2011|08|
2013|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2019-10-12 [長年日記]


2019-10-02 4GPiの構築方法 [長年日記]


2019-10-01 Raspberry Pi 3 にシャットダウン/リブート/再開ボタンを追加する [長年日記]

http://hammmm.hatenablog.com/entry/2016/11/14/231337


2019-09-29 GPS受信キット(太陽誘電製・小型好感度GPSモジュール[GYSFDMAXB])を、ラズパイに実装した時の江端メモ(忘れないように) [長年日記]


2019-09-28 GPS受信キット(太陽誘電製・小型好感度GPSモジュール[GYSFDMAXB])の稼働実験 [長年日記]

週末に、GPS受信キット(太陽誘電製・小型好感度GPSモジュール[GYSFDMAXB])の稼働実験を続けていたのですが、完全コールドスタートからのLEDの1秒ごとのフラッシュが確認できません。

当初、ラズパイ経由で接続していたのですが、まったく1PPS信号、TX、RXともに反応がないため、

と同様の実験を試みました。

全天が開けている屋外の場所で、天気の良い日(今日の今)、30分ほど置き続けているのですが、以下の動画に示す通り、1秒ごとのフラッシュが確認できません

初期不良の可能性を疑っておりますが、はっきり致しません。

本製品、今月中に屋外実験で使う予定となっており、困っております。

急ぎ御対応を、ご指示頂けますようよろしくお願い致します。

=====

その後、秋月通商さんから、交換品が送付されてきて、無事、1秒ごとのフラッシュが確認できました。


2019-09-24 もっともショボいAWSのEC2上のFTPサーバの作り方 [長年日記]


2019-09-23 もっともショボいAWSの作り方 [長年日記]


2019-09-18 Raspbian Stretch Liteにデスクトップ環境をインストール(3ステップ) [長年日記]

https://kokensha.xyz/raspberry-pi/install-desktop-to-raspbian-stretch-lite/


2019-08-28 Mr.S's important memorandum [長年日記]

https://mail.google.com/mail/u/0/?tab=rm&ogbl#search/sakaida+.md/CllgCHrgDRrsVTddNhrDtMQZQpzwQhMtwbJzcPLZWWTtFmZhWLwRpCwlGvVbKRdQNNdCdvJJzcL

https://mail.google.com/mail/u/0/?tab=rm&ogbl#search/sakaida+.md/WhctKJVRQLzdgWJKxnGXZMhgPlkMKlhbMFKckBrtqQDDJKJLvLHGrxKTtLdKgGwLXTnlKJb

https://mail.google.com/mail/u/0/?tab=rm&ogbl#search/sakaida+.md/WhctKJVRPLZksMMKrVvhHqSbFbJSrscXCkmBqmbjnFbbscqxtkkVFcJFJFbwHXgRCsjbnLq


2019-08-23 ラズパイに無線LANサーバ(wlan0)と無線LANクライアント(wla1)を併設する方法 [長年日記]

ラズパイに無線LANサーバ(wlan0)と無線LANクライアント(wla1)を併設する方法

kw: WiFi2枚 USB WiFi

完成したカーネルイメージ /home/kobore/www/soft/hitachi_ride_hailing_go/20190823-WiFi2.img


==============================
0.準備しておく必要のあるもの
==============================

sudo apt install -y isc-hdcp-server

sudo apt install -y hostapd

とインストールしておく


================
1.実現したいもの
================

========================
2.wlan0, wlan1を固定する
======================= =

USBのWiFiを刺すと、wlan0, wlan1が移動してしまうので、固定する。

/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="b8:27:eb:ec:9c:0b", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="wlan*", NAME="wlan0"
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="d0:37:45:30:71:23", ATTR{dev_id}=="0x0", ATTR{type}=="1", KERNEL=="wlan*", NAME="wlan1"

==========================
3. wlan0のIPアドレスの設定
==========================

/etc/dhcpcd.conf

interface wlan0
static ip_address=192.168.101.1/24
static routers=192.168.101.1
static domain_name_servers=192.168.101.1

sudo shutdown -r nowを実行し、OSを再起動します。

=====================================
4.isc-dhcp-serverのインストールと設定
=====================================

