2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2014-10-20 それは、本当に、「おっさん」にピンク色のセーラ服を着せただけ、という、100%完全無欠の「おっさん」だったのです。 [長年日記]

昨日の「おっさん力」で思い出したのですが、先日、私、通勤電車の中で、凄い「おっさん」を見ました。

Yesterday, I wrote about "power of old man", and I remembered I had seen an awful old man in the commuter train.

「ピンク色のセーラ服」を着たおっさんです。

It was an old man who wore a pink sailor-suit for school girls.

-----

He

■スカートからから出ている足からは、すね毛がボウボウに生えていて、

had a foot with shin hair growing shaggily from his skirt,

■頭髪、限りなく短く薄く、

had his thin and brief hair limitlessly.

■メイクの痕跡、絶無、

had no trace of making-up

■私より年上(60歳くらいか?) の風体

looked like older than I (more than sixty years old?)

だったからです。

それは、本当に、「おっさん」にピンク色のセーラ服を着せただけ、という100%完全無欠の「おっさん」だったのです。

He was a 100% perfect "old man" who just had on a pink sailor-suit for school girls.

いや、このようなレトリックを使うべきではないでしょう。

I should not use such a rhetoric.

正直言って「怖かった」です。

To tell you the truth, I feared him.

(続く)

(To be continued)