2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2007-12-01 まだ覚えている

大学の頃、私の友人はZ80や他のICを組み合わせて、自作でパソコンを作っていました。

今の「自作PC」と一緒にしないようにして下さい。彼は、コンピュータの論理回路を「自作」していたのです。

# マザーボードを自作するようなもの

そんな凄い彼に色々教えて貰いながら、私も簡単なアナログ回路やデジタル回路を作って、遊べるようになりました。

遠隔の起爆装置を使って、リモートから爆竹を鳴らして遊んでいたら、成田闘争の先輩から声をかけられて、慌てて回路図を廃棄したことも思い出の一つです。

# もう、このネタ、いいかげん止めよう。

-----

ここ2ヶ月くらい、電子回路未体験の若い外注さんにお願いして、簡易PLCの通信モジュールを作って貰っていました。

彼の困っている内容に対して、色々指示できることを知って、自分自身で驚いています(プルアップとか、トランジスタを使ったスイッチングとか、インピーダンス整合程度の、簡単な話ですが)。

『この歳になっても、意外に覚えているもんだなーー』と。

というか、20年も前の知識が、今も通用するという世界がある、ということでしょうか。技術の世界も『基本は、それほど変わらない』と言えるような気がします。


2013-12-01 もうノリは、るろうに剣心の「四乃森蒼紫」です。

最近、私が、中古本屋から本を購入しているという話をしました。

Recently, I wrote that I bought some old books from used book stores.

いまさら気がついたのですが、中古本屋に流通する本というのは、基本的に「手元に置いておく価値のない本」という解釈も可能ですよね。

I noticed at this time of day, that some of the used books are not worth reading until the end of pages, because the books were sold off.

中古本で購入する多くの本(特に専門書)が、全体の1/3くらいまでしか読まれていないようです。

In my opinion, many of the old books were read one third of the total.

書き込みとか、あるいは、本の汚れ方からなんとなく分かるのです。

I could find it from fill-in or stains.

-----

で、私がどうしているかというと、その本の殆どをゴミ箱に直行させています。

What I did is to throw the books into the wastebasket.

一応、礼儀として、最後のページまでには辿りつくようにしていますが。

As a matter of courtesy, I used to read the whole pages of the book.

「何も捨てなくても」という意見もあるかと思いますが、流通経路に載せ る前に、この本を自らの手で抹消しなければ、という使命感に狩られます。

Though some persons might say "you don't have to act like this", I believe that I have to make the book extinct with my own hands.

-----

『ならば外法の悪党は外法の力を以て更なる闇へと葬り去る。それが隠密御庭番衆の、最後を締め括る御頭としての務めだ』

"So, I do away with the evil outlaws into the darkness. This is my final mission as a leader of covert intelligence security agent.”  

もうノリは、るろうに剣心の「四乃森蒼紫」です。

I do fancy myself as Aoshi-Shinomori in Ruroni-Kenshin


2014-12-01 『多くの人に、忌み嫌われていますが、死臭に比べればマシ』

2万年程前、人類の寿命は平均40歳くらいでした。

About twenty thousand ago, the duration of human being life is about forty years.

その後もあまり変化しておらず、今の平均年齢になったのは、高々200年~300年以内の間です。

The numeric has not been changed for long time, and the average of present duration has become for even two or three hundred years.

つまり、遺伝的淘汰によって、現在の寿命を確保してきた訳ではないのです。

Human being could get the present duration not by genetic struggle for life, but progress of medical care.

これは、医療の進歩によって、人間が様々な死のチャンスを失った結果の産物です。

This is the fruit that we could not lose several changes to death by the medical technologies.

ということはですよ、40歳後半から、主に男性に顕著出てくると言われる

That means, "Age smell" that happens to appear from human body, especially, of middle age body

「加齢臭」

というのは、本来死んでいるはずだった人間の、

seems to be equal to "stench of death" of a person who has already been dead under normal circumstances

「死臭」

といっても良いものだと思います。

-----

まあ、何が言いたいかと言うと、

Well, what I want to say is that, let us try think

『多くの人に、忌み嫌われている加齢臭ですが、死臭に比べればマシ』

"The age smell", many people become paleface is better than "stench of death"

と考えることで、世の中の多くの人は、中年男性に対して優しくなれるはずだ、ということです。

and they could feel easier for middle-aged persons.

