2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-12-04 この時期の高校生くらいのカップルは、観察していて大変楽しい。

最近、結構な頻度で出張するようになって、気がついたのですが、

When I have a lot of chance of business trip recently, I notice that

―― 冬場になると、イチャつくカップルが増える

More and more lovey-dovey couples increase in winter season.

「増える」という言い方は正しくなく、正確にいうと「大発生する」という感じが近いです。

I think the word "increase" is not enough but "increase explosively".

「見目美しい」カップルがイチャつく風景は、年中見るのでうが、「見目美しくない」カップルも参入してくる、という点に、差異があるような気がします。

I can see some couples as pretty as a picture through the year. But the distinguished point is "not pretty couples" also take part in the category.

クリスマスが近いという理由もあるかもしれません。

One of the reasons might be that Christmas day is coming soon.

クリスマスと言えば、この文書、お気に入りの一つなのですが、どっかでキレイに校正して頂き、再掲して貰えませんでしょうか。ご相談頂ければ、ギャラなしで再掲載を許諾させて頂くつもりです。

As a matter of Christmas, the above my column is my favorite. If a publishing company hopes to run it, I am going to allow it to re-open the article without fees.

それはさておき。

寒い時期なら、くっついて歩いても違和感ないし、またクリスマス脅迫症候群も遠因の一つかもしれません。

During this cold period, it seems not to be odd to walk greasy (?), some of them might be afraid of the event of Christmas.

-----

この時期の高校生くらいのカップルは、観察していて大変楽しい。

I like to observe high-school couples in this season.

男の子の方は、歩きながら女の子と触れていたいんだけど、背中とお尻の間くらいのところで、そっと手を添えていたり離していたりするあたりが、なんとも「可愛い」。

The boy looks like to want keeping in touch with the girl, so he is trying to give her back or hip touch, or to hesitate the action.

「おい! そこのカップル。これでも飲め!」 と、暖かい缶コーヒーを二つ、彼らに投げたくなるような、可愛らしさです。

I want to throw two canned coffees to them with saying "Hey you! Drink them!!"

まあ、ここから、彼らが、初々しい関係から、ただれた関係に至るかどうかは、私の知ったことではありませんが。

I don't care whether their naive relationship changes to distributive something.

-----

今の私は、我が国の特殊出生率を上げる為であれば、「英会話スクール」であろうが「クリスマス」であろうが、何だって利用すべきだと思っています。

Now I think all we have to do is take advantage of anything that ranges from English speaking school to the Christmas event.

国が少子化対策する為にコストを投入するなら、「ここだろう」と思っています。

If the government invests the cost against the society with fewer children, I think "that is it".


2014-12-04 ―― “未来のストーカー”はこうなる、ジャガーがコンセプトを発表

―― “未来のストーカー”はこうなる、ジャガーがコンセプトを発表

""Stalker becomes this in the future” Jaguar Co. delivers the concept"

というニュースの見出しを見て、愕然としました。

I was really surprised to see the news headline.

全世界的レベルで深刻化しつつある犯罪行為「ストーカー」が、これからも進化していくのか、と絶望的な気持ちになりました。

"Stalker", that has become more serious crime in the world, is going to be in progress from now. I feel that despairingly.

しかも、コンセプトとして発表できる程まで、その犯罪の将来像をモデル化できるということにも、心底驚きました。

Also, I was astonished that "stalker" can become a concept of modeling as a future crime, as they could open the concept.

コラム執筆の為に、ストーカー犯罪について少し調べていたので、この「コンセプト発表」には、かなり衝撃を受けたのです。

I have prepared some information of stalker for a column, so I was shaken by the news.

-----

が、よく読んだら、やっぱり誤読でした。

When I read it again, it was a reading mistake after all.

-----

いやいや。

Not so.

そのうち、

Before long,

スマートカー(知的自動車)が、人間をストーカーする時代が来る

The time might be coming that "smart car" become "stalker"

かもしれませんので、完全に「外れている」とは ――

So, nobody could predicate that my thought is out of the ordinary.

