0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|

2013-12-15 もう一度、あの日の恐怖を思い出してみましょう。

先日国会で成立した、国土強靭化基本法を熟読しています。

I read letters of the law whose name is "Basic law of national land enhancement".

一見無味乾燥な法令に見えますが、これは読み方によっては、とても面白いです。

At the first glance, it looks like monotony law, but it is really interesting from the view of another aspect.

At the first glance, it looks like monotony law, but it is really interesting from the view of another aspect.

「省庁の縦割りを解消し」などという識者もいるようですが、私は、まったく逆に「縦割りを明文化した」というくらいに読めました(第11条~21条)。

Though some analysts tell us that this law results the compartmentalized public administration, I think it is opposite; the compartmentalized public administration was defined by the law.

私は、シミュレーション結果で、100年後に現在の人口の20%にまで落ち込むと予想しているので、人口を大都市に集中して社会インフラを集結することを考えていました。

I estimated that the population in Japan becomes decreasing 20% of the present after 100 years ago, I am afraid that we have to emigrate to urban area and integrate social infrastructures.

つまり、「地域を切り捨てる」しか日本が生き残る道はない、と思っていたのですが、この法律では、完全にその逆を唱えています(第2条:多極分散型の国土の形成)。

I mean, "Discarding rural areas". I think it is a final decision in order to survive this country. But this law says the opposition against my opinion(Article 2: multiple cities)

といいつつ、その分散を3つに定義しています。具体的には、(1)首都圏、(2)近畿圏、(3)中部圏です(第8条)。

On the other hand, the law also defines the three decentralized areas "Tokyo metropolitan district", "Osaka metropolitan district", and "Chuubu metropolitan district"(Article 8).

―― という話を、後輩にしたところ、

I told the above issudes to a junior fellow,

後輩:「江端さん。そりゃ分散のアプローチが間違っていませんか? 南海トラフで、その3つの分散は、纏めて全滅ですよ」

Ebata-san, There seems to be wrong approach, I think. The big earthquake in pacific zone will hit the three areas at the same time.

江端:「ま、一気に撃たれることはない、という見込みなのだろうと思う。でも、災害を想定した本当に分散する気があるなら、札幌圏、首都圏、高松圏、福岡圏の4つかなぁ」

Probably I think they estimate not to do simultaneously. If I were an administration, I am going to define four areas, "Sapporo", "Tokyo", "Takamatsu" and "Fukuoka".

まあ、「地域を捨てる」などという方針が出たとすれば、法案が潰されるのは当然として、政権与党の存続だって危ういだろうな、とは思うのです。

Obviously, if there were "discarding rural areas" included in the law, the Diet not just refuse the bill, but also upset the regime.

それに、まだ「地域を切り捨てる」という決断をするには早いかもしれません。少子化の問題だって、何かの奇跡が起きて、持ち直すかもしれないじゃないですか ―― その奇跡に、全く心辺りがないとしても、です。

And it seems to be too early to judge it. The problem of society with fewer children might be resolved in some miracle works -- I don't know them at all.

_ -----

なぜ、このような法律を調べているかというと、災害時を想定したシステムの提案資料を作る為です。

The reason why I investigate the law is to make proposal material of the system against some kind of disasters in Japan mainland.

で、その他の資料も色々見付けているのですが、これはいいですよ。是非御一読を。

I strongly introduce you to read the following paper.

その辺の小説より、ドキドキできます。

You must be excited, more than crisis novels around you.

-----

特に、地震直後に、停電→テレビ・ラジオ・PC全滅→情報ゼロ という状況は、リアルです。

Especially, the story of blackout, inactivate of TV, radio, and PC and no information is very real.

震災の時も、電池式のラジオだけが、最後の砦でした。

In the day of the earthquake disaster, the cell radio is the last straw.

これも何かの機会です。もう一度、あの日の恐怖を思い出してみましょう。

This is a good change. Let us try to remember the fear of the day.


