2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2018-10-10 『まあー、◯◯君。大きくになったわねえ』 [長年日記]

先日、父の四十九日の法要で、久しく親戚が集りました。

The other day, my relatives gathered for Buddhist event of my deceased father, after a long time.

しかし、遠方から、その法要の為だけに来て頂くことになる人もいて、申し訳ないという気持ちになりました。

However, I felt sorry that some people will only come for the Buddhist event from a distance.

すでに何度も申し上げている通り、私個人としては、葬儀に重きを置いていません。

As I have already told you many times, I personally do not put emphasis on the event.

(However, I know that the events are "meaningful" to the funeral)

ですので、私は、基本的に『欠席していいですからね』という気持ちが出るような対応をしていました。

So, I basically responded them to "there is no problem that you will be absent from the event".

ところが、私ではなく、親戚の方の方が、酷く熱心で、 ―― ぶっちゃけ『その意気込みに押し切られて、法要を実施した』という感すらあります。

However, some relatives, were seriously enthusiastic, and, to tell you the truth, It was not too much to say that I was pushed by the enthusiasm.

ゲストが儀式の開催を希望する以上、ホストがそれを却下することはできません。

The host can not reject the enthusiasm, if the guest wishes to hold the ceremony.

日本各地で(そして世界中でも)、冠婚葬祭に関して、毎日のように、価値観の衝突が起きているんだろうなぁ、と、ちょっとウンザリした気持ちになりました。

Not only in Japan, but also all of the world, I bothered that many clashes of values are going on everyday about ceremonial occasions.

それはさておき。

Set it aside,

-----

まあ、それでも、親しくして貰っていた親戚の方との法事後の食事会は、楽しいものでした。

However, the dinner party after the event with the relatives was fun.

子どもの頃に、大変、可愛がって貰ったことを思い出していました。

I remembered what they were very kind of me, when I was a child.

今回の食事会でも、

In this dinner party, some of them said,

『まあー、◯◯君。大きくになったわねえ』

"Well, you got bigger after a long time"

というセリフも登場していました。―― 意味は全然違いますが。

However, the meaning was completely different.

その子ども達も、すでに半世紀を越える齢を重ねて、ここにいます。

The children have already been here as a adult of more than half a century ages.

そのセリフの意味は、「健康診断は大丈夫?」「血圧に問題はない?」という意味に変貌していました。

The meaning was transformed into "Is your health checks okay?" "Is there no problem about blood pressure?"

で、私の方はと言えば、

and , for me,

『智一君は、大丈夫なの。ちゃんと寝れている? 食事は取れているの?』

"Are you okay? Are you sleeping well? Can you have a meal enough? "

という感じで ―― なんか、何か心配されているみたいでした。

They seemed to be worried about my health.

嫁さんが、

When my wife said that

『この人、自分の体を使って、ダイエットの実験やっていますから』

"My husband continues a diet experiment by his body"

と言った瞬間、「心配」は、2段階トーンの高い声の「非難」に変わりました。

At the moment, the worry changed a blame with the two octave voice.

『よしなさい、そんなことは』

"Stop it soon"

-----

以前、ダイエット関係の連載をやっていて、(連載は終わったのだけど)今もデータを取り続けているだけだ、と、いっても、非難の目は変わなかったように思えます。

I told them to the background that I had written columns about "diet" and I have just kept my weight measurement everyday. However they seemed not to stop blaming me.

私としては珍しいことなんですけど ―― そんなやりとりも楽しかったです。

I think that this was a rare case, but I could enjoy chatting with them.