―― だめかな。

No good?


2015-12-04 『一体、どういう基準で、その「10分」や「30分」を決めたの?』

以前、「ほこたて」というバラエティ番組がありました。

The other day, there is a TV variety show, whose name is "Hoko-Tate".

「ほこたて」とは、「矛盾」という熟語を、訓読みしたものです。

"Hoko-tate" means "contradiction" and it is one of the most famous japanese idioms.

これは、高精度な機能を機械同士や、あるいは名人と言われている人と競わせるもので、理系出身でエンジニアの私は、結構、楽しく見ていました。

This program showed us a duel of more than two sophisticated machines or "the master" of a field each other. From the view of the science and engineering major, I enjoyed this program as

―― 「エンターテーメント番組」として

"just an entertained TV program"

ですけどね。

-----

だって、対決方法のルールの決め方が変なのです。

I thought that the duel rules were funny.

例えば、

For example,

―― この金庫を10分で破ったら、金庫破りのプロの勝ち、そうでなれば、金庫の製造者の勝ち

"If the master can break the safe in ten min., the master win the duel. if not the producer of the safe win the duel"

―― この高性能ドリルで、この超硬化合金を、30分以内に貫けたら、ドリルの勝ち。貫けなかったら合金の勝ち

"If this sophisticated drill can penetrate the super-alloy panel in 30 min., the drill wins. If not, the panel wins"

って、

Don't you think

『一体、どういう基準で、その「10分」や「30分」を決めたの?』

"Who decides the "10 min." or "30 min." from what kind of standard" ?

って、思いませんか?

その時間を、半分にしたり2倍にしたら、勝者と敗者が、簡単にひっくり返るんですよね。

If the time is changed half or twice, the winner and loser can change easily.

そういう根拠の理由を欠いたものを、『勝負』とは言わないでしょう。

Is that a duel without a basic ground?

-----

という話を、中1の娘に喋ったら、

I told the above story to my daughter who is in the seventh grade,

『ああ、この人、まだ「中二病」やっている』

という目で見られました。

She looked at me like "this man is now in youthful indiscretion even now."


2016-12-04 「この『息切れ』と『エイティーン』は ―― まさに"絶望"だったよ」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「『人生の転落』って・・・お前、言葉の使い所、間違っているぞ」

Ebata:" "Tumble from the summit of glorious life"... I think you mistake how to use the phrase"

長女:「この『息切れ』と『エイティーン』は ―― まさに"絶望"だったよ」

SD:"Both "short breath" and "eighteen" were absolutely "desperation" for me"

江端:「そうか"絶望"か。だがな、その"絶望"、まだ、これから、何度もやってくるぞ」

Ebata:" It is "desperation" isn't it? I am very sorry but the "desperation" is coming again and again in your future.

長女:「!」

SD:"What!"

江端:「パパの世代では、"20歳"、"25歳"、"29歳"が、峻烈な痛みを伴う3大絶望だったと思う。勿論、女性だけでもなく男性も、な」

Ebata:"As for my generation, "20 years", "25 years" and "29 years" old were, so called "three big desperations" with sharp pain, for not only women but also men.

長女:「・・・」

SD:"...."

江端:「しかし、今や、間違いなく35歳が入ってきているし、39歳も普通にスコープに入りつつある。ここから先については、言及を避けたい」

Ebata:"However a new pain has come in 35 years old, and 39 years old has already been in scope. I don't want to say about it any more"

長女:「そんなに、たくさん来るの・・・」

SD:"So many pains are going to come...."

江端:「あ! ただ、年齢が上るにつれて、"短時間で峻烈な絶望"から、どんどん"長時間で緩慢な絶望"に変わっていくので、まあ、そんなに心配するな。少しづつ楽にはなる」

Ebata:"However, the more you are old, the more the pain will be more mild. The pain is going to change "short keen" into "long sluggish". So you don't have to worry it. It become easier with your age.

