2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-09-09 「"Cc"の使い魔」 [長年日記]

私がCc:(カーボンコピー)を付けて出すメールを、Cc:を外して返信してくる人がいます。

When I send a mail with "Cc:", some people return a reply-mail without "Cc:".

で、また私がCc:を付けて返信する訳ですが、再びCc:を外して返信してきます。

And I return the mail with "Cc:", they return the reply-mail without "Cc:" again.

―― これは、何かの「ナゾかけ」か?

"Is this a blind message to me?"

と、思うことがあるのですが、

Sometimes I think that.

まあ、大抵の場合、こういう人は、「全員に返信」という返信方法があることを知らないか、あるいは、その「概念」を知らないか、のどちらかです。

However, in most cases, the persons like this, don't know the way to send the message to all mail-addresses. or don't know the concept.

ほとんどの人には「悪意」はないです ―― が、私にとって、「Cc:を無意識に消去する人」は、結構、やっかいなんですよ。

Almost people like this, don't have any malice. But for me, "the person who delete "Cc:" unconsciously" will annoy me.

-----

私、これまで、色々なプロジェクトの事務局をやらされ・・もとい、やってきたのですが、プロジェクトの運用のほとんど(ほぼ100%)を、メールだけで片付けることから、

Until now, I was ordered by my bosses ..(restating).., I tried to become "Director of Secretariat(D.S.)" of many projects, I always manage them by e-mail, so I call myself

「"Cc"の使い魔」

"familiar spirit of "Cc:""

と、自称しています。

# この他、「王禅寺の特許明細書量産機」など。

One of others, is a "patent production maker in Ozenzi-woods"

私の場合、送信宛の人の他に、多くの人を巻き込んでメールを送ります。

In my case, I will send a mail to , not only the destination address, also all project members address.

これが、江端式の「メールガマバンス(メール政治)」の運用術です。

This is the method of "mail governance" of Ebata's style.

(続く)

(To be continued)