―― ならないか。

"could not they?"


2015-12-01 今、ちょっと精神的、体力的に、かなりテンパっていて、思考能力が著しく低下しているので、日記は短縮バージョンとさせて下さい。

以前、『江端さんに、怖いものなんてあるんですか』と尋ねられてびっくりしたことがあります。

Once, I was very surprised at my my coworker's question, "Ebata-san, Do you have fears in your life?"

もちろん、私には怖いものなんていくらでもあります。

Of course, I have a lot of fears around me.

そして、私を落ち込ませるものも、本当に沢山あります。

And I also have a lot of something to let me down.

今、ちょっと精神的、体力的に、かなりテンパっていて、思考能力が著しく低下しているので、日記は短縮バージョンとさせて下さい。

Now I am in panic mentally and fiscally, and my thought ability is going down. So please consider it as short version of today's diary.

-----

ところで、今朝、体重計に乗ったら、ここ20年間で見たことがない数値が出てきて、たじろぎました。

By the way, when I measured my weight, I shocked that the scale showed me a numeric I have never seen for this twenty years.

「心労ダイエット」は、凄い効果があります。

Nerves strain is tremendous effective for the diet.


2016-12-01 ―― キレイになりたい

―― キレイになりたい

"I want to bloom into a beautiful woman"

と、娘(長女)が言っています。

my senior daughter said that.

このフレーズ、女性にとって(男性にとっても)普遍的なフレーズだとは思います。

This phrase means a universal value for not only women but also men.

一応、娘に、その理由も聞いてみました。

I checked to be sure that I asked her the reason.

-----

「この間、道で、二人組の男性の横を通り過ぎたとき、後ろの方から

The other day, when I got by two young men, I could hear their saying

『今の娘(こ)、スゴく、カワイくね?』

"She is very cute isn't she?"

という声が聴こえて、もの凄く嬉しかったから」

and it made me very happy.

-----

―― 分かりやすい

"Easy to understand"

しかし、私達は、こういう日常のささやかな幸せを忘れてはなりません。

However, I think we should not forget the daily small happiness.

こういう言葉が、これからの人生で、生きていくのがツラい時の、エネルギーになったりします。

The phrase like the above will give up sort of power during our burden of life.

若い男性は、全てのジェネレーションの女性に対して、こういうフレーズを、どんどん発行すべきです。

All young men should deliver such phrase to all generations of women more and more.

そして、若い女性も(以下省略)。

In addition, young women also (the rest is omitted).

日銀や政府のデフレ対策よりも、若者がこういうフレーズでインフレ状態にする方が、きっと日本は元気になると思います。

I think the above phrase inflation of young people is more effect than implementation of the policy as a measure against deflation of Bank of Japan or the government.

-----

まあ、私も頻繁に

Well, I also often be said

『今の男性、スゴく、カッコよくない?』

"This gentleman is very cool isn't it ?"

と、若い女性に言われているので、その気持ちは良く分かります。

from young women, so I can understand my daughter's feeling.

なにしろ、私は、「若い女性の『心の声』が聴こえる」という特技を持っていますので。

Above all, I have a special professional skill to hear women's internal voices.


2017-12-01 『AIブーム、万歳、万歳、万々歳』

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(11) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

Artificial intelligence of treasure - is close to the problem, and give us the optimal solution gently

-----

先日、大きな書店に行ったのですが、「人工知能(AI)」のコーナーができていて、色々な本がディスプレイされていました。

The other day, when I went to a big book store, I found a book corner of "AI" and various kinds of books.