長女:「救いになっていないよ、それ・・・」

SD:"It is not a welcome relief"


2017-12-04 『私は、お前のメールを、ただの一文字足りとも、読んでいない』

私は、"@kobore.net"という名前のドメインのオーナです。

I am an owner of "@kobore.net" of the Internet domain.

ドメインのオーナということは、どのドメインの中では、基本的に「やり放題」ということです。

The "domain owner" means that basically I can do anything in my domain.

"@kobore.net"と付けるものであれば、Webサイトを運営したり、メールサーバやFTPサーバを立てることもできます。

Even if I am in this "@kobore.net", I can manage Web site, and build mail server and FTP server, and so on.

その一つに、メールアカウントや、メーリングリストの作成というものがあります。

Making mail accounts and mailing-lists are some of them.

-----

私、自分の携帯電話の番号の変更や、メールアドレスの抹消に、心理的抵抗がありません。

In my case, I don't care of changing telephone number of my cell-phone, and deleting a mail address.

というか、むしろ、「アドレス帳の整理ができる」とポジティブに考えがちです。

If anything, I come to think them positively, because I can put my address book in order.

―― こういうマインドの人間は、少数派のようですが

"However, these mind persons are in a minority group."

例えば、公開しているメールアドレスで、スパムメールが増えてきたり、意味不明なメール届くようになると、アナウンスなしで、そのメールアドレスを消してしまいます。

For example. when spam mails and meaningless mails come to arrive at me, I will delete my mail address without advance notice.

消去すれば、そのメールアドレス宛のメールは、全てエラーとなって送信者に返信されることになりますので、スパムも意味不明なメールも、全部消えてなくなります。

If I delete my mail address, the spam mails or meaningless mails also disappear, because those mails are returned to senders, as error mails.

で、その後(2~3ヶ月後)に、そのメールアドレスを復活させれば良いのです。

I will revive the mail address, after two or three months.

(実際の運用はもっと手が込んでいますが、その方法は秘密です)

The real operation is complicating, however I cannot open it.

-----

このような迷惑メールに対しては、例えば、

According to these junk mails, some operations are recommanded, for example,

「自動的に迷惑メールボックスに転送する」

"Sending the junk mails to a junk mail box, automatically"

などとが推奨されていますが、

この方式では、迷惑メールの送信を止めることをしません。

However, this operation cannot stop the junk mails.

そして、何より不愉快なのは、

Moreover, what I am displeased, is that the junk mail senders might guess

―― そのメールを、江端を読んでいるだろう

"Ebata reads my mail"

と推測されることです。

比して、この「メールアドレス抹消作戦」は、

By comparison, my operation of deleting mail address is

『私は、お前のメールを、ただの一文字足りとも、読んでいない』

"I never read even one character of your mail"

ことを、相手に明確な意思と行動で伝える、最終手段です。

The final operation that can deliver my intention to sender by my specific action.

一方、大抵のキャリアやインターネットプロバイダでは、メールアドレス廃棄後、同じメールアドレスの再発行ができません。

On the other hand, most carrier or the Internet provider companies prohibit republication of same mail address, after deleting the mail address.

同じメールアドレスの再発行禁止は、「他人によるなりすまし」を回避する為には、当然の運用と言えます。

The prohibition of re-issuing of the same mail address is a natural operation in order to avoid "impersonation by others".

-----

ところが、"@kobore.net"のドメインの「オーナ」である私には、このドメイン内においては、どんな運用をしようとも、誰からも、文句を言われることはありません。

However, no matter what operations are done in this domain, no one complains about it. because I am a "owner" of "@kobore.net"

なにしろ、"@kobore.net"のドメインの「オーナ」は私で、そして、そのドメインの「ユーザ」も、世界でこの私だけなのですから。

I am a owner of @kobore.net" and only user of "@kobore.net" in the world.

(続く)

(To be continued)