0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|

2017-05-20 ―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

もっとも、自分の部屋に、アイドルの写真を貼りつけまくろうが、美少女フィギュアを膨大に陳列しようが、コスプレの衣装をぶら下げていようが、

However, in your room, pasting the idol photos, displaying a lot of beautiful girl figures, or hanging cosplay costumes, like a waterfall

それは、完全に個人の自由です。

It is completely free for you.

私だって、自室はパソコンとIoTデバイス(EtherCATスレーブや、ラズパイ)と書籍(4コママンガから、政府の白書まで)散乱しているのですから、同じことです。

For me, it is the same situation. Personal computer, IoT device (EtherCAT slave, Raspberry) and books (from 4 manga to the white paper of the government) are scattered in my room.

だから、上記の私の期待値の変動(50%→0%)は、はっきりいって、アイドルのファンに対する、私の無礼なまでの

So, the variation of my expectation above (50% → 0%) was clearly,

「偏見」

my rude prejudice against idol fans.

であると ―― 大学生であった、その当時の私ですら、自覚することができました。

Even I was a college student, I was able to recognize it.

しかし、この「偏見」というのは、結構あなどれない奴でして、偏見によって「私の職務(アルバイトだけど)」にも変動が生じてしまっていたのは、紛れもない事実です。

On the other hand, this "prejudice" is fairly incomprehensible. It was undeniable fact that there was fluctuation in my job (just part-time job) by prejudice.

これは、「成績上昇請負人」としての家庭教師としては、最低にして最悪の資質と言えましょう。

This was the lowest and worst qualification as a tutor of "performance grading contractor".

だから、私は、教職を志すことを断念した(この話、ほんとうにしつこいので、以下省略)。

So, I abandoned my willingness for teaching(Because this story is really persistent, it is omitted below).

-----

これは私の持論なのですが、

This is my opinion,

―― 偏見を払拭する為には、その偏見の対象に対して、徹底的に調べつくす必要がある

"in order to eliminate prejudice, it is necessary to thoroughly investigate an object of the prejudice"

私は、週末ライターをやっているおかげで、これまで様々な偏見(の一端)を払拭できたと思っています。

I think, thanks to being a weekend writer, I could dispel various prejudices (of the part).

「同人誌」「初音ミク」「性同一性障害」「人身事故」などに対する私の偏見は、その環境に対する沢山の資料の調査、そして、特に、当事者への直接のインタビューによって、不可逆的に消滅した、と考えています。

The prejudice against "doujinshi" "Hatsune Miku" "sexual identity disorder" "human train injury", had disappeared irreversibly, by investigating lots of materials or interview for the people.

―― なぜ、そう言い切れるか

"Why can I say that?"

なぜなら、私は、その分野の当事者の人を、

Because I came to think that

『今後も支援し続けていきたい』

"I would like to continue to support the persons in that situation in the future"

とまで、思えるようになったからです。

と、同時に、私は、「偏見」を払拭するエネルギーは、私が想像するよりも膨大なエネルギーを必要とすることを思い知りました。

And at the same time, I realized that the energy to dispel the "prejudice" needs enormous energy than I imagined.

(続く)

(To be continued)