/etc/dhcp/dhcpd.confを次の内容にして保存します。

default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
ddns-update-style none;
authoritative;
subnet 192.168.101.0 netmask 255.255.255.0 {
        range 192.168.101.10 192.168.101.200;
        option broadcast-address 192.168.101.255;
        option routers 192.168.101.1;
        default-lease-time 600;
        max-lease-time 7200;
        option domain-name-servers 8.8.8.8, 8.8.4.4;
}


/etc/default/isc-dhcp-serverを編集します。

INTERFACESv4=""の箇所をINTERFACESv4="wlan0"に変更して保存します。

sudo rebootを実行し、OSを再起動します。

=============================
5.hostapdのインストールと設定
=============================

hostapdをインストールします。

$ sudo apt install hostapd -y
/etc/hostapd/hostapd.confを作成し、次の内容を記入して保存します。

ssidとwpa_passphraseの内容は、必要に応じて変更してください。ここでは「rp1」というSSIDを使用します
interface=wlan0
driver=nl80211
ssid=rp1
hw_mode=g
channel=6
macaddr_acl=0
auth_algs=1
ignore_broadcast_ssid=0
wpa=2
wpa_passphrase=password
wpa_key_mgmt=WPA-PSK
wpa_pairwise=CCMP
wpa_group_rekey=86400
ieee80211n=1
wme_enabled=1

/etc/default/hostapdを開き、# DAEMON_CONF=""の箇所をDAEMON_CONF="/etc/hostapd/hostapd.conf"に変更して保存します。

hostapdを実行できるよう、次のコマンドを実施します。

$ sudo systemctl unmask hostapd

============================
6.DHCPの起動タイミングの変更
============================

ネットワークよりも先にDHCPサーバーが起動する問題を回避するため、待ち時間を設定します。

/etc/init.d/isc-dhcp-serverを編集します。

log_daemon_msg “Starting $DESC” “$NAME”の次の行にsleep 10を追加して保存します。

該当箇所は、次のようになります。

log_daemon_msg “Starting $DESC” “$NAME”
sleep 10

========================
7.インターフェースの設定
========================

/etc/network/interfaces.d/wlan0を作成し、次の内容を記入して保存します。

auto wlan0
allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet static
      wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant_wlan0.conf

/etc/network/interfaces.d/wlan1を作成し、次の内容を記入して保存します。

auto wlan1
allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet dhcp
      wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant_wlan1.conf


wlan0用のWiFi接続設定を/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant_wlan0.confに作成します。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
        ssid="ssid"
        psk="password"
        key_mgmt=WPA-PSK
}

wlan1用のWiFi接続設定を/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant_wlan1.confに作成します。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
        ssid="iPhone"
        psk="9yniyg4p4cmh1"
}

sudo rebootを実行し、OSを再起動します。

==========
8.稼動確認
==========

ifconfigで、以下の(ような)内容が表示されればO.K.

wlan0: flags=4163  mtu 1500
        inet 192.168.101.1  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.101.255
        inet6 fe80::1392:b0b4:b56a:836b  prefixlen 64  scopeid 0x20
        ether b8:27:eb:ec:9c:0b  txqueuelen 1000  (イーサネット)
        RX packets 685  bytes 61030 (59.5 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 148  bytes 23267 (22.7 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0
wlan1: flags=4163  mtu 1500
        inet 172.20.10.4  netmask 255.255.255.240  broadcast 172.20.10.15
        inet6 fe80::e4a8:f21f:a6fa:111f  prefixlen 64  scopeid 0x20
        ether d0:37:45:30:71:23  txqueuelen 1000  (イーサネット)
        RX packets 28  bytes 4774 (4.6 KiB)
        RX errors 0  dropped 30  overruns 0  frame 0
        TX packets 50  bytes 8415 (8.2 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

PCやスマートフォンで、「rp1」というSSIDのアクセスポイントが見えて、パスワード"password"で接続できれば成功です。