0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2014-05-12 それがインタフェースとなって現実世界に表われない限り、理解をして貰えないのです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

It is a continuation of yesterday.

もっとも、エンジニア側にしても、

However, even if the engineer side,

―― 自分の研究や開発を犠牲にしてまで、他人が作った技術を守ってやりたい

"Nobody wants to protect other's technologies at the expense of my research activities."

というモチベーションが出てこない、というのは、自然なことだと思います。

It is natural for everybody to think the above.

では、エンジニア以外の人たちに、これらの技術の保護をして貰えば良い、とも考えられかもしれません。

So you think that other persons except for engineers and researchers could save the fruits.

しかし、エンジニア以外の人たちに、このような技術の「体が震えだすような、もの凄さ」が理解できるか、というと、これまた難しい。

However, that's also difficult to understand the magnificence like body begins to tremble for them.

そのような「凄さ」は、それがインタフェースとなって現実世界に表われない限り、理解をして貰えないのです。

The magnificence is hard to understand for us, unless it becomes the real world interfaces.

例えば、

For example,

『初音ミクのVR技術』

"VR technology of Matsune Miku"

とかなら、判って貰えるかもしれませんが、

is might be easy, but

『パソコンで、1億行のエクセルファイルの処理を、1秒以内で完了するビッグデータ処理技術』

"On a personal computer, the process of Excel file of 100 million rows is processed within 1 second"

の凄さは、全然判って貰えない。

is hard to share the significance.

-----

先日、そのビッグデータ処理を可能とするパッケージを考案し、販売されている社長さんにお会いする機会を得ました。

The other day, I had the opportunity to meet the president, who devised a package that enables the big data processing.

江端:「なんで、こんな驚愕の技術が、世の中に知られていないのですか?」

"Why does the astonishment technology spread out in the world?"

社長さん:「そうですね。弊社の営業力に問題があるのかもしれません」

"Well, perhaps there is a problem with the sales force of our company"

と、苦笑されていました。

He gave a forced laugh.

『エンジニアの善意が不当に利用されて』――とまでは言わないまでも、『正当に評価することが難しい』という、「技術」というモノに、

However I don't say "good faith of engineers is utilized unfairly",

今回も、歯痒いほどのもどかしさを感じることになりました。

I think that "technology" that is too hard to estimate the value, and I felt the impatience again at this time.