2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-10-10 つまり私は「意地になっているのですよ」、年甲斐もなく

「サポート切れのXPを使い続けることは「ヘルメットなしでバイクに乗る」と例えられるほど、サイバー攻撃の危険は高まる」

というフレーズの妥当性を、誰か教えて頂けませんか?

誰がこの「ヘルメットなしでバイクに乗る」ほど危険と言い出したのか、私は知りたいのです。これって「死亡事故になる」と言うことですよね。

「揚げ足」を取っている訳ではないのです。

マイクロソフト社は、当然、いつまでも古いOSの面倒を見るよりは、新しいOSに移行したいので、このように煽るのは当然です。

しかし、それを「検証もせずに、言われるままに信じ込む」という姿勢は、いかがなものかと思うのです。

大体、サイバー攻撃を「パソコン」で受ける事態になっていれば、Windows7であろうが、"8"であろうが、"Windows100"であろうが、そんなことは関係はない。DOS攻撃をしかけられて終りです。

フィッシングや、標的型攻撃メール、偽サイトに対して、「Windows7なら大丈夫」で「WindowsXPなら危険」という、その論理付けが、私にはさっぱり分からんのです。

-----

まあ、企業や公共サービスでは、「セキュリティパッチのサポートを受けられないOSを使い続けていました」と、「システムをダウンさせられました」の間に、何の因果関係がなくても、絶対に責められるだろう ―― とは思えます。

会社のシステムでは、私は、インストールの最中ですら、ウイルスが爆発したり、外部から攻撃がされていないか、スイッチングハブのLEDの点滅を見ながら、作業するという「チキン」な対応をしています。

もちろん、それはエンジニアとしてのプライドの問題でもありますが、企業の構成員としての責任でもあるのです。

ただ、この責任とは、それは「努力目標」に基づく「免責」 ―― もっとはっきり言えば、セキュリティに関する「言い訳作り」という面もあります。

ともあれ、XPを使っていようが、Windows98や、3.1や、MS-DOSを使っていようが、「絶対にこのシステムを守りきってみせる」と宣言する、システム管理者がいれば、―― 私は、惚れてしまいます。

まあ、それはさておき。

-----

そもそも、皆さん忘れているようなのですが、「セキュリティパッチ」を定期的に配布しなければならない、ということは、「そもそも、その製品は不良品である」ということですよね。

こういうことです。

「私たちは、不完全で安全でない家を販売しています」→「でも当初から完璧を目指すことは諦めています」→「ですから、逐次、泥棒に入られた人から事情を聞いて、修理(セキュリティパッチの配布)をしていきます」

―― そんな不良品を、最初から売るな!

「せっかく買って頂いた古い家については、もう修理はしません。泥棒に入られても、それを反映させません」

―― ふざけるな!

「そうそう、新しい家に引っ越す時の、家具の運搬の費用(アプリケーション移行費用)は、そっちで負担して下さいね」

―― 舐めるな!

纏めると、

古い家は、もう修理の予定がないので、新しい家を自分で立てて、自分で家具を運び込んで下さいね。その費用は全部あなたがが支払って下さい。引っ越さないのはあなたの自由ですが、何が起きても、私は知りません。

ということです。

それが、製品を売ってきたものの言うセリフか?

―― という理屈が通らないのは、よく判っています。

私も、OSの研究に携わった研究員であり、「完璧なソフトウェア」は存在しないし、いつかはサポートを打ち切らなければならないことも、心の底から理解しています。

しかし、WindpwsXPという10年以上にも及ぶ製品を保守してきた会社自身が、「WindpwsXPは危険だ」と叫び回っている姿には、ものすごい不快感を感じます。

そして、その声に、根拠なく唱和するユーザも同様です。

自分達が守ってきた/使ってきた製品に対して「愛」はないのか、と。

-----

という訳で、本日、私は、「我が家」のWindowsOSの移行計画の中断を決定しました。

ええ、サポート終了後も、江端家のメインPCは、WindowsXPで運用を続けます。私は、体を張って、「ヘルメットなしでバイクに乗ってみせます」

江端家の記憶媒体には、娘の書いた数多くのイラスト原案や、嫁さんの町内会のフリマのポスター、そして、江端のボツにした山のようなコラム原稿があります(まあ、多くの人にとって価値はないでしょうが)。

それらを盗んで、世間に晒せ! 江端をネットで笑い者にしろ!

