2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2013-05-08 大爆笑する幽霊

昨夜、深夜の帰宅途中のことです。

駅から家までの通路は、小山に挟まれた集落の間の細い一本道ですが、人気がなく、ひっそりしたところです。

以前は、嫁さんは、昼間でも通らなかったくらいです。

逆に、私はこのような人気が少ない所が大好きです。

四季の樹々の香りを楽しめるし、また、民家が少ないから夜は星も良く見えるし、空気もきれい(タバコを歩き吸いする奴もいない)。

歩きながらアイデアを案出するのに凄く適していて、私は「発明ロード」と呼んでいます(勝手に)。

それはさておき。

-----

昨夜の深夜、この道を通って一人で帰宅してきたのですが、人の笑い声が聞こえてくるのです。

私が記憶している限り、その方向は雑木林の削られた場所で、民家はなく、深夜に人が入り込めるような場所でありません。

その闇の中から、笑い声が聞こえてくるのです。

-----

ウフフフフ・・・、アハハ・・・

というような、消え入るような、仄かな笑い声

―― ではなく、

「ぐわっはっは! がっはっはっはー!」

という、酷く迫力のある、まあ、なんといったら良いのか、品のない中年のおっさんの、ダミ声。

-----

あの方向の雑木林に人間がいるハズはないので、これは、超常現象の何か、たぶん「幽霊」と言われているモノであると思うのですが、

しかし、闇の中からなり響く「がっはっはっはー!」という声を、間違いなく3回は聞きましたから、さすがに、今回は「幻聴」ではないと思うのですよ。

(まあ、「酔っ払い」が誰もいない深夜の雑木林で錯乱している、という解釈も成りたつとは思いますが、ここは「幽霊」で押し通します)

-----

皆さんは体験はないと思いますが、「大爆笑する幽霊」というのは、

全く「怖くない」です。

今度、酒瓶抱えて、あの雑木林の中に入ってみてもいいな、と思うくらい。


2014-05-08 困るんですよ、保険会社の広報の皆さん。

今、子どもにかかる経費の計算をしています。具体的には、子どもを一人育てる為に必要な金額を算出しています。

Now I calculate the cost of children. In detail, I try to show you the total money of life and education cost for one child.

ネット上の基礎データを色々調べてみたのですが、これが我が家のケースに全然当て嵌らないのです。

However I have investigated many data on web sites, I could not match the data with my daughter's cases.

ある保険会社のデータでは、子どもに、一月に1万7千円(それも22年間)のこずかいを与え続けているというデータがあったのですが、

As for the data of an insurance company, one child monthly allowance is more than 17,000 yen for 22 years.

―― それって本当か?

"Is that really?"

って思いますよね。

I think you will agree with me.

2週間に1回だけ行くことに決めている、1000円のサウナ付きの大衆浴場が、家長である私の唯一の娯楽の日々なのに、子どもに1万7千円も渡せる訳がない。

Though my only entertainment is to go public bathhouse with sauna twice a month, why can I pay for the allowances to my daughters?

さらに、学費保険のWebサイトに掲載されている学費データは、東京都が発表しているデータの2倍から3倍も高い。

Moreover, the data of education cost on an insurance company's web site is twice and third higher than Tokyo Metropolitan Government.

たくみに、食費、遊興費などを含ませていますが、それは学費ではありません。

I could find out that they added money for food and debauchery into the school fees in secret. But it is not the education cost.

-----

困るんですよ、保険会社の広報の皆さん。

I am annoyed with you, press officers of the insurance company.

保険加入の勧誘に、これらの数値を使うことが有効であることは認めますけど、論理付けのできない、あるいは、故意の錯誤を起こさせるような数字を生成して、素人を騙すのは、信義則違反ですよ。

I could understand that you use such numeric for your invitation, but it is faithless to use non-logic or intentionally par praxis numbers.

私は、正確な値がないとシミュレーションできないし、正しい数値がないと、正しいコラムが執筆できないのですが、このゴールデンウィーク中に、あなたがたの虚偽のデータで試算した私のコラムは、全部パーですよ。

I could not simulate the cost without accurate values, and not write my column with accurate information.

My column I wrote during this Golden week was all in vain.

一体どうしてくれるんですか。

How do you compensate this damage of mine?

あんまり腹が立ったので、参考にした保険会社のデータが表示されているURL全部開示してやろうかと思いました。

I am about to open these URLs of insurance companies seriously.

喧嘩するなら、受けて立ちますよ。

I will accept your challenge anytime.

こっちは、公的なデータの他に、多くの学校のWebサイトから情報収集していますからね。負けません。

I have already got many data from pubic government to each school web sites.

-----

私はエンジニアとして、数字を悪意で加工する奴を許せません ―― 論文の写真の加工よりも許せません。

As an engineer, I never allow anyone who tries to process numbers, even if I can allow the person who tries to process pictures.

そういう私も、数字を使って、色々なミーティングや稟議を突破してきましたが、

You know, I also have broken through many meeting and round robin with many kinds of numbers.

しかし、少なくとも、私は、「私が私自身を騙せる程度」にまで論理付けはしています。

However, I have made up logical story that I made me deceive, at least.


