0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

2013-05-20 永遠にやってこない日

昨日のバイキングの話の続編です。

バイキングにでかける前、家長である私は家族に訓示を与えました。

■まず、肉だ。一番高価なものから狙え。基本的には牛肉で、豚、鶏は後回しにしろ。

■判断に迷ったら、体積辺り単価の高いものを少量づつ狙え。単価が分からない場合は、パパとママを頼れ。単独行動は禁ずる。

■間違っても、初回から、パン、米類を食べてはならない。麺類は論外である。徒らに、満腹感を早めるだけである。

■デザート等の甘味などは論外だ。あれは、満腹後でも対応ができる。「デザートは別腹」というのは、概ね間違っていない。

-----

「いいか!分かったな!!」 と、私が確認の声を掛けたら、

家族全員が、目と拳で「わかった」と応えました。

-----

で、まあ、予想通りなのですが、最終的に、レストランで、全員が気分が悪くなりました。

ある者は、長椅子の上で横になり、ある者はトイレに立ち、ある者は特に理由もなく、そのバイキングの入っているホテルの最上階に夜景を見に行くなど、

最後は、家族全員が、バラバラに行動するに至っていました。

-----

「それにしても、一度でいいから、バイキングで、『今日はサラダを一皿だけ』というような優雅な食べかたをしてみたいものだ」と呟いたところ、

「そんな日は、少くとも我が家においては、永遠にやってこない日だ」と嫁さんに返されました。


2014-05-20 江端:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!」

アクマ:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!風間さんに認められるために!!ペコに勝つために!!それこそ、朝から晩まで卓球の事だけを考えて・・・卓球に全てを捧げてきたよ、なのにっ・・・」

AKUMA:"Why YOU on earth. What's what? I made an effort. I have trained more than 10 times, 100 times, 1000 times than you to appeal Mr.Kazama to me and to win Peko. I have always been thinking table tennis all day. I've been dedicated to all table tennis, yet...

スマイル:「それはアクマに卓球の才能がないからだよ。単純にそれだけの話だよ。大声で騒ぐほどの事じゃない。」

SMILE:"Because there is no talent of table tennis for you. That's simple. You don't have to cry more. "

(TVアニメ『ピンポン』)

-----

私は、民放を見直しましたよ。

I think better of commercial television I did before.

私が大学生の頃に連載されていたマンガを、今、アニメ化か。

They have challenged an animation that had been serialized in my college life.

フジテレビ。株を買ってやろうじゃないか(資金ができれば)

Fuji TV. (As long as I could get funds) I'll buy the stock.

-----

江端:「どうしてお前なんだよっ!?一体どうしてっ!!俺は努力したよっ!!お前の10倍、いや100倍1000倍したよっ!仕事で認められるために!!グローバル化に対応するために!!それこそ、朝から晩まで『英語』の事だけを考えて・・・『英語』に全てを捧げてきたよ、なのにっ・・・」

EBATA:"Why YOU on earth. What's what? I made an effort. I have trained more than 10 times, 100 times, 1000 times than you to appeal my boss to me and to survive in globalization. I have always been thinking ENGLISH all day. I've been dedicated to all ENGLISH, yet...

江端の後輩:「それはアンタに『英語』の才能がないからだよ。単純にそれだけの話だよ。大声で騒ぐほどの事じゃない。」

JUNIOR FELLOW:"Because there is no talent of ENGLISH for you. That's simple. You don't have to cry more. "

-----

そういう、江端の後輩

―― 滅びろ。

The JUNIOR FELLOW of Ebata

Perish.


2015-05-20 気分は、もう、試合前の「あしたのジョー」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

ですので、非常に慎重の上にも慎重に減量を行いました。

So I tried to lose my weight gingerly.

サウナ室滞留時間は、一回5分以内とし、その度に体重計に乗りにいくという徹底ぶりでした。

I decided that the dwell time in the sauna is in 5 min. one time, and as soon as leaving the sauna room, I checked my weight immediately.