2014-12-15 江端:「そして、パパの体には「人望」「誠実」「信念」のいずれも含まれていない」

昨夜、テレビで選挙速報を見ていた次女が、私に尋ねました。

Last night, my junior daughter asked me a question with watching a TV program of early election report.

次女:「パパは、立候補しないの」

She: "Papa, Do you have a plan to go to election?"

江端:「選挙は誰かに投票して貰わなければなない」

Ebata:"In order to be elected, someone must vote me"

次女:「うん」

She:"Yes"

江端:「投票して貰う為には「人望」とか「誠実」とか「信念」とかが必要だ」

Ebata:"In order to be voted, I have to have "popularity", "honesty" and "belief" and so on."

次女:「なるほど」

She:" I see"

江端:「そして、パパの体には「人望」「誠実」「信念」のいずれも含まれていない」

Ebata:"And my body doesn't hold “popularity", "honesty" and "belief" at all"

次女:「確かに」

She:"Certainly"

一瞬で、理解されてしまいました。

I was able to be understood by her in a second.

-----

まあ、私は自分の娘達に、自分の心に反して

As a matter of fact, I have never asked her to say

『いえいえ、何をおっしゃいますやら。パパには「人望」「誠実」「信念」がちゃんと備わっているじゃないですか、アハハハハ』

"Oh! Don't hesitate in saying about yourself. You have already had "popularity", "honesty" and "belief" in your mind, A,ha,ha,ha,ha"

と、空疎なセリフと乾いた笑いを言うような教育は、施してきていないので、これはこれで良いのですが、

I have not given her the education to talk such argument without substance and dry laughing voice.

そろそろ社交辞令のメソッドも教えておかないと「痛い目」に会うかもしれないかなぁ、とも思いました。

However, if I keep skipping the method of social etiquette, I am afraid that she will have a bitter experience.


2015-12-15 ―― お前が、アイドルグループ(の体重)を目指してどうする?

以前、長女が、クリスマスに向けてダイエットを希望しており、私がダイエット指導に入ったという話をしました。

A few days ago, I wrote that my senior daughter asked me how to diet by Christmas eve, and I gave some advice to her.

昨夜、BMIの計算させてみたら、すでにちょっとシャレにならないくらいの値になっていてビックリしました。

Last night, I made her to calculate her BMI, and I was really surprised to hear the value.

―― お前が、アイドルグループ(の体重)を目指してどうする?

"Why do you follow the weight of pop idols group ?"

という位の、デンジャラスな数値でした。

It was really a dangerous numeric.

『この体重値を下回ったら、ダイエットは強制終了させるからな』と、言い含めておきましたが。

I made a point of showing that "I am going to stop your diet even if you reject it"

ただ、

On the other hand,

『クリスマスまでは果物は絶対に口にしない!』

Under the paper with the phrase of "Never eat any fruit by Christmas" that she has wrote,

と、長女が書き殴ったポスターの下にあったはずの、リンゴの山が、いつの間にか無くなっていたので、まだ本気では、心配はしていないのですが。

there were several apples a few days ago, however, I could not find them out at all.

So I am not serious about it so much now.

-----

拒食症や過食症の恐しさは、先日お伺いした病院の栄養士さんに、とくと教えて貰いました。

The nutritionists at the hospital I visited before, gave me many information of a danger of anorexia and hyperorexia.

こちらも、近日中に、執筆を予定しています。

I am going to write it down in the near future.


2016-12-15 私に電話がかかってくることは滅多にありません。

私に電話がかかってくることは滅多にありません。

I rarely get a phone-call.

家族の連絡も、大抵は"Eメール"、緊急性があるものでも"Cメール"の連絡で足りるからです。

Even for family communication, mostly "E-mail", even if urgency case, "C-Mail" are enough.

最近では、会議の時でさえ、電話のマナーモードの設定を忘れているくらいです。

Recently, I have forgotten setting the phone's manner mode, even at the time of the meeting,

結果的に、電話がかかってくるのは、大抵、緊急性を要し、多くの場合、悪いニュースとなります。

As a result, in many cases, It usually requires urgency, and the phone carries bad news to me.

