0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2013-05-08 大爆笑する幽霊 [長年日記]

昨夜、深夜の帰宅途中のことです。

駅から家までの通路は、小山に挟まれた集落の間の細い一本道ですが、人気がなく、ひっそりしたところです。

以前は、嫁さんは、昼間でも通らなかったくらいです。

逆に、私はこのような人気が少ない所が大好きです。

四季の樹々の香りを楽しめるし、また、民家が少ないから夜は星も良く見えるし、空気もきれい(タバコを歩き吸いする奴もいない)。

歩きながらアイデアを案出するのに凄く適していて、私は「発明ロード」と呼んでいます(勝手に)。

それはさておき。

-----

昨夜の深夜、この道を通って一人で帰宅してきたのですが、人の笑い声が聞こえてくるのです。

私が記憶している限り、その方向は雑木林の削られた場所で、民家はなく、深夜に人が入り込めるような場所でありません。

その闇の中から、笑い声が聞こえてくるのです。

-----

ウフフフフ・・・、アハハ・・・

というような、消え入るような、仄かな笑い声

―― ではなく、

「ぐわっはっは! がっはっはっはー!」

という、酷く迫力のある、まあ、なんといったら良いのか、品のない中年のおっさんの、ダミ声。

-----

あの方向の雑木林に人間がいるハズはないので、これは、超常現象の何か、たぶん「幽霊」と言われているモノであると思うのですが、

しかし、闇の中からなり響く「がっはっはっはー!」という声を、間違いなく3回は聞きましたから、さすがに、今回は「幻聴」ではないと思うのですよ。

(まあ、「酔っ払い」が誰もいない深夜の雑木林で錯乱している、という解釈も成りたつとは思いますが、ここは「幽霊」で押し通します)

-----

皆さんは体験はないと思いますが、「大爆笑する幽霊」というのは、

全く「怖くない」です。

今度、酒瓶抱えて、あの雑木林の中に入ってみてもいいな、と思うくらい。