そして、私が丹精込めて作り上げてきた、江端家セキュリティシステムを、完膚なきまでに破壊してみろ!!

そのような運用をしていて、やっぱり酷い目にあったら、その段階で私は皆さんに、正直かつ正確にご報告し、そして、浅学で深慮のない自分を自己批判をします。

-----

つまり私は「意地になっているのですよ」、年甲斐もなく。


2014-10-10  「中本北極ラーメンファンド(通称:江端ファンド)」

「北極ラーメンファンド」トライアルチームのメンバより、コメントが届いて おります。

The members of trial teams "Hokkyoku-Ramen fund" sent me some comments by E-mail.

これから暫くの間、毎日ご紹介します。

I would like to open their comment every day.

======================= ここから ======================

======================= From here ======================

基山です。

I am Kiyama.

江端さんのアイデンティティを0.01%くらい削った基山です。

I might have scrapped Mr. Ebata's identification about 0.01% only.

早速ですが、下記の通り

By the way, I would like to apply to you for

「中本北極ラーメンファンド(通称:江端ファンド)」

"Hokkyoku-Ramen Fund ( Ebata's fund, so called)"

への申請を致します。

--------------------------------------------

■申請内容

- Content of application

「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」完食

"Eating-up of half Hokkyoku-Ramen and half MoukoDon bowl"

■証拠写真

- Evidence of photo

下記フォルダをご参照下さい。

See the following folder

■完食に対する所感

- Consideration of this trial

納得の「クセになるおいしさ」でした

Delicious as "habit forming"

でも「2度目はない」と思います

No hope to the next

今もお腹が変な感じです

Feeling stomach ache

やっぱり課長はすごい

Our boss is great

======================= ここまで ======================

======================= To here ======================

どんなイベントであれ、翌日には、簡潔かつ的確に、きちんと証拠を揃えて、報告を行う

Even what types of event, submit the report with evidence properly, briefly and precisely on the next day.

それが研究員です。

We are research engineers.


2015-10-10 極論すれば、―― 民主主義の否定。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

必ずしも、そう言い切れないかもしれません。

We can hardly say with any finality that

そもそも、「年を取る」ということそれ自体が「権力」だからです。

Above all, "aging" is a power in itself.

会社の中であっても、職位はどうあれ、年上の人には敬語が使われますし、強い言葉や口調で批判するのは、躊躇される雰囲気はあります。

Officially, we use honorific to older persons, and hesitate to criticise them with strong tone and hard expression.

(私の勤務する会社の体質が古いということもあるでしょうが)

(The reason is likely to that the company I am working is a type of old company)

考えてみれば、中学や高校ですら、上級生には敬意を払うように仕向けられていますよね。

Come to think of it, we are induced to show our respect senior students even in junior or high school.

で、私達は別段、それを不思議とも、思わずに受けいれています。

I can accept the system with small wonder.

部活でロクな活躍をしなくても、―― 下手すれば、自分よりも遥かに技量が劣る人であっても、先輩という理由だけで、敬意を示すことが「範」とされるのは

Even if the senior student doesn't have a good activity, if it's worse case, he/she is inferior to our skill, the reason of "showing our respect for the senior looks like a good manner", is

『つまるところ、それが相互にとって管理コストが「安い」から』

cheaper than other ways for our society, in conclusion.

ということなのでしょう。

極論すれば、―― 民主主義の否定。

In an extreme case, it is denial of democracy.

