0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2014-03-08 父親が娘に語った言葉は、―― 紅生姜の容器で、開いた本を押えるとよい。両手が開くぞ ―― というアドバイスだけでした。 [長年日記]

「一人メシ」という言葉があるそうです、私は、これが「蔑称」であることを知ったのは、ごく最近です。

Though I often hear the words "lunch alone" recently, I haven't known that the words is derogatory term.

私は「一人メシ」を、「一人でごはんを食べる」という意味以上で考えたことがなかったのです。

I had never thought that "lunch alone" has another meaning more than "Eating lunch alone"

私にとって、一人でごはんを食べる時間というのは、ゆっくりと本を読めるパラダイス、至福の時で、食事でいえば、「もう一品目のおかず」という感じです。

As far as I am concerned, time of "lunch alone" is "happiest moment" or "hour of bliss" because of reading book in a relaxed manner. It is like one more dish of lunch.

「一人メシ」というよりは、「読書メシ」と言うのが正しいのかもしれません。

I think that "lunch with reading" is more accurate than "lunch alone".

結果として、「読書メシ」は「一人メシ」にならざるを得ません。

As a result, "lunch with reading" become a same meaning of "lunch alone".

-----

この私の嗜好を、DNAレベルで受けついだのが次女です。

The junior daughter takes over my preference at the level of DNA.

来月から、小学校の最高学年になる次女は、まあ、とにかく、本(コミック漫画を含む)を読む。

She is in the 6th grade of junior school, and read book (including manga-comics) anytime.

読む、読む、読みまくる ―― という感じ。風呂、トイレ、あらゆる場所で読んでいます。

She read, read and read books, at both room, toilet and at any places.

なるほど、「私はこういう風に見えるのか」と、次女から日々教えられています。

"Well, I have been looked at from others." I was taught by her everyday.

「読書メシ」は、確かに行儀が悪いように見えます。私ですら、特に飯を作ってくれた人に対しては、無礼極まりないように感じます。

I am afraid that "lunch with reading" is absolutely rude manner, especially rude against cook.

当然ですが、嫁さんが怒るので、家族でごはんを食べるときは、次女も私も、「読書メシ」はしません。

my wife gets mad with us naturally, so I never do "lunch with reading" in happy lunch and dinner time at home.

しかし、この二人だけで外食したときの暴走ぶりというのは ―― 正直、周りをドン引きさせているようです。

On the other hand, when both the daughter and I eat out, that seems to be a total turn-off for other people.

-----

先日、二人で、牛丼のチェーン店のカンターで御飯を食べていたのですが、父娘二人が並んで、黙々と本を読みながらの「一人メシ」です。

The other day, both two had a lunch at the beef bowl chain store, and did "lunch alone" with reading book sedulously.

相当、痛い視線も感じました。「虐待?」というメッセージも乗っていたような気がする。

I felt pain with eye-shot. I thought the message "abuse" was included.

父親が娘に語った言葉は、

The only words the father gave the daughter in the lunch time were ,

―― 紅生姜の容器で、開いた本を押えるとよい。両手が開くぞ ――

"Press your book with a container of finely-chopped ginger, make your hands free"

というアドバイスだけでした。

店を出た私たち父娘の会話です。

After the lunch, I asked her

江端:「どうだ?」

"How do you like this lunch?"

and she replied me soon.

次女:「凄く、美味しくて、楽しかった! また来ようね!!」

"Terrific! Delicious! enjoy!! Let us come again!!"

-----

まあ、結論としてですね、

In conclusion, I want to say,

『倖せの形くらい 私(たち)に決めさせて』(「向い風」by さだまさし)

"Please make me(us) decided what my(our) happiness is"

ということです。

(To be continued)