0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|

2019-05-07 江端:「という訳で、『女装』をしてみようかと思うのだが、どうだろうか」 [長年日記]

私は、人間に与えられた最低にして最悪の属性は「苦痛」であると信じています。

I believe that the worst property of human being is "pain".

もし「神」が人間を「苦痛」という属性を共なって製造したのであれば、「神」とは最低の野郎だと言い切ります。

If "God" makes "human being" with the property of "pain", I think that the "God" is the worst guy

人間は、「苦痛」を回避する為であれば、どんな逃げ方をしても良い ―― 自殺したって構わん ―― とさえ思っています。

I also believe that human being may allow any type of "run away" from any pain. For example "suicide" is also O.K.

-----

以前、性同一性障害についてのコラムを書いていた時、性同一性障害に苦しんでいる人の自殺率を調べて、その数値の高さに驚いたことがあります。

Before I wrote the column about "gender identity disorder", I tried to check the suicide rate. And I was really surprised at the highest ratio.

これは、性同一性障害が「耐えがたい苦痛」であることを示す証拠です。

This is a clear evidence that "gender identity disorder" is unsupportable pain.

性同一性障害が、手術等によって幾分でも緩和するのであればどんどんやるべきであるし、戸籍上の性別の変更だって、もっと早くから認められてもよかったと思っています。

If the surgical operation against "gender identity disorder" come to be palliative care, the operation should be recommended, and the change of sex in census register should have been admitted promptly.

-----

ところで、私は物事を理解する時に、科学的アプローチ(観察→仮説→実験→検証)を取り入れるようにしています。

When I try to interpret the phenomenon, I try to use a science-based approach (observation -> hypothesis -> experiment -> verification)

しかし、この性同一性障害の苦しみを、科学的アプローチで検証できないことに、かなりイライラしていました。

However I could not reach to the pain of "gender identity disorder" by a science-based approach, and I was irritated about it.

そこで一つの実験を試みようかと思い、嫁さんに相談してみました。

So I tried an experiment, and I asked my wife's advice.

-----

江端:「という訳で、『女装』をしてみようかと思うのだが、どうだろうか」

Ebata:"So, I will try to disguise me in woman's clothes. How do you think about?"

嫁さん:「ふざけて言っているなら、本気で怒るけど」

Wife; "If you act funny, I will be inflamed with rage"

江端:「本気で『本気の真面目』だ」

Ebata:"This is "serious talk" seriously"

嫁さん:「どうぞ」

Wife: "Go ahead"

江端:「私は、私の体の性と、私の心の性は同じであると認識できると思う」

Ebata:"I think that both the sex of my body and the sex of my mind is same"

嫁さん:「それで?」

Wife:"And ?"

江端:「この同一性がある人間が、同一性のない人間の苦痛を理解する為には、その不一致を強制的に作り出せば良いのではないかと考えた」

Ebata:"In order to understand the pain of "gender identity disorder" for me, I think I come to make the "disorder" enforcedly."

嫁さん:「・・・」

Wife:"...."

江端:「もちろん、その苦痛には100%には遠く及ばなくても、その違和感による苦痛の一部を再現できるのではないだろうか、と考えた」

Ebata:"I know well that I cannot reach to the pain perfectly. However, I think I can re-create the pain of the sense of discomfort."

嫁さん:「違うと思う」

Wife:"I am afraid that you are wrong."

江端:「どこかに破綻があるか?」

Ebata:"Is there something to fail?"

嫁さん:「あのね、『同一からの距離』を作れば、類似の条件が作れる、という考え方自体が間違っていると思うよ」

Wife:"Your idea is wrong that you can make a same condition if you make a same distance from "order"."

江端:「・・・ダメかな」

Ebata:"So wrong?"

嫁さん:「ダメだと思う。方法としてもダメだと思うし、その発想もダメだと思う。その人の苦痛を理解するという方式に、ロジックでアプローチしようとする姿勢もダメだとと思う」

Wife:"It is wrong. Wrong method, wrong idea and the approach by using logic is the worst"

江端:「そうか・・・そんなにダメか」

Ebata:"So many "wrong"..."

嫁さん:「そんな実験、普通に考えれば、性同一性障害で苦しんでいる人を、さらに苦しめる結果になると思う」

Wife: "Normally thinking, the experiment will make persons who suffer from "gender identity disorder", will annoy more."

このように、嫁さんに散々批判されて、この計画は中止に至りました。

Like that, my idea was criticized terribly by wife, and the experiment was stopped.

-----

確かに、性同一性障害の「耐えがたい苦痛」を、本気の本気で理解したいのであれば、『女装』などという中途半端なことではなく、『手術』するくらいの覚悟で望むべきであったと思います。

Certainly, if I want to really understand the unsupportable pain of "gender identity disorder", I should have tried the s urgent operation, not to disguise me in woman's clothes in a half-way manner.

つまり ―― 「不徹底」であった、と。

I mean, it is not thorough

今、思い出すに、嫁さんの批判は正鵠を得ていたと思います。

I remember now that my wife's phrases were on target.

-----

それでも、今なお、私は「他人の苦痛」を理解する方法を模索しています。

However, I am searching how to understand the pain of others.

So now I am studying brain-science or IT technology(neural network e.t.c.) in order to reach the pain everyday.