2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|

2016-02-14 ―― あれ、これ、悪くないじゃん [長年日記]

ところが先日、問屋スーパーで、日本国内の、地酒でもなく地ビールでもなく、「地ウィスキー」が手に入ったので、試してみました。

The other day, in the wholesale supermarket, I bought and tried , not "local beer" "local sake", but "local whiskey in Japan", I thought

―― あれ、これ、悪くないじゃん

"It is good isn't it?"

と思いました。

勿論、これより美味しいウィスキーは山ほどありますが、同じ値段の国内有名メーカのウィスキーよりは、数段イケていると思えました。

Of course, there are a lot of tasty whiskey in the market, however, I think that the taste is better than of famous domestic manufacturer in the same price range.

もしかしたら、「安くて美味しいもの」の戦略は、著名度の低い国内メーカにあるのではないかと思い始めています。

I think started that my strategy of "cheap and delicious" is in low-profile domestic manufacturers.

という訳で、私は、国内の地ウィスキーを調べ始めています。

So, I am beginning to examine the domestic local whiskey.

-----

なんにしろ、そろそろ私も、半世紀を生きて分ってきたことがあります。

Anyway, I can understand "a thing", during living half century,

『ホテルの最上階のバーで、一人バーボンのグラスを傾ける』

"In the hotel's top floor of the bar, I tip the glass of bourbon alone"

ということとは、これからも、一生縁がないということです。

I am going to be hopeless about the above scene in the rest of my life.

"Crawling under the floor" will be just good for me.

まあ、そこそこ、楽しいし。

Well, decent, fun.