2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|

2013-12-23 彼らが、その分野の科学や技術に興味がないのに、それを演技で補っているのが、透けて見えるのです。

ある分野の調査を行う時は、

When I investigate some field of technology, what I do are

(1)NHKの番組を見て概要を掴む、

(1) To get the outline by watching NHK program,

(2)図書館で関連する本を借りる

(2) To keep the relative book in public library,

(3)必要と判断した本は購入し、そこに色々書き込む

(3) To purchase the books I need, and write my memorandums in.

というフローを行っています。

大切なのは、調査の「量」ではなく「時間」。

I think that the important issue is not quantity but time.

これは「熟成時間」といっても良いものかもしれません。

"Gestation period" might be good for me.

-----

そんなに沢山の本を読んでいる訳ではありません。同じ本を2回以上読むようにしています。

I don't read a lot of books of the field. I read the same book more than two times.

ある時(目が覚めた時が多い)、色々な断片的な知識が突然組み合わさって、

At one point (when waking up, especially), some knowledge come to me, and are build up suddenly, with thinking,

―― あー! そういうことか!!

I got it!!

と、一つの形になることがあります。

パラダイムシフトでは足りなくて、「パラダイム爆発」というような感じです。

I feel that it is not only "paradigm shift", but "paradigm explosion".

こういう状態になったら、文章に落とすことは、そんなに難しくありません。

After that, I think writing the contents are not so difficult.

でも、こう考えると、調査の「量」も結構大切ですね。

On the other hand, the quantity of the research seems to be great too.

いずれにしても、上記の(1)のNHKの番組がないと、調査がスタートしないことは確かなのです。

Anyway, I can't start the investigation without the NHK program of the above.

-----

頼りとしているのは、「NHKオンデマンド」というインターネットのコンテンツサイトです。

I always rely on "NHK Ondemand", that is contents site to broadcast the previous program by the internet.

これは、私の知りたい情報以外のところは、バシバシとスキップできるので、助かります。

This site is useful for me, because I can skip the time that I don't need.

ゲストやらナビゲータやらの、どーでもいいコメントなんぞは聞きたくないのですよ。

I don't care the comments of guest and "navigator" so called.

私たちエンジニアを舐めて貰っては困ります。

Don't make engineers be silly.

私たちには、彼らが、その分野の科学や技術に興味がないのに、それを演技で補っているのが、透けて見えるのです。

Our engineers can easily understand that they are not interested in the field of technology and make up for their knowledge by their performance.

白けるから、やめて欲しい、と本当に思います。

I really want not to do such performance, because I feel ill at ease.

_ -----

科学技術全般になんでも興味があって、自分でも調べてみて、そういう知識を知ったことを心から嬉しくて、楽しくて仕方ない、

The persons who are interested in any field of technology, study the field by themselves, and feel happy to get new concepts and ideas profoundly,

―― そういう「可愛い」または「美人」の女性ゲストやナビゲータ

and pretty girls or beautiful women

がいたら、賭けてもいいけど、その人、科学技術分野の番組の出演で、一生食っていけると思う。

are going to live the guest or the navigator in their life about the performance of science and technology program.

I will bet you.

(続く)


2014-12-23 ―― 何が変わったのか

最近、休日の方が体が疲れることに気がつきました。

Recently, I noticed that I feel more tired in holiday than week days.

休日は、朝の9時から深夜1時まで、ずーっとパソコンの前で、何かの資料を作っているか、何かを数字で回しています。

In every weekend, I make some materials or numeric in front of my PC from nine in morning to one in midnight.

しかし、このようなことは、昔から続けていたことです。

But I have kept these works since olden day.

昔は、Linuxのインストールであったり、デバイスのドライバプログラムであったのが、今は、市場調査レポートになり、コラム原稿になっているだけです。

In old days, they were "Linux install" or "device programming" though, now, they become market reports or columns

―― 何が変わったのか

"What is the change? "

年齢ですね。

It is my age.

昔は、「休日は休んでいる」という思い込みで、乗り越えられたことが、今や「心と体を同時に騙す」ことができなくなってきた、ということでしょう。

In old days, I believed that I could take a rest in weekend, Now I think that it become difficult to betray both my mind and body at the same time.


2015-12-23 「ところでさ、今回の「結論から言え」の『結論』って一体何が正解だったの?」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

後日談。

A Sequel.

長女:「彼女、『パニックになった』って言っていた」

Daughter:"She said "I made me panic""

江端:「知っている」

Ebata:"I know well."

長女:「『学年を間違えて、自己紹介してしまった』とも言っていたよ」

Daughter:"She shamed to introduce herself to you with wrong school year"

-----

After that, she asked me that

「ところでさ、今回の「結論から言え」の『結論』って一体何が正解だったの?」

"What is the correct response about "Conclusion first" in this case?"

と長女に尋ねられましたので、答えておきました。

and I gave a reply to her.

正解は、

「私は、江端<長女>さんの同級生ですが、江端<長女>さんはご在宅ですか?」

"I am a school friend of your daughter. Is she at home?

-----

「結論から言え」というのがダメなのかな。

"Conclusion first" is not good is it?

「完結に言え」「5秒で言え」とルール変更すれば

Let me change a rule to "Speak shortly" or "Say in 5 seconds"

・・・ うん、ダメだな。

Well, it becomes worse absolutely.

パニックが大きくなるだけだ。

The panic is going to be more serious.

