0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

2013-12-19 まあ、「その力量もない」ことを客観的に認識できる程度に、私は自分のことを分かっているのです。 [長年日記]

年齢を理由に躊躇していると、大切な人生の時間を無駄づかいしてしまう――と思っております。

We have to waste much important time for our life, if we hesitate anything for the reason of my age.

ですから、私は、ティーン向けの小説で、とくにライトノベル(ラノベと呼ばれるもの)だって、楽しめればなんだって手に入れます。

So, I am always going to get anything that entertains me, even if it is light novels, whose definition is "a novel for entertainment book for junior or high school student.

(といっても、蔵書としては、西尾維新先生の「物語シリーズ」が3冊くらいなのですが)

I have only three books of "Monogatari in series " whose author is Ishin Nishio-san.

ただですね、中年のオッサンにですね、あの「ラノベ」の表紙と題目は辛すぎますよ。

But it is too hard for an old man to buy such light novels, because of fancy frontispiece and title.

可愛い萌えキャラの女の子の表紙に、あの題目。

Charming girls, and meaningless long title.

今、「俺の」とだけGoogle検索のカラムに入れただけで、

For example, I put a word "My" in the column of Google search engine, the outputs are,

■俺のいもうとがこんなにかわいいわけがない

"There is not so cute my sister"

■俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる

"Childhood friend and my girlfriend are too shambles"

■俺の青春ラブコメはまちがっている

"My youth of romantic comedy is wrong"

こんな題目の本、レジに持っていけるか!

It is impossible for me to bring the book to cash register isn't it?

あれならですね、まだ、コンビニで、性的な娯楽要素を扱う分野の書籍および雑誌(いわゆる、エロ本)を購入する方が恥しくないですよ。

It is easier to buy erotic magazines at convenience stores more that the above.

-----

私、上記のリストの最後にある、「俺の青春ラブコメはまちがっている」というラノベのアニメの方を、たまたま目にしたのですが、

When I watched the animation of the above "My youth of romantic comedy is wrong",

はっきり言って、衝撃を受けました。

I was really shocked.

これだ。この主人公のセリフを私は、ずっと言いたかった。

That's it. I have wanted to express the psychological description of the protagonist.

『なぜ「一人でいること」や、「一人でやること」が、問答無用で、否定されなければならないのだ』

"Why did I was denied to being alone or doing alone with no questions?"

『「クラスの和」だの「仲間との友情」だのという、得体の知れないものに、なぜ振り回されて生きなければならないのか』

"Why should I care of the meaningless of the phase "spirit of harmony or friendship in classes"?"

と、ずっと思いながら、ティーンエイジャの時代を過してきました。

I had spent the teenage period with the above thought.

だから、「一人でいること」を自分の意思で選択できることになった時(大学生)、私は初めて自由になった気がして、―― その時、本当の友達ができた、と思うのです

So, when I could choose "begin alone" in college life, I really felt free. At that time, I could make true friends in my life.

-----

「俺の青春ラブコメはまちがっている」は、私が書くべき作品だったはずだ。

The work "My youth of romantic comedy is wrong" should have been written by me.

なぜ私ではないんだ! 悔しい!!―― とまでは思いませんでしたけどね。

Why not ME! Regretful!! I didn't think so.

まあ、「その力量もない」ことを客観的に認識できる程度に、私は自分のことを分かっているのです。

As far as I am concerned, I know well that I had no ability to catch the author's talent.

まあ、だから、―― 「黒子のバスケット」事件のようなことを、起こさずに済んでいるのですが。

So I don't have to make an accident like "Kuroko-no-basket" comic's trouble.

-----

提案があります。

I have a proposal.

「俺の青春ラブコメはまちがっている」のコンセプトは、私達の世代でも「行けます」。いや、私達よりもっと上の世代(いわゆる全共闘の世代)でも行けると思うのです。

I think the secondary work of "My youth of romantic comedy is wrong" will go well for my generation and over.

どうでしょう。原作者様。

Dear Mr./Ms. Author.

江端に、この著作の二次創作の許諾を与えることはできませんか?

How do you like to give me the licensing agreement of the secondary work?

私なら、このコンセプトを、1970年代の、あの過激な時代まで戻して、全く別の切り口の別の作品にしてみせます

I can make another work on the time 1970's radical period, based on your excellent concept.

―― と言い切れるだけの力量があればなーーーと、本当に思います。

I wish I had the capacity of writing literature with the above phase.