2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-10-09 「技術が人を不幸にしている」という確かな事実

インタビューにご協力頂き、ありがとうございます。引き続き、ご協力をお待ちしております。

それはさておき。

-----

柘植あづみ先生の「生殖技術」という本の2回目のレビューをしています。

生殖技術に関する技術面よりも、むしろその生殖技術に関わる人たちの心理に関する、徹底した調査と深い洞察が展開されています。

特に、不妊治療に関する当事者の「闇」を、冷静に、淡々と描いている一冊です。

-----

私の勤務している会社は「技術で社会に貢献する」を社是としています。

むろん、これを「単なるお題目である」と切り捨てることは簡単ですが、この社是無くして、我々エンジニアの存在意義も無い、というのも事実です。

この本「生殖技術」は、「技術で社会に貢献する」の中に、人を幸せにするものもあれば、人を「地獄にたたき落すものもある」、という現実を、私達、技術者(医療関係者も含む)に突きつけています。

「子どもが欲しい」が、いつのまにか「子どもができないこと = 自分が不完全な人間である」という思い込みに転じてさせてしまう、「世間の圧力」、「常識」という名の暴力と、そして、負のフィードバックを自己形成しながら自分の心を蝕ませていく当事者。

そして、不妊治療を「諦めさせてくれない生殖医療の技術進歩」が、当事者達を、さらなる闇に沈めていく様に、戦慄し ―― 私は涙が溢れそうなりました。

-----

心を蝕みながら、恐しく低い成功率に怯え、すさまじい激痛に耐えながら、今日も「不妊治療」なるものを行っている人が、今、存在しているという事実があります。

あらゆる技術は、例外なく「幸福」と「不幸」を兼ね合わせて存在していますが、これほど「技術が人を不幸にしている」という確かな事実を、身近に感じたことはありません。


2014-10-09 「北極ラーメンに完食意義における一考察」 第9課 工藤裕樹

The other day, I wrote that I have established "Hokkyoku-Ramen Fund"

昨日、 4名の者 がファンドの申請条件を達成したようです。

Yesterday, four persons in my office could achieve the application condition of the fund.

今朝、以下のレポートが提出されましたので、公開します。

This mooring, the following report were submitted, so I am going to open it under their agreement.

-----

「北極ラーメンに完食意義における一考察」 第9課 工藤裕樹

A study of a significant in the eating up of "Hokkyoku-Ramen" The 9th Dept. Yuuki Kudo.

1.研究背景

1. Background

近年,江端主任研究員提唱の「蒙古タンメン中本」「北極ラーメン」完食による人間的成長と困難との対峙力向上についての啓蒙が進んでいる。

Recently According to proposal of Mr.Ebata, senior research engineer, he is going to make an advance of enlightenment in order for human growing-up and overcome any obstacles by eating up "Mouko-Tanmen Nakamoto" and "Hokkyoku-Ramen"

新生第9課の団結と江端理論の適正さを検証すべく「北極ラーメン完食」に挑戦した。

Thanks to his enlightenment, we the 9th department members challenged "Hokkyoku-Ramen eating up" in order to inspect solidarity of new the 9th dept. and the justness of the Ebata's theory.

2.実験方法

2. Method of the experiment

実験日時は10月8日(水)19時50分から20時30分であり,蒙古タンメン中本の品川店で実施した。

This experiment started from 19:50 to 20:30 on October 8th at "Mouko-Tanmen Nakamoto" in Shinagawa area.

計11名で参画し,4名が「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」,残り7名が「北極ラーメン」を注文した。

Eleven people took part in the event, seven ordered "half Hokkyoku-Ramen and half MukoDon" and others ordered "Hokkyoku-Ramen"

3.実験結果

3. Result of the experiment

「半北極ラーメンと半蒙古丼セット」3名完食し,「北極ラーメン」1名完食の結果を得た。他はスープを残す結果となった。

Three peoples accomplished "half Hokkyoku-Ramen and half MukoDon" and only one people achieved "Hokkyoku-Ramen". Others failed because they could not drink whole soup.

前者は,加登氏が圧倒的な早さで完食し,次いで,基山氏,最後に皆の制止を振り切り他の参加者が退出後も店内で食し続けた高梁氏が完食した。

About the former, Mr.Kato finished it incredible speed. After that Mr.Kiyama also finished it. Finally Mr.Takahashi ate-up without his friend's warning.