「年齢に権力を」は、意思決定の「早さ」を優先したいという社会の要請の一つなのでしょう。

"An elder should has power" is a kind of request of society, in order to be fast in making decisions.

(続く)

(To be continued)


2016-10-10 とっとと止めやがれ

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

その程度のお前の下らない自己満足の為に、「病気」「メンタル障害」「過労死」させられる側のこっちの身にもなってみろ

For such your private timid ambitious, why I should have a risk of "disease", "mental illness" and "overwork death" ?

―― と言いたい訳ですよ。

I want to claim the above.

例えば、

for instance,

(1)未来、数百年に至って、

(1)for future some hundred years,

(2)世界中の何億もの人々を幸せにする為の

(2)for the happiness for more than some billion human beings

(3)偉大な「革命」(私はこの言葉も嫌いですが)の為に、

(2)for a great revolution ( I dislike the word)

(4)巻き添えで殺されるのであれば、

(4)my life should be made victim of the revolution,

まあギリギリ諦められるかもしれないしれません(それでも絶対に許さないけど)。

I might accept to being a sacrifice (but I won't allow for the person).

-----

しかし、

However,

(A)お前の個人的なささいな虚栄や栄達ごときの為に、

for your private timid pride or personal aggrandizement

(B)「信長」や「竜馬」を気取って、

with setting up for "Nobunaga" or "Ryouma"

(C)私達を「過労死」させるような、

going after us with overwork death

(D)下種な動機で、組織を運営しているなら

managing a company with petty-minded motivation,

とっとと止めやがれ

Stop it as soon as possible

―― と言いたい訳ですよ。

I want to say that.


2017-10-10 『こちとら、ネットワークの研究員だ。今度電話してきやがったら、逆探して、テメーの身元をネットに晒すぞ』

私は、社用の携帯電話を使用しているのですが、時々、得体のしれない電話がかかってきます。

I use a cellphone. provided by my company, and I sometimes take a phone call from an unknown company.

電話番号だけでは、相手が分かりませんし、会社の電話にかかってる以上、、一応、どんな電話でも受けなければなりません。

Even when I read the number, I could not specify a person or a company. So I have to take it by the company cellphone.

これまで、様々なバリエーションを試してきたのですが、最近は面倒くさくなって、以下のような対応をしています。

From now on, I have introduced several methods to you to counter attacks against these accidents. However, recently I come to bother to do them, so I just do the following action.

(Step.1) 電話が鳴ってきたら、自分の名前などは一切名乗らず「はい」とだけ言う。

(Step.1) When my phone rings, I just say "Yes" and don't say nothing anymore.

(Step.2) 相手の声が、非常に愛想のよい「こんにちはーー!」という言葉で始めたら、何もしゃべらず、ひたすら沈黙し続ける。

If the person say "hello!" friendly, I keep my lips and don't respond.

これだけで、大抵、相手が「スミマセン」といって電話を切ります。

In many case, the person hung up with saying "I am sorry".

-----

私、相手がしゃべっている最中にでも、一方的に電話を切れるのですが、会社の同僚とか見てみると、得体の知れないセールス相手でも、丁寧に対応しています。

I can hung up even when a person is talking. However my coworkers look friendly for even a person at the end of line from a suspicious company.

I am moved that

―― やっぱり育ちがいいんだなぁ

"they are good manner"

と感心します。

私なんて、

In my case. I can say the following line of

『こちとら、ネットワークの研究員だ。今度電話してきやがったら、逆探して、テメーの身元をネットに晒すぞ』

"I am a network specialist. If you call me again, I will track your call, and disclose your private information on the Internet."

くらいのセリフは、スラスラと出てきます。

fluently.

昔、お芝居(演技とか演出とか)に関わっていたからかもしれません。

The reason I can do it, is that I had some experience in living theater.

いずれにしても、多分、私の会社を狙っているセールスは、びっくりするんでしょうね。

Anyway, the person on the end of line, might be surprised at my phrase.

