2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2015-09-08 ―― そうですね、そこから、直線距離で20kmくらい程、南下して頂けますか。 [長年日記]

以前、私の所属していた研究所は2つに分かれていました。

About ten years ago, my company research institutes were divided two sites.

この拠点間の距離が、片道1.5時間以上もかかり、どちらのサイトにいても、移動には随分と面倒な思いをしていました。

The moving time between these two sites was almost 1.5 hours, and the coworkers of both sites annoyed the moving.

この研究所のことをよく知らない人にとっては、集合場所のトラブルというのは、日常茶飯事でした。

About persons who didn't know the place of above background, the appointed place troubles were daily happening.

ですので、私は、電子メールで、打ち合わせを招集する時には、

So when I informed the place to attendances of a meeting, I made an e-mail as follow.

=============================================

■本研究所は、2箇所あります。

- There are TWO our research institutes.

■今回は、○○の方です。交通機関と地図はこちらです。

- About this meeting, the palace is.. ,and the following are the map and the transportation guide.

■十分にお気をつけ下さい。

- I strongly hope, you might be careful for not only the time but also THE PLACE.

=============================================

と、文頭と、文中と、文末に、3回、警告文を入れていたものです。

I used to insert the above lines three times in my mail at the beginning of a sentence, at the middle of a sentence, and at the end of a sentence.

-----

それでも、かかってくるんですよ、こういう電話。

But a call was coming to me, as follow.

会議の開始時間を10分くらいすぎた頃に。

about ten minutes past the start time for the meeting.

「あー、もしもし、江端さん? 江端さんの言う『東棟』というのが見つからないんだけど」 "

Hello, Ebata-san. I cannot find "the east building" in your mail"

―― そりゃ、見つからないでしょうね

"Well, it is natural"

―― そうですね、そこから、直線距離で20kmくらい程、南下して頂けますか。

"Let me see. Would you please start to walk about 20km distance to the South ?"

とも言えず、「ああ、またか」と、溜息をつくばかりでした。

Of course, I could not to say that, and I sighed and sighed again.

(続く)

(To be continued)