気分は、もう、試合前の「あしたのジョー」。

I was in a someone "Tomorrow's Joe" kind of mood.

そして、体重計で、目標体重を50グラム下回ったことを確認した時点で、ただちに銭湯を離脱し、まずは大ジョッキで体を潤し、そのまま、町田の「蒙古タンメン中本」に向い、夢にまでみた「北極ラーメン」を食するに至ったのです。

As soon as checking the weight became lower than the target numeric, I went out the public bath. Firstly I tried a large beer mug, and I went to "Mouko Tanmen Nakamoto" in Machida city. Finally I could reach the "Hokkyoku-Ramen" I had met in my dream again and again.

―― いずれにしても、

ANYWAY,

みなさんは、このような無茶でかつ意味のない局所的かつ瞬間的なダイエットはしないようにして下さい。

I hope that you should never try such a ridiculous, meaningless, local and momentous diet, like me.

以上、安全衛生委員からのお願いでした。

This is an attention from the member of safety and health committee in our department.


2016-05-20 「私がどんなに努力したところで、歴史にも残らない瑣末なことだからテキトーにやろう」

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さて、スーパーパーソンでない私は何をやっているかというと、今、通勤電車とトイレの中で、世界史の本を読みまくっています。

What I am doing as a anti-super person, is to read many books of world history in commute trains or restrooms.

世界史の非常に簡単な本を読みながら、「大きな流れ」を掴もうとしています。

I buy easy world history books for beginners and try to grab "big flows of world history"

多分、こういう全体像の把握は、大人の方が秀でていると思います。

I think that adults are better than children to understand a big picture.

―― というよりは、「受験をしない分、細かいことを気にせず勉強できる」だけです。

It just means that "adults can study without considering entrance examinations"

-----

大人の歴史の勉強はいいです。

I think that study of world history for adults are good.

I can accept my situation in my office, like

「私がどんなに努力したところで、歴史にも残らない瑣末なことだからテキトーにやろう」

"Even if I struggle against my difficulties, the struggles will not be recorded by anyone. So it is O.K. to take it easy."

とか、

or

「私がどんなに失敗したところで、国家を滅亡させるほどのことではない」

"Even if I fail to do something, they might be trivial. I never destroy this nation."

とか、

まあ、なんというか、『自分の怠惰、怠慢に対する正当化がなされる』という点において、他の学問より抜きん出ていると思えます。

Let me say, study of world history is better than other studies for me, because it makes my lazy and neglect right.

-----

要するに、記憶力が劣化して、詳細の理解が及ばなくなった、スーパーパーソンではない保護者である私にできることは、

In short, I am a guardian as a anti-super person who has broken memory and is hard to understand something in detail, but I think what I can do is to

「子どもと一緒に、もう一度勉強をしてみる」

"study with my daughter again"

ということくらいです。

でも、単に「勉強しろ」とだけ言うよりは、双方にとってメリットはありそうです。

This activity makes good effects for both of us, as opposed to say "Study right away !"


2017-05-20 ―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとも、自分の部屋に、アイドルの写真を貼りつけまくろうが、美少女フィギュアを膨大に陳列しようが、コスプレの衣装をぶら下げていようが、

However, in your room, pasting the idol photos, displaying a lot of beautiful girl figures, or hanging cosplay costumes, like a waterfall

それは、完全に個人の自由です。

It is completely free for you.

私だって、自室はパソコンとIoTデバイス(EtherCATスレーブや、ラズパイ)と書籍(4コママンガから、政府の白書まで)散乱しているのですから、同じことです。

For me, it is the same situation. Personal computer, IoT device (EtherCAT slave, Raspberry) and books (from 4 manga to the white paper of the government) are scattered in my room.

だから、上記の私の期待値の変動(50%→0%)は、はっきりいって、アイドルのファンに対する、私の無礼なまでの

So, the variation of my expectation above (50% → 0%) was clearly,

「偏見」

my rude prejudice against idol fans.