ですので、呼び音が鳴ると『ドキッ』(『ギクッ』に近い)とします。

So, whenever the ringing tone will surprises me With anxiety feelings.

-----

先日、ある会社の方と一緒に、夕食を食べていた時のことです。

The other day, when I had a dinner with a company person at a restaurant,

突然、携帯電話が鳴ったので、驚きつつ、それでも、受話もせずにいきなり切りました。

my cell-phone started ringing suddenly, and I felt surprise at the call. However I broke the connection at the moment.

私は会議中や電車の中では、おおむねこのような対応をしています。

I almost always deal with a phone-call like the above.

しかし、通話履歴から、相手が「次女」であることが分かり、不安になってきました。

However, I felt sorry, because the telephoner was my junior daughter.

この時間に、次女が電話をかけてくることなど、滅多にないことだったからです。

This was an extreme rare case that she called me at the period of time.

そこで、食事を中座させて頂き、食堂の外で、次女に電話をかけなおしました。

So, I excused myself and I called back to her outside the restaurant.

-----

江端:「何事だ?」

Ebata:"What's happen?"

次女:「『夏目友人帳』、どれだけ借りていい?」

D:"How much can I take "Natsume-Yujinchou" ?"

(続く)

(To be continued)


2017-12-15 最近『「坂本竜馬」の記述を、歴史の教科書から削除する』 ―― 真実か単なる噂かは不明ですが ―― という話を聞きました。

最近『「坂本竜馬」の記述を、歴史の教科書から削除する』 ―― 真実か単なる噂かは不明ですが ―― という話を聞きました。

Recently I heard the story that "to delete the description of" Sakamoto Ryoma "from history textbooks", though I don't know whether it is true or just rumor.

こういう理由もあって、私は、これは「良い」と思っています。

I think this is good because of several reasons.

私は、歴史という勉強は、可能な限り客観的な「データベース」であるべきであって、ストーリー性やファンタジー性は排除した方が良いと思うからです。

I believe that the study of history should be as objective "database" as possible, and I also think that it is better to exclude story and fantasy.

ストーリーやファンタジーは小説などの創作分野で、おもいっきり花を開かせる方が、きっと面白い。

For stories and fantasies, I think it is definitely fun to open flowers in the creative field such as novels.

-----

「歴史とは、ロマンとファンタジーであるべきである」と考えている嫁さんとは、当然意見が違います。

On the other hand, my opinion is different from the wife who thinks "history should be a romantic and fantasy", obviously,

嫁さんの考え方は、それなりに「良い」とも思うのです。

I think my wife's policy is as good as it is.

特に「ロマンとファンタジーをベースとした歴史」は、教育現場の退屈な授業を、生き生きとしたものに変える効果があります。

Especially, "History based on Romance and Fantasy" has the effect of transforming the boring lessons of the educational setting into vivid one.

-----

と、思いつつも、

However I sometimes make a slip of the tongue,

●「坂本竜馬」は、「反体制テロ組織への武器供給を行ってきた武器商人」

- "Ryoma Sakamoto" was a weapon merchant who had been supplying weapons to counter-organization terrorist organizations

- "Chushingura" was "Terror affair by rural ronin who cooperated with parties in the reign of Tokugawa Tsunayoshi, the 5th Generals of the Edo period "

てな失言をして、嫁さんに、叱られ続けています。

and I continue being angry with my bride, with a big threatening attitude.


2018-12-15 私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

この手の「低能」は、基本的に面倒くさがりで怠惰で傲慢です。

This "stupid" like this, is basically rude, lazy, and arrogant.

自分の考え方や振舞い変えるのは、誰だって面倒で苦痛にきまっています。

Needless to say, anyone doesn't want change their own policies and behaviors of the life. Because that is messy and annoying even for everyone.

