2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2016-12-03 「でもね、『エイティーン』という雑誌はないの! 『エイティーン』は、『セブンティーン』という人生の絶頂からの転落そのものなんだよ!!」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「まあ、年齢に対する認識は、自分の年齢と連動しているよな。人間は、自分の年齢を基準に、ある年齢より上や下を、十把一絡げにするよな」

Ebata:"Well, the recognition of age seems to be related to our age. Human being is apt to put a certain generation in one bag.

長女:「そういうものなの?」

SD:"I wonder about that"

江端:「そうだなぁ、パパの場合、25歳以下は、全部『子ども』という枠組みに入る」

Ebata:"In my case, people under 25 year old, are in a frame of "children""

長女:「私の場合は、27歳以上の人は、全部『27歳以上の人』だな」

SD:"In my case, people over 27 years old are in a frame of "over 27 years old".

江端:「それは、つまり、27歳以上の自分をイメージできない、という感じか?」

Ebata:"You said that you cannot make a self-image of 27 years old and more ?"

長女:「まさに、それ。27歳を超えた後に、何をすればいいのか全く見当がつかない」

SD:"Exactly. I don't know what I should do after the birthday of 27 years old"

江端:「・・・なんというか、妙齢の女性を、全部敵に回すような、危険な発言ではあるが、まあ、そういうものだよな」

Ebata:"Well, your opinion is very danger. I can agree with you, though you will make enemy of all women of marriageable age

-----

長女:「いい、パパ。『セブンティーン』というのは、光り輝く年齢なの。『セブンティーン』という名前の雑誌があるくらいなんだよ」

SD:"You know! "Seventeen" is a glorious age for girls. Do you know the magazine whose name is "Seventeen?

江端:「知っている」

Ebata:"I know"

長女:「でもね、『エイティーン』という雑誌はないの! 『エイティーン』は、『セブンティーン』という人生の絶頂からの転落そのものなんだよ!!」

SD:"But there is no magazine whose name is "Eighteen". That means that "eighteen"is a concept of tumble from the summit of glorious life.

(続く)

(To be continued)