2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2011-12-14 妻に贈る言葉 [長年日記]

昨日、人間ドックに向かう嫁さんに、言いました。

― 胃カメラは、きっと苦しいと思っているだろう。

― 『自分の中で想像し得る最悪の苦しさ』だろうと思っているかもしれない

― でもね、それは違うんだ。

― そんなもの、軽く凌駕する、想像を絶する凄さまじい苦しみだから

と。