2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-09-09 「人間は、機械にできない『創作』に関わるところをやればよい」のだそうです

「機械との競争」を読み終わったのですが、まあ、なんというか「これが結論なの?」という感じでした。

『人間は、機械にできない「創作」に関わるところをやればよい』

って、そんな「中学生の作文」程度のことを言う為に、最後のページまで引っ張られてきたか、と思うと腹が立ってきました。

-----

しかし、私のようなエンジニアでは当たり前のことでも、意外に、他の業種の人には、当たり前のことではないのかもしれません。

そういう意味では、一読の価値がある本、とも考えられます。

しかし、「自動車の自動運転」と「クイズ王になったコンピュータ」の例を挙げていますが、この程度のもので、「機械との競争」の事例としては貧困過ぎる。

まあ、「クイズ王」の方は一定の評価ができるにしろ、「自動運転」の方は、基本的には技術の話でなく、法律あるいは規制が障壁です。

「事故が起きたとき、その責任は誰のもの」―― 自動車オーナなのか、自動車メーカなのか、国土交通省なのか、という問題が解決できなかっただけです(今でも解決しているかどうか、よく知らないのですが)。

-----

私は、自動車の運転なんぞという下らないことを、まだ「やらされている」ことに腹を立てていますし、電車に運転手が必要であることに納得できません。

食料品なんて、勝手に在庫状態を調べて、自動的に冷蔵庫の中まで運ぶ装置がでてこないことにも、イライラしています。そもそも機械が料理を作れよ。

また、パソコンの周辺装置を動かす為に、見たくもない下品な掲示板まで巡回して、ドライバソフトを探さなければならないことに、ほとほとうんざりしています。

統計データを解析する為のスクリプトを、まだ、この「私」が記述しなればならない面倒くささにも、いい加減頭にきています

私なら「機械の怠惰」「機械の堕落」という題名で、執筆するぞ。

-----

まだ、文句いい足りん。

機械の進歩は遅すぎるし、ダラダラしすぎている。

設計書には、すべての機能を網羅して記載しなければならないし、メンテナンスは必要だし、ナンセンスな事故は起こすし、自分で自分の自己修復すらまともにできやしない。

あんなもんが、私の「競争相手」か。

なめんな。

-----

もし、「機械との競争」という書籍があれば、私なら、結論をこう導く。

「『機械との競争』に勝つということは、『機械を勝たせる』ことを助ける側の仕事に従事する」ことである、と。

機械を勝利に導く側であれば、常に、機械より上位にたっていることになります。

で、それは、そのような職種かと問われれば、当然それは「エンジニア」です。

我々エンジニアにとって、機械はいつでも、屈服させるべき「格下」です。

しかし、そろそろ「本当の競争相手」になってもらいたいものです。


2014-09-09 「それの、何が楽しいのか?」と問われても、説明できませんが。

(昨日の続きです)

プールサイドで優雅に過すこととは違うかもしれません。

It might be different from wasting time in poolside.

しかし、私の場合、プールを貸し切り、パーティをして、クルーザーにゲストを呼ぶ?

However, I absolutely don't want to lent a pool, be hosting a party, and ask guest to my cruiser.

絶対にやりたくありません。

考えるだけで、眩暈を起こしそうなほど、嫌です。

I hate it dizzyingly just imagine.

-----

しかし、もし、私に、そんなことができる程の金があるなら、そのクルーズに自動航海装置を取りつけ、その自動航行プログラムを、自分で作成します。

Even if I have such much money, I will attach an auto cursing system and make the program by myself.

そして、太陽電池パネルを船全面に張りつけて、ゼロ燃料で航海できる限界条件を、データに記録し続けます。

I will also attach solar panel on the entire surface of the curser and keep records of the limit condition that can go on a voyage with zero fuel.

「それの、何が楽しいのか?」と問われても、説明できませんが。

It is difficult for me to explain the reason of the fun.

-----

しかし、プールを貸し切り、パーティをして、クルーズにゲストを呼ぶ、というシーンが、どの映画にも出てくるということは、

However, we can see a lot of scenes in movies that are to lend a pool, be hosting a party, and ask guest to my cruiser.

多くの人にとって、これらが富と幸福の象徴であることは、事実なのでしょう。

For many people, it will be a fact that these are symbols of wealth and happiness.

