2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-12-05 『江端のメールが頻繁すぎて、業務に支障が出ている。なんとかしてくれ』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

という訳で、"@kobore.net"のオーナである私は、いくつでもメーリングリストも作ることができます。

So, I can make any number of mailing-list in the "@kobore.net"

週末エンジニア/ライター作業用、町内会の広報部会用に、メーリングリストなども作成して運用していますが、なかなか便利です。

I am using mailing-lists for works for weekend engineer/writer and press activities in the neighborhood association. They are quite convenient.

-----

Before, I talked about my mail-governance in this diary,

メーリングリストというのは、原則、ウザッたいものです。

in fact, "mailing-list" is really annoyed by everyone.

問答無用で、全てのメールが、関係者全員に配送されるものですから、

no question asked, all mails are deliverd to all member's mail boxes automatically,

●メールによる支配を行いたい人間にとっては、便利なツールで、

- For a person who wish to control by mail, it is a useful tool,

●無関係なメールを読まされる被支配者にとっては、うっとうしいツールです。

- For ruled people who read unpleasant mails, it is an annoying tool.

で、当然、メーリングリストを管理する側の私は「支配者サイド」です。

So, of course, I am the "ruler side" who can manage the mailing list.

日々を穏当に過したいと思っている人にとって、毎日のように送付されてくる私のメールほど、鬱陶しいものはないでしょう。

For those who want to be moderate, there is nothing more annoying than my e-mail every day.

-----

しかし、私は、このような「メールガバナンス」を、確信犯的に、悪意を自覚して、実施しています。

However, I am carrying out such "mail governance" with confidence and awareness of malice.

ですので、私に対して非難の声を上げても無駄なことです。

So it is useless to raise a voice of condemnation to me.

そんなことは「おり込み済み」だからです。

That is a discounting case for me.

-----

以前、私は会社の部活動(テニス部)で、テニス部の取り纏めをやっていた時、

Previously, when I was doing the work at the company club activities (tennis club),

『江端のメールが頻繁すぎて、業務に支障が出ている。なんとかしてくれ』

"Ebata's e-mails are too frequent, and those make problems with work. Do something for me."

と先輩からメールが送付されてきたことがあります。

E-mails have been sent from my seniors with the above message.

私は、テニス部の"メーリングリスト"をCc:につけて、以下のように返信しました。

I reply to my seniors as follows, with attaching tennis club "Mailing list" by Cc:

「ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」

"I apologize for any inconvenience."

と書いた後ろに、

However I didn't write

「今後はメールの頻度を下げます」

"I will lower the frequency of e-mail in the future"

―― とは、記載せず、

but

「ご希望があれば、直ぐにメーリングリストのリストから外します」

"If you wish, I will immediately remove your mail-address from the list of mailing lists"

と記載し、さらに

In addition,

「その場合、必要な情報も御届けできない可能性も出てきますが、悪しからずご了承下さい」

"In that case, there is the possibility that I can not deliver the necessary information.Please understand rightly"

というメールを送付しました。

-----

その後、私の運営方針についての批判は、一切、来なくなりました。

After that, no criticism about my management policy had been lost.