2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2013-12-18 メリハリが大切だ、とよく言われますが、これって本当なのでしょうか?

メリハリが大切だ、とよく言われますが、これって本当なのでしょうか?

Some persons always tell us "Making sharp in my life is important". Is it true story?

私は、新しいアイデアを考えて、それを実現することを仕事とする研究員なのですが、きっちり働き、きっちり休むというプロセスから、アイデアが登場したことがないのですよ。

Though I am a research engineer who engage in make a new idea of technology and try to realize the idea, I have no experiment to do them during working time.

アイデアが思いついた場所を多い順に上げてみると、

Let me pick the places where I spark an idea.

■自宅ー駅の間の徒歩区間

The path between my home and the train station,

■・・・

うっ。もう思いつかない。

Ugh. I don't pick them anymore.

あ、そうそう、ディズニーランドというのもありました。あの列に並ぶのが嫌いなので、頭の中で特許明細書を書いていたりします。

Come to think of it, one is the Disney Land. I don't like to get in line, so I used to write a patent description in my head.

断言できるのは、「会社の中で発明を思いついたことはない」ということです。必ず、仕事と別のことをやっている時です。

I can tell you that I have never reached any idea in my office. The idea is coming out of the office.

-----

仕事も、時間があるのであれば、ダラダラとやります。

I like to work with taking my time, when I have time.

集中すると疲れるからです。効率は悪いですが、時間さえかければ、どんな仕事もいつかは終ります。

Concentration gets me down. I can accept that the way is non-effective, but any work will end eventually.

第一、私には集中して遊びたい「モノ」がないのですよ。

To begin with, I don't have enthusiastic anything I want to do.

野球とかサッカーとかを楽しめる人が、心の底から羨ましいのです。

I envy persons who enjoy baseball and soccer.

著作権法を調べたり、妊娠のメカニズムを調べたり、オタク文化を調べたり ―― それがキャリアアップに繋がるかというと、全く絶望的な作業であり、寂しい人生を送っているのです。

Researching copyright, pregnancy system, geek culture, they don't relate to my carrier despairingly. It is really lonely life.

だから、私に対して脅迫状とか送ったりしないで下さいね。意味ないですから。

So you don't have to send me threatening letter. It is absolutely meaningless.

-----

で話を戻すのですが、メリハリって本当に良いものなのですか。

Going back to the story, "Making sharp in my life" is really good isn't it?

誰か数値データで示して頂きたいのです。

Who shows me the evaluation data?

私のように公私がダラダラと不連続に融合している仕事と比較して、圧倒的に価値があるというのであれば、私も、その「メリハリ教徒」になります。

If I understand the righteousness of "making sharp", I come to believe in the religion.


2014-12-18 『ゆかりさん、速い! 速い! !』

『ゆかりさん、速い! 速い! !』

"Yukari! You are fast! too fast!!"

と叫ぶ次女の声を、完全に無視して、200問の理科や社会の問題を次々と読み上げ続ける、

But she ignores my junior daughter's claims perfectly, and keeps reading aloud more than two hundred questions and answers lists of the science and history.

She is a voiceroid "Yuzuki Yukari"

I really made a great buy.

次女は「結月ゆかり」さんに鍛え上げられて、日本史の主要な年号は、完璧に暗記してしまいました。

My daughter has been built up by her, and she could learn the key Japanese chronological table by heart.

今、日本で、「結月ゆかり」さんが、年号を言った後に、

I believe that the 6th grade girl, who can response the correct answer in 2 seconds, against the following question after Yukari's voices,

■1963年 部分的核実験禁止条約(PTBT)

- Partial Test Ban Treaty(PTBT) in 1963

■1968年 核兵器拡散防止条約(NTP)

- Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons(NPT) in 1968

■1987年 中距離核戦力全廃条約(INF)

- Intermediate-range Nuclear Forces(INF) in 1987

■1996年 包括的核実験禁止条約(CTBT)

- Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty(CTBT) in 1996

を、2秒以内で言い切ることのできる小学6年生は、私の娘だけだ、と確信しています。

is only my daughter.


2015-12-18 ―― 容器の形状や外観、料理の盛り付けによって味が変化する

大学時代の大半を、ラーメンと牛丼で過した私にとって、

I had been in my college life with Ramen and beef bowl.

結婚後、

After marriage, I was shocked to know that

―― 容器の形状や外観、料理の盛り付けによって味が変化する

"Sense of taste is easy to change by devices for eating and serving food"

ことを知ったときのショックというのは、「パラダイムシフト」以上のものでした。

It was more than "paradigm shift"

特に「お茶」は凄い。

Especially "tea" is great.

くたに焼きという陶器を使った急須(きゅうす)を使ったお茶は、2段階、味が良くなるおです。

Using "Kutani-Yaki" tea pod, the taste of tea becomes greater than using other pods.

さらに、これを、萩焼きの湯呑みで飲むと、さらにもう一段階、グレードアップします。

In addition, drinking a "Hagi-Yaki" cup, the taste become better moreover.

-----

まさか、陶器の成分がお茶に解け込んでいる訳はがありませんので、

It is nonsense to think that the ceramic is meting in the tea,

■急須や湯呑みの保温効果(冷めていくプロセスも含めて)、

- thermal insulation of the pod and the cup

■湯呑みと口との接触面積

- contacting interval between cup and mouth

■お茶が経口に流れこむ単位時間当たりの速度

- pouring speed of tea from cup to mouth

■心を穏かにする美しく流れるような外観のフォルム、

- beautiful shape that makes me feel easy

等、全てを含めて、「お茶」の味を引き立てていると思うのです。

All of the above must be useful to improve the taste.

