2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2013-12-08 『右の頬を打たれたら、やめる』

「やる気を起させる為に、敢えて叱責する」という教育方法というのは、古今東西一般的です。

There is a popular education ways that is "Scolding intentionally to make their motivation"

でも、これ、もうそろそろ止めてもいいんじゃないかな、と思っています。

I think this way is obsolete currently.

私は、「叱責することで、奮起させる」という主張は、教育する側のスキル不足(無能)に対する言い訳だと信じています。

I believe the saying "Scolding on intentionally to make their motivation" is just excuse for inefficient teachers and trainers.

そもそも、そういうやり方自体、すでに効果がないと思うのです。

To begin with, I think that the way is no longer effective.

----

マタイによる福音書5:39に「しかし、わたしはあなたがたに言う。悪人に手向かうな。もし、だれかがあなたの右の頬を打つなら、ほかの頬をも向けてやりなさい」という記載があります(http://ja.wikisource.org/wiki/マタイによる福音書(口語訳))

Gospel according to St. Matthew says that "Whosoever shall smite thee on thy right cheek, turn to him the other also."

先日、このフレーズを引用して、同僚がいいことを言いました。

The other day, my colleague told me the nice following,

「江端さん。私の主義は『右の頬を打たれたら、やめる』です」

In my opinion, "Whosoever shall smite thee on thy right cheek, I stop it."

上手い。

It is Nice.

私だって「叱責」されたら、止めます。間違っても「奮起」なんぞしません。

I also do same things, never struggle against the scolding.

面倒くさいですからね。

It's too much of a bother.


2014-12-08 「香典返しと言えども、そこには、その人の生き様を反映すべきだと思うんだよ」

最近、著名な芸能人がお亡くなりになっているように感じます。

I am afraid that many prominent actors and actress passed away recently.

同じ、またはちょっと上の世代の人が、連続してお亡くなりになるニュースを聞く度に、「私もいつかは死ぬんだなぁ」と実感します。

Whenever I hear these kinds of the news that some and upper generation’s celebrities pass away one after another, I feel that I am also going to pass away in the near future.

色々考えておかないと、と思っています。

So I think something deeply in the present.

-----

先日、長女が一人でお葬式に参列してきて、そのお返しの物品(海苔の詰め合わせセット)を貰ってきました。

The other day, my senior daughter attended a funeral, and was given a gift in return for a funeral offering. (It was the assorted laver.)

次女が「これは何か」と聞くので、「香典返し」について説明をしました。

My second daughter asked me what that was, I explained about the gift.

-----

次女:「他にどんな香典返しがあるの?」

Daughter:"What kinds of the gift are there?"

江端:「鰹ぶし、調味料、お茶などがあるかな」

Ebata:"Dried bonito, condiment, and tea leaves, for example"

次女:「食物ばっかりだね」

Daughter:"Only foods?"

江端:「『香典返し』に食べ物が多いのは、『故人のことは早く忘れて、前向きに生きよう』という意味かもしれない」

Ebata:"The food gift might mean that we should forget the deceased as soon as possible, and let us live our life in a constructive manner".

次女:「パパだったら、何にしたい」

Daughter: "What gift do you want to give them in your funeral?"

江端:「香典返しと言えども、そこには、その人の生き様を反映すべきだと思うんだよ」

Ebata:"I think that I am going to include my life in the gift"

次女:「うん」

Daughter:"H'm."

江端:「激辛カレーのレトルトパックかな。できれば、生前に自作カレーとして残しておきたいくらいだ」

Ebata:"Extremely hot curry in vacuum packs is the best. I want to make and keep them by myself before my death"

と、ここで嫁さんが、会話に割り込んできました。

In this step, my wife interrupted our talks.

嫁さん:「ええー、私は嫌だよ、そんなの。恥しいよ」

Wife:"Absolutely NOT. I will be shamed"

江端:「・・・いや、もう、その時、私は死んでいるし」

Ebata:"I will have already passed away before giving others to the gift"

嫁さん:「『故人のことは早く忘れて』という趣旨にも反しているよ。強烈な印象で、後世にも生きようという、俗物の欲望を感じる」

Wife:"It is displaying a lack of consistency that "forgets the deceased as soon as possible". I think that a worldly desire to keep your life with violent impression.

江端:「う・・・」

Ebata:"Oh..."

嫁さん:「まあ、私が先に逝くから、どうでもいいか」

Wife:"For the second thought, I don't have to care, because I will pass away before you."


2015-12-08 先日、通勤電車の中でSDカードを拾いました。

先日、通勤電車の中でSDカードを拾いました。

The other day I picked a SD card up in the commute train.

普段なら、放っておくところなのですが、たまたま私が荷物を置いた所に落ちていたものですから、

I usually leave it alone, however, the card was left on the train floor near my language. So I thought

―― もしかして、私のか!?

"Might it be mine ?"

と、慌てて拾ってしまったのが敗因でした。

and I happened to pick it carelessly.

-----

所有者不明のSDカードとかUSBメモリは、本当に取り扱いに困るのです。

Any unknown SD card and USB memory of are really to be annoyed.

間違って、アホが拾って、ネットに公開されるようなことになれば、持ち主のプライバシーが侵害される恐れがあります。

Even if a dummy picks it up and open it in the Internet, the owner privacy is going to be destroyed.