私が、そっちのゾーンに入るのは無理だと思いますが。

It might be impossible for me to enter the zone.


2015-09-09 ―― あんたが来ると、私が困る

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、それはいいんです。

But it was no problem.

問題は、「申し訳ない。今、直ぐそちらに向いますから」という対応をされることが、一番困るのです。

The worst case was to get a response of "I am very sorry, but I am going there soon"

すでに、他の人は集っているのに、ここで1時間半も待たされたら、たまったものではありません。

Other persons had already been here, so it was beyond the joke to ask them to stay here.

開始時刻が、夕刻だったりしたら、帰宅することもできません(特に主催者の私は)

I could not come back home even when it was early-evening at that time ( especially when I was a promoter of the meeting).

私が必死で、『今回は、無理しておいで頂かなくても結構ですよ』という言葉の真意は、

The real reason to do my utmost to say "You don't have to come here if you are in trouble" is

―― あんたが来ると、私が困る

"Your efforts annoy me."

ということなのですが、これが、どうしても伝わらない。

But he could not understand the above my intention.

『ちゃんと言葉で伝えればいいじゃんか』と思う方もいるかもしれませんが、これが中間管理職には、なかなか難しいのですよ。

Though you might say "why don't you tell him the fact?", it was difficult for me, as a middle-level manager.

なぜなら『あんたがいなくても、こっちはは大して困らない』と言っていることと同じ意味になりますから。

Because the saying is likely to tell him that "I don't need you in this meeting"

-----

私は、こういう「一生懸命」で「自分の責任を全うしよう」と頑張る、エンジニアの皆さんが、「大好き」なのですが、

I really "love" these engineers who are going to fulfill their responsibility all over creation.

それと同じくらい「嫌い」になることもあります。

But I sometimes become to "hate" them.

レアケースですけどね。

Of course, it is a rare case.

-----

で、考えたくはないのですが、

I don't want to think, however,

―― 多分、私もだれかに同じことをやって同じ思いをさせている。

"I have annoyed someone to do same thing"


2016-09-09 しかし、最近、「第2条」の拡大解釈が著しい。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、最近、「第2条」の拡大解釈が著しい。

However recently, the stretch of the article 2 becomes terrible.

「生活インフラについては、最短時間で解決する能力のある者に一任しても良い」

New interpretation "everyone can ask a person who can solve a problem about life infrastructure at home in minimal-period for the help."

という変な解釈がまかり通り、そもそもの、家訓の設立趣旨が没却するというゆゆしき事態が発生しているようなのです。

has come, and the constitution purpose is going to be ruined with grave situation.

家電製品、その他の器具の修理が、全部私に押しつけられています。

Repairs of all home appliances and other devices are enforced to me.

これらについては、ちゃんと教えようとしても、彼女達は覚えようとしません。

Though I will give the technique to them, they don't have no intention to learn it,

-----

「物品の構成を理解して、その理解に基づいて、物品を初期の状態に戻していくプロセスは、愉快ですらあるだろう?」

I said to them "Understanding the structure of things and repairing disabled things, are feeling of pleasure, aren't them?", however,

という私の言葉を、彼女たちは、

they let the my words pass, like

―― まだ世界に知られていない少数民族の言語

"unknown minority language"

のように、聞き流します。

-----

どうやら、彼女たちは、「モノは壊れる方向のみに存在する」という、エントロピーの法則の法理から外に出ようという意思は、

Apparently, they believe "all things exist only in the direction to break", and

今後も、一切なさそうです。

I think that they have no intention of "Let's go to the outside from the doctrine of the law of entropy" absolutely.


2017-09-09 「"Cc"の使い魔」

私がCc:(カーボンコピー)を付けて出すメールを、Cc:を外して返信してくる人がいます。

When I send a mail with "Cc:", some people return a reply-mail without "Cc:".

で、また私がCc:を付けて返信する訳ですが、再びCc:を外して返信してきます。

And I return the mail with "Cc:", they return the reply-mail without "Cc:" again.

―― これは、何かの「ナゾかけ」か?

"Is this a blind message to me?"

と、思うことがあるのですが、

Sometimes I think that.

まあ、大抵の場合、こういう人は、「全員に返信」という返信方法があることを知らないか、あるいは、その「概念」を知らないか、のどちらかです。

However, in most cases, the persons like this, don't know the way to send the message to all mail-addresses. or don't know the concept.