パラパラと読んでみたのですが、所感はこんな感じですね。

I read leaf through and I felt the following,

(1)「基本的に嘘は書いていない」

(1)"No liar, basically"

(2)「過剰にAI技術の効果(恐怖等も)を語っているようなこともない」

(2)"No excessive expression of AI effect(including "fear")

(3)「将来のサービス/アプリは夢一杯だが、その根拠の記載はない」

(3)"Future services / apps are full of dreams, but there is no description of the backgrounds"

という感じですね。

私以前、日本のプログラマー人口の推定をしてみたのですが、その結果からも、AIのプログラミングの本を購読するユーザは、相当に少ないハズです。

Before I have tried estimating the population of Japanese programmers. As a result, the number of users who want to buy AI programming books is quite small.

For example, a number of engineers (programmers, researchers, etc.) who understand deep learning at the level of programming, is only four people in government-designated cities (500,000 people).

―― とすれば、

Given that,

これらの本を購入するだろう人々のほとんどは、AIを"技術的に理解する"ではなく、"知識を取得する"ことを目的として、購入するんだろうなぁ、と推定しています。

I estimate that most people will purchase these books, for the purpose of "acquiring knowledge" instead of "understanding AI technically".

で、AIブームは、そういう方たちに支えられていて、私たちエンジニアの研究資金という形で落ちてきている訳ですから ――

So the AI boom is being supported by those people, and gives engineers like me, research funds.

そういう恩恵を受けている私としては、以下のように申し上げなければならないと考えています。

I should say as follows, because I have received such a benefit

『AIブーム、万歳、万歳、万々歳』

"AI Boom, Banzai, Banzai, Ban-Banzai"


2018-12-01 私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、割を喰わされている

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(52) : Work style reform(11) "

" The truth of nursing care problems that can not be addressed - What is the problem of 'Working way reform'

-----

(その1)

(Part 1)

「ニューラルネットワークの破壊実験」をやっている論文とか調べてみたのですが、

I examined the paper which is doing "destruction experiment of neural network", I know

―― やっぱりそんな人(研究者)はいない

"There is no such person (researcher) after all"

ということが分かりました。

でも、脳のシミュレーションによるアプローチは、今後の認知症の解明に役に立つような気がしています。

But I think the brain's simulation approach, will be useful for elucidating future dementia.

-----

(その2)

(Part 2)

最近、町内会の回覧板等の配布物の手配に、心底にイライラしてきています。

Recently, I'm getting irritated to the bottom of my heart to arrange circulation boards etc for neighborhood associations.

こんなもん「メールで送付する」または「Webで掲載する」で十分だろう、と思います。

I think that it would be enough for "to send by email" or "post on the web" like this.

『回覧板の配布で、近所のコミュニケーションが図れる』とか言っている人がいますが、私は、

Some people say "by circulating a circulation board, we can communicate with my neighbors", however I think

―― 馬鹿言ってんじゃねーよ

"You do not have to be stupid."

と思っています。

回覧板なんか、隣の家のポストに放りこまれるだけのことです。

A circulation board is just thrown into the post of the next house.

そもそも、回覧板なんぞに、コミュニケーションのツールとしての機能はないのです。

Initially, circulation boards have no function as a tool for communication.

『デジタルリテラシーのない高齢者を保護する』という「寛容」の名を借りた「暴力」に、そろそろ私は我慢の限界に達しつつあります。

To the "violence" used the name of "tolerance" of "to protect the elderly without digital literacy", I am about to reach the limits of patience.

-----

『デジタルリテラシーのない人』と『デジタルリテラシーのある人』を分けて運用することに、別段問題はありません。

There is no other problem in separating "person without digital literacy" and "person with digital literacy" separately.

回覧板はそれを必要とする人にだけ展開すればよく、それを必要としない人は、WebのURLを張ったメールを送付すれば良いだけのことです。

A circulation board should be deployed only to those who need it, and people who do not need a circulation board, will be sent an e-mail with the URL of the Web.

要するに、

In short,

■『変化を忌避する者たち』によって、

By "people who dislike change"

■私のように『1秒でも1mmでも、ラクをしたい』と考える人間は、

a person who thinks like "I want to be easy even in 1 second or 1 mm"

■割を喰わされている

put at a disadvantage

ということです。