そもそも、大人でさえ、このように話せる人は、それほど多くはない。

Above all, few adults can talk on the rules.

まして、ティーンエイジャに「結論から言え」とは、酷に過ぎるというものです。

Moreover "conclusion first" must be to much to cruel for teenagers.


2016-12-23 『もう自分が表舞台に出ることはなくても、若い人を助けることくらいはできる』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

これは、当然、私が「親父」であるから、ということもありますが、それ以上に、

The reason why I come to think, is that I am already an "old man".

『もう自分が表舞台に出ることはなくても、若い人を助けることくらいはできる』

Moreover, I noticed that "I can help young people, even if I don't play on center stage",

と言うことに気がつかされて、ずいぶん勇気を貰ったような気がします。

and I felt emboldened so much.

―― と、まあ、久々の観劇で、酷く支離滅裂な文書になってしまいました。

I am sorry that I wrote a confused document because of viewing a play in a while

----

ここでちょっと冷静になって、頭の中でシミュレーションをしてみました。

This time, I tried to run a simulation in my cool mind.

もし私が痴漢の容疑で掴まったとしたら、私の家族は、どういうコメントを出すだろうか、推定してみました。

If I get arrested for the crime of sexual molester, I guess what kinds of comment my family make.

嫁さん:『あの人にとっては、痴漢するくらいなら、舌を噛み切って自決することを選ぶ人です』

Wife:"For him, he will rather kill himself to do sexual molester"

長女:『検討するくらいもアホらしいくらいの"冤罪"です』

Senior daughter:"It is "falsehood" that is too stupid to consider"

次女:『私の父は、"痴漢は、死ね死ね死ね。3回死んでから、2度と生まれてくるな"と心底から思っている人です』

Junior daughter:"My father think at the bottom of him heart that "Molester must die three times and they will never be born again."

-----

さらに、私が、現職の首相の爆殺を実行したとしたら、私の家族は、どういうコメントを出すだろうか、とも考えてみました。

In addition, I also tried to run a simulation of the other case, that I get arrested for bombing of incumbent prime minister.

嫁さん:『こういうことをやるのは、時間の問題だと思っていました』

Wife:"I am afraid that it is only a matter of time"

長女:『むしろ、遅すぎたくくらいだと思います』

Senior daughter:"I think it was too late to do this"

次女:『仮に他の容疑者がいても、最初に父の方を疑うべきです』

Junior daughter:"Even if there is another suspect, you should doubt my father first"

-----

冗談抜きに、私の家族は、「いずれ、私が何かやらかす」と思っている点では、認識が一致しているように見えるのです。

With no kidding, my family seem to have a consistent recognition that "anyway, he will do something"


2017-12-23 ―― 「今の私」を助ける為の「過去の私」からのメッセージ

私は、日本中に自分のWebサイトを持っている人が、ほとんど存在していない ―― 多分、1000人以下くらいじゃないかなぁ、と思うんですが(1991年?) ―― の頃から、趣味で、自分のサイト運用をしていました。

From around the time that there are few people who have their own website in Japan ----- perhaps, I guess it's about 1000 or fewer people (1991?) ----- I was managing my site as a hobby,

一方、日記(ブログ)を書き残し始めたのは、約10年前です。

On the other hand, I started writing down my diary (blog) about 10 years ago.

10年間も日記を書いていると、「ネタの重複」の可能性が高くなってきます。

When writing a diary for ten years, the possibility of "duplication of story" becomes higher.

「ネタの重複」は、私でも、やっぱり恥しいです。

"Duplication of story" is still shameful, even if I am.

特に、同じネタで、真逆の結論を主張していれば、「赤っ恥」などというレベルではありません。

Especially, if I am arguing the opposite conclusion with the same story, it is not a level such as "be humiliated".

-----

ですから、私の場合、トップページの左上に「Googleカスタム検索」を設置しています。

So, in my case, "Google Custom Search" is installed at the top left of my top page.

そのサーチエンジンを使って、自分のWebサイトの中を調べて、「ネタの重複」を回避するようにしています。

Using that search engine, I am looking through my website and trying to avoid 'duplication of story'.

しかし、日記のチェックもさることながら、一番効果が大きいのは、「江端さんの技術メモ」の内容を検索できる点にあります。

However, while also checking the diary, the biggest effect is the ability to search the content of "Mr. Ebata's technical memo".

-----

I have decided to write it in "Technical memos of Mr. Ebata" whenever I face a technical problem.

パソコンの設定方法、サンプルプログラム、ドローソフトの特殊な使いかた、コラムのネタ元、数値情報 ―― ありとあらゆるメモを書き残すようにしています。

I try to write down all kinds of memos, for example, "How to set up the personal computer", "Sample program", "Special use of drawing software", "Column's story origin", and "Numerical information"

「誰の役に立つメモ」などという殊勝な意図は1mmもないので、他人にとっては落書き同然のメモですが、それでも、これは、

Since there is no extraordinary intention such as "who's useful memo", I know that it is just as good as graffiti for other people, however, this is

―― 「今の私」を助ける為の「過去の私」からのメッセージ

- Message from "past me" to help "I am now"

と思っています。

I think.

うん、もう気持ちは、ジェームズ・P・ホーガン先生の、

Yeah, the feeling is a book of Mr. James P. Hogan,

"Hotline from the future"

です。

-----

あ、違うか。

Oh, is it different?

この場合、「過去からのホットライン」が、正しい。

In this case, the "hot line from the past" is correct.