2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2013-10-25 『ふーん、あんな下品な見出しを出すスポーツ新聞ごときでも、何かの役には立つのですね』

私は、いわゆるスポーツ新聞というのが好きではありません。

その理由に関しては、「日本における野球文化に関する一考察」を御一読頂ければ、ご理解頂けるものと思います。

一部抜粋します。

=====

複数のニュースメディアを利用する場合、私たちは、それぞれのメディアの主張を多面的に分析して、事実はどこにあるのか調べようとすることがあるかもしれません。

例えば、日テレでは「巨人勝利」と報じていたが、フジでは「中日がサヨナラ満塁」だとか、サンケイスポーツとニッカンスポーツでは結果が異なる、というのであれば、どれを信じていいか判らずにあれこれ見たり読んだりする、というのは納得できます。

しかし、どうせ同じ結果しか報じていないメディアを、どうして何種類も見るのか、全く不可解です。

なにより私は、あのスポーツ新聞メディアの、首尾一貫しない軽薄な論調が嫌いです。

シーズン開始時に「今年も最下位決定! 監督更迭!?」と書き、シーズン終りに「信じていたぞ!我等の巨人!!」とよく書けるもんだと思う。

もし人間だったら、私は、こんな奴とは絶対付き合えない。

=====

先日、会社の幹部と一緒に飲む機会を得た時に、その方が、私の上記の主張とは逆の論旨を展開されていて、驚きました。

幹部:「例えば、プロ野球の試合一つ取っても、その流れが『がらっと変わる』というポイントがあるんだ」

江端:「ほう」

幹部:「で、私は私なりの主張を持っているんだ。例えば、あの『ファール』によって流れが変った、とか、あの『凡フライ』にこそ重要な意味があった、とか」

江端:「はあ」

幹部:「しかし、スポーツ新聞では、それと別の論旨が展開されている訳だ。しかもだ、主要スポーツ新聞4紙で、主張が全部違うのだ」

江端:「4紙全部を購読しているんですか!」

と、ちょっと場違いの方向に驚きました。

幹部:「俺はな、こうしてプロ野球とスポーツ新聞で、物事の多角的な視点と、いわゆるダイバーシティという奴を、獲得するに至った訳だ」

江端:「なるほど」

-----

複数のスポーツ紙を利用して、それぞれのメディアの主張を多面的に分析して、プロ野球の試合の流れを決したポイントがどこにあるのか調べようとする ―― という目的には、叶っているという訳です。

「そんなもの(プロ野球の流れ)を分析してどうするんだ?」と言うことは、さすがに暴言と思います。

1000年後の人口を予測したり、20年後の結婚の可能性を計算することと、同様に、「どーでも良いこと」である点では、同義なのですから。

そこに、本人の楽しさがあれば、立派な正義です。

-----

『ふーん、あんな下品な見出しを出すスポーツ新聞ごときでも、何かの役には立つのですね』 ―― と、口には出しませんでしたけどね。

なにしろ、私は、サラリーマンですから。


2014-10-25 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の最終回の日本語のセリフを、日本語のままで理解できる国に生まれたこと

TOEICやらの英語の試験に追い込まれるこの身であっては、英語圏で生まれてこなかった我が身の不幸を嘆くこともあります。

We often lament that we were born in Japan, because I have to come under pressure to take some English examination, TOEIC, for example.

しかし、

However, on the other hand, about

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

"AnoHana: The Flower We Saw That Day"

の最終回の日本語のセリフを、日本語のままで理解できる国に生まれたことは、

I believe that

―― かなり、幸せなことだろうな

we were very happy to be born in Japan because we could understand the lines of characters of "AnoHana" in the final round perfectly.

と思うのです。

weren't we?

-----

ググッてみました。

Let me try to use the search engine.

■"I wish" "born in japan"で検索したら、約32万件がヒット。

Searching the phrase "I wish I have been born in Japan", about 320 thousands are hit.

■"animation"を加えたら約20万件がヒット。

Adding to "animation", about 200 thousands are hit.

ほらね。

You see.

60%もの人が『羨ましがっている』でしょう?

About 60% persons envy Japanese.

見方によっては、日本人に生まれついたことは、相当なラッキーなんですよ。

From the difference viewpoint, what we were born in Japan is considerably lucky.


2015-10-25 それは、彼らの一人一人が「狂っている」からです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、世の中を見ると、「彼」みたいなモノは実際に存在します。

There are something like him, when we try to watch the world.