2015-05-08 (無題)

ゴールデンウィーク明けの初日、会社からのメールでそれを知った。

ゴールデンウィークの2日目のことだったらしい。

そして、今日、初めて、彼が入退院を繰り返していたことを知った。

これまで、何度か大きな手術を繰り返していたらしいことも。

かつては同じグループのメンバだったのに、

私は何にも知らなかった。

-----

「江端さん。今、遺品を整理しているのですが」

と、後輩から言われた時、ボーッとしていた頭を、いきなり床にぶつけたような衝撃を受けた。

『遺品』 ―― 聞きなれない単語。

「これは、どうしましょうか」

彼が見せたのは、特許発明者のみに授与される米国特許証。

私は、

「御遺族に差し上げるように」

と言った後で、

「『とても素晴しい成果で、大変名誉なものです』とメッセージを添えて」

と彼に頼んだ。

-----

まだあんなに若かったのに、

優しくていい奴だったのに、

お子さんと奥さんを残して、

どんなに心配だっただろうか、

どんなに悲しかっただろうか、

どんなに苦しかっただろうか、

どんなにこの世の不条理に憤りを感じたことだろうか、

-----

帰宅の途、誰もいない深夜の雑木林の小道で、

私は泣いた。


2016-05-08 ―― 君と私は、もう親友だ

先日、電車の中で、

The other days in my communte train, there was a man who looked like a college student, and said

「おれ、シュタゲ(シュタインズゲート Steins;Gate)、好きなんだよな」

""Steins;Gate" is my favorite"

と友人と語っている、学生らしき男性がいました。

with his friend.

-----

私は、本を読みながら、

Reading a book, I thought in my mind,

―― 君と私は、もう親友だ

"You have already been my best friend"

と、心の中で呟いていました。


2017-05-08 自動車は、水や電気と同様に、ライフラインそのものだからです。

ここ2~3年くらい、GW、夏期休暇、年末年始休暇は、実家で、ひたすら家事(修理と食事作り)をやっています。

In a few years, I do housekeeping(maintenance and cooking) entirely for Golden week, summer and winter holidays

食卓にパソコンを設置して(ディスプレイ2枚)、動画番組を見ながら、雑然と料理を作ることは、結構楽しいです。

Setting up two displays of my personal computer at the kitchen table and watching a video program, I can enjoy making dishes.

そんな訳で、GW期間中は、ずっと動画ニュースを見ていたのですが ―― 私が記憶している限り、高齢者の誤運転による事故が3件ありました。

I was watching movie news for the whole GW period. However, there were three accidents due to erroneous driving by elderly people, as long as I remember.

-----

「高齢者の運転免許更新の基準を引き上げる」という動きがありますが、今一つ、この動きは芳しくないように見られます。

There is a movement to "raise the rule for renewing driver's licenses for the elderly", but this movement doesn't work well at the moment.

私には、その理由が、とてもよく分かります。

I can understand the reasons very well.

自動車は、水や電気と同様に、ライフラインそのものだからです。

Because cars are definitely life-lines, as well as water and electricity.

「自由に移動できない」ということは、生死に直結します。なにしろ、食料を購入することすらできなくなるのですから。

"To not move freely" means directly to death. Because they cannot even purchase food.

特に体が自由に動かし難くなった高齢者にとって、車を奪われることは「その場でうずまって死ぬのを待て」と言われているようなものです。

Especially for elderly people who have difficulty moving body freely, if they enforce to lose their car, they are likely to be ordered "wait for it to crawl on the spot and die."

さらに、未だ事故を起こしていない国民に対して、予防措置的に免許を失効させることは、国家と言えども、なかなか切れない権力の行使でしょう。

Furthermore, to the citizens who have not yet caused an accident, Even though a nation has power, it is probably the exercise of power which is hard to break to make a license expire as a precautionary measure.

-----

「近親者が免許を返納させれば良い」と簡単に言う人も多いようですが、これがどれほど難しいことか、経験のない人には分からないでしょう。

Some people say easily "It is good for relatives to return their license", however, I am afraid that they don't know how difficult this is, because they don't encounter the scene.

我が家の場合は ―― レッドラインを超えた ―― という判断が下せたからこそ、親に対して暴力的な強行措置を発動することができたのです。

In my case, I was able to activate violent enforcement measures against my parents. "beyond the red line" made me the decision.

(この「レッドライン」の話は、父の名誉に影響が出なくなったと判断したときにさせて頂きます)

(The story of this "Red Line" will be opened, when judging that my father's honor has not been affected)


2018-05-08 そして、『ドメイン名も含めて、現在のホームーページを丸ごと捨てる』ことを決断し、1からホームページを作り直すことにしました。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

町内会のホームページを運用しているプロバイダは、管理者変更の書類を提出しても、全く対応してくれません。

The present Internet provider who has managed our neighborhood association(NA) server, could not accept my claim, thought I had to change the administrator and submit papers.

契約満了時が迫って、入金手続もできなくなるのに、それを放置し続けるとは、『こんなプロバイダには、未来はない』と判断しました。

For the Internet provide, they should have been in trouble because they could not send a credit letter to me. Finally I concluded "this provider doesn't have a future".

そして、『ドメイン名も含めて、現在のホームーページを丸ごと捨てる』ことを決断し、1からホームページを作り直すことにしました。

I made up my mind that I discarded this HP with the domain name and rebuilt a new HP from scratch.

-----

ホームページ作成用の商用パッケージソフトなども購入してみたのですが、無駄に華美で、機能が多彩すぎて、使いやすいとは言えませんでした。

After that I bought commercial software package for making HP, however it had many functions and luxury wastefully. I was afraid it was not user-friendly.

私のつくりたいホームページのコンセプトは、「連絡用の大き目のホワイトボード」であって、「用が済んだら、とっとと消す」ということを実現する、テキストベースの単純なもので、一言で言えば、

The concept of the HP I want to build, is a simple text-based "big" and "erasable" white board for an agenda, in short

―― Web回覧版

"Web bulletin board"

です。

(続く)

(To be continued)