それでも、皆が少しずつ考え方を変えて、歩みよって、少しでも良い社会にしようとしているところに ――

However, when everyone is going to compromise and change their policies little by little, in order to realize better society.

この「低能」は、『毎日、社会が変化し続けたとしても、自分の考え方だけは、変えずに済ませたい』と考えている訳です訳です。

this "stupid" is thinking "Only I, want keep my policies at all, even if the society is going to change"

はっきり言って、「低能」「怠惰」「傲慢」の上に、「有害」ですらあります。

To tell you the truth, this "stupid" is not only "rude", "arrogant" but also "harmful"

そして、この手の「低能記事」の執筆者が、私の世代に多いのは、よく考えれば自然なことです。

On careful thought, it is natural that many "seniors" are "stupid writers" like the above.

私たちの世代や、その上の世代には、もう自分を変化させるだけの気力も体力もないからです。

People for our generations and the beyond, have no more energy or physical strength to change ourselves any more.

-----

ここで、少し話を飛ばします。

Changing the subject.

今年の夏は、本当に命の危険を感じるほど、暑い夏でした。

You know, this summer had been incredible hot, standing in fear of our life.

こんな中でも、町内会の委員(私を含む)は、真夏の避難訓練を強行し、夏祭りの準備を取り止めることはしませんでした。

However, the administrators of the NA(neighborhood association)(including me) didn't stop a evacuation drill in midsummer, and preparation of a summer festival.

これは、年々激化する真夏の気温の上昇という「事象の経時的変化」に対して、町内会が、それに対応する柔軟性を持っていなかったからだと思います。

This is because that the administrators could not have flexibility of "change with time" of hot temperature trend every year.

(もっとも、私は具合の悪そうな人を見つけては、直ぐに帰宅を促していました。誰かに何かを言われたら『江端に命令された』と言うようにと言っておきました)

(Whenever I found the people with sickly face, I advice him/her to return home soon. I said to them "If someone blame you, you can just say "Ebata's command")

-----

そして、私が"最大級の驚愕"をしたのは、夏祭りの準備の最中の休憩時間に、休憩している人たちのど真ん中で、悠々と喫煙を始めた町内会の委員がいた、ということです。

And the dismay of the first magnitude for me, is that there was an administrator who started smoking among people who took a rest of preparation of summer festival.

もっとも、

Of course, I know,

―― 公園での喫煙は違法ではない(場所にも因る)

"It is not an illegal activity to smoke in a park (depending on parks)"

ことは知っています。

しかし、現時点での社会通念に照らせば、

However, according to conventional wisdom at the present,

喫煙者が減少している社会の動向や、受動喫煙の危険性の観点から、

from the viewpoint of decreasing smokers and risk of secondhand smoke, the followings might be expected,

■一旦、公園の外に出て、

- Once going out of the park,

■人のいないところを探して、

- searching a place with no people

■煙がこもらないように、一人で(誰かと会話をしながら、ではなく)喫煙をする

- preventing smoke escaping to other place ( Smoking alone, without chatting others)

というのは、現役の社会人(and 会社人)である私にとっては自明のルールです。

The above are ordinal rules for me, who is a general working people ( and salaried employee)

私のもっている暗黙的な社会通念が、社会全体のものではなかったという事実に ―― 私は、心底、愕然(がくぜん)としたのです。

I was really surprised from the bottom of my heart, to know that the conventional wisdom in my mind, is not tackled by society as a whole.

(続く)

(To be continued)


2019-12-15 「自分の生涯で、使い切れないほどのお金があることは幸せか」

自由に使えるお金があることは幸せである —— ということは、私の経験では「真」です。

It's happy to have free money — it is "true" in my experience.

しかし、

However,

「自分の生涯で、使い切れないほどのお金があることは幸せか」

"Is it happy to have enough money in my lifetime to be used up?"

については、そのような立場に立ったことがないので、私には、真偽の判定ができません。

I have never been in such a position, so I cannot make a true / false decision.