であると ―― 大学生であった、その当時の私ですら、自覚することができました。

Even I was a college student, I was able to recognize it.

しかし、この「偏見」というのは、結構あなどれない奴でして、偏見によって「私の職務(アルバイトだけど)」にも変動が生じてしまっていたのは、紛れもない事実です。

On the other hand, this "prejudice" is fairly incomprehensible. It was undeniable fact that there was fluctuation in my job (just part-time job) by prejudice.

これは、「成績上昇請負人」としての家庭教師としては、最低にして最悪の資質と言えましょう。

This was the lowest and worst qualification as a tutor of "performance grading contractor".

だから、私は、教職を志すことを断念した(この話、ほんとうにしつこいので、以下省略)。

So, I abandoned my willingness for teaching(Because this story is really persistent, it is omitted below).

-----

これは私の持論なのですが、

This is my opinion,

―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある

"in order to eliminate prejudice, it is necessary to thoroughly investigate an object of the prejudice"

私は、週末ライターをやっているおかげで、これまで様々な偏見(の一端)を払拭できたと思っています。

I think, thanks to being a weekend writer, I could dispel various prejudices (of the part).

「同人誌」「初音ミク」「性同一性障害」「人身事故」などに対する私の偏見は、その環境に対する沢山の資料の調査、そして、特に、当事者への直接のインタビューによって、不可逆的に消滅した、と考えています。

The prejudice against "doujinshi" "Hatsune Miku" "sexual identity disorder" "human train injury", had disappeared irreversibly, by investigating lots of materials or interview for the people.

―― なぜ、そう言い切れるか

"Why can I say that?"

なぜなら、私は、その分野の当事者の人を、

Because I came to think that

『今後も支援し続けていきたい』

"I would like to continue to support the persons in that situation in the future"

とまで、思えるようになったからです。

と、同時に、私は、「偏見」を払拭するエネルギーは、私が想像するよりも膨大なエネルギーを必要とすることを思い知りました。

And at the same time, I realized that the energy to dispel the "prejudice" needs enormous energy than I imagined.

(続く)

(To be continued)


2018-05-20 ラブソングの多くは「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」「異常性愛」で成立しているなぁ、と実感します。

最近「ハラスメント」に関するコラムを書く機会が多いです。

Recently I have many opportunities to write a column on "Harassment".

調査中に、色々なデータが芋蔓的に現われるのですが、その中には歌の歌詞なども入ってきます。

During the research activities, various data appears in an irritating manner, and I have found some lyrics of songs.

ラブソングの多くは「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」「異常性愛」で成立しているなぁ、と実感します。

I realized many love songs are established with "sexual harassment" "power harassment" "moral harassment" "abnormal sexual love".

(以下、敬称略)

●「最後の雨」 - 中西保志 「誰かに盗られるくらいなら、強く抱いて君を壊したい」 判定:ストーカー

"Last Rain" - Hoshi Nakanishi "I want to hold you strongly and destroy you if you are stolen by someone" Judge: Stalker

●「関白宣言」 - さだまさし 「俺より先に寝てはいけない、俺より後に起きてもいけない」 判定:モラハラ

"Male dominance declaration" - Sada Masashi ""Do not go to bed earlier than me, you do not get up later than me" Judge: Moral harassment

●「心の旅」 - チューリップ 「眠りについた君を、ポケットに詰め込んでそのまま連れ去りたい」 判定:異常性愛 & 誘拐

"Journey of my Heart" - Tulip "I want to take you asleep in my pocket and take it somewhere" Judge: abnormal psychology & kidnapping

-----

まあ、こういうコンテンツの把握は、ちょっと「えげつない」(というか「卑怯」)ですけどね。

Well, how to grasp such content is a little "delirious" (or "cowardice"), however.

でも、よく考えれば、『確かに』って思いませんか?

But, if you think carefully, you certainly think.

-----

私の仕事(コラム書き)は、こういう『えげつないベクトル』を探し出すことで、成り立っています。

My work (as a column writer) is made up by looking for such "delirious vector".