後者は,皆があきらめる中,粛々と食しスープを飲み続けた,課長の素笛氏が完食し,皆からの大絶賛を受けた。

About the latter, chief Mr.Sobue completely finished eating up "Hokkyoku-Ramen" at the bottom of bowl though others gave up eating, and he won the highest praise.

4.結果考察

4. Consideration

皆が一様に同じ目的に挑戦することで第9課の団結を図る点で非常に重要な成果を得た。

At a point planning solidarity of the 9th department, I got very important result by challenging the uniformly same purpose.

特に素笛課長が完食,まさにコミットメントしたことでその意味はさらに重要になったと考える。

Especially, thanks to Mr.Sobue's eating-up that was equal to be a great commitment, the significant of this trial came to be more important.

一方で,江端氏が誇ってきた北極ラーメンの完食,と言う事象を安易に達成した,加登氏,基山氏,高梁氏の3名は,面子を考慮しないと言う点で,江端氏への敬意が極端に少ないものと考えられる。

On the other hand, three guys, Mr.Kato, Mr.Kiyama and Mr.Tahakashi seemed to have less respects for Mr.Ebata. Because Mr.Ebata lost face by their success.

5.結果に基づく新規提案

5. New proposal

北極ラーメン完食者した江端氏と素笛氏は,共に精神的苦痛が多い状況であることを考えると,本件はある種のリトマス試験紙として活用できる。

I think that both Mr.Ebata and Mr.Sobue who have already completed "Hokkyoku-Ramen" have always had a lot of trouble around them, so this trial might be treated as a kind of litmus paper.

今後,メンタルヘルスチェックに「北極ラーメンを完食したことがある」と言う新規項目を設け,このチェックがある場合は,即時カウンセリング受講するような制度を設けることを提案する。

I want to propose that new checkbox that is described as "I have finished eating-up Hokkyoku-Ramen", should be added in metal health tests, and if the checkbox is filled in, the person being tested should be mental-counseling as soon as possible.

6.結論

6. Conclusion

(1)北極ラーメンの完食に挑み,課長素笛氏をはじめ計4名の完食結果を得た。

(1)I confirmed that four people had ate-up "Hokkyoku-Ramen" perfectly, including the chief Mr.Sobue.

(2)課長素笛氏を頂点としたユニットの団結と,若手3名の江端氏への敬意の低さ,スープを残した報告者工藤裕樹の江端氏への敬意の高さが明らかとなった。

(2)I also confirmed that the department solidification, whose leader is Mr.Sobue, and three younger guy have no respect for Mr.Ebata instead of Mr.Yuuki Kudo as this reporter.

(続く)

To be continued.


2015-10-09 「パパ。今日の日記怖いよ」

昨日帰宅したら、江端<次女>に言われました。

Last night, when I came home, my junior daughter said to me,

"Papa. Today's your diary is really scary.

江端:「え・・・。ああ、あれか。いや、別段怖くはないだろう。事実を淡々と書いているだけだし」

Ebata:"What? well, I got it. But I think it is not scary. just writing an action lists."

次女:「本当? 怒りまくっている様子がダダ漏れだよ」

Daughter:"Really? It is clear that your anger became overflowing."

江端:「いや、今回に関しては、本当に『怒っていない』。今回だけは、文句なしにパパが『愚か者』だったと認めるているしね」

Ebata:"No-no. For this case, I don't get angry with anything. In this case, there is no double that I was really dummy.

と、言いなががら、少し考えてから言いました。

I let me think about it at a moment,After thinking it for a moment, I happened to come an idea to me.

江端:「あ、そういうことか。『怒っていない』からか」

Ebata:"Well, just came to me, The reason is "I don't angry."

次女:「?」

Daughter:"?"

江端:「自分のことを、自分の内心と関係のない、別世界のこととして把握できたからかも」

Ebata:"I might be able to understand me, as a person who lives in another world, regardless of my emotion"

次女:「?」

Daughter:"?"

江端:「冷静になった時、パパの『威嚇力』は、最大級に達するのかもしれない」

Ebata:"I think that I can use the most powerful intimidation of mine, when I become to calm down."

