2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2015-10-24 「国家を維持することを目的とする教育」が「楽しい」ものになる訳がない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

近代国家において、国民に対して勉学を奨励するのは、それが、回り回って「国家に利益をもたらす」という、「ビジネスモデル」であるからです。

As modern state, the reason why nation give education to citizen is that it is a business model to make profit of nation.

そして、この「ビジネスモデル」は、概ね上手く回っているようです。

And this "business model" is likely to be working well in Japan now.

もっとも、国民に対して勉学を制限することで、統治を試みている為政者もいます(イスラム原理主義者や、ほんの50年くらい前、日本の近くにある大陸の国も、そんな感じだったようです)。

Of course, some policymakers of other nation try to restrict chance of education for citizens to govern the nation (for example, Islamic fundamentalist, and socialist in the continental near Japan)

いずれにしても「勉強」と「国家権力」は、とても強い関係があり、ぶっちゃけ「国家権力」の匙かげん一つで、国民をどのよう作り変えることができます。

Anyway, there is a strong relationship between studying and state power, and, in short, it is easy for the state power to control the direction of citizen's policy.

例えば、戦時中の日本軍の非戦闘員への暴行を、クローズアップして繰り返し教育を施し、憎悪を駆きたててさせることで、政府の方針を ―― 比較級 ―― で支持させる、ということだってできますし、

For example, some nations are trying to repeat past histories in WW2 of violence by Imperial Japanese Army during the period of compulsory education, and make them arouse hatred to Japan in order to gain support to present the government, as "comparative degree".

戦争当時の我が国においては、「戦争反対」を主張すれば、たちまち「売国奴!」と罵倒されるように、教育されてきました。

At that time, in Japan, the state power tried to make them as patriotic persons with muting their criticism, and when one of cried out against war, other said "traitor" to them.

今だって、広島、長崎を例として「絶対悪としての原爆」が教育の基本となっていますが、これだって、パワーバランスとしての積極的平和主義を唄った『必要悪としての原爆』を旨とする教育だって、やろうと思えば不可能ではありません。

One of Japanese nation common sense is "atomic bomb is absolute evil" that is based on our compulsory education. But if the state power try to change this common sense , for example "atomic bomb is necessary evil because of active pacifism", for the power balance, I believe it becomes possible.

-----

国家による教育において「中立性のある教育」なんぞは、絶対的な意味において不可能です(というか、『中立性のある教育』というフレーズ自体が、すでに、自己矛盾を含んでいます)

I strongly think that "mutual education" is absolutely impossible by the state power.(The phrase of "mutual education" has already included a contradiction in itself)

国家が教育するのであれば、その国家権力に都合の良いようにカリキュラムが組まれるのは当然ですし、そうでなければ気持悪い。もし、そうでなければ(私なら)「バカ」と言うでしょう。

"Compulsory education" should be designed to work for the state power. If not, I feel unpleasant. And if as is, I will say "Are you dummy?"

国家権力の目的は、つまるところ国家の維持なのですから。

The purpose of the state power is to continue the nation.

あ、いかん、いかん。また話がずれた。

Oh, I am sorry. Let back to board.

-----

えーっとですね、何が言いたっかというと、

What I wanted to say, is

「国家を維持することを目的とする教育」が「楽しい」ものになる訳がない

"Compulsory education is for continuing the nation, so nobody makes it enjoyable"

ということなのです。

-----

それはさておき、彼のように、「楽しく勉強をする」者が、

So, it was inevitable for many people that he who was enjoy studying, looked like

―― 「狂っている」

"crazy"

と感じられてしまうのは、仕方がないものなのかもしれません。

だって、彼は、国家の意図を超えたところで、勉強をエンジョイしているんですからね。

Because his action was beyond the reach of nation's intention.

(続く)

(To be continued)