こんなガラの悪い社員がいるとは思わないからでしょうから。

They cannot expect such a rude man in my company.

-----

先日は、こんな対応しました。

The other day, I said,

『そっちの名簿で、私の名前が分っているなら、インターネットで検索してから、もう一度電話してこい』

"If you know my name in your list, find my name by the search engine and ,recall me"

概ね、電話は来なくなります。

In many case, my phone doesn't come to ring,


2018-10-10 『まあー、◯◯君。大きくになったわねえ』

先日、父の四十九日の法要で、久しく親戚が集りました。

The other day, my relatives gathered for Buddhist event of my deceased father, after a long time.

しかし、遠方から、その法要の為だけに来て頂くことになる人もいて、申し訳ないという気持ちになりました。

However, I felt sorry that some people will only come for the Buddhist event from a distance.

すでに何度も申し上げている通り、私個人としては、葬儀に重きを置いていません。

As I have already told you many times, I personally do not put emphasis on the event.

(However, I know that the events are "meaningful" to the funeral)

ですので、私は、基本的に『欠席していいですからね』という気持ちが出るような対応をしていました。

So, I basically responded them to "there is no problem that you will be absent from the event".

ところが、私ではなく、親戚の方の方が、酷く熱心で、 ―― ぶっちゃけ『その意気込みに押し切られて、法要を実施した』という感すらあります。

However, some relatives, were seriously enthusiastic, and, to tell you the truth, It was not too much to say that I was pushed by the enthusiasm.

ゲストが儀式の開催を希望する以上、ホストがそれを却下することはできません。

The host can not reject the enthusiasm, if the guest wishes to hold the ceremony.

日本各地で(そして世界中でも)、冠婚葬祭に関して、毎日のように、価値観の衝突が起きているんだろうなぁ、と、ちょっとウンザリした気持ちになりました。

Not only in Japan, but also all of the world, I bothered that many clashes of values are going on everyday about ceremonial occasions.

それはさておき。

Set it aside,

-----

まあ、それでも、親しくして貰っていた親戚の方との法事後の食事会は、楽しいものでした。

However, the dinner party after the event with the relatives was fun.

子どもの頃に、大変、可愛がって貰ったことを思い出していました。

I remembered what they were very kind of me, when I was a child.

今回の食事会でも、

In this dinner party, some of them said,

『まあー、◯◯君。大きくになったわねえ』

"Well, you got bigger after a long time"

というセリフも登場していました。―― 意味は全然違いますが。

However, the meaning was completely different.

その子ども達も、すでに半世紀を越える齢を重ねて、ここにいます。

The children have already been here as a adult of more than half a century ages.

そのセリフの意味は、「健康診断は大丈夫?」「血圧に問題はない?」という意味に変貌していました。

The meaning was transformed into "Is your health checks okay?" "Is there no problem about blood pressure?"

で、私の方はと言えば、

and , for me,

『智一君は、大丈夫なの。ちゃんと寝れている? 食事は取れているの?』

"Are you okay? Are you sleeping well? Can you have a meal enough? "

という感じで ―― なんか、何か心配されているみたいでした。

They seemed to be worried about my health.

嫁さんが、

When my wife said that

『この人、自分の体を使って、ダイエットの実験やっていますから』

"My husband continues a diet experiment by his body"

と言った瞬間、「心配」は、2段階トーンの高い声の「非難」に変わりました。

At the moment, the worry changed a blame with the two octave voice.

『よしなさい、そんなことは』

"Stop it soon"

-----

以前、ダイエット関係の連載をやっていて、(連載は終わったのだけど)今もデータを取り続けているだけだ、と、いっても、非難の目は変わなかったように思えます。

I told them to the background that I had written columns about "diet" and I have just kept my weight measurement everyday. However they seemed not to stop blaming me.

私としては珍しいことなんですけど ―― そんなやりとりも楽しかったです。

I think that this was a rare case, but I could enjoy chatting with them.