable age

-----

長女:「いい、パパ。『セブンティーン』というのは、光り輝く年齢なの。『セブンティーン』という名前の雑誌があるくらいなんだよ」

SD:"You know! "Seventeen" is a glorious age for girls. Do you know the magazine whose name is "Seventeen?

江端:「知っている」

Ebata:"I know"

長女:「でもね、『エイティーン』という雑誌はないの! 『エイティーン』は、『セブンティーン』という人生の絶頂からの転落そのものなんだよ!!」

SD:"But there is no magazine whose name is "Eighteen". That means that "eighteen"is a concept of tumble from the summit of glorious life.

(続く)

(To be continued)


2017-12-03 ―― なるほど、こういう風に運用を開始したか

Four years ago, I was developing an opinion on "Law concerning child prostitution, acts related to child pornography, etc. and protection of children."

そして、この度、警視庁は、著名な漫画家を、上記の法律の違反で検挙しました。

And this time, the Metropolitan Police have arrested prominent manga artists in violation of the above law.

―― なるほど、こういう風に運用を開始したか

"Indeed, they start this law like this"

と思っています。

I think.

-----

本件に関して、私は別段コメントはありませんが(もう、4年前に言った)、

Regarding this issue, I have no other comment (already 4 years ago), however,

今回は、嫁さんが

This time, my wife came to confirm me that

『パパ、まさか、そういうもの所持していないよね』

""I guess you do not have that kind of thing, right?"

と、私にチェックを入れてきた、という一点において、興味深いものがあります。

There was something interesting for me at this point.

-----

法律とは、トップダウン型の権力者の横権では足りず、ボトムアップ型の身内からの圧力があってこそ、効果がある ――

Laws should be managed like this, by not only exertions of authority, but also pressures from the bottom up type of people, in order to obtain the effect.

ということを、これほど分かりやすい形で示したものはないなぁ、と思っています。

I think that this is an easy-to-understand example.