2019-05-20 そういう過酷な運命が待ち構えていますが、私の血肉となるべく、有効に活用させて頂くことだけは確約致します。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さらに本の中で情報を探す時には、自分の書き込んだメモやアンダーライン、あるいは、本の前半とか後半という程度の「不確かなアナログ情報」が、コンテンツへのアクセスを容易にします。

When looking for more information in the book, your own notes and underscores, or "uncertain analog information" like "the first half or the second half" of the book, make us easier access to contents.

電子検索は便利ではありますが、敢えて「漠然とした検索」をしたい時には、紙の書籍の方が優れていることもあるのです。

Electronic search is convenient, but when I want to do a "vague search", paper books may be better.

それはさておき。

That aside.

-----

If you are a unique person who says, "Let's give Ebata the upper and lower volumes of "Sapiens's entire history" or "Homo Deus" (all are paper books by Mr. Yuval Noah Harari), I would be grateful if you could let me know.

これらの本は、図書館で借りて、既読なのですが、手元にも欲しいと思いました。

I had borrowed these books at the library and already read them, but I wanted to keep them at hand.

もっとも、お譲りして頂いたその本たちは、

However, those books you will give me, is going to be

■アンダーラインを引きまくられ、

- underlined,

■付箋を張りまくられ、

- put sticky notes,

■江端の汚い文字のコメントが大量に記入され、

- filled in with a lot of comments of dirty characters of mine,

■風呂の湯船に沈められる

- sunk in a bath tub.

そういう過酷な運命が待ち構えていますが、私の血肉となるべく、有効に活用させて頂くことだけは確約致します。

Such a tough destiny is waiting for these books,however, I promise to make effective use of them, for making my blood and meat.

なお、当然ですが、郵送代は当方で負担させて頂きます。

In addition, as a matter of course, I will bear the postage fee on my side.

ご検討頂けましたら、幸いです。

I would appreciate your consideration.


2020-05-20 ―― パチンコや麻雀というのは、そんなにも楽しいものなんだ

私は、「ギャンブル好き」は一種の才能である、というお話を以前しました。

I've said before that a "love of gambling" is a kind of talent.

そして、「正直、少し羨ましいと思う」というお話もしました。

And then there was the "I'm honestly jealous" story.

-----

非常事態宣言中の、強い外出自粛要請中での、

While we are in a state of emergency under intense curfew, the following incidents have been stirred up.

■パチンコ店の営業続行とパチンコ愛好家の遠方からの来店

"The pachinko parlor continues to operate and pachinko enthusiasts come from far away"

■著名新聞社2社の社員と東京高検検事長による賭けマージャン

"Mahjong betting by employees of two famous newspapers and the chief prosecutor of the Tokyo High Court of Appeals."

が騒がれています。

立場が違いはあるものの、これらは、文字通り「『感染リスク』という命を賭けたギャンブル」です。

Regardless of their position, these are literally "gambles with the risk of infection".

それ以上に、間違いなく「自分の築いてきたキャリアが一瞬で吹き飛ぶ、超絶リスクの高いギャンブル」です。

What's more, it's definitely "an extremely risky gamble that will blow away their career in an instant.

それも「多くの国民からの最大級の軽蔑と憎悪」というオマケ付きです。

It also comes with the added bonus of "the greatest disdain and hatred from many people".

世情に疎い私でも、何かの芝居の脚本ではないのかと思えます。

Even if I'm not familiar with the world, I can't help but wonder if it's not a script for a play of some kind.

でも、仮に芝居であったとしても、役者にその「資質」は必要だったハズです。

But even if it was a play, the "qualities" of the actors were necessary.

-----

―― パチンコや麻雀というのは、そんなにも楽しいものなんだ

"pachinko and mahjong are such fun things to do."

と思うと、どうしても、そういうものに興じることができない自分は、とても「つまらない人生」を送っているように思えて、仕方がありません。

When I think about it like that, I can't help but think that I'm living a very "boring life" because I can't entertain such things.