Linuxを筆頭とするOSS(Open Source Software)なんて、本当にその創成期においては、「バカ、アホ、間抜け」呼ばわりでした。会社で、OSSの話なんぞしようものなら、良くて嘲笑、悪ければ罵倒されていたものです。

According to OSS(Open Source Software) for example,Linux Operating System that is head the list, when it started, the activity was called "stupid, stupid and was stupid". It was true that my company coworkers called me ridicule at best, and abused at worst.

しかし、今や、OSSを前提としないITシステムは、もはや存在しないといっても過言ではありません。

But now, it is no exaggeration to say that no IT system based on the OSS exists.

あるいは、コミケ(コミックマーケット)などに見られる、いわゆる「サブカルチャー(あるいは「オタク文化」)」は、この最たるものしょう。

So called "subculture", in the "comic market(comike)" movement is a kind of typical example.

毎日、膨大な創作物が創成され、間違いなく経済活動に影響まで与えている。

Everyday, enormous creations are released and they can affect economy absolutely.

OSSやコミケが潰れずに存続している理由は明快です。

The reason why OSS and comike continues until now, is clear.

それは、彼らの一人一人が「狂っている」からです。

Each member of them becomes crazy.

彼らは、コミュニティに帰属したくて行動しているのではないのです。

They don't want to belong to the community because of their activities.

逆です。

It is opposite.

彼らの『楽しい』が、たまたま、偶然に、コミュニティを形成しているだけのことです。

Their "enjoy" happens to make the community unexpectly.

彼らは、いつでも、『楽しい』を燃料として、『狂気』というエンジンで、たった一人で動いているのです。

They always let them move alone, by a "crazy" engine with fuel of "enjoy".

彼らは、―― 社会主義とか資本主義とか宗教か常識とか、そんなものがなくったって ――、『債券(金銭)対価がなくとも、世界は動く』という事実を示し ―― ここまで世界を追い詰めたのです。

They have driven the world into the corner, with showing the fact that the world can move without credit, for example, socialism, capitalism, religion, and common sense.

「狂気」と「楽しい」が、世界を動かすことは、すでに実証済みなのです。

Both "crazy" and "enjoy" can move the world, is tried-and-true.

------

「江端さんは、毎月、膨大なデータを解析して、高度な計算結果算して、コラムに組み上げていますね。金にもならないことなのに」

"Ebata-san is doing analysis of many data and difficult calculation and making a column every month without you profit."

と良く言われます。

Some people often tell me the above.

もうご理解頂けると思いますが、その理由は、

You know , the reason why I am doing them is

―― 私が、たった一人で、狂って、そして、楽しんでいるから

"I am alone, crazy for it, and enjoy it"

です。

だから、私は自分のことを「ぼっち」だと主張しているのです。

So I always call me "loneliness".

ただ、『私が「世界を動かしていない」』という一点では、皆さんと認識を共有できると思っているのですが。

But I think that I can share a recognition that "Ebata has not moved the world".

(続く)

(To be continued)


2016-10-25 「自分でやる」も、「人に押しつける」も、「逃げる」も、それぞれ、面倒くさいことには違いないです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、この「逃亡」というスキルも、これはこれで、なかなか難しいものなのです。

However this skill of "runaway" is modestly difficult.

(と、この後、必要条件2つ、実施事項3つ、注意事項2つ、をすでに30行くらい記載した後)

I had already written more than 30 lines about two requirements, three instructions and two attentions however I finally noticed,

―― 駄目だ

"No way"

―― この「逃亡スキル」を実施する知性と能力のある人は、「逃亡スキル」を実施する前に、仕事を完了して、どこかに遊びに出掛けている

"The person who can execute this "runaway" skill" has already done the work and gone to somewhere to visit for pleasure."

と気がついてしまいました。

色々検討をしたのですが、

After that, I went through other activities to solve this problem, however,

「自分でやる」も、「人に押しつける」も、「逃げる」も、それぞれ、面倒くさいことには違いないです。

"Do it by myself", "Ask it to others" and "Runaway", these activities are absolutely annoying.

-----

という訳で、ショボイ結論で恐縮ですが、

I am sorry that I have to tell you a poor conclusion,

「自分で『できない』と確信したら、誰が何と言おうとも『自分ではできない』ということに自信を持つべきだ」

"If you feel certain that "I cannot do it", you should keep believing the "I cannot do it" absolutely, even if whoever says whatever"

ということでしょうか。

―― それすらも、面倒くさいかもしれませんが。

I am afraid that even it might annoy you.