ほとんどの人には「悪意」はないです ―― が、私にとって、「Cc:を無意識に消去する人」は、結構、やっかいなんですよ。

Almost people like this, don't have any malice. But for me, "the person who delete "Cc:" unconsciously" will annoy me.

-----

私、これまで、色々なプロジェクトの事務局をやらされ・・もとい、やってきたのですが、プロジェクトの運用のほとんど(ほぼ100%)を、メールだけで片付けることから、

Until now, I was ordered by my bosses ..(restating).., I tried to become "Director of Secretariat(D.S.)" of many projects, I always manage them by e-mail, so I call myself

「"Cc"の使い魔」

"familiar spirit of "Cc:""

と、自称しています。

# この他、「王禅寺の特許明細書量産機」など。

One of others, is a "patent production maker in Ozenzi-woods"

私の場合、送信宛の人の他に、多くの人を巻き込んでメールを送ります。

In my case, I will send a mail to , not only the destination address, also all project members address.

これが、江端式の「メールガマバンス(メール政治)」の運用術です。

This is the method of "mail governance" of Ebata's style.

(続く)

(To be continued)


2018-09-09 これこそが「データ(またはシミュレーション)の勝利」です。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ところが ――

However,

戦前の昭和16年、「内閣総力戦研究所」が、軍部・官庁・民間から選りすぐった将来の指導者たち、総勢35名が、太平洋戦争の戦局のシミュレーションを実施して、

In the prewar Showa 16, "The Cabinet General War Research Institute" gathered a total of 35 future leaders that ranged from military, government agency to private sector, and they conducted a simulation of the Pacific War's battlefield.

兵器増産の見通し、食糧や燃料の自給度や運送経路、同盟国との連携などについて科学的に分析し、(しかも、ソ連参戦までも予測し)、

They scientifically analyzed the prospects for increased weapons production, the self-sufficiency of food and fuel, the transportation route, collaboration with allies, etc. (predicted also by the Soviet participation), and they decided

『日本必敗』

""Japan will definitely be defeated"

というシミュレーション結果を、「数値」で叩き出していました。

They simulated the simulation result with "numerical value".

(外したのは「真珠湾攻撃」と「原爆開発と投下」くらい)。

(The losings were "Pearl Harbor attack" and "A-bomb development and dropping").

私は、このことを

I think this is

―― 凄い

"great"

と、心底から感銘を受けています。

at the bottom of my heart.

これこそが「データ(またはシミュレーション)の勝利」です。

This is "victory of data (or simulation)".

-----

実は、私、以前より、週末エンジニアモードで、自分の家で、この「内閣総力戦研究所」のシミュレーションの足跡を、パソコンで再検証してみたくてしかたがないのです。

To tell the truth, I want to revalidate the footprint of this "Cabinet total warfare research laboratory" simulation on a personal computer at my own home in weekend engineer mode.

この件については、「世界を「数字」で・・」の方の連載で、EE Times Japan編集部に連載を提案をしたのですが、あまり良い反応を頂けませんでした。

As for this matter, I made a proposal to serialize to the EE Times Japan editorial department in the serial series of "The world is a" number ...", however I did not get a very good reaction.

まあ、EE Times Japanは、技術系のWeb情報サイトですから、無理もありませんが。

Well, since EE Times Japan is a Web site of technical information, it is not impossible.

それに、防衛省の研究所のご協力を頂かないと、手も足も出そうにないという問題もあります。

Also, there is a problem that if I do not get the cooperation from the Ministry of Defense laboratory, I cannot do anything.

ですが、『いつか必ず』と思い秘めています。

However, I think that "someday".

-----

"Young girl war record" is also decided as a movie, I have confirmed viewing.

ただ唯一残念と思ってしまうのは、

The only thing I'm afraid is that,

この「幼女戦記」というアニメから、「幼女」と「魔法」という概念を取り除いてしまえば、もっと私好みの作品になっていたかもしれないなぁ、と思う点です。

If I remove the concept of "young lady" and "magic" from this animation called "Young girl war", I think that it may have become my favorite work more.

まあ、「それ」をやってしまっては、『作品自体が成立しないだろう』というツッコミを受けることは、重々に分かっています。

Well, after doing "it", I know it very much to receive Tsukkomi that "the work itself will not be established".