-----

そういえば、学生の頃、私は『氷の江端』と称呼されていました(本当)。

So to speak, when I was a college student, I was called "Icy Ebata" in the campus.

『江端を本気で怒らせたら、江端はその「人間」だけではなく、その「組織」ごと切り離す』

"If you move Ebata to anger seriously, Ebata will abandon not only you but also all of your background."

と。

あの時の気持を思い出すと、確かに、―― 氷のように冷静だった

Now I try to remember the feeling at that time, certainly I was cool like ice.

と、そんなことを思い出しています。

The old feelings is coming through.

-----

けど、別に、私を怒らせたからといって、別に誰も困らないですよね。

But I want to know who is going to be in trouble, even if I get angry ?

私は、別段、大きな権力を持っている訳じゃないのですから。

Eventually I have not been able to have any special power.

(続く)

(To be continued)


2016-10-09 で、あなたたち、社長は、一体何を目指しているんですか?

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「信長、大好き」でも「竜馬love」でも、なんでも良いですが ――

"I respect Nobunaga" or "I love Ryouma", and anything is .

たまたまその時代において、

「信長や竜馬に、訳も分からないまま殺される側にいる自分」

を、みんな、イメージできていないんじゃないかな―― と、思うのですよ。

However, I am afraid that many people cannot make an image of themselves of "killed by Nobunaga or Ryouma, for no reason at all" at the old age.

-----

と、ここまでが前置きです。

To tell you the truth, this is a prelude.

大企業やベンチャーの社長クラス(勿論、それ以外の人であっても)、「信長」と「竜馬」が大好きという人が多いようです。

I don't have specific date and I know I can not tell you, however, some people who is likely to be top of the corporate ladder ( of course, other type of people too) love "Nobunaga" and "Ryouma".

「信長」や「竜馬」を尊敬する人物として、その生き様を自分の人生に反映させようとして生きている社長や政治家は

People of top of the corporate ladder, for example, president or politician, who respect "Nobunaga" and "Ryouma" and want to reflect their life-style in their life

―― 迷惑なんですよ。もの凄く。

ANNOY ME absolutely.

「信長」や「竜馬」は、多くの民衆を苦しめていた現体制に対して、ほとんど不可能と思われた革命を試み、そしてそれを達成し得た ―― という、正義があります。

O.K. I can accept the fact of both "Nobunaga" and "Ryouma" had a great fruits that they launched their battle for the power which had given a terrible pains to citizens, and they were aiming for the revolution, and finally they accomplished the impossible.

I can agree that they are true justices.

で、あなたたち、社長は、一体何を目指しているんですか?

On another front, what are you aiming for, Mr presidents ?

会社の利益の向上?

Increasing your company profit?

会社の規模の拡大?

Expanding your company?

舐めんなよ。

Don't bullshit.

(続く)

(To be continued)


2017-10-09 『江端がコラムの図で使っているフォント(ポップ体)は、良くない』

最近、私のコラムの読者のコメントに、

Recently, in the comments of readers of my column, I sometimes read

『江端がコラムの図で使っているフォント(ポップ体)は、良くない』

"The font (pop-type) that Ebata uses in the figure of the column, is not good"

というものが見られます。

親切でコメントして頂いていることは、よく分かっています。

I understand that they are kind to me.

多分、このコメントは、アカデミズムに属している方からではないかと、推測しています。

Perhaps I guess that they are belonging to academism.

例えば、学術論文にポップ体なんぞ使おうものなら、査読以前に、論文を受理して貰えないでしょう。

For example, if I use pop-type for academic papers, my paper will not be rejected before peer review.

-----

When I was a college student, I was the manager of the self-governing dormitory for short time extremely.

当時、学生運動はとっくに終焉していましたが、

At that time, the student movement had already ended, however,

Still, from time to time, I could see such a signboard.

-----

時々、こんなことを考えるのですよ。

Sometimes, I think the following.

―― もし、学生運動の立て看板の文字に、

"If the letter of the signboard of the student movement"

―― ポップ体や、メイリオを使ってたら、

"use pop or Meiryo type",

―― 学生運動は、もっと延命できていたのではないかと

"the student movement may have been able to be extended"

-----

ないかな ―― ないな。

No way? No way.