2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|

2013-12-05 勝手に思い込んでガッカリしている私が悪いだけです。

私は、アニメ「シュタインズゲート」を見たとき、アニメというのは、全てこのような凄い作品ばかりなのか? と思いこみました。

When I watched the animation "STEINS;GATE", I was astonish at the concept of the worldview. I assumed any animation produced in Japan, is likely to be excellent.

そりゃもう、パラダイムシフト、ここに極めり、といった感じでした。

I was very excited that "Now! The paradigm shift is coming here!"

今、それが誤解であることを知っています。

Now I understand that was my misunderstanding.

最近は、初回だけ見て、そのまま終了というパターンばかりです。

Recently, I used to watching the initial program of animation only and completing it.

2009年頃、韓国歴史ドラマ「大王四神記」を見たとき、韓流ドラマといういのは、全てこのように凄い作品ばかりなのか? と思いこみました。

In the 2009, I watched the Korea historical program "King and four guardian gods", and I was also surprised at the worldview. I also assumed any Korean work is likely to be fantastic.

今、それが誤解であることを知っています。

Now I also understand that was my misunderstanding too.

-----

アニメも韓流ドラマも別に悪くありません。勝手に思い込んでガッカリしている私が悪いだけです。

Neither Animation nor Korean program is wrong. The only man to be blamed is ME, who had his own illusion and was discouraged by himself.

それはさておき。

Above and beyond this.

-----

二女(小学5年生)の勉強に、日本史が入ってきて、今、古代史を通過中です。

Now the second daughter begins to study Japanese history, and she is working the Japanese ancient period.

という訳で、近隣諸国と日本との古代史の関係を整理する為、今、TSUTAYAで「大王四神記」を借りて家族で視聴しています。

In order to organize her international history understanding, the Ebata's restart the watching "King and four guardian gods" by rental DVD.

――というのは言い訳で、2009年に盛り上がった、あのドラマを家族全員が見たかっただけなのですが。

That is just our excuse. We remembered the excited stories in the 2009, and want to watch them again.

視聴は、土曜日の夜、日曜日の昼と夜で、一週間に3話ずつ進めております。

Now there are three chances to watch them in a week, at Saturday dinner time, Sunday lunch and dinner time.

-----

先日、私が休日出社をしていたので、一話分見逃しました。

The other day, I missed one story because of my holiday work.

嫁さんが、「ちゃんとフォローアップしてね」というのですが、私は慢性的に時間が足りない生活をしているので、「1話くらいスキップしてもいいよ」と答えました。

My wife asked me to follow the program absolutely, but I always have no time to watch TV seriously, so I answered "No problem for me to skip it".

すると、嫁さんが憮然として「そんな失礼なことはできない!」と言い張りました。

She insisted on saying "it is unforgivable behavior!" in a rage.

一家の家長に対して、この敬意の表れ。さすがは、我が妻 ―― と、久々に惚れ直してしまっているところに、付け加えて言われました。

"The honor for the head of family" It's great! Well done, my wife!!

When I fallen in love with my wife again, she said

「ヨンさまに、失礼に過ぎる!」

"Too rude manner against Mr.YON!"


2014-12-05 これは、ゆゆしき事態だと思いました。

A few days ago, I wrote that all of my family has completed reading the book whose title "Memorandum of Okitegami Kyouko" by Nishio Ishin-san.

それなら、と、「化物語(上)」を次女に買い与えてみたら ―― 見事に嵌ったようです。

So, when I bought the book "Bake-monogatari (former)" and gave it to my junior daughter, she was addicted by the book.

あっと言う間に「化物語(下)」も読み終え、慌てて「傷物語」をAmazonで注文していたところ、

No sooner had she finished reading the latter, I ordered "Kizu-monogatari" to Amazon.

私の許可なくAmazonからの荷物が開封されて、すでに半分は読み切ったと思われる、「傷物語」が、その横に置かれていました。

The package of the book was broken without my permission, and the book that might had already read half of the book was left by the package.

-----

これは、ゆゆしき事態だと思いました。

I thought this was a grave situation.

私が、Amazonでエロい本を購入し、それを娘が勝手に開封したら ―― まあ、私は構わんのですが ―― 彼女達が、気不味い思いをするだろうなぁ、と。

If I buy an erotic book from Amazon, and my daughters open the package freely, though I don' care it at all, they become to feel uncomfortable.

しかし、まあ、それはそれで、良いかも。

But it was all right, somehow.

一度、気不味い思いをすれば、滅多なことでは開封しなくなるだろうし、初めての彼氏の部屋(のベッドの下)に、エロ本を見つけてショックを受ける前に、そういう事例を踏んでおくのも、必要かもしれません。

Once they feel uncomfortable, they are going to try it again. This accident might be better before they find an erotic book in her first boyfriend's room.

(続く)

(To be continued)


2015-12-05 ―― 江端さん! このシミュレーターのサービス化の製作は、私にやらせて下さい!