(勿論、この問いに対して、一般解があるのかどうかも分かりません)

(Of course, I don't know if there is a general solution to this question)

いずれにしても私には、「一生分からない問題」と諦らめています。

In any case, I give up because it is a "problem that I don't know for a lifetime."

-----

最近、仕事で山のように(といっても、十数枚程度だけど)、32GBのSDカードを購入しました。

Recently, I bought many 32GB SD cards at for my work (even though it was about a dozen).

Amazonで購入すれば、1枚600円程度です。

If you buy it on Amazon, it costs around 600 yen.

ちなみに、私が学生の頃、32K(単位に注意)のメモリボードが60000円程度でした。

By the way, when I was a student, a memory board with 32K (note the unit) was around 60000 yen.

個人購入したメモリボードを、大学のパソコンに設置して使う、という、公私混同の運用をしていました。

I used a personally purchased memory board on a university computer, and I used the board for public and private use.

こうでもしないと、シミュレーションの対象数を増やすことができなかったからです。

Otherwise, the number of simulation targets could not be increased.

それはさておき、32GBのメモリストレージが600円で購入できる時代の到来など、1990年の段階で予測できた人は、一人もいませんでした。

Aside from that, nobody could not predict the arrival of an era when 32GB of memory storage could be purchased for 600 yen in 1990.

これは、それを踏まえた上での、江端仮説です。

This is the Ebata hypothesis based on this.

-----

今の私にはお金はありませんが、使い切れないほど、潤沢な容量のストレージがあります。

I don't have much money now, but I have plenty of storage so I can't use all.

この状況にあって、「HDDやSDカードをもっと買ってやる」と言われても、多分、私は、喜ばないし、幸せを感じることもできないです。

In this situation, even if someone says "I'll buy more HDDs and SD cards for you", maybe I'm not happy.

これは事実であって、仮説ではありません。

This is a fact, not a hypothesis.

「ストレージは、どんなに潤沢な量があったとしても、その使い道がはっきりしていない状況では、価値が発生しない」のです。

"No matter how abundant storage is, there is no value in situations where its usage is unclear".

この「ストレージ」を「お金」に置き変えて考えると、

If you replace this "storage" with "money"a,

「お金は、どんなに潤沢な量があったとしても、その使い道がはっきりしていない状況では、価値が発生しない」と、推定できます。

It can be estimated that "no matter how much money I have, no value will be generated in situations where its usage is unclear".

発生しない価値について、幸/不幸を感じるのは難しいです。

It's hard to feel happy / unhappy about the value that doesn't occur.

(死ぬまでお金の心配はいらない等の、「安心」は担保できると思いますが)

(I think "safety" can be secured, like I don't worry about money until I die.)

-----

お金は、そのお金が欲しい時に、最大の価値を発生させます —— 実証実験中に足りないと気がついた機材や、壊れた機材を購入しなければならない時です。

Money generates maximum value when you want it —— It's time to find out what you’re missing during the proof-of-concept experiment or buy a broken piece of equipment.

あるいは、自分の考える事業を拡大させて、自分の考える価値を、世の中に押しつけたいという野望があったり、

Or there is an ambition to expand the business in order to push the value that you think to the world,

自分の考えるシステムの性能を上げて、色々な実験結果を見てみたいという野望があったりする場合にも、お金の価値は発生しそうです。

Even if there is an ambition to improve the performance of your system and see various experimental results, the value of money is likely to occur.

-----

という訳で、

So,

「自分の生涯で、使い切れないほどのお金があることは幸せか」

"Is it happy to have enough money in my lifetime to be used up?"

に対する私の仮説は、

My hypothesis against the above question, is

「使い切れないほどのお金に、明確な使い途があれば幸せ」

"If you have enough money to use up your money, you'll be happy"

となります。

まあ、お金がない者の、お金がないなりの思考実験、として、受け流して頂ければ幸いです。

Well, it would be good if you could pass it as a thought experiment for those who have no money.