2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2018-03-04 ―― 「出生国」という概念 [長年日記]

私、若いころの旅の途中、インドのデリーで病気で死にかけたことがあるのですが、その時に、自分でも理解できない感情が湧き起こったことを覚えています。

I have died sickly in Delhi in India on my journey when I was young. At that time, I remember the emotions got up, however, I could not understand that.

―― 日本の土を握って死にたい

"I want to die by grasping Japanese soil"

―― ここから一番近いとこなら、沖縄か?

"If it is the nearest from here, is Okinawa?"

-----

『それが、何か?』

"So what? "

と思う方もいるかもしれませんが、これって、私にとっては大問題だったのです。

Some people think that, however, this has been a big problem for me.

「死にたくない」とか「死んだらどこに行くのか」という気持ちの発生なら理解できます。

I can understand if there is a feeling of "I do not want to die" or "Where will I go if I die?"

「宗教」に対する色々な思いというのも理解できます。

I can also understand various thoughts about "religion".

「家族」や「恋人」というのであれば、さらに分かりやすいでしょう。

If it is "family" or "lover", it would be even easier to understand.

-----

私は、自分が「愛国者」でないことは、私自身が一番知っていて、そして「民族主義」という考え方も好きではなく、「国家主義」に至っては、その言葉自体が嫌いです。

I know that I am not a "patriot", and I do not like the idea of "nationalism". In addition, I hate that word "nationalism".

国民性としての日本人をどう思うかと問われれば、「興味がない」と応えると思いますし、「郷土愛」や「隣人愛」も知識として理解している程度です。

If you ask me about "Japanese as a national character", I think that I will respond "I am not interested". I understand "local love" and "neighborhood love" as just knowledges.

私の考え方を、敢えて言葉にすれば「個人主義」「利己主義」あたりが、一番しっくりくると思っています。

I dare to speak of my ideology, "individualism" and "selfishness". I think that they are fit for me.

-----

しかし、私を疑問の闇に堕としたことは、

But what made me fall into the darkness of doubt,

まさに生きるか死ぬかというその刹那において、よりによって

In that moment of whether we live or die,

―― 「出生国」という概念

the concept of "birth country"

が発露したこと。これは、私自身の存在意義を大きく揺るがせました。

happened, and it surprised and upset me about my own existential significance.

(続く)

(To be continued)