今回のダイエットシリーズの連載で使った「超シンプル体重シミュレータ」のプログラムのソースコードを公開しました。

In this serialisation about diet, I have opened the program source code of "Ultra Simple Weight Simulator" as an appendix.

しかし、これは、単なる、私の原稿を作成する為のコードでしたので、私以外の誰かが使うことを想定していません。

To tell you the truth, I don't expect anyone uses this code. Because this code had been made for just my columns.

付録に登場してくる後輩からは、

The coworker who often appears in the columns appendix, told me that

『これを、江端さんは、江端さんのサーバで、エンドユーザ向けのWebサービスとして提供するんですよね』

"Ebata-san. Are you going to re-make this code as a web service of readers on your web site ?"

と言われました。

Why don't you say

―― 江端さん! このシミュレーターのサービス化の製作は、私にやらせて下さい!

"Ebata-san" Please let me try to re-make the service with your code!!"

と、なぜ言えないかなぁ。

-----

調べてみたら、このようなサービス、ネット上にゴロゴロあるんですよ。

When I try to search web-service on the Internet, I could find pretty many.

が、見る限り、これらは「全然ダメ」なんですよ。

But I am afraid that these web-services are absolutely useless.

(続く)

(To be continued)


2016-12-05 こういう、私には思いも及ばない、独自の考えを論理展開して頂けると、私はとても幸せになれるのです。

週末ライターをやっていることもあって、面識のない方から、メールを頂く機会が多いです。

I often get a e-mail from unacquainted people. because I make me a writer in just weekend,

もっとも、「見知っている人」からは、全くメールを貰えないので、相対的に多くなっているだけかもしれませんが。

However, I cannot get e-mail from acquainted people at all, the counts of above mail might be many on the whole

それはさておき。

By the way,

このコラムで、私は、合衆国大統領選挙の仕組みを ―― 結果としては ―― 批判していることになっているのですが、

In this column, I studied the system of presidential election,and in result, I make a critical attack on the system.

今回、この私のコラムの内容に対して、合衆国大統領選挙の仕組みを、肯定的にロジカルに展開された内容のメールを頂き、

This time, I was given a mail, including an original and logical theory of the election positively.

―― とても嬉しい

"I felt happy"

気持ちになっています。

こういう、私には思いも及ばない、独自の考えを論理展開して頂けると、私はとても幸せになれるのです。

These new original logics beyond my imagination, makes me very happy.

連載のネタにもなりますしね(ぼそっ)。

They become new tips for series of my columns (indistinct muttering).

-----

比して、時々ではありますが、訳の分からないメールを ―― 訳が分からないだけなら良いのですが、正直「怖いメール」 ―― を、送りつけられることもあります。

Compared with the above, I sometimes have been given a obscure sentence mail, to tell you the truth, it is a "scary mail".

(続く)

(To be continued)


2017-12-05 『江端のメールが頻繁すぎて、業務に支障が出ている。なんとかしてくれ』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

という訳で、"@kobore.net"のオーナである私は、いくつでもメーリングリストも作ることができます。

So, I can make any number of mailing-list in the "@kobore.net"

週末エンジニア/ライター作業用、町内会の広報部会用に、メーリングリストなども作成して運用していますが、なかなか便利です。

I am using mailing-lists for works for weekend engineer/writer and press activities in the neighborhood association. They are quite convenient.

-----

Before, I talked about my mail-governance in this diary,

メーリングリストというのは、原則、ウザッたいものです。

in fact, "mailing-list" is really annoyed by everyone.

問答無用で、全てのメールが、関係者全員に配送されるものですから、

no question asked, all mails are deliverd to all member's mail boxes automatically,

●メールによる支配を行いたい人間にとっては、便利なツールで、

- For a person who wish to control by mail, it is a useful tool,

●無関係なメールを読まされる被支配者にとっては、うっとうしいツールです。

- For ruled people who read unpleasant mails, it is an annoying tool.

で、当然、メーリングリストを管理する側の私は「支配者サイド」です。

So, of course, I am the "ruler side" who can manage the mailing list.

日々を穏当に過したいと思っている人にとって、毎日のように送付されてくる私のメールほど、鬱陶しいものはないでしょう。

For those who want to be moderate, there is nothing more annoying than my e-mail every day.

-----

しかし、私は、このような「メールガバナンス」を、確信犯的に、悪意を自覚して、実施しています。

However, I am carrying out such "mail governance" with confidence and awareness of malice.

ですので、私に対して非難の声を上げても無駄なことです。

So it is useless to raise a voice of condemnation to me.

そんなことは「おり込み済み」だからです。

That is a discounting case for me.

-----

以前、私は会社の部活動(テニス部)で、テニス部の取り纏めをやっていた時、

Previously, when I was doing the work at the company club activities (tennis club),

『江端のメールが頻繁すぎて、業務に支障が出ている。なんとかしてくれ』

"Ebata's e-mails are too frequent, and those make problems with work. Do something for me."