もしかしたら、これらは、総合的に計算可能かもしれません(しませんが)。

It might be possible to calculate them totally(though I don't want it.)

-----

というように、私は「味覚」というものが、五感の結合から成るものであることを、認識しはいるのですが、

Like the above, I think that I can understand that taste is made up from total of five senses.

On the other hand, I don't change my mind of

―― コンビニ弁当に入っている、プラスチックの葉っぱが、心底、鬱陶しい(うっとうしい)

"a plastic leaf in a lunch box at convenience stores, annoys me."

という気持ちは、今だに変わりません。

本当の葉っぱなら、防腐や香りの効果があるのでしょう。

If it is a real leaf, there seems to be antisepsis or good scent

しかし、あれ、いちいち取り除かなければならないのですが、掴みにくい(手でやると不衛生だし)。

In the case of the plastic leaf, I have to remove it from the lunch box( insanitation when using finger)

そもそも外観的にも、弁当を安っぽくしてしまっていて、いいこと何もない、と思うのです。

It looks like the lunch box is poor, and totally there is nothing good of it.

是非、コンビニ各社は、あの「プラスチックの葉」の除去を、ご検討頂きたいと思います。

I want companies of convenience stores to discuss a disuse of the plastic leaf.


2016-12-18 「現場で働きながら、同時に進行や進捗を管理する現場監督」をやっているような感じです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

例え1人10分の作業遅延が発生したとして、それが500人分なら、5000分です。

For example, even if assuming that a work delay of 10 minutes, the summation will more than 5000 minutes for 500 people.

約83時間、10人日の労働時間の損失です。

The loss of working hours is going to be about 83 hours.

「サポート部門が、他の部門の足を引っ張って、どうするんだ」と思います。

I think that "why do they at the support department annoy me ?"

-----

最近、私は、色々なプロジェクトの事務局を依頼されることが多いです。

Recently, I am often asked for secretariat of various projects.

あまり楽しい仕事ではないのですが、

I am afraid that they are not fun, however, now I

■現場に睨みがきく年齢と、

become the age I've authority with the project members,

■年季を重ねたハッタリと、

bluff the members corresponding to my age

■上級管理職でもチャチャが入れにくいだけの貫禄と、

have a dignity that even senior managements cannot complain directly,

■「勤務年数が長い」というだけで、できてしまった人脈と、

have the internal HR network just for "long work life",

が要求されるので、まあ、やむを得ないとも思っています。

Well, I also think that it is inevitable.

「現場で働きながら、同時に進行や進捗を管理する現場監督」をやっているような感じです。

I'm like "supervisor in the field" who manage a time schedule or progress, with working the field as a laborer.

つまり、「私」を「私」がマネージメントしているので、当然、最速かつ高効率の ―― 可能な限り手抜き ―― の管理をするようにしています。

In other words, "I" manage "myself". Of course, I try to manage anything fastest ,highly efficient, and cutting of the corner.

(続く)

(To be continued)


2017-12-18 しかし、私は、「バーチャル政治家」の可能性までは、否定しません。

SFの領域では「人工知能による政治」は、今のところ必ず「ディストピア」を描くことがお約束になっています。

In the field of SF, "politics by artificial intelligence" is equal to "Dystopia" now.

AI研究の領域では「人工知能による政治」なんぞは語るのもアホらしく、さらに、私個人で言えば、―― やれるものなら、やってみろ ―― という気持ちです。

In the field of AI research, it seems to be stupid to say "politics by artificial intelligence". Furthermore, I personally speak, - if you can do it, show me it.

ぶっちゃけて言えば、私は、その「ディストピア」を見てみたいものです。

Speaking cheaply, I would like to see that "Destopia".

私が死ぬまでに。

by the time I die.

-----

しかし、私は、「バーチャル政治家」の可能性までは、否定しません。

However I don't deny a possibility of "virtual politician".

というか、むしろ、積極的に肯定します。

I would rather be positive.

要するに、実名も実態も開示せず、主にネット上で活躍が担保される、ローメーカー(法律製作者)です。

The "virtual politician" is, in short, work on the Internet, without opening their figures and names.

-----

以前から申し上げている通り、私は、ある政治家が浮気しようが、その息子が犯罪を犯そうが、全く興味がありません ―― 別段、違法行為をしている訳ではないからです。

I have already told you that, I don't care about the politician's cheating or their child's crime, at all. Because they don't commit a crime.

もちろん、本人が脱税だの、賄賂だの、傷害だの犯罪を犯せば、当然、失職して、法も基づき裁かれるべきですが、

Of course, if they commit a crime, like evasion, bribe, or inflicting injuries. they should lose their job and be convicted.

私(とか国家に)利益を担保してくれてくれれば、その人間の人格や品格や外見なんぞ、―― 心底、本気で、心から ―― どーでも良いと思っているのです。

If they can secure my private (or public) interest, I am not interested in their figures, personality and dignity at the bottom of my heart.

上記の条件に因れば、政治家は必ずしも実体として存在する必要はないと思うのです。

According to the above conditions, "politicians" is not necessary need to exit as entities.

(続く)

(To be continued)