さらに、その人の勤務している会社の営業秘密などが流出すれば、その持ち主、解雇くらいじゃすまないかもしれません。

Moreover, if some trade secrets of the owner's company are in it , the owner's penalty must be more than the fired.

このような観点から言えば、『落ちている情報媒体は、その場で踏み付けて破壊する』 ―― が親切のようにも思えます。

From the above viewpoint, "to destroy any storage device with stepping upon" might be a good manner.

しかし、

But

「家族や故人の思い出の写真などが入っていた」とすれば、持ち主は血相を変えて探しているだろうことも予想されます。

If "delicious memory of family , or memorial pictures of deceased" are in the device, the owner might search it in a black rage.

ならば、「自分のパソコンで、内容を確認してから、破壊するかどうかを判断する」という手も考えられなくはありませんが、そんなところから、パソコンにウイルス感染したら、

I could confirm the contents in the device by my note PC, however, I have to take a risk of a computer virus.

In my case, I am not forgiven just to blame for the stupid action, because I am a specialist in the field.

-----

結局、駅に届け出てきました ―― 乗っていた電車と、拾った時間だけ一方的にしゃべって、SDカードを放り投げるようにして。

After all, I throwed the SD card out at the station office. I just told the officer the train and time I had picked it up .

名乗りもしませんでした。

Of course, I didn't leave my name either.

後で「複製を作っていないこと」の誓約書など書かされたら、たまらんですからね(これ、冗談話ではありません)。

After that, I don't want me to ask to write my sign a covenant of "NO COPY" ( It is the real story)

つまり、私は、「問題を鉄道会社に押し付けて逃げた」のです。

In short, I left the problem at the train company and run away.

だから、後は任せました。小田急電鉄さん。

So, I leave it to you, Odakyu-Dentetsu.


2016-12-08 私は、日々をなるべく波風が立たないよう ―― 日和見的に ―― 生きて行きたいと思っています。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

私は、日々をなるべく波風が立たないよう ―― 日和見的に ―― 生きて行きたいと思っています。

I hope that I want to live my life without causing waves, so called "fence-sitting".

この私の「日和見主義」への想いは、

This my "fence-sitting" policy has been

■就職をきっかけに「立ち上り」、

to be built up after getting the job,

■結婚で「強化」され、

to be tighten after the marriage,

■子どもができてからは「信念」となり、

to become a belief after having children,

そして、

and

■子どもの進学や両親の介護で「信仰」となりました。

to come to a religion by problems of education and caring for my children and parents.

人によっては、『どの口が「日和見主義」を語っていやがる』と不愉快な思いをされているかもしれません。

You might get angry, saying " who can use the word "fence-sitting"",

しかし、私は、日々、一線を超えないように、ぎりぎり「白線の内側をお歩き下さい」を忠実に守ってきたつもりです。

However I have been supposed not to teeter over the edge, and respect "please stay back of the white line".

-----

私は ――

I am a human being, who

ウイークデーに、オフィスに閉じこもって、粛々と仕事をこなし、

works at the office on the business days without making a fuss, and

ウィークエンドに、自分の部屋に閉じこもって、ガリガリとコラムを書き、

writes my columns at my room on the weekend without uttering a word, and

ただ、それを繰り返しているだけの、

repeats the above two tasks again and again

そして、それ以外のことは基本的に何もできない、

and cannot do anything without the two activities basically

そういう人間です。

(続く)

(To be continued)


2017-12-08 ―― 『いちゃついているカップル』とは、私たちにとって、考え得る最大級の保護を行うべき対象である

「電車の中などの、公の場で『いちゃついているカップル』を見ると不快に感じる」

"I feel uncomfortable seeing "a couple flirting"in the public place, such as in a train."

を、論理的に説明できる仮説をお持ちの方がいらっしゃったら、教えて下さい。

If you have some hypotheses that can be explained logically, please contact us.

ちなみに、私、若い頃は「いちゃついているカップル」の実施経験者なので、「いちゃついているカップルに『嫉妬』している」という仮説は、検討から除外して頂いて結構です。

By the way, as I was a young person I've been an experienced "couple who is flirting", so there is no problem to exclude the hypothesis that " my jealous" for a couple who is flirting.

できれば「行動経済学」的観点から論じて頂けると嬉しいです(今、マイブームなので)。

If possible, I would be happy if you could discuss it from a "behavioral economics" point of view (now it is my boom).

また「利己的遺伝子」的観点からは、検討しました(が、論理破綻しました)。

From the viewpoint of "selfish genes", I examined it (but the logic collapsed).

-----

現在の日本の少子高齢化から鑑みて、

Given the current declining birthrate and Japan's aging population,

―― 『いちゃついているカップル』とは、私たちにとって、考え得る最大級の保護を行うべき対象である

""A couple flirting" is the subject of the greatest possible protection"

と言えるハズですが、私(たち)の心理は、どうも、そのように発動しないように思えるのです。

However, the psychology of us seems not to act like that.

-----

年末のお忙しい中、御面倒とは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

During the busy year-end, I know that it is troublesome for you, however, please give your support for me.

なお、この私を唸らせる仮説を送って頂いた方には、もれなく、私のブログで紹介されるという名誉(?)が与えられます。

Furthermore, if you send me a impressive hypothesis, I will give you the honor(?) that it will be introduced in my blog.