と先輩からメールが送付されてきたことがあります。

E-mails have been sent from my seniors with the above message.

私は、テニス部の"メーリングリスト"をCc:につけて、以下のように返信しました。

I reply to my seniors as follows, with attaching tennis club "Mailing list" by Cc:

「ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」

"I apologize for any inconvenience."

と書いた後ろに、

However I didn't write

「今後はメールの頻度を下げます」

"I will lower the frequency of e-mail in the future"

―― とは、記載せず、

but

「ご希望があれば、直ぐにメーリングリストのリストから外します」

"If you wish, I will immediately remove your mail-address from the list of mailing lists"

と記載し、さらに

In addition,

「その場合、必要な情報も御届けできない可能性も出てきますが、悪しからずご了承下さい」

"In that case, there is the possibility that I can not deliver the necessary information.Please understand rightly"

というメールを送付しました。

-----

その後、私の運営方針についての批判は、一切、来なくなりました。

After that, no criticism about my management policy had been lost.


2018-12-05 ―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私だって、ティーンエイジャの頃であったら、『馬鹿言ってんじゃねーよ』と反発したと思います。

If I were a teenager, I would be rebelling with saying "Do not be stupid."

ですから、この公式回答で、彼らを説得させることができないことは分かっています。

So I know that they can not be persuaded with my official answer.

私の娘に関して言えば、私は、「英語」「数学」「国語」の有用性については、(多分)概ね納得させられていると思います。

As for my daughter, I think that (probably) I can explain about the usefulness of "English" "mathematics" "national language".

難しいのは「歴史」です。

However, "history" is difficult to explain.

-----

「歴史」については、多くの教師達によって「過去のユースケース(事例)集」であるという説明がされています。

Regarding "history", many teachers have explained that "history is a collection of past use cases".

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」ことが目的である、と。

The purpose is "learn from past failures, make use of it to the present".

しかし、これは過去の人々を、随分、"侮辱"していると思うのです。

However, I think this is "insulting" the past people quite a bit.

例えば、上記の「日本軍(特に陸軍)の無知、暴走、力の過信」については、日本軍の司令部だけが"無能"だったような記載が多いです。

About for "the ignorance, overdrive and unintelligent psychogender of Japanese military" as the above, there are many descriptions that only the headquarters of the Japanese army was "incompetent".

しかし、ちょっと調べてみれば、様々な分野の専門家が、太平洋戦争の開戦を支持していたことが分かります。

However, if you examine it for a moment, you can see that experts from various fields supported the Pacific War.

なにより、当時の日本国民が「戦争支持」の世論を形成していたことは、無視してはならないと思うのです。

In particular, I think that the Japanese people of those days forming the public opinion of "support of the war" should not be ignored.

-----

また、今、現在にあっても、

Also, even now, there are

- Shimmerly a politician who asserts "protectionism" and a citizen who does not stop him, whether they know that "protectionism" caused the block economy, and the block economy caused murdering tens of millions of people all over the world

■隣国の司法判断(×外交方針)に対して、"国交断絶"を叫ぶ為政者とそれを支持する国民

- A politician who shouts "diplomatic ties" against the judicial judgment of the neighboring country (× foreign policy) and the citizens who support them.

なるものがいます。

「歴史の反省」なるものが正しく発動してれば、こんなことは起こるはずがないです。

If "the reflection of history" is exercised correctly, these can not happen.

-----

これまでの長い歴史において、多くの人が、その時代の社会通念、国際状況、自国の能力(戦力を含む)を勘案して、考えて考え抜いた上で行動を決断し ――

In the long history so far, many people was considering social wisdom of the era, international situation, capabilities of the country (including war potential), and thought and thought again, decided what they had to do.

そして「失敗」をし続けてきたのです。

And they continued to make a "failure".

だから、私は「歴史」という教科において、子どもたちだけでなく、私達が学ぶべきことは、

So, in the subject "history", not only children but also we adults, should learn

―― 過去でも失敗したのだから、現在も同じケースで失敗しても仕方ないよね

"Because they failed even in the past, even now it is inevitable for us to fail in the same case"

という、"諦観"ではないかと思うのです。

This is "resignation".

----

「歴史」という教科の目的は、

The purpose of the subject "history" are

『私達は、何度でも同じ間違いを繰り返す』

"We will repeat the same mistakes as often as we can"

『だから、もし間違ってもそんなに落ち込むな』

"So, if you make a mistake, you will not feel so depressed."

で、いいと思うのです。

I think it is good.

-----

で、冒頭に戻りますが ――

So, back to the beginning -

歴史という勉強の目的を

According to the purpose of study of history

「その発生した事件のプロセスに遡り」

"Back to the process of the incident that occurred"

「過去の失敗に学び、それを現在に生かす」

"Learn from past failures, make use of it to the present"

と強弁している教師達は、『詭弁を弄している』と思う訳ですよ ―― 私は。

All teachers who are strengthening like that, are, I think, "they are finger of sophistry".